モノクロ・カラーの名刺作成

モノクロの名刺を作成しよう

シンプルなデザインにまとめあげた名刺を作成したいという方には、モノクロが適しております。

モノクロと言っても必ずしも白黒だとは限りませんし、単色でまとめたデザインのことを指すのです。

そのため、紙質を変えたり加工方法によっては独特の雰囲気を作り出すことができますし、デザイン次第によってはスッキリとした印象で尚且つインパクトを与えることができます。

ごちゃごちゃとしたデザインやカラフルなテンプレートを使って名刺を作成すれば良いという単純な話ではないので、自分のイメージと照らし合わせて作成するのがベストです。

「名刺作成のファースト」や「アーティス名刺工房」などほぼ全ての業者でモノクロのデザインが取り扱われており、お好きなテンプレートを使って名刺を作成できます。

モノクロの名刺であれば自宅で無料ソフトを使って作成するのは難しくないものの、業者に依頼したように綺麗に印刷できないですし、印刷の後にカットの作業が待っているのです。

名刺のサイズに合わせてカットするのが意外と面倒なので、プライベート用の名刺であればまだしも、ビジネス用の名刺は業者に依頼した方が良いのではないでしょうか。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、モノクロのテンプレートの名刺が豊富に取り揃えてあるので、公式サイトでお好みのデザインがあるかどうか確かめてみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

カラーの名刺を作成しよう

近年では印刷技術の発達により、どの業者でもカラー印刷をしてくれるようになりました。

ほとんどの名刺作成業者でフルカラー印刷が取り入れられておりますし、カラフルなデザインの名刺を手に入れることもできるのです。

カラー印刷によって会社のロゴやイラストが鮮明に写りますし、白黒の印刷と比べてそこまで高くないところが良いのかもしれません。

しかも、業者によっては片面カラー印刷だけではなく、両面カラー印刷を施せるところも多く、名刺作成の幅を大きく広げることができます。

基本的に片面の名刺を作成している方が多いものの、裏面を使ってはいけないという決まりは特に設定されていないのです。

表面だけで情報を書ききれない場合は裏面も同時に使った方が良いですし、表面に情報を詰め込んで見にくくするよりも、両面を活用した方が良いでしょう。

もちろん、両面カラー印刷の方が高くなるものの、名刺はビジネスにおいて欠かせないツールの一つですし、ある程度はコストを費やしたとしても損はしないはずです。

両面の名刺を作成するに当たり、自宅では上手に印刷できない可能性があるので、業者に依頼するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました