【7社徹底比較!】LIMEX(ライメックス)で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!

LIMEX(ライメックス)で名刺を作成できる印刷会社7社を徹底比較!

LIMEX(ライメックス)名刺

※横にスクロールできます。

印刷会社 LIMEXによる印刷 名刺の印刷料金 印刷用紙の種類 デザインの種類 総合評価
ラクスル 100枚で500円~ 10種類以上 ★★★☆☆ ★★★★★
アクセア(ACCEA) 100枚で800円~ 7種類 ★★☆☆☆ ★★★★☆
東京名刺ランド 100枚で600円~ 30種類以上 ★★★☆☆ ★★★☆☆
ミスター名刺 100枚で1,580円~ 10種類以上 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
株式会社レリーフ 見積もり 10種類以上 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
ZAIMA 100枚で1,900円~ 数種類以上 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
株式会社サンエープリント 見積もり 不明 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆

上記では、LIMEX(ライメックス)の用紙を使って名刺を作成できる印刷会社7社を印刷料金やデザインの種類で徹底比較してみました。

名刺の作成や印刷と聞き、「上質紙やコート紙を使うのでは?」とイメージしている方はいませんか?

※上質紙で名刺を作成できる印刷会社4選はこちら!

【10社徹底比較!】上質紙で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
この記事では、上質紙で名刺を作成できる印刷会社10社を徹底比較しています。名刺の印刷用紙の中でも上質紙は最もオーソドックス!文字がメインの名刺を格安の料金で印刷したい方は使ってみてください。

しかし、現在では紙素材やプラスチックの代替となる石灰石から生まれたLIMEX(ライメックス)が注目を集めていますよ。

主原料は炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む石灰石で、LIMEX(ライメックス)の名刺は世界三大デザイン賞の「レッドドット・デザイン賞 プロダクト・デザイン2018」を受賞しました。

下記の項目でも詳しく解説していますが、LIMEX(ライメックス)名刺は一般的な用紙よりも耐水性や耐久性が高いのがメリットです。

特殊素材を使って自分で名刺を作成するのは無理がありますので、LIMEX(ライメックス)を取り扱っている印刷会社に依頼してみましょう。

LIMEX(ライメックス)による名刺作成におすすめの印刷会社4選!

LIMEX(ライメックス)による名刺作成におすすめの印刷会社4選!

LIMEX(ライメックス)の用紙で名刺を印刷したいなら上記の4つの印刷会社がおすすめ!

名刺の作り方は他の用紙を使う時と全く同じですのでとても簡単です。

石灰石から生まれたLIMEX(ライメックス)に興味をお持ちの方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1位:ラクスル

ラクスル

ラクスルの基本情報
サービス名 ラクスル
運営会社 ラクスル株式会社
本社の住所 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
LIMEXによる印刷
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で500円~、200枚で900円~
印刷用紙の種類 10種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★

ラクスルは、格安の料金で名刺やチラシなどの印刷物を作成できるネット印刷サービスです。

単純に印刷料金が安いだけではなく、ラクスルではLIMEX(ライメックス)の名刺を作成できますよ。

普通紙で作られた名刺とは違うラクスルのLIMEX(ライメックス)名刺の特徴は次の3つです。

  • 耐水性が高くて名刺が破れにくい
  • 油性ボールペンなら水中で筆記できる
  • 1箱100枚で10Lの水資源を守れる

セールスでの話題になりますので、名刺交換のシーンでは良好なコミュニケーションが取れるでしょう。

ラクスルは他の印刷会社よりも料金が安いので、LIMEX(ライメックス)名刺を作ってみてください。

ラクスルの公式サイトはこちら

2位:アクセア(ACCEA)

アクセア(ACCEA)

アクセア(ACCEA)の基本情報
サービス名 アクセア(ACCEA)
運営会社 株式会社アクセア
本社の住所 東京都千代田区麹町2-4-11 麹町スクエアプラザ2F
LIMEXによる印刷
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で800円~、200枚で1,560円~
印刷用紙の種類 7種類
デザインの種類 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★★☆

アクセア(ACCEA)は、東京駅周辺や沖縄県那覇市など日本全国に店舗を構えている印刷会社です。

※東京駅周辺や沖縄県那覇市で名刺を作成できる店舗はこちら!

【8社徹底比較!】東京駅周辺で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
このページでは、東京駅周辺で名刺を作成できる印刷会社8社を徹底比較し、特におすすめの店舗を4つ紹介しています。ビジネスマンが集う街の東京駅には即日で名刺を作成できる店舗がありますので、印刷会社選びの参考にしてみてください。
【8社徹底比較!】沖縄の那覇市で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
この記事では、沖縄県の那覇市で名刺を作成できる印刷会社8社を比較し、特におすすめの店舗を4つ紹介しています。実店舗の印刷会社では即日で名刺を作成できますので、早く手に入れたい方は一度チェックしておきましょう。

料金の安さや納期のスピードで注目を集めていますが、アクセア(ACCEA)はLIMEX(ライメックス)の素材で名刺を印刷することもできますね。

ご希望の方は、LIMEX(ライメックス)を使っていると名刺に訴求表示を入れるのもOK!

LIMEX(ライメックス)の訴求表示

LIMEX(ライメックス)の訴求表示

LIMEX名刺専用のロゴが入っていると、CSR活動でアピールしたり環境への想いを伝えたりできます。

名刺の印刷料金も片面モノクロで100枚1,100円~と安いので、一度アクセア(ACCEA)に依頼してみましょう。

参考 アクセア(ACCEA)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】ACCEA(アクセア)で名刺を作成する5つのメリットと3つのデメリットを全解説!
ACCEA(アクセア)は即日で名刺を作成できる実店舗型の印刷会社です。Illustratorのデータを入稿して名刺の印刷を依頼する形になります。ここではACCEA(アクセア)で名刺を作成するメリットやデメリット、利用者の口コミや評判をまとめました。

3位:東京名刺ランド

東京名刺ランド

東京名刺ランドの基本情報
サービス名 東京名刺ランド
運営会社 株式会社ジャストコーポレーション
本社の住所 福井県福井市殿下町46-3
LIMEXによる印刷
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で660円~、200枚で1,254円~
印刷用紙の種類 30種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆

東京名刺ランドは、LIMEX(ライメックス)で名刺を作成できる数少ない印刷会社です。

用紙の厚さは0.31㎜、色調はホワイトで訴求表示用の専用マークも用意されています。

東京名刺ランドで依頼できるLIMEX(ライメックス)の名刺サイズは次の3種類です。

  • 通常サイズ(91mm×55mm)
  • 3号サイズ(85mm×49mm)
  • カードサイズ(86mm×54mm)

実際に用紙を手に取って色や質感を確かめたい方は、東京名刺ランドに無料サンプルセットの請求をしてみましょう。

参考 東京名刺ランドの公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】東京名刺ランドで名刺を作成する5つのメリットと3つのデメリットを全解説!
東京名刺ランドは、片面の名刺印刷100枚で400円~と格安のサービスです。とにかくお金をかけずにビジネスや趣味で使う名刺が欲しい方におすすめ!この記事では東京名刺ランドで名刺を作成するメリットやデメリット、利用者の口コミや評判を紹介していきます。

4位:ミスター名刺

ミスター名刺

ミスター名刺の基本情報
サービス名 ミスター名刺
運営会社 株式会社プリントモ(Printomo)
本社の住所 東京都新宿区新宿1丁目9-4 中公ビル3階
LIMEXによる印刷
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で1,580円~、200枚で2,850円~
印刷用紙の種類 10種類以上
デザインの種類 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★☆☆

ミスター名刺は、株式会社プリントモ(Printomo)が運営している名刺のネット印刷サービスです。

環境に優しい革命的新素材のLIMEX(ライメックス)を使い、名刺の印刷を依頼できます。

ミスター名刺のLIMEX(ライメックス)名刺の価格は下記の通りですね。

名刺の枚数 片面黒名刺 片面カラー名刺 両面黒名刺 両面カラー名刺
100枚の印刷 1,580円~ 2,130円~ 1,860円~ 2,950円~
200枚の印刷 2,850円~ 3,910円~ 3,380円~ 5,490円~
300枚の印刷 4,070円~ 5,130円~ 4,500円~ 6,810円~

耐久性や耐水性に優れている用紙ですので、相手の手元に自分の名刺を残すことができます。

打ち合わせから発注までをサポートしてくれるコンシェルジュサービスも用意されていますので、ミスター名刺も選択肢の一つに加えてみてください。

参考 ミスター名刺の公式サイトはこちら

LIMEX(ライメックス)の用紙で名刺を作成する3つのメリットを徹底解説!

通常の用紙を使った名刺とは違い、LIMEX(ライメックス)には上記の3つのメリットがあります。

「LIMEX(ライメックス)の名刺の何が良いの?」と疑問を抱えている方は要チェックです。

1:紙素材と比べて耐水性や耐久性が高い!

上記の項目でも解説しましたが、LIMEX(ライメックス)は石灰石から生まれた用紙です。

紙素材と比較してみると、耐水性や耐久性が非常に高くなっています。

「水に濡れても破けない」と言われるほどの耐水性がLIMEX(ライメックス)の一番のメリットですね。

耐久性が長くて長持ちする点では、プラスチック素材の名刺と似ています。

※プラスチック名刺やPETカードの作成におすすめの印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】プラスチック名刺やPETカードの作成におすすめの印刷会社4選!
印刷会社の中には、プラスチック名刺やPETカードを作成できるサービスがあります。紙素材の名刺と比べて耐久性や高級感がアップするのがメリットですね。プラスチック名刺やPETカードが欲しい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

2:ラミネート加工などのコストを節約できる!

ラミネートフィルム

LIMEX(ライメックス)の用紙を使えば、印刷会社でラミネート加工などのオプションを使う必要はありません。

つまり、コストを節約して相手の手元に残り続ける名刺を印刷できますよ。

「通常紙による名刺の印刷」+「ラミネート加工のオプションを使う」と組み合わせると、1枚当たりの料金が高くなりますので注意しましょう。

※ラミネート加工(パウチ加工)で名刺を作成できるおすすめの印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】ラミネート加工(パウチ加工)で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
ラミネート加工(パウチ加工)で名刺を作成すると、耐久性や耐水性がアップします。この記事では、ラミネート加工(パウチ加工)を取り扱っている印刷会社10社を徹底比較しました。どの印刷会社で名刺を作成すべきなのか迷っている方は参考にしてみましょう。

3:専用のロゴの挿入でエコに貢献しているとアピールできる!

LIMEX(ライメックス)

普通紙で作られた名刺と比べて、LIMEX(ライメックス)は1箱100枚で約10Lの水資源を守れます。

印刷会社によってはLIMEX(ライメックス)の用紙を使って名刺を作成したと証明するロゴを挿入し、エコに貢献しているとアピールできるのがメリット!

初対面での名刺交換で話のネタにもなりますので、普通の名刺を渡すよりも良好なコミュニケーションが取れます。

エコ名刺の作成を検討している方は、LIMEX(ライメックス)を使ってみてください。

LIMEX(ライメックス)の用紙で名刺を作成するデメリット…

デメリット

LIMEX(ライメックス)の用紙は、レッドドット・デザイン賞 プロダクト・デザイン2018を受賞するほど注目されています。

しかし、上質紙やマット紙と比較してみると名刺の印刷料金が高くなるのがデメリット…。

以下では、ネット印刷のラクスルを例に挙げてLIMEX(ライメックス)とマット紙で名刺の印刷料金を比較してみました。

名刺の印刷枚数 LIMEX マット紙
100枚の印刷料金 1,730円~(1枚17.3円) 500円~(1枚5.0円)
200枚の印刷料金 3,320円~(1枚16.6円) 900円~(1枚4.5円)
300枚の印刷料金 4,860円~(1枚16.2円) 1,310円~(1枚4.3円)
500枚の印刷料金 7,100円~(1枚14.2円) 1,980円~(1枚3.9円)
1,000枚の印刷料金 13,100円~(1枚13.1円) 3,830円~(1枚3.8円)

LIMEX(ライメックス)で名刺を印刷すると、マット紙の3倍以上の料金を支払わないといけません。

そこで、コストを抑えて名刺を作成したい方は、同じネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)を利用しましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)は、5,000種類以上のデザインから選べるフルカラー名刺が100枚で送料無料の1,628円~と格安です。

自分でデザインを編集できる機能も優れていますので、Vistaprint(ビスタプリント)で素敵な名刺を作成してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

LIMEX(ライメックス)で名刺を印刷した人の口コミや評判まとめ!

LIMEX(ライメックス)で名刺を印刷した人の口コミや評判

このページでは、LIMEX(ライメックス)で名刺を印刷した人の口コミや評判を紹介していきます。

用紙の耐久性や耐水性に惹かれて、LIMEX(ライメックス)の名刺を使っている方は意外と多いようです。

紙で起こりやすい手切れや指切れが起こりにくいといった機能も持ち合わせていますので、LIMEX(ライメックス)を取り扱っているネット印刷サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ラクスルやアクセアなど、限られた印刷会社ではLIMEX(ライメックス)の用紙で名刺を作成できます。

一般紙による印刷と比較してみると、用紙の耐久性が高かったりエコへの貢献をアピールしたりできるのがメリットです。

用紙に拘って名刺を作成したい方は、LIMEX(ライメックス)を使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました