【口コミや評判は?】名刺管理アプリのEight(エイト)のメリットや使い方を徹底解説!

  1. 名刺管理アプリのEight(エイト)の基本情報
  2. Eight(エイト)で名刺を管理する7つのメリットを徹底解説!
    1. 1:名刺管理の操作性がシンプルで使いやすい!
    2. 2:最高水準の技術で素早く正確にデータ化できる!
    3. 3:パソコンやスマホ、タブレットなどマルチデバイスに対応!
    4. 4:スマホで検索してすぐに名刺情報にアクセスOK!
    5. 5:相手の名刺情報の変更が自動で反映!
    6. 6:無料版と有料版から選んで活用できる!
    7. 7:オンライン上で手軽に名刺交換ができる!
  3. Eight(エイト)の利用前に押さえておきたい3つのデメリット…
    1. 1:名刺をデータとして取り込むのに手間がかかる…
    2. 2:表示される名刺情報は自分がアップしたものとは限らない…
    3. 3:全く知らない人の連絡先が「知り合いかも?」に出てくる…
  4. Eight(エイト)の登録から使い方までの流れを徹底解説!
    1. ステップ1:アプリをダウンロードしてアカウント登録する!
    2. ステップ2:スキャンして名刺情報をアプリに取り込む!
    3. ステップ3:複数のサービスで経営やマーケティングに活用する!
  5. Eight(エイト)の口コミや評判まとめ!
    1. 1:名刺管理アプリのEightはメモもできるから便利!
    2. 2:Eightは名刺を見つける時間を劇的に短くできる!
    3. 3:Eightが複数名刺登録機能をスタートしてた!
    4. 4:Eightは読み込んだ名刺情報を間違えて登録することがある…
    5. 5:軽い気持ちでEightを使ったけどSNS的な機能は求めていない…
    6. 6:Windows 10 MobileでログインできないのはEightが悪い…
  6. 名刺の作成はVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!
  7. まとめ

名刺管理アプリのEight(エイト)の基本情報

Eight(エイト)

Eight(エイト)の基本情報
サービス名 Eight(エイト)
運営会社 Sansan株式会社
本社の住所 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
ユーザー/利用者数 200万人以上
料金プラン Eight:無料
Eightプレミアム:月額480円
企業向けプレミアム:月額10,000円
機能 どこでもスキャン、オンライン名刺交換
おすすめ度 ★★★★☆

Eight(エイト)は、パソコンやスマートフォンで利用できる名刺管理アプリです。

名刺を撮影して正確にデータ化したりオンライン上で名刺交換したりと、Eight(エイト)には様々な機能がありますよ。

「大量の名刺をどう管理すれば良いのかわからない」「取り引き先の人からもらった名刺を一括で管理したい」「名刺の繋がりをビジネスに役立てたい」という方におすすめ!

この記事では名刺管理アプリのEight(エイト)のメリットやデメリット、正しい使い方や口コミの評判について詳しくまとめました。

参考 Eight(エイト)の公式サイトはこちら

Eight(エイト)で名刺を管理する7つのメリットを徹底解説!

Eight(エイト)はSansan株式会社から提供されている名刺管理アプリです。

現在では様々な種類の名刺管理アプリが登場していますが、その中でもEight(エイト)はシェアNo.1を獲得しています。

「100万人が使う名刺管理アプリ」というフレーズでコマーシャルも流れていますので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

まず最初に、Eight(エイト)で名刺を管理する7つのメリットから解説していきます。

1:名刺管理の操作性がシンプルで使いやすい!

パソコンからの利用

Eight(エイト)の基本的な使い方
  1. スマートフォンのカメラで名刺を撮影する
  2. OCR処理による名刺データをオペレーターが入力する
  3. 正確なデータがアプリケーションの中に取り込まれる

下記の項目でも詳しく解説していますが、Eight(エイト)の名刺管理の使い方はとても簡単です。

名刺管理の操作性がシンプルで使いやすいため、Eight(エイト)はビジネスマンから高い評判を獲得していますね。

簡単に説明すると、お持ちのスマホで名刺を撮影するだけで勝手にデータ化してくれる優れもの!

シンプルな操作性の名刺管理アプリをお探しの方は、Eight(エイト)を選びましょう。

2:最高水準の技術で素早く正確にデータ化できる!

他の名刺管理アプリと違い、名刺情報をAIと手入力で管理しているのはEight(エイト)のメリットです。

Eight(エイト)は最高水準の技術により、素早く正確にデータ化できますよ。

名刺をスマホで撮影すると専門のオペレーターがデータを入力し、相手の所属会社や電話番号、メールアドレスなどの情報が取り込まれる仕組みです。

また、Eight(エイト)は2018年の3月に登場した新機能のクイックスキャンにより、複数枚の名刺でも一度に撮影できるようになりました。

相手がEight(エイト)のユーザーならその場で繋がることができますので、SNSとしての役割も担ってくれます。

3:パソコンやスマホ、タブレットなどマルチデバイスに対応!

パソコンやスマホ、タブレット

Eight(エイト)の対応デバイス
パソコン Windows・Mac
スマートフォン iPhone・Android
タブレット iPadなど

Eight(エイト)はマルチデバイスに対応している名刺管理アプリです。

iPhoneやAndroidなどのスマホだけではなく、PCやMacからも利用できます。

※Macで名刺を作成する方法はこちら!

Macで名刺を作成する方法を徹底解説!おすすめの無料ソフトや印刷会社を紹介!
Windowsだけではなく、Mac(マック)のパソコンでも名刺を作成できます。この記事ではMacで名刺を作成する4つの方法について詳しくまとめました。おすすめの無料ソフトや印刷会社を紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

外出先でもデスクでも、あなたのビジネスネットワークに素早くアクセスできるわけですね。

ただし、Eight(エイト)の公式サイトでは、「タブレット端末でダウンロードできるが動作は保証外」と記載されていました。

Eightのタブレット端末の対応

Eight(エイト)のタブレット端末の対応

スムーズに名刺管理ツールを使ってビジネスに活用したいのであれば、パソコンやスマートフォンでの使用がおすすめです。

4:スマホで検索してすぐに名刺情報にアクセスOK!

Eight(エイト)の検索機能で名刺を探す方法
  1. 「ネットワーク」タブ右上の検索アイコンをタップする
  2. 「氏名」「会社名」「部署名」「役職名」「メールアドレス」を入力する
  3. ヒットした人物の中から探している名刺を選ぶ

Eight(エイト)ではクラウド上に名刺のデータを保存し、いつでの全ての名刺情報にアクセスできます。

Eight(エイト)の検索機能を使って名刺を探す方法は上記のように至ってシンプル!

1台のスマホでサっと名刺情報にアクセスできますし、メモの全文検索やタグによるグループ分けもできますよ。

Eight(エイト)の名刺情報にアクセス

名刺のアナログ管理で、「もらった名刺が増えて探すのに苦労している…」と悩んでいるビジネスマンはいませんか?

※名刺をアナログ管理するメリットとおすすめのやり方はこちら!

名刺をアナログ管理する4つのメリットとおすすめの方法を徹底解説!
近年では名刺の管理をデジタル化に任せている方はいます。しかし、アナログ的な方法でビジネスやプライベートの名刺を管理するのも選択肢の一つですよ。ここでは、名刺をアナログ管理するメリットとおすすめの方法を詳しく解説していきます。

しかし、Eight(エイト)は名前や会社名で検索するだけですので、手早く探している名刺を見つけられるわけです。

5:相手の名刺情報の変更が自動で反映!

名刺管理アプリのEight(エイト)で繋がった相手とは、転職や昇進で名刺情報が変更すると通知が来て自動で反映されるシステムが採用されています。

Eight(エイト)の通知が来て自動で反映されるシステム

紙の名刺管理では、顧客の最新情報を把握するのは難しいですよね。

一方でEight(エイト)なら手元の名刺情報にも更新情報が反映されますので、ビジネスチャンスの拡大に繋がるでしょう。

ビジネスチャンスを逃さずにしっかりとアプローチできるのは、Eight(エイト)の大きなメリットです。

6:無料版と有料版から選んで活用できる!

※横にスクロールできます。

Eightの種類 無料版のEight(エイト) 有料版(Eightプレミアム) 有料版(企業向けプレミアム)
料金設定 無料 月額480円 月額10,000円
携帯端末の使用
名刺データのエクスポート
名刺データのダウンロード
名刺データ化のスピード 特になし 無料版の約3分の1 無料版の約3分の1
スキャナー連携 特になし Eight scan β版 Eight scan β版
画像メモ機能
連絡先アプリと連携

Eight(エイト)では無料版と有料版から選び、ビジネスで活用できます。

上記の表を見ればわかる通り、有料版のEightプレミアムと企業向けプレミアムは機能が豊富!

お礼メールや画像メモなどの機能を使えたりデータ入力の速度が向上したりと、一定の費用を支払う代わりに名刺管理が楽になります。

個人で名刺管理アプリをお使いの方はEightプレミアム、名刺情報管理で課題を抱えている会社は企業向けプレミアムを選びましょう。

参考 Eightプレミアムサービスについて

7:オンライン上で手軽に名刺交換ができる!

オンライン名刺交換

※横にスクロールできます。

Eight(エイト)のオンライン名刺交換の方法
QRコード+バーチャル背景 バーチャル背景にEightの名刺情報が掲載されたQRコードを入れて、スマホのカメラで読み取ってもらう
オンライン名刺URL ホーム画面右上のオンライン名刺アイコンをタップし、メールやチャットで名刺情報を送る
検索・名刺交換リクエスト 相手がEightユーザーの場合は、名刺交換をしたい相手の氏名や電話番号を検索してリクエストを送る
Bluetooth(ブルートゥース) QRコードの下にある「近くのユーザーと名刺交換」を選択し、Bluetoothに接続して名刺交換が成立

Eight(エイト)が注目を集めているのは、ただの名刺管理アプリではなくオンライン上で手軽に名刺交換ができるからです。

名刺交換と聞き、面と向かって名刺を差し出したり受け取ったりするスタイルをイメージしますよね。

しかし、Eight(エイト)では「QRコード+バーチャル背景」「オンライン名刺URL」「検索・名刺交換リクエスト」「Bluetooth(ブルートゥース)」から選んでオンライン上で他のユーザーと名刺交換ができるのです。

新型コロナウイルスの影響を受けて、Eight(エイト)は2020年の6月にデジタル名刺交換の機能がリリースされました。

名刺交換をした後に相手のデータはクラウド上に保存されますので、Eight(エイト)はとても便利なアプリです。

※名刺交換の正しいマナーについてはこちら!

【名刺交換のマナー!】正しい渡し方や受け取り方、しまうタイミングについて徹底解説!
素敵な名刺を作成していても、名刺交換のマナーを知らなければ意味がありません。正しいやり方で名刺交換するのは社会人の常識ですよね。この記事では名刺交換の正しい渡し方や受け取り方、相手からもらった名刺をしまうタイミングについて詳しく解説していきます。

Eight(エイト)の利用前に押さえておきたい3つのデメリット…

Eight(エイト)はシンプルな名刺管理アプリ+ビジネスSNSとして人気ですが、残念ながら上記の3つのデメリットあり…。

無料版のEight(エイト)はお金を支払わずに使えますが、有料版のEightプレミアムは月額480円を負担しないといけません。

Eightプレミアムに登録する前に、良くない部分についてきちんと確認しておきましょう。

1:名刺をデータとして取り込むのに手間がかかる…

スマホで名刺をスキャン

名刺をアプリにデータとして取り込むのに手間がかかるのはEight(エイト)のデメリットです。

Eight(エイト)では、自分でスマホのカメラを使って名刺をスキャンしないといけません。

つまり、既に大量に溜まった名刺を登録する場合は、かなりの時間がかかりますよ。

Eight(エイト)は一度に複数枚の名刺を登録できるようになりましたが、面倒臭がり屋の人にとっては意外と大変な作業です。

2:表示される名刺情報は自分がアップしたものとは限らない…

Eight(エイト)は他の名刺管理アプリとは違い、OCR(光学的文字認識)ではなく手入力でテキスト化しています。

そのお陰で名刺情報の誤読が少なくて信頼性が高いのですが、表示される名刺情報は自分がアップしたものとは限らない点に注意が必要です。

現在ではEight(エイト)がリリースされてからかなりの年月が経ち、Sansanが名刺情報を実際に手入力するケースは少なくなりました。

それは手元に莫大な量の名刺情報のデータが蓄積されているのが理由で、そのデータを流用すれば事足ります。

すなわち、自分がEight(エイト)に名刺を登録しても、元々Sansanの手元にある名刺情報が使われていることが多いと心得ておきましょう。

3:全く知らない人の連絡先が「知り合いかも?」に出てくる…

Eight(エイト)にはSNS機能や繋がる機能がありますが、全く知らない人の連絡先が「知り合いかも?」に出てくるケースあり…。

EightのSNS機能

名前も会社名も聞いたことのない人の名刺がホーム画面にいちいち表示されるのはちょっと面倒ですよね。

Eight(エイト)のデフォルト設定では情報公開がONになっていますので、知り合いの表示がウザったいと感じている方はOFFにしてください。

Eight(エイト)の登録から使い方までの流れを徹底解説!

名刺管理アプリのEight(エイト)を使い始めるには、最初にスマートフォンを使ってユーザー登録する必要あり!

無料版のEight(エイト)であれば、個人情報を入力してアカウントを開設するだけでOKです。

以下では、Eight(エイト)の登録から使い方までの流れを詳しくまとめました。

ステップ1:アプリをダウンロードしてアカウント登録する!

まず最初に、Eight(エイト)に登録する流れから見ていきましょう。

 

①iPhoneやAndroidでEight(エイト)のアプリをダウンロードする

Eight(エイト)への登録

 

②Eight(エイト)のアプリを開き、「新規会員登録」をタップする

Eight(エイト)への登録

 

③利用する国を「日本」に設定し、「次へ」のボタンをタップする

Eight(エイト)への登録

 

④自分の名刺をカメラで撮影してプロフィールを登録する

Eight(エイト)への登録

 

⑤本人確認のための認証メールを送信し、メールを開いて認証を完了させる

Eight(エイト)への登録

 

⑥ログインメールアドレスとログインパスワードを設定して完了

Eight(エイト)への登録

 

Eight(エイト)の登録が終われば、すぐに名刺管理アプリを使い始めることができますよ。

ステップ2:スキャンして名刺情報をアプリに取り込む!

Eight(エイト)のスキャン方法
クイックスキャン 複数枚の名刺をまとめて撮影する方式
連続スキャン 名刺を1枚ずつ連続で撮影して取り込む

Eight(エイト)の名刺スキャンの使い方は上記の2つです。

クイックスキャンと連続スキャンにより、保管している名刺の情報をアプリに取り込んでいきます。

以下では、Eight(エイト)のクイックスキャンのやり方についてまとめました。

 

①Eight(エイト)のアプリを起動してホーム画面下のカメラをタップする

クイックスキャンの流れ

 

②画面左下の「名刺を読み取る」をタップする

クイックスキャンの流れ

 

③スマホをかざして名刺を認識したら撮影ボタンを押す

クイックスキャンの流れ

 

有料版のEightプレミアムに登録している方は、右下のスイッチを押して両面撮影することもできます。

ステップ3:複数のサービスで経営やマーケティングに活用する!

※横にスクロールできます。

Eight(エイト)のマーケティングに活用できるサービス
CRMとの連携 自社の顧客データに加えて帝国データバンクや決算書の情報を閲覧できる
メール配信機能 名刺交換した人物を差出人として、メールを一括で配信できる
オンライン名刺交換機能 QRコードやBluetoothで効率的かつ正確に名刺の情報交換ができる

Eight(エイト)では、上記の3つのサービスが用意されています。

CRMとの連携やメール配信機能は、経営やマーケティングに活用できること間違いなし!

Eight(エイト)を使いこなすためにも、複数の機能をビジネスに取り入れてみましょう。

Eight(エイト)の口コミや評判まとめ!

このページでは、名刺管理アプリのEight(エイト)を愛用している方の口コミや評判をいくつか紹介していきます。

1:名刺管理アプリのEightはメモもできるから便利!

Eight(エイト)のTwitterの口コミを見てみると、「名刺を探す時に便利」「メモもできるから便利」との意見がありました。

名刺を登録して管理したり閲覧したりするだけなら無料で使えますよ。

2012年にリリースしてから絶大な支持を誇りますので、ビジネスマンであればEight(エイト)は是非とも使いたいものです。

2:Eightは名刺を見つける時間を劇的に短くできる!

名刺をアナログ管理していると、探し出すまでに時間がかかるケースあり…。

しかし、アプリのEight(エイト)を使っていれば、名刺を見つける時間を劇的に短くできます。

探している名刺をすぐに見つけ出せるのが良いとEight(エイト)は高評価でした。

※名刺をアナログ管理するメリットとデメリットはこちら!

名刺をアナログ管理する4つのメリットとおすすめの方法を徹底解説!
近年では名刺の管理をデジタル化に任せている方はいます。しかし、アナログ的な方法でビジネスやプライベートの名刺を管理するのも選択肢の一つですよ。ここでは、名刺をアナログ管理するメリットとおすすめの方法を詳しく解説していきます。

3:Eightが複数名刺登録機能をスタートしてた!

Eight(エイト)は2020年の11月にアップデートし、複数の名刺をプロフィール登録できるようになりました。

この機能は、複業・兼務で数種類の名刺を使っている人にとってはありがたいですね。

ユーザーの希望を叶えてくれるアプリですので、Eight(エイト)は今後も益々使いやすくなると予想できます。

4:Eightは読み込んだ名刺情報を間違えて登録することがある…

Eight(エイト)のアプリは、他人の名刺情報を間違えて登録してしまうケースがあるようです。

その場合は一度削除して再登録しないといけません。

自分で修正できないのはEight(エイト)の不便なところで、不満を抱えているユーザーはいましたね。

5:軽い気持ちでEightを使ったけどSNS的な機能は求めていない…

Eight(エイト)はただの名刺管理アプリではなく、SNS的な機能も兼ね備えています。

Eight(エイト)でつながりが発生すると、オンライン上の名刺交換で相手のプロフィール名刺が表示される仕組みです。

しかし、ビジネスの相手とは必要以上につながりたくないとの意見がありました。

相手方もEight(エイト)を使っていると自動的に繋がりますので、この機能に対して困惑している方は多いようです。

6:Windows 10 MobileでログインできないのはEightが悪い…

Windows 10 Mobile(ウィンドウズ テン モバイル)は、Microsoft社が開発したタブレット向けのエディションです。

以前のTwitterの口コミを見てみると、名刺管理アプリのEight(エイト)はWindows 10 Mobileでログインできないとの意見があります。

しかし、Windows 10 Mobileは2019年12月10日にサポートが終了していますので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

参考 Windows 10 Mobileのサポート終了に関するよくあるご質問

名刺の作成はVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

自分の名刺がなければ、名刺管理アプリのEight(エイト)を使う意味がありません。

そこで、ビジネス名刺を作成したい方にはネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)には次の4つのメリットがありますよ。

  • 100枚のフルカラー名刺が980円~と印刷料金が安い
  • 5,000種類を超えるデザインテンプレートから選べる
  • オンライン上で名刺のデザインを自由に編集できる
  • インパクト抜群の厚盛りDECO加工を施せる

素敵な名刺を簡単に作ることができますので、Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてはいかがでしょうか。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

まとめ

Eight(エイト)で名刺管理するメリットやデメリット、利用ユーザーの口コミや評判についておわかり頂けましたか?

スマホカメラで撮影して名刺情報を登録したりオンライン上で名刺交換ができたりと、Eight(エイト)は無料なのにも関わらず機能が豊富なアプリです。

ビジネスチャンスを広げられるツールになり得ますので、是非一度Eight(エイト)を使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました