警備員が名刺を作成する上で押さえておきたいポイントとおすすめの印刷会社

警備員の仕事内容とは?

警備員の仕事内容とは?

警備員と聞き、道路工事をしているところで車や人を誘導する仕事をイメージしている方は多いのではないでしょうか。

一般的に警備員という職業名で一括りにされるケースが多いものの、実は次のように種類で仕事内容は大きく変わります。

  • 施設警備(1号警備):ガードマンと認識されている人で、ショッピングセンターやテーマパークなど人で混雑する場所で警備する
  • 交通誘導警備(2号警備):片側通行の場所で事故が引き起こされないように、車の交通整理をしたり危険を回避したりする業務
  • 輸送警備(3号警備):現金輸送車や貴金属など、強盗に襲われるリスクの高いものを警備する業務
  • 身辺警備(4号警備):芸能人や有名人のボディガードと言うと分かりやすく、依頼者に付き添って身辺を警護する仕事

 

日給のアルバイトで可能な仕事から、特殊なスキルや資格が必要なものまで様々ですね。

「施設警備は夜勤があって時給が良い」「雑踏警備はイベントのみで4時間~5時間と短い」など特徴がありますので、警備員の仕事を探している方は自分の目的やライフスタイルにマッチしているのか確認してみてください。

 

警備員が名刺を作成する上で押さえておきたいコツやポイント

「警備員に名刺は必要なの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

確かに、一般的なサラリーマンと比べると名刺を使う頻度は少ないものの、自分がどのような職業と携わっているのか誰かに伝えるために作成しておくのは選択肢の一つです。

警備員が名刺を作成してはいけないといった決まりは特にありませんし、警備会社で本社に勤めている方であれば他の会社の人間と仕事で会う可能性は十分にありますよ。

そこで、このページでは警備員が名刺を作成する上で押さえておきたいコツやポイントをいくつか挙げてみました。

 

自分のイメージに合うデザインを使う

警備員

警備員に限った話ではないものの、名刺を作成するに当たって自分のイメージに合うデザインを使うのはとても重要です。

自分の職業やイメージに合わないデザインのテンプレートを使っていると、名刺を渡された相手は次のように感じます。

  • この人はどんな仕事をしているのだろうか?
  • この人は何ができるのだろうか?

 

自分の印象を悪くしないためにも、警備員に合うデザインを使うべきですね。

「警備員の名刺のデザインは○○○!」とは特に決まっていませんが、警備服や工事現場で使うヘルメットのイラストや写真があれば自分が何の仕事をしているのか想像できるのではないでしょうか。

人や街を守る警備員なのにカラフルなデザインの名刺を作成すると相手は違和感を感じやすく、良い印象やインパクトを与えられないので注意しないといけません。

 

持っている資格を名刺の中に記載する

スキル

名刺の中に入れる情報は特に決まっていないため、自分の判断で取捨選択ができます。

名前や連絡先を入れるのは当然としても、その他の情報は「○○○を入れた方が良いかも」「○○○は不要だね」と自分で決められるわけです。

警備員の名刺を作成する時は、持っている資格を記載するのが良いでしょう。

警備業法における国家資格は、下記のようにいくつかの種類があります。

  • 警備員指導教育責任者:警備員を指導して警備業を行うことができる
  • 機械警備業務管理者:高度な専門的知識と業務管理能力を証明できる
  • 警備業務検定:施設警備業務や空港保安警備業務など幾つかの種類がある

 

どの資格にしても、名刺の中に肩書きと合わせて記載していれば自分のアピールポイントに繋がります。

ただ持っている資格をずらずらと並べても初めて聞く人には何なのかサッパリですので、自分にどのようなスキルがあるのか明確に伝えるためにも軽く資格の説明文を入れてみてください。

 

警備員の名刺作成におすすめの印刷会社は?

ビスタプリント

名刺の作成は、自分でソフトを使って仕上げる方法と専門の印刷会社に依頼する方法の2種類に大きくわけられます。

どちらでも良いのですが、画像編集ソフトを上手く使いこなせない警備員はプロの印刷会社に依頼して名刺を作成しましょう。

自分であれこれと考えて作成するよりも、既存のテンプレートを選んで印刷まで任せた方がキレイな仕上がりになりますよ。

Vistaprint(ビスタプリント)は、警備員にピッタリのデザインの名刺を作成できるネット通販のサービスです。

他の印刷会社とは違うVistaprint(ビスタプリント)の魅力をまとめてみました。

  • 5,000種類以上のテンプレートから好きなデザインを選べる
  • 文字DECO加工など特殊な加工でインパクトを強められる
  • 自腹で作成したとしても100枚で980円と圧倒的に料金が安い

 

ビジネスやプライベートの名刺を作成するに当たってピッタリのサービスですので、名刺が欲しい警備員の方はVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました