居酒屋の名刺を作成するコツやおすすめの印刷会社3選!

居酒屋の名刺を作成するコツやポイントをまとめてみた

居酒屋の名刺を作成するコツやポイントをまとめてみた

名刺は営業をしているサラリーマンだけが持つツールではなく、現在では飲食店やプライベートでも活用されています。

居酒屋などの飲食店の場合は名刺ではなくショップカードと併用するのも選択肢の一つで、どちらにしても自分たちのお店を紹介するのに便利なツールですよね。

居酒屋の店舗が名刺やショップカードを作成することにより、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 来店してくれたお客様に対して連絡先を伝えられる
  • お客様は調べなくても簡単に電話番号を知って予約ができる
  • お店の特徴や強みをしっかりと伝えられる

 

居酒屋に限らず他の飲食店にも該当しますが、お客さんを集客できなければ一切の利益は得られません。

過疎ってしまったお店が元の繁盛した状態に戻すのは大変ですので、紹介するツールの名刺やショップカードは想像以上に大事な存在なのです。

そこで、以下では居酒屋の名刺を作成する上でのコツやポイントをまとめていますので、飲み屋を経営する予定の方は一度チェックしておいてください。

 

全体的なデザインに気を配る

居酒屋の名刺

名刺やショップカードは、相手に渡した時の第一印象が重要です。

見た目のイメージで良し悪しが大きく変わりますので、居酒屋の名刺を作成する際も全体的なデザインに気を配ってみてはいかがでしょうか。

お客様がお店の名刺を貰って友人や知り合いに教えれば、新しい顧客がついて居酒屋はどんどん繁盛していきます。

その第一歩になるのが名刺のデザインで、居酒屋に適したテンプレートをいくつか挙げてみました。

  • お店が繁盛して盛り上がりを見せられるようなデザイン
  • ビールやサワーなどお酒を楽しく飲めそうなデザイン
  • 店舗のイメージに合わせたデザイン(和風or洋風)
  • 美味しい食事を食べることができそうなデザイン

 

既存のテンプレートでも全体的なイメージが自分たちのお店とマッチしていれば、お客様に良い印象を与えて効率良く呼び込むことができますよ。

白黒の文字だけの名刺を渡しても、お客様はどのような居酒屋なのか判断することができません。

シンプルなデザインの名刺がNGというわけではありませんが、なるべく画像やイラストを駆使して居酒屋の魅力を伝える努力が必須です。

 

最寄駅からお店までの地図を裏面に貼り付ける

地図アプリ

居酒屋や飲み屋の名刺を作成するに当たり、最寄り駅からお店までの地図を裏面に貼り付ける方法は実に効果的です。

実店舗のない職種や自社に訪問してもらう可能性が低い会社の場合、地図を取り入れても無駄にスペースを取るだけですのであまり意味はありませんよね。

しかし、居酒屋はお客さんに来てもらって初めて経営が成り立つため、名刺やショップカードの中に忘れずに地図を載せておく必要があります。

居酒屋の名刺やショップカードの中に地図情報が入っていれば、お客さんが次のような悩みを抱えることはありません。

  • 前に一度来たことのあるお店だけど道を忘れてしまった
  • 入り組んだ道だったからお店の場所を上手く把握できない
  • いちいちスマホでお店の情報を調べるのが面倒臭い

 

名刺の中に記載されている情報を頼りにして、最寄り駅から地図の通りに歩いていけばたどり着けます。

道路の道順などを画像編集ソフトで作成するのは選択肢の一つですが、illustrator(イラストレーター)などのソフトを使いこなせない人にとっては少々ハードルが高いので、ALPSLABやGoogleマップ作成などのサービスを上手く活用してみましょう。

 

売りにしたい居酒屋の特徴を紹介する

居酒屋を繁盛させてお客様を呼び込むためにも、売りにしたい特徴を名刺の中で紹介すべきです。

名刺はただ作成すれば良いわけではなく、貰った人の心に突き刺さらなければ全く意味がありません。

名刺を貰って自宅に帰る前に捨てられるような仕上がりでは何もメリットがありませんので、次のように自分たちのお店の良い部分を伝えましょう。

  • 普通の居酒屋とは違って地方限定のお酒を取り扱っている
  • 食事のメニューが豊富で全てオリジナルで仕上げている
  • 料理を出すスピードと接客対応の良さが魅力的

 

名刺の表面だけでありとあらゆる内容を伝えるのは少々無理がありますので、裏面も使ってお店の魅力を伝える努力をした方が良いですよ。

 

プラスチックの素材を使って作成する

プラスチックの名刺

名刺1枚当たりの作成料金は高くなりますが、「長くお客さんの手元に残って欲しい」という願いを込めて、居酒屋の名刺をプラスチックの素材で作るのは選択肢の一つです。

一般的な紙名刺とは異なり、プラスチック製の名刺には次の4つのメリットがあります。

  • 破れたりシワになったりする心配がない
  • 雨などの水に濡れてもふやけることがない
  • 紙製の名刺では表現できない質感や高級感がある
  • クールでスタイリッシュな印象を相手に与えられる

 

他のどの用紙よりも耐久性が高いのが特徴ですので、プラスチックの素材で名刺を作成できるのかどうかで印刷会社を比較してみてください。

 

居酒屋の名刺作成におすすめの印刷会社3選はこれだ!

居酒屋の名刺はお客さんに渡す重要なツールですので、自力ではなく専門の印刷会社に依頼すべきです。

自分で作成するよりも、プロに任せた方が遥かにキレイな仕上がりになりますよ。

このページでは居酒屋の名刺作成におすすめの印刷会社やサービスを3つ紹介していますので、選び方で迷っている方は参考にしてみましょう。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

ビスタプリント

Vistaprint(ビスタプリント)は、名刺やショップカードをオンライン上で作成できるネット通販のサービスです。

居酒屋や飲み屋の名刺の作成にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめで、その理由をいくつか見ていきましょう。

  • 5,000種類以上の中から好きなテンプレートを選んで作成できる
  • 100枚で980円と料金が安いのにも関わらずフルカラーで仕上げてくれる
  • 完全データを入稿してオリジナルデザインの名刺を印刷できる

 

Vistaprint(ビスタプリント)で用意されている名刺のデザインやテンプレートは下記のように様々です。

 

居酒屋名刺

 

居酒屋名刺2

 

居酒屋名刺3

 

居酒屋にピッタリのデザインでクオリティの高い名刺を作成できますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺広芸アンドユー

名刺広芸&You

名刺広芸アンドユーでは、居酒屋やダイニングバー専用のデザインの名刺を作成できます。

お客さんをどんどん呼び込むのに効果的なデザインやテンプレートを使い、短納期で仕上げて配送してくれるのが名刺広芸アンドユーの魅力ですね。

実際に名刺広芸アンドユーで用意されている名刺のデザインテンプレートをいくつか見ていきましょう。

 

居酒屋名刺4

 

居酒屋名刺5

 

居酒屋名刺6

 

全てのデザインでは色違いのテンプレートも用意されていますので、自分たちの居酒屋の雰囲気やイメージで決めてみてください。

 

飲食店輪区

飲食店輪区

飲食店輪区は、格安の料金で名刺を作成できるサービスです。

他の名刺作成サービスとは違い、飲食店輪区は飲食店販促の専門店になっています。

そのため、用意されている名刺のデザインやテンプレートの種類は豊富ですよ。

お客さんに渡す名刺やショップカードに加えて、飲食店輪区ではオリジナルロゴやチラシ、メニュー表やポスターも作成できます。

あらゆるビジネスグッズを取り扱っていますので、これから居酒屋を開業する予定の方は飲食店輪区に問い合わせてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました