【2枚目の名刺!】会社勤めのサラリーマンは個人名刺を作成した方が良い?

会社勤めのサラリーマンは個人名刺を作成した方が良いの?

サラリーマン

「企業に所属して働いているサラリーマンは個人名刺を作成した方が良いのか?」という疑問を抱えている方はいませんか?

基本的に会社勤めのサラリーマンはあらかじめ名刺が支給されますので、「勝手に作って勝手に交換しろ」と上司から指示されることはないですよね。

営業マンやサラリーマンには次の4つの理由で事前に名刺が渡されます。

  • 会社全体で名刺のテンプレートを統一しないといけない
  • 一人の社員だけ違う名刺を使わせるわけにはいかない
  • 会社のロゴを入れて効果的にアピールする必要がある
  • 会社のコーポレートカラーに沿った名刺を渡さないといけない

社員は会社の指示に従って名刺を作成し、普段の業務でお客様やクライアントと名刺交換を行うわけです。

しかし、現在では会社の名刺に加えて個人名刺を作成しているサラリーマンが多く、「会社員×副業」というスタイルが流行っているのが大きな理由!

社内で禁じられていたとしても、次の理由で会社に内緒で副業をしている方は少なくありません。

  • 会社の給料だけでは生活が厳しいから収入をアップしたい
  • 暇な時間を有効的に活用したい
  • 本業に携わりながら少しずつ人脈を広げたい
  • 最終的には会社を辞めて独立を考えている

個人によって副業の理由は異なりますが、複数の仕事をするパラレルキャリアが現代の生き方の中心になっているのは事実ですね。

そのツールとして自己紹介ができる名刺は大いに役立ちますので、会社の名刺ではなく個人専用のものを用意しておきましょう。

会社勤めのサラリーマンが2枚目の個人名刺を作成する4つのメリットを徹底解説!

2枚目の名刺

会社勤めのサラリーマンが2枚目の個人名刺を作成する4つのメリット!
  • 勉強会や飲み会などプライベートで訪れる場所で人脈を確保できる
  • 個人のメールアドレスやFacebookアカウント、個人ブログやtwitterアカウントなど会社の名刺にはない情報を盛り込むことができる
  • 趣味で集まるイベントで名刺を持っていれば話が盛り上がる
  • ラノベの制作に当たって自分の作品を広くアピールできる

会社に勤めているサラリーマンが2枚目の個人名刺を作成するに当たり、上記の4つのメリットがあります。

現在ではTwitterやFacebookなどのSNSでいつどこに出会いがあるかわかりませんので、いざという時のためにプライベート名刺を持っておくのは一つの手段ですよ。

※プライベートや趣味の名刺作成におすすめの印刷会社はこちら!

【8社徹底比較!】プライベートや趣味の名刺作成におすすめの印刷会社5選!
現在ではプライベート名刺や趣味名刺を作成する方が増えました。仕事以外の場所で自分をアピールしたいなら名刺が効果的です。ここでは、プライベート名刺や趣味名刺の作成におすすめの印刷会社を5つ紹介していきます。

「名刺はビジネスシーンで使うアイテム」とイメージしている方はいますが、副業するサラリーマンやコミケ・オフ会のイベントでも役立ちます。

プライベートのシーンで会社の名刺を使っていると、転職エージェントや企業の営業が目的で出会う人から会社に直接電話がかかってくる恐れあり…。

会社に副業がバレる可能性は十分にありますので、「会社の名刺」「個人の名刺」という2枚持ちをしてみてください。

サラリーマンの名刺作成におすすめの印刷会社3選!

※横にスクロールできます。

印刷会社 個人名刺の作成 名刺の印刷料金 おすすめの人 総合評価
Vistaprint(ビスタプリント) 100枚で1,628円~ 既存のデザインから選んで名刺を編集したい ★★★★★
ラクスル 100枚で500円~ データ入稿で安い料金で名刺を作成したい ★★★★☆
whoo(フー) 100枚で5,080円~ おしゃれなサイズやスタイルの名刺が欲しい ★★★☆☆

会社勤めのサラリーマンが個人用の名刺を手に入れるには、自分で何かしらの方法から選んで作成しないといけません。

自分で名刺を作成したり印刷したりするとクオリティが低くなりやすいため、2枚目の個人名刺を作りたいなら上記の3つの印刷会社がおすすめ!

プロの印刷会社に依頼すれば素敵なデザインで名刺を作成できますので、サービス選びで迷っている方はこちらのページを参考にしてみてください。

1位:Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報
サービス名 Vistaprint(ビスタプリント)
運営会社 シンプレスジャパン株式会社
本社の住所 東京都千代田区麹町6-6 東急四谷ビル 5F
個人名刺の作成
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で1,628円~、200枚で2,143円~
印刷用紙の種類 4種類
デザインの種類 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

Vistaprint(ビスタプリント)は、格安の料金で名刺を作成できるネット印刷サービスです。

豊富な既存デザインから選んで名刺を自由に編集できますので、2枚目の個人名刺が欲しい会社勤めのサラリーマンにも向いていますよ。

他の印刷会社とは違うVistaprint(ビスタプリント)のメリットは次の4つです。

  • ソフトをインストールしなくてもオンライン上で名刺を作成できる
  • シンプルからゴージャスまで5,000種類以上のデザインから選べる
  • 相手の記憶に残るプレミアム名刺が100枚で1,628円~と格安
  • ロゴマークや地図を余白に挿入してオリジナリティを出せる

デザインの知識のない初心者でも名刺を作成できますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2位:ラクスル

ラクスル

ラクスルの基本情報
サービス名 ラクスル
運営会社 ラクスル株式会社
本社の住所 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
個人名刺の作成
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で500円~、200枚で900円~
印刷用紙の種類 10種類以上
デザインの種類 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

少しでも安い料金で個人名刺を作成したいサラリーマンにはラクスルがおすすめです。

激安ネット印刷と呼ばれるだけあり、ラクスルではマット紙を使った名刺を次の価格で印刷できます。

名刺の注文枚数 1営業日後 2営業日後 3営業日後
100枚の印刷料金 500円~ 1,001円~ 1,265円~
200枚の印刷料金 990円~ 1,342円~ 1,683円~
300枚の印刷料金 1,441円~ 1,958円~ 2,090円~
500枚の印刷料金 2,178円~ 2,673円~ 2,926円~

Illustrator(イラストレーター)のデータさえ持っていれば、100枚500円~で名刺を注文できるわけです。

※Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順はこちら!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!
Illustrator(イラストレーター)はAdobe社から販売されている画像編集ソフトです。オリジナルの名刺を作成したい方にはIllustratorがおすすめ!ここではIllustratorで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。

データをお持ちでなくてもラクスルではデザイン作成サービスを利用できますので、サラリーマンの方は一度依頼してみてはいかがでしょうか。

ラクスルの公式サイトはこちら

3位:whoo(フー)

whoo(フー)

whoo(フー)の基本情報
サービス名 whoo(フー)
運営会社 whoo株式会社(フー)
本社の住所 東京都新宿区下宮比町2-29
個人名刺の作成
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で5,080円~、200枚で8,900円~
印刷用紙の種類 プロが厳選
デザインの種類 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

ちょっと変わったスタイルのプライベート名刺を作りたい方は、whoo(フー)に依頼してみましょう。

whoo(フー)は、自分でカスタマイズして素敵な名刺を作成できるネット印刷サービスです。

以下では、whoo(フー)の名刺のスタイルをいくつか挙げてみました。

※横にスクロールできます。

whoo(フー)の名刺のスタイル
Color(カラー) 7色から自由に選んでさり気ないサイドカラーを付けられる
Haku(箔) 立体的な箔と上質な光沢で美しいデザインの名刺に仕上げられる
Neon(ネオン) 名刺デザインにスパイスを与えてエネルギッシュに仕上げられる

オプションの選択で更にグレードアップすることもできますので、whoo(フー)で一味も二味も違う名刺を作ってみてください。

whoo(フー)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】whoo(フー)で名刺を作成する6つのメリットと4つのデメリットを全解説!
whoo(フー)は自分でカスタマイズして名刺を作成できるサービスです。海外のデザイナーが作った素敵なデザインテンプレートがたくさんあります。ここではwhoo(フー)のメリットやデメリット、利用者の口コミや評判についてまとめました。

個人名刺を持っているサラリーマンの口コミや評判まとめ!

個人名刺を持っているサラリーマンの口コミや評判

このページでは、個人名刺を持っているサラリーマンの口コミや評判の情報をいくつか紹介していきます。

サラリーマンには名刺の管理が必須!

名刺管理

個人の名刺の作成とは少々話が逸れますが、サラリーマンにとっては名刺の管理が必須の業務です。

ビジネスで名刺交換して貰った名刺を机の中に放り込んでいたり、部屋の中にばらまいていたりという方は多いかもしれません。

しかし、ビジネスではどんどん名刺は増え続けていきますし、大事な顧客の名刺も紛れ込んでいる可能性が高いので忘れずに管理する必要あり!

そこで、具体的にどのような方法で名刺を管理すれば良いのか説明していきます。

※横にスクロールできます。

名刺を管理する方法
ローロデックス 名前別や企業別に分けて管理できる優れた名刺ホルダー
メックル ダイアル操作で簡単に使えるデジタル名刺ホルダー
Eight(エイト) 100万人のサラリーマンや個人事業主が使う名刺管理専用のアプリ

これらのアイテムやツールが名刺の管理で役立ちますので、通販で購入したりアプリをダウンロードしたりしてみてください。

※名刺管理アプリのEight(エイト)のメリットや使い方についてはこちら!

【口コミや評判は?】名刺管理アプリのEight(エイト)のメリットや使い方を徹底解説!
Eight(エイト)は200万人以上のユーザーが使っている名刺管理アプリです。名刺をスマホのカメラでスキャンするだけで登録して管理できます。この記事ではEight(エイト)のメリットや使い方、利用者の口コミや評判についてまとめました。

まとめ

以上のように、会社勤めのサラリーマンはプライベートで使う2枚目の名刺を作成するのも選択肢の一つです。

会社で支給された名刺をそのままプライベートで使う方法はあまりおすすめできません。

ネット印刷なら簡単に個人名刺を作成できますので、Vistaprint(ビスタプリント)やラクスルを利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました