名刺の作成と台紙

名刺を作成するには専用の台紙が必要で、ヒラヒラとしたコピー用紙とは大きく異なります。

コピー用紙のような名刺を持っているビジネスマンはいらっしゃいませんし、保存期間が長くなることを想定して分厚い台紙を使用しなければならないのです。

自宅で名刺を作成しようと考えているのならば、パソコンとプリンタだけではなく台紙が必要で、量販店や通販を利用して購入する形となっております。

「ヤマダ電機」「ヨドバシカメラ」「上新電機」「コジマ」「ノジマ」「ケーズデンキ」「東急ハンズ」「エイデン」といった場所で販売されており、大型の店舗であれば名刺作成の台紙の種類も豊富なのではないでしょうか。

通販で有名な業者のELECOM(エレコム)やエーワン(A-one)の製品を購入するのも選択肢の一つで、「エーワン マルチカード」や「ELECOM 名刺用紙 両面マット調タイプ」といった台紙をAmazonで購入できます。

これらの用紙を用意すれば、自宅でグラフィックデザインソフトなどを活用して名刺の完全データを作り、台紙に印刷して裁断機などでカットすれば完了です。

好きな時に好きな枚数の名刺を作成できるのが大きなメリットですし、「少量の名刺でも十分」という方は、台紙を購入して自分で作成してみるのが良いかもしれません。

「色々な種類の中から台紙を選びたい」という方には、エーワン(A-one)の製品が実に適しております。

どのような台紙を使って名刺を作成できるのか、このページではご説明しているので参考にしてみてください。

 

マイクロミシン:ミシン目がついていて1枚1枚切り取ることができる
クリアエッジ:印刷した後に台紙からはがすとふちがスッキリとする
マット紙:ふちまで印刷ができる
フォト光沢紙:光沢があり写真やイラストの印刷として適している
透明フィルム:文字が透けて見える台紙でデザインに拘りたい方におすすめ
クラフト紙:温かみのあるデザインに仕上げたい方におすすめ
トレーシングペーパー:半透明のツヤ消し加工でおしゃれな名刺が作成できる
メタリックフィルム:上質なメタリックで構成されており光に反射して輝くのが大きな特徴

 

名刺のデザインによって適した台紙は異なりますし、お使いの印刷機によっても仕上がり具合は大きく変わります。

お使いのプリンタと相性が合わなかったり紙質の感触が予想と違ったりと、最初は様々な壁にぶつかるかもしれないので、自分のイメージとピッタリの台紙を見つけるにはとりあえず印刷して確かめてみるのがベストです。

テスト印刷として複数の用紙が入ったセットも通販では販売されているので、お好みに合わせて実際に購入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました