名刺を作成できるマシン

名刺を作成できるマシンはあるの?

名刺を作成できるマシンはあるの?

意外とビジネスマンでも知らないという方は多いかもしれませんが、全国の至る場所には名刺を作成できるマシンが存在します。

  • 自宅でプリンターを使わなければ作成できないのではないか?
  • 専門の印刷会社に依頼して作るのが普通なのではないか?

 

上記のような疑問を抱えている方は多いものの、東京都を中心に名刺を手軽に作成できるマシンや自動販売機は以前から設置されていました。

ジュースを購入するような感覚で名刺をその場で作成できるのが大きな特徴ですね。

そのマシンを利用すればお金を入れて個人情報を入力するだけで名刺が作成でき、「取り引き先に渡す名刺を切らしていた」という際に役立つのではないでしょうか。

 

マシンで名刺を作成する流れ

以下では専用のマシンを使ってどのような流れで名刺を作成していくのかまとめてみました。

  1. 画面に触れるとスタートし、音声ガイドに従って作成していく
  2. 名刺のデザインや種類を複数の中から選択してタップする
  3. 「名前」「会社名」「役職」「電話番号」「住所」など必要な個人情報を入力する
  4. 全体的なレイアウトを確認して印刷画面へと進む
  5. お金を入れて印刷すると取り出し口からプリクラのように台紙が出てくる
  6. 台紙からシールを剥がすように名刺を取れば即席名刺の完了

 

上記のように、お金を入れて個人情報を入力するだけという簡単な手順で作成できるマシンで、料金は自動販売機によって大きく異なります。

「30枚で1,000円」「8枚で400円」と一定の額が決められていて、その日だけ使う名刺の作成に最適なのは間違いありません。

注意していても取引先と会うまでに名刺を作り忘れてしまったり、会社やオフィスに置いてきてしまったりと様々なトラブルが考えられます。

取り引き先やお客様に渡す名刺がないだけでビジネスマンの印象は大きく下がりますので、即席で作成できるマシンが役立つのです。

既に撤去されている可能性はあるものの、東京駅や新宿駅、上野駅や相模大野駅などビジネスマンが多い場所に名刺作成の自動販売機が設置されていることが分かりました。

どの場所に設置されているマシンでもハイスピードで名刺を作成できるため、急いでいる時に便利な存在です。

 

マシンを使って名刺を作成するデメリットは?

meishi-4

街中に設置されているマシンを使って名刺を作成できるのは便利かもしれません。

しかし、専門の印刷会社を利用して作成する方法とは異なり、次のデメリットがあります。

 

  • 東京駅や新宿駅など限られた場所にしか名刺の自動販売機は設置されていない
  • 需要はそこまでないので気付いたら撤去されていることが多い
  • 選択できる名刺のデザインやテンプレートは非常に少ない
  • 特殊な加工は選択できないのでクオリティの低い名刺しか出来上がらない

 

それに、毎回のように設置されているマシンに頼っていると高額なコストがかかりますので、名刺の作成費用を削減するためにもネット通販のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)では「30枚で1,000円」「8枚で400円」といった自動販売機とは異なり、100枚の名刺が980円という格安の料金で作成できます。

料金が安いだけではなく、デザインDECO名刺や文字DECO名刺など人とは違ったデザインに仕上げられますし、複数の用紙から好きなものを選択して印刷を依頼することもできますので詳細は公式ホームページで確かめてみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました