名刺の作成と紙質

名刺を作成するに当たってデザインだけではなく、紙質は非常に重要な要素の一つとなっております。

シンプルなデザインの名刺でも、紙質によっては豪華なイメージにすることはできますし、名刺全体を決めるポイントの一つなのです。

そのため、相手の印象に残るような名刺を作成したいのであれば、どのような用紙を使えば良いのか考えなければなりません。

確かに、プリンタの種類によって名刺の仕上がりには差が生じますが、最近の印刷機はどれも性能が良いですし、自宅で使えるものでも綺麗に印刷することができます。

つまり、名刺の紙質とデザインに全てがかかっていると言っても過言ではなく、この点に関しては自宅で作成する場合も業者に依頼する場合も一緒です。

最もオーソドックスな用紙としてはホワイト22が挙げられ、インクジェットでも使用できるノンコート紙となっており、名刺の中に記載されている小さな文字でもクッキリと印刷できる紙質だと説明できます。

触感も優しく上品な仕上がりになるという特徴がありますし、価格も安いので全てのバランスが整った用紙なのです。

また、ナチュラルな質感を出したい方にはクラフト紙がおすすめで、手書き風やレトロ風のデザインにピッタリとなっております。

明るい茶色の半晒クラフト紙や、濃い茶色の未晒クラフト紙など幾つかの種類に分かれており、名刺全体のイメージに合わせて決めるのが良いのではないでしょうか。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、耐久性に優れたプレミアム用紙が使われております。

両面光沢仕上げでより名刺のデザインを鮮明にできますし、100枚で990円という価格が魅力的なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 
さて、取り入れられている紙質が多い業者を利用し、名刺の作成をしてもらうのは一つの選択肢だと言えます。

用紙が名刺全体の印象を決めると上記でも説明致しましたし、複数の種類から選べるに越したことはありません。

数ある業者の中でも、高級名刺を取り扱っている「Meishi21」であれば、複数の紙質の中からお好きなものを選択して作成できます。

鮮やかな色彩のグラフィックを引き立てる「マシュマロ」、印刷適正が非常に高い「ヌーボー」、優雅で自然なアイボリーが特徴の「グレース」、インクのノリが良く上質紙を超越する「スコットランド」など、取り扱っている用紙の種類は様々です。

どのような名刺が出来上がるのか事前に知りたい方のために、無料のサンプルを提供している良心的な業者なので、「Meishi21」で名刺を印刷してもらってください。

タイトルとURLをコピーしました