名刺の作成とレイアウト

名刺を作成するに当たり、どのようなレイアウトやデザインにすれば良いのか悩んでいる方はいらっしゃいます。

確かに、自分の第一印象を決めるほど名刺は重要な存在ですし、プライベートであればまだしもビジネスで使う名刺であれば、そのレイアウトについて慎重になるのは当然のことです。

様々なレイアウトパターンがあるので一概には説明できないものの、ある程度の目安は存在します。

文字だけを適当に羅列していたのでは見えにくい名刺になってしまうため、全体的なレイアウトを最初に決めなければならないのです。

そこで、このページでは、名刺デザインをするに当たって注意した方が良いポイントを幾つかご紹介しているので、是非参照してみてください。

 

最初に全体的なレイアウトを決めよう

最初に全体的なレイアウトを決め、空いているスペースなどに会社のロゴなどを入れていくと、綺麗な名刺が作成しやすくなります。

そのバリエーションとしては、「左揃え」「センター揃え」「右揃え」の3種類が基本で、文字の配置を変えるだけで相手に与える印象は大きく異なるのです。

左揃えの名刺は最もオーソドックスで、センター揃えは原則的に左右対称の形となるため、安定して見た目が綺麗という特徴があります。

右揃えの名刺を作成している方は少ないものの、個性的な名刺や独自性のある名刺を作成したい方にとってはベストかもしれません。

 

スペースを有効に使おう

名刺作成の初心者は、とにかく空白を埋めたいということで、できる限り多くの情報を名刺の中に入れようとします。

確かに、記載されている情報が多ければそれだけ自分のことを相手に知ってもらえるので、名前や連絡先だけではなく、過去のプロフィールなどを載せるのは一つの選択肢なのではないでしょうか。

しかし、ある程度のスペースは強調すべき情報の操作と、視線の流れのコントロールという点で非常に大切な要素なのです。

あまりにもコンタクト情報が多すぎると混乱の元となり、相手が戸惑ってしまう可能性があるため、優先順位を付けて記載する情報を決める必要があります。

 

 

名刺を作成し終わったら、名刺を貰う立場に立って全体を見通してみて、違和感がないかどうか確かめなければなりません。

似たようなレイアウトの名刺だとしても、デザインの良し悪しは存在しますし、文字の配置や量を変えるだけでも与える印象は異なるのです。

自分を表現するツールで悪印象を与えてしまっては意味がないので、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)で作成する場合も、デザインをし終えたらもう一度全体を確認し、その上で印刷の注文をしてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました