相手から渡された名刺にメモを書くのが失礼な理由を徹底解説!

相手から渡された名刺にメモを書くのが失礼な理由を徹底解説!

名刺へのメモ書き

ビジネスマンや社会人は名刺の作成に気を配るだけではなく、名刺交換のマナーをきちんと心得ておかないといけません。

ビジネスの経験のない高校生や大学生であれば特に問題はありませんが、社会人の場合は最低限のマナーを知らないと恥をかくことがありますよ。

※名刺交換の正しいマナーについてはこちら!

【名刺交換のマナー!】正しい渡し方や受け取り方、しまうタイミングについて徹底解説!
素敵な名刺を作成していても、名刺交換のマナーを知らなければ意味がありません。正しいやり方で名刺交換するのは社会人の常識ですよね。この記事では名刺交換の正しい渡し方や受け取り方、相手からもらった名刺をしまうタイミングについて詳しく解説していきます。

そこで、「相手からもらった名刺の中にメモを書き込んでも良いの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

初対面の相手の特徴や話の要点など、無意識のうちに相手の名刺に書き込んでいる方はいます。

しかし、名刺交換をして相手の目の前で名刺にメモ書きするのは絶対にNGです。

なぜ相手から渡された名刺にメモを書くのが失礼なのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • 名刺はその人の顔とも言われるアイテムで、相手の顔を汚すことになる
  • ボールペンでもシャーペンでも名刺を雑に扱うのと一緒になる
  • ネガティブな内容だった時は相手に不快感を与えてしまう

「話した内容を忘れないように!」と心掛けるのはとても大事です。

それでも、相手からもらった名刺の余白や裏面にメモを書くと、確実に悪い印象を与えてしまいますので注意してください。

名刺交換でメモを取る際に押さえておきたい3つのポイント!

名刺交換でメモを取るに当たり、上記の3つは事前に押さえておきたいポイントですね。

ビジネスシーンにおいて、初対面の名刺交換で自分の印象の良し悪しが決まると心得ておきましょう。

1:名刺にメッセージを書き込む時は相手と別れてからにする!

別れ際

相手の目の前で名刺の中にメモするのが失礼に値しますので、何かメッセージを書き込みたい時は相手と別れてからにしましょう。

自宅や会社に帰ってからであれば、相手の名刺に文字を書いてもバレる心配はありません。

ただし、「名刺交換をする」⇒「一度別れる」⇒「数時間後にもう一度会うことになる」⇒「先ほどの名刺を確認して欲しいと言われる」⇒「メモ書きが相手にバレる」といったリスクあり…。

名刺の中のメモ書きが絶対に見られないと言い切ることはできませんので、不安な方は相手の名刺をそのままの状態で残しておくべきです。

2:名刺交換の場でメモしたい時は別の紙を用意する!

メモ帳

名刺交換をした相手の顔を忘れないためにも、「名刺交換をした場所」「名刺交換をした日時」「相手の雰囲気」はメモとして残しておきたい内容です。

だからといって相手の目の前で名刺にメモを残すのはNGですので、別の紙やメモ帳を用意しましょう。

どうしても忘れたくない内容は、「失礼します」と一言添えて別のメモ帳に書き込めばOKですよ。

小さなメモ帳などのアイテムを上手く活用し、スムーズに打ち合わせや商談を行ってください。

3:名刺に訂正する箇所がある場合は直接書き込んでもOK!

上記の項目では、相手の目の前で名刺に書き込んではいけないと説明しました。

しかし、相手から名刺の記載内容に訂正箇所があると言われた場合は、正しい情報を名刺の中に書き込んでも大丈夫です。

「それでも失礼なのでは…」と不安な方は、相手の名刺の裏面や別のメモ帳に書き込みましょう。

クオリティの高い名刺を作成したいならVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

名刺交換のマナーをきちんと把握していても、自分が使っている名刺のインパクトが足りないと顔を覚えてもらうことはできません。

そこで、クオリティの高い名刺を作成したい方にはネット印刷サービスのVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

他の印刷会社とは違うVistaprint(ビスタプリント)の魅力的なポイントは次の4つです。

  • 100枚のフルカラー名刺の印刷料金が送料無料の1,628円~と安い
  • 5,000種類を超えるデザインテンプレートから選べる
  • ソフト不要でオンライン上で名刺を編集できる
  • 相手の記憶に残る厚盛りDECO名刺を作れる

格安の料金で高品質な名刺を手に入れることができますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

メモ欄付きの名刺を作成するメリット!

メモ欄付きの名刺

相手に何かメッセージを残すために、メモ欄付きの名刺を作成するのも選択肢の一つです。

メモ欄付きの名刺を作成するに当たり、相手が不在だった時に自分で手書きで記入できるのがメリット!

もしメモ欄付きの名刺を持っていれば、営業先の担当者が不在だった際に次の内容を記載して残すことができます。

  • 今回の訪問の目的
  • 突然の訪問に対する謝罪
  • 何か一言の挨拶

ただ1枚の名刺をポンと置いておくよりも、挨拶メモを書いた方が自分の熱意を伝えられるのではないでしょうか。

相手からの印象も確実に良くなりますので、メモ欄付きの名刺を専門の印刷会社で作成してみてください。

まとめ

名刺交換の時に、相手から渡された名刺にメモを残すのが失礼な理由についておわかり頂けましたか?

名刺は相手の顔とも言える存在ですので、名刺の余白や裏面ではなく別のメモ帳に何かメッセージを書き込むべきですね。

また、相手が不在の時に何かメッセージを残したい時は、メモ欄付きの名刺に書き込んで机に置いたりポストに投函したりしましょう。

タイトルとURLをコピーしました