名刺の作成と入稿

どの業者でも自分でソフトを使ってデータを作成し、入稿して名刺を印刷してもらうことができます。

イラストレーターといったグラフィックソフトを使えば名刺を作成できますし、データ入稿すれば自宅にプリンタがなくても業者に印刷だけ依頼できるというわけです。

プリンタを持っていても性能が悪ければ綺麗な名刺を作成できないかもしれませんし、印刷した後のカットが意外と面倒なので、業者を利用するのは良いかもしれません。

印刷業者であればデータ入稿のサービスは行われているはずですし、オリジナルの名刺を手に入れることができます。

ただし、業者によっては送信したデータのチェックを行っていないところがあるので、一切の修正や変更の必要がない完全データを送らなければならないのです。

データのロック解除やレイヤーの統合といった要素が挙げられ、データのチェックをしてくれる業者でも変更点があれば納期が遅れる原因となります。

「短納期で名刺を作成して欲しい」と考えているのであれば、自宅で完全データを作成し、修正の必要がないことを確認してから送るべきです。

データの種類や対応バージョンによって入稿の方法は異なりますし、AdobeのIllustrator(イラストレーター)でしか入稿できない業者もあるので、事前に依頼する業者のHPをしっかりと読んでおいた方が良いでしょう。

業者によって違いが生じているので一概には説明できないものの、以下ではデータを入稿する際の注意点を幾つか記載したので、ソフトを使って名刺を作成する前に確認しておいてください。

・名刺の中の文字やロゴは仕上がり線の3~4mm以内に配置する
・画面上と仕上がりとの色味が変化するのを避けるためにCMYKカラーで作成する
・文字のアウトライン化をして文字化けするのを防ぐ
・画像のリンク切れを防止するためにリンク画像や画像データを埋め込む
・裁断がズレた時のために塗り足しと余白を設定しておく
・断裁位置を明確にするために、トリムマーク(トンボ)を作成する
・オブジェクトのカラーはグレースケールかモノクロ2階調で作る
・孤立点や空テキストは削除する
・名刺のサイズとして最も代表的な91mm×55mmで作成する
・イラストを取り入れている場合は解像度を300dpi~350dpiに設定する
・ロックのかかったデータは印刷されないのでレイヤーのロックを解除する
・フォントやオブジェクトを確認するためにjpeg画像やpng画像を送る

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました