名刺を作成できるAdobe(アドビ)のソフト

Adobe(アドビ)のソフトを使って名刺を作成するメリット

アドビ

Adobe(アドビ)とはコンピュータ・ソフトウェア会社で、1982年にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ市で設立されました。

どのようなアイデアでも思い通りのカタチに表現できるソフトがたくさん開発されていますね。

このAdobe(アドビ)社から販売されているソフトを使用し、オリジナルの名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

以下では、Adobe(アドビ)のソフトで名刺を作成するメリットをまとめてみました。

  • Windowsに入っているワードやエクセルなどのソフトよりも、凝ったデザインの名刺を作成できる
  • ビジネスシーンで活用できる名刺だけではなく、パーティや飲み会の席で配れるようなプライベート用の名刺も作成できる
  • 既存のテンプレートを更にアレンジしてオリジナリティを出せる

 

「他の人が使っている名刺テンプレートは嫌だ!」「個性を出せる名刺で勝負したい!」と考えている人にAdobe(アドビ)のソフトがおすすめです。

 

名刺を作成できるAdobe(アドビ)のソフトは?

アドビのソフト

名刺を作成できるAdobe(アドビ)のソフトは、下記のようにたくさんの種類から選ぶことができます。

  • レイアウトやロゴの作業に強いIllustrator(イラストレーター)
  • イラストやデザインの作成ができるPhotoshop(フォトショップ)
  • ページや冊子作成のスペシャリストのInDesign(インデザイン)

 

上記の中でも、Illustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)は名刺を作成できる代表的なソフトですよ。

どちらもAdobe(アドビ)の公式サイトにアクセスし、プランに応じて契約すれば使えるようになります。

ソフトの購入にかかる費用は少々高いものの、「3ヶ月プラン」「12ヶ月プラン」など期間限定のプランも用意されていますので、オリジナルの名刺が欲しい方はAdobe(アドビ)のHPで実際に確かめてみましょう。

Adobe(アドビ)社のソフトを使った名刺の作り方に関しては、Illustrator(イラストレーター)で名刺の作成Photoshop(フォトショップ)で名刺の作成というページで紹介しています。

どちらのソフトでも使いこなせるようになればオリジナルデザインの名刺が作成できますので、凝った名刺が欲しい方にピッタリです。

 

Adobe(アドビ)のソフトで名刺を作成するデメリットは?

デメリット

Adobe(アドビ)のソフトは、オリジナルのデザインの名刺を作成したい時に便利です。

しかし、次の3つのデメリットがありますので、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)とライセンス契約する前に目を通しておきましょう。

  • 初心者が使いこなすのは意外と難しく、シンプルなデザインにしかならない
  • 名刺のデータを作成するまでに長い時間がかかってしまう
  • データを作った後にインクジェットプリンタを使って印刷したり、コンビニに足を運んでプリントアウトしたりと面倒

 

プロのデザイナーさんであれば、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)を使いこなせるのでオリジナルの名刺を作成するアイテムとして適しています。

しかし、初心者が一から学んで使いこなすには時間がかかり過ぎるので、ネット通販で名刺の作成と印刷ができるVistaprint(ビスタプリント)に依頼しましょう。

 

ビスタプリント

 

Vistaprint(ビスタプリント)であれば、数あるテンプレートの中から選んで自由にデザインできますので、一度公式サイトを覗いてみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

Illustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)の違いは?

IllustratorとPhotoshopの違い

Adobe(アドビ)社から販売されているグラフィック制作ソフトのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は、どちらも名刺の作成に適しています。

「この2つのソフトにはどのような違いがあるの?」という疑問を抱える方は少なくありません。

確かに、いくらオリジナルデザインの名刺を作成したいと言っても、「両方のソフトを購入するのはちょっと・・・」と考える方は多いでしょう。

そこで、ここではIllustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)の違いを簡単に説明していきます。

  • ロゴのデザインやレイアウトの調整をメインに行いたいのであればIllustrator(イラストレーター)
  • 写真やイラスト素材を修正したり合成したりするならばPhotoshop(フォトショップ)

 

名刺の作成に焦点を当てるのであれば、多くの印刷業者でデータ入稿する際に標準となるIllustratorの方が最適で、どちらか一つを選ぶのであればこちらの方が良いでしょう。

上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)でも、データ入稿のサービスは行われていますので、Illustratorで作成した名刺を印刷してもらうこともできます。

何事も積極的にチャレンジすることが大事ですので、グラフィックソフトを使いこなせるようになるためにプライベートで使う名刺を作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました