名刺の作成で使用するPDFファイル

名刺の作成ではデータをPDFなどのファイルに保存する

名刺の作成ではデータをPDFなどのファイルに保存する

名刺の作成をIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)で行った後は、PDFといったファイルに保存する形となります。

ファイルにしっかりと保存しておけば、インクジェットプリンタやレーザープリンタを使って欲しい時に好きなだけ名刺を印刷できますので、これが自宅で作成する強みですね。

所属部署や電話番号といった連絡先が変わった場合でも、既存のデータに少し修正を加えれば良いだけですので、長期間に渡ってビジネス用の名刺を使っていくことができます。

プリンタ自宅にないのならば、完全データを印刷会社に入稿して印刷だけしてもらうのが良いでしょう。

自分で作成する方法とは違い、印刷会社に依頼する方法はPDFといったファイルに保存したデータを入稿するだけで、プリンタを使って印刷してカットするという手間を省くことができます。

名刺作成サービスによっては入稿できるファイル形式が異なる場合がありますので、公式サイトで事前に調べておくべきですよ。

印刷通販のプリントネットやグラフィックでは、PDFファイルを入稿することで現金の値引きがされたりポイントが付与されたりというキャンペーンが実施されています。

他のファイル形式を使用するよりもお得ですので、プリントネットやグラフィックを利用する場合はこの点を把握しておきましょう。

ネット通販の中でも高い人気を獲得しているVistaprint(ビスタプリント)では、残念ながらPDFファイルの入稿で割引されるようなキャンペーンや特典はありません。

その代わりにPDF形式以外にも、GIF形式やPNG形式、JPEG形式やTIFF形式といったファイルで入稿してオリジナルの名刺を作成できますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

データ入稿の前にセルフチェックを行おう

名刺の印刷を行っている印刷会社の中には、決められた環境で作成したデータでなければPDFファイルでもキャンペーンを利用できないことがあるので注意が必要です。

基本的にどの印刷会社でもPDFファイルでデータ入稿できるものの、印刷通販のプリントネットではAdobe(アドビ)のIllustrator(イラストレーター)とInDesign(インデザイン)以外で作成したデータは、PDF形式でもポイントは付与されません。

また、これはどの業者にも言えることですが、データを入稿する前にセルフチェックを行うべきです。

入稿するデータに不備があれば納期遅れといったトラブルが引き起こされることがありますので、「○○日までに名刺を作成したい」と考えている方は入稿する前に次の点を確認しておきましょう。

  • 塗り足し込みでご注文のサイズで作成できているか
  • 裁ち落としの塗り足し部分が作成されているか
  • フォントは全て埋め込みになっているか
  • 不要なレイヤーやオブジェクトは削除されているか
  • 特色をCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)にしているか

 

余白の塗り足し部分を確認したりフォントの埋め込みをチェックしたりして完全データを入稿すれば、スムーズに名刺の作成や印刷が可能ですよ。

どの印刷業者の公式サイトでもデータ入稿の際の注意点について詳しく記載されていますので、名刺やショップカードを注文する際は事前に確認しておいてください。

 

フルオーダー名刺を作成できるケイワンプリント

ケイワンプリント

ケイワンプリントは新宿区に実店舗を構えている印刷会社で、フルオーダーの名刺を作成できます。

フルオーダー名刺はデータファイルをメールで送信し、印刷をして自宅へと届けてくれたり店頭に取りに行ったりできるのです。

以下ではどのような手順でケイワンプリントのフルオーダー名刺を利用するのか大まかにまとめてみました。

  1. Adobeのソフトや画像ファイルを使って名刺の資料を作成する
  2. 郵送やFAXなど資料の受け渡し方法を選択する
  3. 指定の宛先(東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル7F)まで送る
  4. データをチェックしてどのくらいの料金がかかるのか見積もりを行う
  5. 名刺校正ファイルを作ってお客様へと送信する
  6. 問題がなければ印刷工程に入って自宅へと名刺が届けられる

 

手書きのラフ画の郵送もできますので、他のビジネスマンと差を付けるオリジナル名刺が欲しい方は利用してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました