*

エンジニアの名刺を作成する際のポイント

公開日: : 職業別の名刺作成

フリーランスエンジニアは名刺を作成すべき?

フリーランスエンジニアは名刺を作成すべき?

エンジニアとは工学者や技術者のことを指し、システムの設計やプログラミングなど様々な業務を行います。

  • ITシステムの設計や構築を担当する「システムエンジニア」
  • コンピュータシステムの司書に当たる「データベースエンジニア」
  • 情報通信網を維持する「ネットワークエンジニア」
  • 顧客と開発の橋渡しの役割を持つ「セールスエンジニア」
  • 特殊な技術でサイトを作る「フロントエンドエンジニア」
  • パソコンの情報漏えいを防止する「セキュリティエンジニア」

 

上記のようにエンジニアの種類は多く、現在では会社に属するのではなく独り立ちするフリーランスエンジニアが増えました。

フリーランスエンジニアは自分で仕事を獲得しなければならず、名刺は欠かせないツールと言っても過言ではありません。

フリーランスエンジニアが名刺を作成することで、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 自分をアピールしてビジネスチャンスを活かせる
  • 自分が得意とする分野をしっかりとアピールできる
  • 営業する際に役立つ商売道具となる
  • 初対面の人とやり取りするコミュニケーションの潤滑油となる

 

名刺がなければ自分に何ができるのか、どんなスキルがあるのか伝えることができず、仕事を獲得したいと考えるエンジニアにも必須なのです。

 

エンジニアの名刺を作成する際のポイントをチェック!

以下では、エンジニアの名刺を作成するに当たって押さえておきたいポイントをまとめてみました。

フリーランスのエンジニアであれば会社から支給されることはなく、自分自身の手で作らなければならないのできちんと確認しておいてください。

 

何のために名刺を作成するのかゴールを設定する

まず最初に、何のために名刺を作成するのかゴールを設定しなければなりません。

  • 会社に属しているエンジニア⇒会社名や役職が分かれば基本的にOK
  • フリーランスエンジニア⇒あなた自身を売り込んでいかなければならない

 

このような違いがあり、「名刺を相手に渡すことで相手にどうして欲しいのか?」といった目標を決めた後に内容やデザインを考えます。

「今までの経験や実績を見て欲しい」「ホームページを閲覧して欲しい」「自分の業務内容を知ってもらいたい」など個人によって目指すゴールは異なるため、名刺が持つ役割をしっかりと考えましょう。

 

名前や肩書きなど名刺の中に入れる項目を決める

エンジニアに限った話ではないものの、名前や肩書きなど名刺の中に入れる項目を決めていきます。

どんな情報を盛り込めば良いのか、代表的なものを幾つか挙げてみました。

  • 名前:ペンネームで通している人は多いが基本的には本名
  • 肩書き:フリーランスwebデザイナーなど個人事業主を強調する
  • 連絡先:電話番号やメールアドレスなどは必須の情報
  • 住所:オフィスを持っていない場合は必ずしも自宅の住所は必須ではない
  • ホームページURL:自分のサイトを持っているエンジニアは記載する
  • SNS:必要に応じてFacebookアカウントやTwitterアカウントを加える
  • 資格:基本情報技術者試験やシステムアーキテクト試験などの持っている資格を書く
  • 経歴:自分を売り込むために経歴や実績は大事

 

名刺の中に入れる情報が多ければ多いほど良いわけではなく、何が必要で何が不要なのか取捨選択をしなければなりません。

 

全体的な名刺のデザインを決める

項目のピックアップが決まったら、全体的な名刺のデザインを考えます。

「エンジニアには○○○のデザインが良い!」と明確な基準はないので、基本的には自分のイメージに合うデザインやテンプレートでOKです。

  • シンプルなデザインで誠実感を出したい
  • ゴージャスなデザインでインパクトを与えたい
  • モノクロのデザインで当たり障りのない印象を与えたい

 

上記のように個人の理想やイメージによって異なり、名刺を作成する上で最も難しいポイントだと言えるのではないでしょうか。

デザインに関しては実際に自分で見て判断するのがベストですので、選択肢が豊富なVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)では7,000種類のテンプレートから選ぶことができ、エンジニアのあなたにもピッタリのデザインが見つかるので一度作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

自分をアピールできる資格の情報を裏面に記載する

上記でも説明しましたが、名前や連絡先だけが記載された名刺では自分の何が魅力的なポイントなのか相手に伝えることはできません。

そこで、エンジニアとして自分を売り込むために、アピールに繋がる資格の情報を記載すべきです。

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • システムアーキテクト試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • オラクルマスター(ベンダー資格)

 

これらの資格を取得しているエンジニアが多く、自分に何ができるのか明確に伝えられます。

また、他のエンジニアと差をつけるために、キャッチコピーやキャッチフレーズを名刺の中に記載するのも良いでしょう。

しかし、表面の情報の量があまりにも多すぎると見にくい名刺になってしまうので、裏面の余白部分を有効活用して名刺を作成してみてください。


関連記事

医療従事者の名刺を作成する上でのポイント

医療従事者の名刺を作成する上でのポイントをチェック! 医療に関係する専門の技術者のこと

記事を読む

音楽関連(バンド・ピアノ)の名刺作成

バンドやピアノなど音楽関連の名刺を作成しよう バンドマンやピアニストなど、音楽関連の職業に就い

記事を読む

バイオリニストの名刺を作成しよう

バイオリニストの名刺を作成しよう バイオリニストの方でも自分を売り込むために、名刺を作成してお

記事を読む

警備員が名刺を作成する上で押さえておきたいポイント

警備員の仕事内容とは? 警備員と聞き、道路工事をしているところで車や人を誘導する仕事を

記事を読む

農家の名刺を作成しよう

農家で働く人に名刺は必要?作成した方が良い? 名刺と聞くと営業で取り引き先を駆け回るビジネスマ

記事を読む

スナックのママは名刺を作成した方が良い?

スナックのママは名刺を作成した方が良いの? スナックのママも自分のお店を紹介するために、名

記事を読む

ヨガインストラクターの名刺を作成しよう

ヨガインストラクターの名刺を作成しよう 名刺はスーツを着用したビジネスマンだけではなく、他の職

記事を読む

美容師の名刺作成

美容師の名刺作成について解説します 「お店のショップカードが用意されているから名刺は必要な

記事を読む

プライベート用の名刺を作成しよう

名刺の作成と聞くと、多くの方はサラリーマンをイメージするかもしれません。 確かに、サラリーマン

記事を読む

ホストの名刺作成

ホストの名刺を作成するに当たって押さえておきたいポイント! ホストクラブに勤めている男性もお客

記事を読む

ミシン目入り加工による名刺の作成

見出し1 ミシン目入り加工で名刺を作成するメリットは?2 ミシン目入り...

コクヨのソフトや用紙を使って名刺を作成しよう

見出し1 コクヨのソフトを使って名刺を作成しよう1.1 コクヨの合わせ...

ペット名刺を作成する上でのポイント!おすすめのサービスは?

見出し1 ペットの名刺を作成する上でのポイントをチェック!2 ペットの...

Vistaprint(ビスタプリント)で作成できるTシャツの特徴

見出し1 Vistaprint(ビスタプリント)で作成できるTシャツの...

チラシの作成も可能なVistaprint(ビスタプリント)

見出し1 Vistaprint(ビスタプリント)ではチラシの作成も可能...

ノベルティグッズの作成も可能なVistaprint(ビスタプリント)

見出し1 ノベルティグッズとは?2 Vistaprint(ビスタプリン...

警備員が名刺を作成する上で押さえておきたいポイント

見出し1 警備員の仕事内容とは?2 警備員が名刺を作成する上で押さえて...

名刺を郵送してそのまま作成できるサービス

見出し1 名刺を郵送してそのまま作成できるサービスをチェック!1.1 ...

iPadで名刺を作成できるアプリ

見出し1 iPadで名刺を作成できるアプリはあるの?1.1 BiziC...

切り抜き名刺を作成できるサービス

見出し1 切り抜き名刺を作成するメリットは?2 切り抜き名刺を作成でき...

PAGE TOP ↑