アルバイトやパートで働く人は名刺を作成すべき?

アルバイトやパートで働く人は名刺を作成すべきなの?

アルバイトやパートで働く人は名刺を作成すべきなの?

相手に配る目的で作成する名刺は、「社会人に必須のツール」とイメージされています。

そこで、アルバイトやパートとして働いていて、「名刺を作成した方が良いの?」と疑問を抱えている人はいませんか?

業務や仕事に対してやる気やモチベーションを持っている人ほど、何かあった時のために名刺を作成した方が良いのではないかと考えますね。

しかし、これはアルバイト先によって大きく変わりますので一概には説明できません。

仕事で名刺が必要となるのかどうかは、次のように職場によって違いがあります。

  • 飲食店や宅配のデリバリーではお客様にいちいち名刺を渡さない
  • 営業のインターンで働いている場合は名刺が必要になるケースがある

 

仕事で使わないのに名刺を作成しても全く意味はありませんので、アルバイトやパートで働いている人は上司や店長に聞いてみるべきです。

もし今のアルバイトで名刺が不要であれば、画像編集ソフトのIllustrator(イラストレーター)や印刷会社に依頼して名刺を作成する必要はありません。

名刺やショップカードには会社の情報を記載する形になりますので、フリーターの勝手な判断で名刺を作成すると職場に大きな迷惑がかかります。

自己判断で作っても自分の評価が上がるどころか怒られる可能性があるため、業務で名刺が必要なのかアルバイト先で伺ってみてください。

 

アルバイトやパートがプライベートの名刺を作成するのはOK!

プライベートの名刺

アルバイトやパートで働く人はビジネスの名刺ではなく、プライベートの名刺を作成するのは選択肢の一つです。

個人単位で繋がりたい時に連絡先を伝える手段の一つが名刺で、下記のシチュエーションで趣味名刺が役立ちます。

  • 異業種交流会やセミナーで関わりを持ちたい人と出会った時
  • オフ会やコミケで自分と同じ趣味を持つ人に出会った時
  • 猫カフェで意気投合した人にペット名刺を渡したい時

 

現在では会社勤めのサラリーマンでも、別で個人用名刺を作成して2枚持ちしている方はいます。

個人での繋がりを持ちたいと考えている人に名刺を渡す際に、会社名や部署名、肩書きといった情報は不要ですよね。

余計な情報を相手に与えないことも大事ですので、アルバイトやパートで働く人もプライベート名刺を作成して問題はありません。

 

プライベート名刺の中に記載する情報

プライベート名刺の中に記載する内容は特に決まっていないものの、「氏名」「連絡先」「ブログサイトURL」「SNSアカウント」「自分の趣味に関する内容」は入れるべきです。

自分が相手に対して何を伝えたいのか考えれば、プライベート名刺の中に記載すべき項目は見えてきます。

プライベート名刺はソフトを使って作成することもできますが、ハイクオリティなデザインで仕上げたい方はVistaprint(ビスタプリント)を利用してみましょう。

 

ビスタプリント

 

自作で仕上げるのと違い、Vistaprint(ビスタプリント)に依頼して名刺を作成するメリットをまとめてみました。

  • 5,000種類以上のテンプレートの中から自分のイメージに合うデザインを選択できる
  • オンライン上でソフトをダウンロードすることなく自由に作成できる
  • 100枚の名刺が980円と金銭的な負担が一切ない
  • 厳選された4種類の用紙からお好きなものを選んで印刷できる

 

エクスプレス出荷であれば注文から最短で2営業日で自宅に届けてくれますので、プライベート名刺を持ちたいアルバイトやパートはVistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺の作成で稼げるアルバイト探しには求人ボックスがおすすめ!

求人ボックス

パートで使う名刺ではなく、「名刺のデザインを作成するアルバイトはあるの?」と疑問を抱えている方はいます。

そんなアルバイトをお探しの方には、求人ボックスの利用がおすすめですよ。

求人ボックスでは次のように、名刺の作成に関するアルバイトがいくつも紹介されていました。

  • 名刺作成や制服管理の簡単業務の「株式会社アベールヒューマンスタッフ」
  • 傘レンタルサービスを作るスタートアップの名刺デザインを提供している「クラウドワークス」
  • ロゴやイラストを含む名刺を作成する依頼の「ランサーズ」
  • 名刺やメニューポスターを作成する「株式会社ラハイナ」

 

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを利用すれば、自分の技術やスキルに合わせて仕事を選ぶことができます。

自分のデザイン編集スキルや経験を活かし、「ビジネスやプライベートの名刺を作成したい」と考えている方をサポートできるわけです。

フリーランスとして活躍するデザイナーさんにも適していますので、名刺の作成でお金を稼ぎたい方は自分に合うバイトを探してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました