Vistaprint(ビスタプリント)の納期(スロー・エクスプレス)

Vistaprint(ビスタプリント)の納期はどのくらい?スローやエクスプレスの詳細とは?

nouki名刺作成業者のVistaprint(ビスタプリント)は海外の企業となっており、名刺を注文してから日本に届けられる仕組みとなっています。

そのため、他の印刷業者と比べて納期が長く設定されており、即日で名刺を作成してもらうのは難しいかもしれません。

ただし、選択するコースによって納期が異なるという特徴があり、納期は以下のように設定されていました。

  • スローでは約21日間
  • スタンダードでは約14日間
  • プライオリティーでは約7日間
  • エクスプレスでは約4日間

 

海外からの発送となるので必ずしもこの納期が守られるというわけではありませんが、Vistaprint(ビスタプリント)を利用した方の口コミでは、予定よりも早く届けられたケースもあったようです。

納期が長くても格安の料金で名刺を作成できるのがVistaprint(ビスタプリント)の大きな強みですし、急ぎの方でなければ高品質の名刺を手に入れるためにこの業者を利用した方が良いのではないでしょうか。

他のブログではスローやエクスプレスなど、納期によって送料が異なると記載されており詳細は分かりません。

しかし、2015年現在ではVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトを閲覧してみると、送料が半額の500円で一律だと書かれているのです。

※2017年2月追記

2017年の2月現在でも、Vistaprint(ビスタプリント)の送料は一律で500円で、4,500円以上の注文で無料と設定されていました。

名刺の作成だけではなく年賀状やオリジナルフォトブックも同時に注文でき、トータルの料金が4,500円を超えていれば500円が無料となります。

それに、以前までVistaprint(ビスタプリント)で取り入れられていたスローやエクスプレスのシステムは全て廃止されたようです。

  • 名刺の作成であれば原則的に4営業日~5営業日で自宅へと届けられる
  • 他の商品に関しては納期までの日数には多少の違いがある
  • 離島へとお住まいの方は納期が長引く可能性がある

上記のように設定されており、東京都や大阪府といった場所に住んでいるのであれば4営業日~5営業日で届けられるので忙しいビジネスマンにも適しています。

 

これが最も新しい情報ですし、名刺以外にも他の商品を購入して4,500円以上になれば送料が無料となるので、このキャンペーンが実施されているうちにVistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

大きなトラブルがなければVistaprint(ビスタプリント)で納期が遅れることはない!

名刺やカレンダーなどVistaprint(ビスタプリント)では様々な商品が注文でき、お好みの製品が見つかるかもしれません。

どの製品を購入したのかによって納期は異なるものの、予定よりも1週間や2週間も遅れるケースはほとんどないはずです。

当日や翌日に商品が届けられるような短納期の業者ではないとしても、Vistaprint(ビスタプリント)では消費者のことを一番に考えています。

少しでも早くお客様のお手元に届けられるように努力しているので、多少は納期が長くなったとしても、利用する価値は十分にあるというわけです。

実店舗で名刺を作成するに当たって以下のように様々なデメリットがあります。

  • いちいち印刷会社へと足を運んでスタッフさんと相談しなければならない
  • 100枚で980円と格安の料金で名刺を作成するのは基本的に難しい
  • 営業時間が限られているので仕事終わりに駆け付けるのは厳しい

 

Vistaprint(ビスタプリント)であれば公式サイトで無料で名刺のデザインができますし、7,000種類を超える豊富なテンプレートの中から選択できます。

会社のロゴやイラストなどを加えればオリジナリティのある名刺を作成できますし、納得のいく仕上がりになるのではないでしょうか。

どのようなデザインの名刺が作成できるのか、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました