相手の気を引く名刺を作成するコツ

相手の気を引く名刺を作成するメリット

相手の気を引く

名刺交換の際に自分のインパクトを強めるために、他人の気を引くような素晴らしい名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

ビジネスの世界では、名刺交換の際に第一印象が決まると言われています。

なぜ相手の気を引くようなデザインで名刺を作成すべきなのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • 相手に良い印象を植え付ければ仕事や顧客の獲得に繋がる
  • 味気ないデザインの名刺よりも営業力が遥かにアップする
  • 名刺を渡した時に相手が自分の顔を覚えてくれる

 

顧客やクライアントの獲得は仕事においてとても大事で、個人事業主やフリーランスであれば尚更ですよね。

個人事業主やフリーランスは自分から積極的に動いて仕事を確保しないと、食べていくことができません。

自分がどのような人間なのか、どのようなスキルを持っているのか伝えるためのツールが名刺で、気を引くような内容やデザインで作成するのがポイントです。

白黒やモノクロのシンプルな名刺がいけないわけではありませんが、拘ったデザインの名刺と比べてみると素っ気ないイメージになりやすいので気を付けましょう。

 

相手の気を引く名刺を作成するコツはこれだ!

女性

名刺を渡しても相手が自分を覚えてくれなければ意味がないため、少しでも次に繋がるような工夫で作成すべきです。

個人の業種によって異なるものの、以下では相手の気を引くためにどのような名刺を作成すれば良いのかコツを紹介していますので、今の名刺に満足していない方は参考にしてみましょう。

  • 自分をアピールするために経歴や資格を載せておく
  • イラストや会社のロゴを入れてデザインを考慮する
  • 誠実なイメージを連想させるような顔写真を入れる
  • 相手が驚くようなユニークな形状の名刺を作成する
  • 初対面でも話題が広がるようにイメージアップに繋がる趣味を入れる
  • 自分のお店の位置を明確に伝えるために地図を裏面に載せる

 

上記のように、名刺の中に単純に連絡先や名前だけを載せるだけではなく、一工夫加えることによって相手の気を引くことができます。

「名刺は文字だけで構成しなければならない」という決まりは一切ありませんし、表面だけでも裏面を駆使しても自由なのです。

全体的な名刺のデザインがシンプルで味気ない印象であれば、顔写真や地図を載せて他の人と差を付けてみてください。

ただし、日本では「55mm×91mm」のサイズの名刺がビジネスでは一般的だと暗黙の了解がありますので、気を引きたいからといって特殊な形状の名刺を作成するのは避けた方が良いでしょう。

「この人は常識がないのかな?」「この人はふざけているのかな?」と思われては逆効果ですので、記載する内容や全体的なデザインで勝負するのが無難です。

 

相手の気を引く名刺を作成できるサービスは?

ビスタプリント

「どうすれば相手の気を引く名刺を作成できるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

そのような人には、ネット通販で気軽に名刺を作成できるサービスのVistaprint(ビスタプリント)の利用がおすすめですよ。

Vistaprint(ビスタプリント)では、相手の気を引く奇抜なデザインの名刺テンプレートが5,000種類も用意されています。

もちろん、いくら素晴らしいデザインの名刺を作成していても名刺交換のマナーを理解していなければ評価は下がりますが、たったの980円で100枚のプレミアム名刺を作成できるのです。

料金の安さとデザインのクオリティの高さで評判を獲得していますので、ビジネスマンはVistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました