パン屋の名刺作成におすすめの印刷会社3選!

パン屋の名刺を作成するメリット

パン屋の名刺を作成する上で押さえておきたいポイント

食品や飲み物を取り扱う飲食店は、名刺やショップカードなどお店を紹介するツールを用意しないといけません。

他の競合と差別化を図って売上を伸ばしていきたいのであれば、自分たちのお店をアピールする努力は大切です。

名刺と聞き、「サラリーマンや会社員が持つアイテムなのでは?」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

しかし、名刺はパン屋を経営するオーナーや働く店員にも欠かせないツールで、名刺を作成しておくメリットをいくつか挙げていきます。

  • お店を訪れたお客さんにアピールできる(リピーターになってもらう)
  • 自慢のパンの種類を名刺の中で紹介できる
  • 最寄駅からお店までの地図を載せられる

 

ショップカードと名刺を併用しても良いのですが、どちらにしても何かアピールするものを作るのが効果的ですね。

 

パン屋の名刺を作成する上で押さえておきたいポイント

パン屋の名刺

以下ではパン屋の名刺を作成する上で押さえておきたいポイントをまとめていますので、印刷会社に依頼する前に目を通しておきましょう。

  • パっと見た時にパン屋だと分かるようなデザインテンプレートを使う
  • こんがりと焼けた美味しそうなパンのイラストや画像を余白に挿入する
  • 名刺の裏面を使って人気商品の種類と料金を記載する
  • 初めての人でも迷わずに来店できるようにお店の地図を載せる

 

魅力的なデザインや構成の名刺を作成すれば、ビジネスで役立つグッズになりますよ。

名刺はただ作成すれば良いという単純な話ではありませんので、「どうすればパン屋の魅力を伝えられるのか?」といった点を最初に考えてみてください。

 

パン屋の名刺作成におすすめの印刷会社3選はこれだ!

パン屋の名刺を作成するには、専門の印刷会社やサービスへの依頼がおすすめです。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などの画像編集ソフトを使ってプリンタを使えば自作で名刺を仕上げられますが、プロに依頼した時のような綺麗な仕上がりにはなりません。

ビジネスで使う名刺は見た目のクオリティが大事ですので、次の3つの印刷会社やサービスの中から比較してみましょう。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

ビスタプリント

パン屋や居酒屋など飲食店の名刺を作成したい方には、ネット注文ができるVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトでは、下記のように食品関連の職業の人にピッタリのデザインテンプレートが数多く用意されていました。

 

美味しそうなパンの画像が入ったデザイン

パン屋の名刺2

 

フランスパンをモチーフとしたデザイン

パン屋の名刺3

 

色鮮やかなケーキの画像が入ったデザイン

パン屋の名刺4

 

パっと見ただけでパン屋さんだとわかるようなデザインのテンプレートの名刺がVistaprint(ビスタプリント)では用意されています。

デザインの種類は何と5,000以上ですし、100枚の名刺を作成するのにかかる費用が980円と圧倒的に安いのはVistaprint(ビスタプリント)が注目されている理由です。

キーワード検索で「パン屋」と入力すると約90種類のテンプレートがヒットしますので、お店のイメージに合ったデザインの名刺をVistaprint(ビスタプリント)で作成してもらってください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺図鑑

名刺図鑑

名刺図鑑は職業別の名刺を作成できる印刷会社で、パン屋さんに合うデザインテンプレートもたくさんあります。

Vistaprint(ビスタプリント)と比較してみるとデザインの種類は少ないのですが、こんなテンプレートを使って名刺を作成できますよ。

  • 食パン入りバスケットイラスト喫茶店名刺
  • ぼうしパンイラスト入りベーカリー名刺
  • イラスト入りバーガーショップビジネス名刺
  • 食パン写真入りパン屋さん名刺
  • フランスパンイラスト入りベーカリーショップ名刺

 

フルカラーで作成する名刺は、「30枚で2,000円」「50枚で2,500円」「100枚で3,500円」「200枚で6,500円」「300枚で9,500円」と設定されていました。

100枚単位でしか注文できない印刷会社やサービスは多いので、小ロットの名刺作成を考えている方は名刺図鑑に依頼してみましょう。

 

名刺作成のファースト

名刺作成のファースト

名刺作成のファーストでは、食パンの形にくり抜いた面白い型抜き名刺を作成できます。

日本で使われている名刺は、91㎜×55㎜というサイズがオーソドックスです。

しかし、必ずしもこのサイズに合わせて作成すべきだと決まっているわけではありませんので、少し変わった加工で作成してみるのは選択肢の一つです。

 

パン屋の名刺5

 

名刺作成のファーストは型抜き名刺だけではなく、次のように豊富な種類の加工オプションが用意されています。

  • 金や銀の箔をデザインや文字の中に入れる箔仕上げ加工
  • 名刺の4つの角を丸くして柔らかい印象にする角丸加工
  • 半透明フィルム用紙を使って作成できる高級感のある名刺

 

同じテンプレートを使っていても加工方法を少し変えるだけで見た目の印象やイメージは大きく変わりますので、どんなオプションを施せばパン屋の名刺に相応しくなるのか一度考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました