*

名刺の作成とマナー

公開日: : 最終更新日:2017/03/04 名刺作成のコツ

名刺の作成だけではなくマナーにも注意!

名刺の作成だけではなくマナーにも注意!

どんなに綺麗で見やすく、インパクトのある名刺を作成できたとしても、名刺交換のマナーがなっていなければ意味がありません。

名刺交換はビジネス上で欠かすことができませんし、自分のアピールするツールでもあります。

そのため、名刺の作成に力を入れている方は非常に多くいらっしゃいますし、相手に「おっ」と思わせるようなデザインで勝負するのは選択肢の一つです。

しかし、名刺交換のマナーを理解していなければ、「この人は礼儀を知らないのか」と思われて自分のイメージは確実に悪くなります。

渡した時に自分を覚えてくれるかが重要ですし、色々なマナーを守らなければ丁寧に作成した名刺が台無しになるのです。

  • 自分のイメージに合っていてインパクトの残る名刺を作成する
  • 名刺交換の時に恥ずかしくない振る舞いをする
  • 社会人としての常識をきちんとわきまえている

 

この3つが成り立ってこそ相手に良い印象を与えることができ、会社勤めの人だけではなく個人事業主やフリーランスとして働いている方も注意しなければなりません。

 

名刺交換のマナーで押さえておきたいポイントをチェック!

何度か仕事で名刺交換をしているうちにやり方が分かってきたという新社会人でも、見落としがちなポイントは幾つかあります。

そこで、このページでは名刺の作成に関する話ではなく状況に応じた名刺交換のマナーを箇条書きで説明しているので、ビジネスマンの方は全てを頭に叩き込んでおいてください。

 

<名刺交換をする前に>
・財布ではなく名刺入れの中に名刺を仕舞っておく
・ズボンのポケットではなく上着のポケットやカバンに名刺入れを入れておく
・汚れていない名刺を名刺入れの中に入れておく
・よれよれの名刺や折れ曲がったものは捨てる
・途中で切らさないように十分な量の名刺を用意しておく
・必要事項が全部記載されているかチェックしておく

 

<名刺交換の際>
・目上の相手よりも先に名刺を受け取らない
・自分から先に名乗って挨拶とともに名刺を差し出す
・自己紹介をしながら名刺を差し出す
・相手が見る方向に名刺を渡す
・複数の人間と名刺交換をする際は目上の人に続いて行う
・原則的に両手で渡して両手で受け取る
・他の人が名刺交換をしている間は椅子などに座らずに立っている
・名刺を受け取る際に相手の会社のロゴや名前に指を置かない
・受け取った名刺にメモを書き込んではならない
・相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出す
・自分が渡すのと同じタイミングで相手が差し出してきたら右手で渡して左手で受け取る

 

<名刺交換の後>
・名刺を受け取った後にしっかりと相手の名前や連絡先などに目を通す
・できればその場で名前を復唱して読みにくい名前の場合は尋ねる
・名刺を受け取った後はテーブルの上の見える位置に乗せておく
・頂いた名刺は相手の顔だと思って大切に保管する
・無闇に何度も名刺交換をお願いするのは失礼
・最初に会ってから数年間が経っている場合はもう一度名刺交換をしてもOK
・商談が終わった後は軽く頂くポーズをして名刺入れの中に仕舞う

 

複数人での名刺交換のマナーは?

ビジネスをしていて意外と多い場面が複数人での名刺交換です。

1対1で交換するのとは少々異なり、相手の2人に対して失礼のないように接しなければなりません。

以下では、複数人での名刺交換のマナーについてご説明しているので、まずは渡す順番についてチェックしておきましょう。

  1. こちら側2人と相手側2人の計4人で名刺交換を行うと仮定する
  2. 上司同士が最初に名刺交換を行う
  3. 上司と相手の担当者が名刺交換をする
  4. あなたと担当者の上司が交換する
  5. 最後にあなたと担当者が渡して終了

 

自分の上司と先方の役職が上の方から最初に行わなければならず、「早く渡さなければ・・・」と部下同士で名刺交換をするのはマナー違反です。

目下の者から名刺を差し出すのは大事なのですが、複数人でのケースでは少し変わるので注意してください。

 

名刺交換のマナーで渡すタイミングはいつ?

名刺交換のマナーとして、どのタイミングで渡せば良いのか疑問を抱えている方は少なくありません。

  • 会ってから直ぐに渡した方が良いのか?
  • 一度テーブルについた方が良いのか?

 

このように意外と難しいものの、基本的なタイミングは会った直後です。

自己紹介を兼ねて自分の名刺を渡し、相手の名刺を受け取る形となり、商談や取り引きの最中では遅いのはお分かり頂けるでしょう。

しかし、先方へと出向いて応接室などに案内される場合は、焦って取り出さなくても落ち着いてからで十分です。


関連記事

名刺の作成と画像・写真

文字だけの名刺はシンプルになりやすく、名刺を渡した相手にインパクトを与えるのは難しいので、画像や写真

記事を読む

動く名刺を作成しよう

動く名刺を作成してみよう 近年では名刺のプロポーションを高めるために、動く名刺を作成する方が増

記事を読む

名刺作成の本

名刺を作成するに当たり、どのようなデザインにすれば良いのか分からないという方は、本を読んで勉強するの

記事を読む

ミシン目入り加工による名刺の作成

ミシン目入り加工で名刺を作成するメリットは? 近年では名刺のインパクトを強くしたりイメージ

記事を読む

凹凸加工の名刺を作成できるサービス

凹凸加工の名刺を作成できるサービスをチェック! 印刷会社の中には、凹凸加工の名刺を作成

記事を読む

オフ会用の名刺を作成しよう

オフ会に名刺は必要? オフ会とはオフラインミーティングと呼ばれており、掲示板やチャットなどイン

記事を読む

穴あき名刺を作成しよう

穴あき名刺を作成するメリットは? 「他の人とは違ったデザインの名刺を作成したい」という方には穴

記事を読む

名刺の作成とトリムマーク

名刺のデータをイラストレーターといったソフトを使って作成する場合、トリムマークの設定を行わなければな

記事を読む

エンボス加工(浮出し加工)で名刺を作成

エンボス加工(浮出し加工)で名刺を作成しよう 特殊な名刺を作成したい方にはエンボス加工がおすす

記事を読む

相手の気を引く名刺を作成しよう

名刺交換の際に自分のインパクトを強めるために、営業力をアップさせるために他人の気を引くような名刺を作

記事を読む

名刺の作成の前に見積もりをしてもらおう

見出し1 名刺の作成の前に見積もりをするメリットは?2 名刺の作成の前...

空押し加工で名刺を作成するメリット!おすすめのサービスは?

見出し1 空押し加工で名刺を作成するメリットをチェック!2 空押し加工...

UV加工で名刺を作成するメリット!おすすめのサービスは?

見出し1 UV加工で名刺を作成するメリットは?2 UV加工で名刺を作成...

占い師が名刺を作成する際に押さえておきたいポイント

見出し1 占い師に名刺は必要なの?2 占い師が名刺を作成する際に押さえ...

ミシン目入り加工による名刺の作成

見出し1 ミシン目入り加工で名刺を作成するメリットは?2 ミシン目入り...

コクヨのソフトや用紙を使って名刺を作成しよう

見出し1 コクヨのソフトを使って名刺を作成しよう1.1 コクヨの合わせ...

ペット名刺を作成する上でのポイント!おすすめのサービスは?

見出し1 ペットの名刺を作成する上でのポイントをチェック!2 ペットの...

Vistaprint(ビスタプリント)で作成できるTシャツの特徴

見出し1 Vistaprint(ビスタプリント)で作成できるTシャツの...

チラシの作成も可能なVistaprint(ビスタプリント)

見出し1 Vistaprint(ビスタプリント)ではチラシの作成も可能...

ノベルティグッズの作成も可能なVistaprint(ビスタプリント)

見出し1 ノベルティグッズとは?2 Vistaprint(ビスタプリン...

PAGE TOP ↑