名刺の作成は簡単なの?

名刺の作成は皆さんが想像している以上に簡単で、自宅で作っている方もいらっしゃいます。

「ラベル屋さん」や「エレコムらくちんプリント」といった無料名刺作成ソフトをインストールするだけですし、公式サイトを閲覧すれば作り方が詳しく記載されているはずです。

「ラベル屋さん」であれば動画で作成方法がご紹介しており、その手順に沿えば簡単にオリジナルの名刺を作成できます。

WordやExcelといったソフトを活用するよりもデザインの凝った名刺を簡単に作成できますし、後はプリンタを使って印刷してカットするだけで良いのです。

欲しい数量の名刺を欲しい時に手に入れられるのが自宅で作成する大きなメリットなのではないでしょうか。

業者に依頼するとなると、基本的には50枚単位や100枚単位で注文しなければなりませんし、「少部数の名刺が欲しい」というビジネスマンの方は自宅で作ってみるべきです。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)といった専門的なグラフィックデザインソフトと比べると、ややシンプルな名刺になってしまうかもしれません。

それでも、満足のいく名刺が簡単に手に入るのは非常にありがたいですし、ソフトをインストールして試してみる価値は十分にあります。

ただし、名刺の作成のためだけにプリンタの本体を購入するのであれば、業者に依頼した方が簡単ですし、自宅で作るよりも納得のいく仕上がりになるはずです。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)は、美しいデジタル・フルカラー印刷での名刺が作成できるので、是非一度依頼してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 
さて、このページでは名刺の作成だけではなく、名刺を簡単に管理できるアプリを幾つかご紹介したいと思います。

その一つが「CamCard Free – 名刺認識管理」で、スマートフォンのカメラを使って撮影するだけで、名刺の文字を読み取って電話番号やメルアドを連絡帳へ同期してくれるのです。

名刺の画像データはライブラリで簡単に整理できますし、名刺交換で名刺が大量に集まってしまったというビジネスマンに最適なのではないでしょうか。

しかも、「CamCard Free – 名刺認識管理」は日本語だけではなく、英語や韓国語、中国語にも対応しているので、海外出張の際にも活用できるアプリなのです。

名刺の情報を手作業でデータ化し、リンク機能で最新の相手の名刺を表示してくれるという点では、「Eight – 無料の名刺管理アプリ・名刺認識リーダー」も適しております。

名刺の検索機能やクラウド保存といった機能も付いているので、完全無料のこのアプリをビジネスとして上手く活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました