名刺の作成で押さえておきたいデザインの著作権

名刺の作成で押さえておきたいデザインの著作権はこれだ!

名刺の作成で押さえておきたいデザインの著作権はこれだ!

「かっこよくてインパクトのある名刺を作成したい」「相手の気を引くようなデザインの名刺を作りたい」と考えている方はいませんか?

名刺やショップカードはビジネスで欠かせないツールですので、少しでも渡す時に自分の印象を良くしたいと考えるのは普通ですよね。

ただ文字だけを記載した名刺ではシンプル過ぎるということで、イラストや画像を余白に入れている方はたくさんいます。

モノクロ名刺を作成するのとは違い、イラストや画像を取り入れて名刺を作成するに当たってどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 名刺を渡した時のインパクトが強くなる
  • 画像で自分の職業を大まかに伝えられる
  • 殺風景なイメージになりにくい

 

しかし、インターネット上で掲載されているイラストや写真には著作権がありますので、それを侵害しないように注意しないといけません。

  • 私的利用であればキャラクターといった公式画像を使っても違反ではない
  • 利益に繋がらなければ個人で好きなように利用しても大丈夫

 

このように考えている方は意外と多く、個人の利用目的であれば画像を使うことは違法行為でも何でもありませんが、名刺は個人や企業をPRするために不特定多数の人に配るツールですので、名刺のアイキャッチとして使う場合は著作権の侵害に当たるのです。

既存のキャラクターを使って名刺デザインするのは違法行為ですし、不特定多数の人に配る目的で作成された時点で私的利用の範疇を超えています。

著作権を侵害している名刺を相手に渡して自分のイメージアップに繋がることは100%あり得ませんので、画像やイラストのデザインを選ぶ時には細心の注意を払いましょう。

 

データ入稿で印刷会社に依頼して名刺を作成する際も著作権には注意!

業者に画像をデータ入稿して名刺を作成する場合も、自宅でグラフィックデザインソフトを駆使して名刺を仕上げる場合も、著作権を侵害しないように気を付けないといけません。

当サイトで紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、アニメのキャラクターといった画像を入稿して使用するのは禁じられています。

不特定多数の人に配る目的で作成する名刺は、慎重にデザインを選ぶのがポイントですね。

何が良くて何が悪いのかイマイチ分からない方は、Vistaprint(ビスタプリント)の公式テンプレートを使って名刺を作成してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

著作権に反する名刺を使っているとイメージが悪くなる

イメージ悪い

名刺に写真やイラストを加えて、色鮮やかにしたりインパクトを与えたりしたいという気持ちは分かります。

しかし、著作権に反する名刺を使っていると、理解している方から見れば明らかにイメージが悪くなりますので注意が必要です。

  • 法律に反することを分かっていないのかな?
  • 常識が通用しない人なのかな?
  • ビジネスに向いていない人なのかな?

 

このような印象を相手に与えれば自分の評価は悪くなりますので、自分で名刺を作成する時も専門の印刷会社に依頼する時も気を付けないといけない理由はお分かり頂けるでしょう。

インターネットで掲載されている写真も作成した人が著作権を持っているため、「無料で使用可能」「フリー素材」と記載されたイラストだけを使ってオリジナリティ溢れる名刺を作ってみてください。

 

デザイナーに依頼して作ったロゴは著作権に反さない

デザイナーさんに依頼して作成してもらった自社のロゴであれば、著作権は自分にありますので名刺の中に自由に取り入れることができます。

オリジナルデザインを使った名刺で勝負すれば、今まで以上にビジネスを効率良く進めることが可能ですよ。

しかし、インターネットで検索して見つかるようなアニメのキャラクターなどには著作権がありますので、無断で使用してはいけません。

上記でも説明しましたが、どんなにかっこいいデザインの名刺を作成できたとしても、相手に「これって著作権の侵害なのでは・・・」と思われてしまってはイメージは一気に下がってしまいます。

そのため、名刺の中に画像やイラストを加えたいと考えている方は、著作権の侵害に該当しないフリー素材を利用しましょう。

個人のブログやホームページの画像を勝手に使うのも著作権の侵害に当たりますが、フリー素材であれば私的利用の範疇を超えている名刺にも使うことができます。

ただし、サイトによっては製作者への使用報告が必要だったり、商用利用OKだったりと細かく規定されていますので、事前に利用規約を良く読んでおいてください。

タイトルとURLをコピーしました