ナレーターの名刺を作成するポイントとおすすめの印刷会社

ナレーターの仕事内容とは?

ナレーターの仕事内容とは?

テレビやラジオの番組で朗読をしている方をナレーターと呼びます。

声優とはまた違った技術が必要で、視聴者が聞き取りやすいように話さないといけません。

以下ではナレーターの仕事内容を大まかにまとめてみました。

  • 放送作家やディレクターの作成する台本を受け取る
  • リハーサルを通して本番に向けてナレーションの確認を行う
  • テレビやラジオへとナレーションを入れる

 

声のトーンや間の取り方を考慮して音声を入れる必要がありますので、想像以上に難しい仕事ですね。

一般的にはナレーターの養成専門学校に通い、トレーニングをして会社に属したりフリーランスになったりします。

 

ナレーターの名刺を作成する上でのポイント

ナレーターも他の職業の方と同じように、自分をアピールするツールとして名刺が必要となります。

放送関連会社や番組制作会社に就職するのではなく、フリーランスのナレーターとして活躍しようと考えているのであれば、名刺の作成は欠かせません。

1枚の名刺を持っていれば自分がどのようなナレーターなのかアピールできますので、仕事の獲得に繋がりますよ。

名刺を持っていないだけで、「本当に社会人なの?」「常識がないのでは?」と思われる可能性があるため、きちんと作成しておいた方が良いでしょう。

ここではナレーターの名刺を作成する上で押さえておきたいポイントやコツを説明していますので、どうやって仕上げれば良いのか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

名刺の中に入れる情報や項目を考える

名刺の項目

ナレーターが名刺を作成する時は、まず最初に名刺の中に入れる情報や項目を考えることから始めないといけません。

どれだけ奇抜なデザインで人目を引いたとしても、記載されている内容がお粗末だと自分のイメージは悪くなります。

「○○○を入れて名刺を作成すべき」とは決まっていませんが、ナレーターの名刺作成で次の情報は絶対に必要です。

  • 名前(フリガナも)
  • 所属している会社
  • フリーランスとしての肩書き
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • ブログやサイトのURL
  • SNSのアカウント(TwitterやFacebook)
  • 今までの経歴や実績

 

ナレーターとしての今までの経歴やプロフィールを全て名刺の表面に入れると文字が小さくなって見にくくなりますので、裏面を活用した両面の名刺を作成しましょう。

 

自分のイメージに合うデザインのテンプレートを使う

名刺のデザイン

「名刺=自分の顔」と考えることができますので、自分の職業やイメージに合うデザインのテンプレートを使って名刺を作成しないといけません。

ナレーターと一口に言っても、個人の強みは下記のように違いがあります。

  • 明るくハキハキと話すナレーター
  • ミステリーさを出すように語るナレーター
  • バラエティ番組を務めるナレーター

 

ナレーターとしての豊かな表現力や雰囲気など、自分が得意とする分野をかもし出せるようなデザインの名刺を作成すると見た目のインパクトはアップするでしょう。

そこからイメージできるようなデザインの名刺を使って作成すれば、「○○の仕事で活躍しそうだな」と考えて仕事を紹介してくれますね。

 

ナレーターだと一目で分かるイラストや写真を使う

ナレーターだと一目で分かるようなイラストや写真を名刺の余白部分に入れるのは効果的です。

具体的にどのような画像やイラストをナレーターの名刺作成で使うのが良いのか目安をまとめてみました。

  • ヘッドホンやマイクのイラスト
  • 音響設備のイラスト
  • ナレーションしている自分の写真

 

文字だけの名刺よりもイラストや写真があった方が見栄えが良くなりますし、相手にインパクトを与えられますので自分を忘れずに覚えてくれます。

「名刺の中に顔写真を載せるのは恥ずかしい」という気持ちは分かりますが、顔を覚えてもらうという点では最適ですのでプロのカメラマンに撮影を依頼してみてください。

 

ナレーターの名刺作成におすすめの印刷会社は?

ビスタプリント

画像編集ソフトを使い、自力で名刺を作成しているナレーターは少なくありません。

しかし、名刺の見た目を重視したクオリティの高いデザインに仕上げたいのであれば、専門のサービスや印刷会社に依頼すべきですよ。

「どの印刷会社で名刺を作成すれば良いの?」と迷っているナレーターは、Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)は、ネット通販で名刺を作成できる代表的なサービスです。

100枚の記憶に残る名刺が980円だったり厚盛りDECO加工でインパクトを強められたりと魅力的な名刺を作成できますので、フリーランスのナレーターはVistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました