【口コミや評判は?】プリントネットで名刺を作成する9つのメリットと4つのデメリットを全解説!

見出し

プリントネット(Printnet)の基本情報

プリントネット(Printnet)

※横にスクロールできます。

プリントネット(Printnet)の基本情報
サービス名 プリントネット(Printnet)
会社名 プリントネット株式会社
本社の郵便番号 〒100-0005
本社の住所 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル7階
電話番号 050-3539-5210
注文ロット 10枚~
名刺100枚の料金 490円~
名刺200枚の料金 970円~
名刺1,000枚の料金 1,440円~
送料 送料無料(北海道・沖縄を除く)
納期 1営業日~7営業日
テンプレートの種類 数百種類以上
印刷用紙の種類 16種類
デザイン編集
データ入稿
オプション ・データ修正サービス
・入稿データ優先スピードチェック
・特殊表面加工(PP加工)
・OPニス/UVニス加工
・スジ入れ加工
・ミシン入れ加工
・角丸加工
・ラミネート(パウチ加工)
・ナンバリング加工
口コミや評判 「安い」「早い」「品質が良い」という三拍子が揃っている
総合評価 ★★★☆☆

プリントネット(Printnet)は東京都に本社を置く印刷通販サイトで、名刺やショップカードを作成できます。

名刺以外にもチラシやフライヤー、ポスターやパンフレットの制作を承っていますので、ビジネスで使う印刷物の作成でプリントネットはおすすめ!

名刺のサイズや用紙のラインナップも豊富ですので、是非一度プリントネット(Printnet)を利用してみてください。

参考 プリントネット(Printnet)の公式サイト

プリントネット(Printnet)で名刺を作成する9つのメリットを徹底解説!

プリントネット(Printnet)は、上記の9つのメリットを持つネット印刷サービス!

個人の要望に合う名刺やショップカードを簡単に作成できますよ。

サポート体制にも気を配っていますので、プリントネット(Printnet)は「ネット印刷利用者が選ぶ総合満足度第1位」「ネット印刷利用者が選ぶ商品クオリティ第1位」「ネット印刷利用者が選ぶ問い合わせ時のわかりやすさ第1位」の称号を獲得していました。

ネット印刷で名刺を作成しようと考えている方は、プリントネット(Printnet)の強みを詳しく見ていきましょう。

1:5種類のサイズの名刺から選んで自由に作成OK!

プリントネットの名刺印刷

名刺の種類 名刺のサイズ
普通サイズ名刺 55㎜×91㎜
欧米名刺 51㎜×89㎜
女性名刺(3号) 49㎜×85㎜
横型二つ折り名刺 55㎜×185㎜
縦型二つ折り名刺 91㎜×110㎜

「名刺は55㎜×91㎜のサイズが一般的でしょ?」とイメージしている方はいませんか?

※名刺のサイズやピクセルについてはこちら!

名刺の作成でサイズやピクセルはどうする?規格外サイズで作れる印刷会社3選!
名刺のサイズは「○○㎜×○○㎜で作成しないといけない」といった決まりはありません。日本のビジネスでは91㎜×55㎜が一般的ですが、小さな名刺や大きな名刺を使うこともできますよ。この記事では規格外サイズで名刺を作れる印刷会社についてまとめました。

しかし、プリントネット(Printnet)は上記の5種類のサイズから選んで名刺を作成できますよ。

「外資系企業に勤めている方は欧米名刺」「女性らしい可愛い名刺を作成したい方は3号名刺」と、自分の職業に合わせて名刺のサイズを変えるのは効果的です。

よりたくさんの情報を名刺の中に詰め込んでアピールしたい方は、横型二つ折り名刺や縦型二つ折り名刺を作成しましょう。

※二つ折りの名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】二つ折りの名刺作成におすすめの印刷会社5選!
名刺の中に記載する情報量を増やしたいなら二つ折りタイプがおすすめ!このページでは、二つ折り名刺を作成できる印刷会社をいくつか紹介しています。より魅力的な営業ツールに仕上がりますので、皆さんも二つ折りの名刺を作成してみてください。

2:名刺100枚の印刷料金が490円~と非常に安い!

プリントネットの名刺印刷料金

リーズナブルな料金で名刺を作成したいならプリントネット(Printnet)のオンデマンド印刷がおすすめ!

プリントネット(Printnet)のオンデマンド印刷は、次の価格で55㎜×91㎜のサイズの名刺を作成できます。

※横にスクロールできます。

名刺の枚数 片面1色名刺 両面1色名刺 片面カラー名刺 片面カラー
裏面1色名刺
両面カラー名刺
100枚の印刷 490円~ 490円~ 490円~ 490円~ 490円~
200枚の印刷 970円~ 970円~ 970円~ 970円~ 970円~
300枚の印刷 1,440円~ 1,440円~ 1,440円~ 1,440円~ 1,440円~
500枚の印刷 2,350円~ 2,350円~ 2,350円~ 2,350円~ 2,350円~

多くの印刷会社はモノクロ名刺よりもカラー名刺の料金の方が高いのに対して、プリントネット(Printnet)は同一価格ですね。

つまり、両面カラーの名刺を作成する予定の方はプリントネット(Printnet)を利用しましょう。

3:WordやPowerPointのオフィス系ソフトでもデータ入稿できる!

プリントネットのデータ入稿

プリントネット(Printnet)では、次の4種類のソフトによるデータ入稿に対応しています。

  • Illustrator(イラストレーター)
  • Photoshop(フォトショップ)
  • InDesign(インデザイン)
  • Word(ワード)
  • Excel(エクセル)
  • PowerPoint(パワーポイント)

Illustrator(イラストレーター)Photoshop(フォトショップ)のデータ入稿に対応している印刷会社は多いですね。

しかし、プリントネット(Printnet)はWord(ワード)やPowerPoint(パワーポイント)などオフィス系ソフトでもデータ入稿できます。

※Word(ワード)やPowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する手順はこちら!

【予算がない時に!】Word(ワード)で名刺を作成する6つの手順を徹底解説!
文書作成ソフトのWord(ワード)では、名刺のデータを作ることもできます。文字の入力や画像の挿入で名刺のデータを作り、プリンタで印刷したり印刷会社に入稿したりするだけでOK!この記事では、Word(ワード)で名刺を作成する6つの手順を詳しく解説していきます。
PowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する3つのメリットと正しい手順を徹底解説!
プレゼンソフトのPowerPoint(パワーポイント)は名刺を作成できます。シンプルデザインやポップデザインなど、幅広い名刺のテンプレートから選択OK!この記事では、PowerPoint(パワーポイント)で名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。

まずはプリントネット(Printnet)の公式サイトにアクセスし、名刺作成のページでそれぞれのソフトに対応した名刺のテンプレートファイルをダウンロードしましょう。

プリントネット(Printnet)の名刺テンプレートファイル

プリントネット(Printnet)の名刺テンプレートファイル

有償ソフトのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)をお持ちでない方でも、プリントネット(Printnet)で名刺の作成や印刷を依頼できます。

4:無料のデータチェックやデータ修正サービスあり!

データ修正サービス

プリントネット(Printnet)では、入稿した名刺のデータ全てで無料のデータチェックをしてくれます。

印刷可能なデータなのか判断してくれますので、間違ったデータのまま印刷工程に入る心配はありません。

入稿する前にデータのチェックリストを確認すれば、スムーズに名刺の作成や印刷の作業を進められるでしょう。

データのチェックリスト

データのチェックリスト

もし自分でデータを修正できないのであれば、プリントネット(Printnet)のデータ修正サービスの利用がおすすめ!

「Illustrator」「Photoshop」「PDF」に限り、完全データの名刺に修正してくれますよ。

※PDFファイル入稿で名刺を作成できるおすすめの印刷会社はこちら!

【8社徹底比較!】PDFファイル入稿で名刺を作成できるおすすめの印刷会社5選!
印刷会社の中には、PDFファイル入稿で名刺を作成できる印刷会社があります。既存のデザインではなく、自分で作ったPDFのデータを入稿して印刷を依頼するのは選択肢の一つです。ネット印刷サービスの選び方で迷っている方は参考にしてみてください。

「不備の連絡が来ても対応できない…」「納期厳守だから間に合わない…」と焦っている方は、プリントネット(Printnet)にデータの修正をお願いしてみてください。

※下記のページでは、データ入稿で名刺を作成する際に押さえておきたい8つのポイントを解説しています。

データ入稿で名刺を作成する際に押さえておきたい8つのポイントを徹底解説!
IllustratorやPhotoshopで作った名刺のデータがあれば、印刷会社に入稿して印刷を依頼できます。自宅のプリンタを使ったりコンビニに足を運んだりする必要はありません。ここではデータ入稿の名刺作成におすすめの印刷会社を4つ紹介しています。

5:豊富な種類の用紙から選んで名刺を印刷できる!

用紙

※横にスクロールできます。

プリントネット(Printnet)の取り扱い用紙!
用紙の表面に光沢を帯びているコート系 ・アートポスト
・キャストコート
・コート
・純白
・ハイマッキンレーアート
・ハイマッキンレーポスト
・ヴァンヌーボVGスノーホワイト
・ホワイトアートポスト
用紙の表面の光沢を抑えたマット系 ・サテン金藤
・ハイマッキンレーディープマットスノー
・マットコート
・Mr.Bスーパーホワイト
・ミセスBスーパーホワイト
用紙の表面に加工されていない非加工系 ・アラベールスノーホワイト
・ケント
・上質紙

上記の表を見ればわかる通り、プリントネット(Printnet)は豊富な種類の用紙から選んで名刺を作成できます。

同じデザインテンプレートを使っていても、印刷する用紙で見た目のイメージや雰囲気が変わるのが大きな特徴!

高級紙や特殊紙の取り扱いの多いプリントネット(Printnet)では、自分が希望するデザインの名刺を手に入れられますよ。

「光沢を抑えて重厚なイメージにしたい」「色鮮やかさが映える用紙を使いたい」など好みに合わせて選べばOKです。

中でも、ヴァンヌーボやアラベールスノーホワイトは素敵なデザインの名刺に仕上げられることで人気があります。

※ヴァンヌーボやアラベールスノーホワイトで名刺を作成できる印刷会社はこちら!

【8社徹底比較!】ヴァンヌーボの用紙で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
ヴァンヌーボは高級印刷用紙のファインペーパーです。印刷会社の中には、ヴァンヌーボの用紙で名刺を作成できるところがあります。見た目や質感の良い高級感のある名刺が欲しい方は要チェックです。
【8社徹底比較!】アラベールスノーホワイトの用紙で名刺を作成できるおすすめの印刷会社5選!
アラベールスノーホワイトは繊細な風合いや優しい手触りを持つ用紙です。名刺の印刷で使うと、一味も二味も違うデザインに仕上がりますよ。ここでは、アラベールスノーホワイトの用紙で名刺を作成できる印刷会社5社の情報を詳しくまとめました。

プリントネット(Printnet)の印刷用紙別の特徴に関しては、公式サイトをご覧になってください。

参考 プリントネット(Printnet)の用紙や紙質

6:特殊な加工を施して見た目のインパクトをアップできる!

プリントネットのオプションサービス

※横にスクロールできます。

プリントネット(Printnet)のオプション加工!
折り加工オプション 二つ折りやDM折りの加工を施して印刷できる
特殊表面加工(PP加工) 27ミクロンのフィルムの圧着で高級感がアップする
OPニス/UVニス 紙面にグロス感(光沢)を出して表面を保護する
孔開け加工オプション パンチ孔を開けてファイリングできるようになる
スジ入れ加工 スジ(折り目)を用紙に入れて折れやすくする
ミシン入れ加工 印刷物を切り取りできるようにミシン目を入れる
角丸加工 印刷物の角を丸くして柔らかいイメージを与える
ラミネート(パウチ加工) ツヤあり(グロス加工)とツヤなし(マット加工)から選択

プリントネット(Printnet)では、上記の特殊加工オプションが用意されています。

全ての加工を名刺の作成で使えるわけではありませんが、見た目のインパクトをアップできるのがメリット!

今の名刺のデザインに満足できない方は、プリントネット(Printnet)の特殊加工オプションを選択しましょう。

※特殊加工で名刺を作成できるサービスはこちら!

【10社徹底比較!】特殊加工で珍しい名刺を作成できるおすすめの印刷会社5選!
この記事では特殊加工で珍しい名刺を作成できる印刷会社10社を比較し、特におすすめのサービスを5つ紹介しています。「今の名刺はシンプル過ぎる」「インパクトのある名刺が欲しい」という方は、是非一度参考にしてみてください。

7:定期的にお得なキャンペーンが実施されている!

カレンダー印刷割引キャンペーン

プリントネット(Printnet)は、キャンペーンに力を入れているネット印刷サービスです。

2022年の1月現在では、カレンダー印刷早割キャンペーンが実施されていました。

2022年1月4日~2022年4月30日に限り、カレンダーの印刷が最大10%OFFになります。

他にも、プリントネット(Printnet)で過去に実施されていたお得なキャンペーンを見ていきましょう。

 

不織布バッグ、等身大パネルキャンペーン:不織布バッグと等身大パネルが最大で30%OFF

不織布バッグ、等身大パネルキャンペーン

 

カレンダーキャンペーン:早割キャンペーンでカレンダーが最大20%OFF

カレンダーキャンペーン

 

のぼり印刷キャンペーン:600㎜×1,800㎜のスタンダードのぼりが最大10%OFF

のぼり印刷キャンペーン

 

時期によっては、名刺の作成や印刷のキャンペーンも行われていますよ。

また、プリントネット(Printnet)は下記のようにサポート体制が手厚いのも魅力的です。

  • 入稿日の当日発送が可能で、最短で翌日に名刺を納品してくれる
  • データ入稿や支払いに関する相談を電話1本で解決できる
  • 新規会員への登録で無料ペーパーサンプルの資料請求ができる

ネット印刷で初めて名刺を作成する方でもプリントネット(Printnet)なら安心です。

参考 プリントネットの最新のキャンペーン情報

8:印刷代金は幅広い支払い方法から選択できる!

支払い方法

※横にスクロールできます。

プリントネット(Printnet)の支払い方法!
クレジットカード 「VISA」「MasterCard」「JCB」「Diners」
「AmericanExpress」のブランドから選択OK
銀行振込 三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行の指定の宛先に振り込む
代金引換 代金引換手数料は330円~1,100円でお客様負担
楽天ペイ 楽天IDとパスワードを使ってスムーズに支払える
後払い コンビニエンスストアやスマホ決済を使った後払い
請求書払い 法人や個人事業主限定で特定の期日に後払いする
ビットコイン決済 お客様の情報を入力して仮想通貨で決済する

プリントネット(Printnet)では、上記の通り幅広い支払い方法から選んで印刷代金の決済ができます。

クレジットカード決済や銀行振込はもちろんのこと、請求書払いに対応している珍しい印刷会社ですね。

※請求書払いで名刺を作成できるサービス3選はこちら!

印刷会社への支払い方法は?請求書払いで名刺を作成できるサービス3選!
印刷会社の中には、請求書払いで名刺を作成できるところがあります。法人や個人事業主であれば請求書払いの選択OK!印刷会社の支払い方法についても解説していますので、名刺を注文する前の参考にしてみてください。

プリントネット(Printnet)の支払い方法の詳細は、公式サイトの下記のページをご覧になってください。

参考 プリントネット(Printnet)の支払い方法

9:名刺以外の印刷物も併せて注文できる!

チラシ印刷

※横にスクロールできます。

プリントネット(Printnet)の取り扱い印刷物!
フリーペーパー印刷 カラー中綴じ冊子/モノクロ中綴じ冊子/ポケット付き中綴じ冊子
フライヤー・チラシ印刷 フライヤー・チラシ/大部数チラシ/輪転折込チラシ
ポスター印刷 ポスター/選挙用ポスター/短冊ポスター/耐水性・耐光性ポスター
パンフレット印刷 折りパンフレット/パンフレットカバーフォルダ
ポストカード印刷 ハガキ・ポストカード/大判ハガキ/往復ハガキ
クリアファイル印刷 名入れ箔押しクリアファイル/ポータブルクリアファイル
カード印刷 スタンプカード/メンバーズカード/チケット/回数券
カレンダー印刷 タンザックカレンダー/中綴じカレンダー/卓上カレンダー

プリントネット(Printnet)で取り扱っているのは、名刺やショップカードだけではありません。

他にもチラシやフライヤー、シールやステッカーなど様々な印刷物の作成を依頼できます。

※ステッカー・シールの作成が安いおすすめの印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】ステッカー・シールの作成が安いおすすめの印刷会社5選!
「印刷会社に依頼してステッカーやシールを作りたい」と考えている方はいませんか?ネット印刷サービスでは、あなたが希望するデザインで素敵なステッカーやシールを作成できます。ここでは特に料金が安い印刷会社を比較して紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

あらゆるビジネスグッズを格安の料金で手に入れられるのはプリントネット(Printnet)のメリットです。

プリントネット(Printnet)で名刺を作成する4つのデメリット…

プリントネット(Printnet)は大手のネット印刷ですが、他のサービスと比較してみると上記の4つのデメリットあり…。

プリントネット(Printnet)で名刺を作成する前に、良くない部分をきちんと押さえておきましょう。

1:名刺のデータ入稿が必須でオンライン上で編集できない…

※横にスクロールできます。

ネット印刷 デザインの編集 データ入稿
Vistaprint(ビスタプリント)
whoo(フー)
名刺印刷のプリスタ。
パプリ by アスクル
プリントネット(Printnet)

多くのネット印刷サービスでは、データ入稿とデザイン編集から選んで名刺を作成できます。

一方でプリントネット(Printnet)は、オンライン上で名刺のデザインを編集して作成できないのがデメリット…。

プリントネット(Printnet)に依頼して名刺を作るには、あらかじめ自分でデータを用意しないといけません。

自分でデータを用意できない人には、プリントネット(Printnet)ではなくVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)はソフトのインストールやダウンロード不要で、Web上で簡単に名刺を作成できます。

選べるデザインテンプレートも5,000種類以上と豊富ですので、Vistaprint(ビスタプリント)で素敵な名刺を作ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2:当日発送を選択すると名刺の印刷料金が高くなる…

当日発送

※横にスクロールできます。

片面カラー名刺 3営業日 2営業日 1営業日 当日発送
10枚の印刷 1,000円~ 1,050円~ 1,210円~ 1,810円~
50枚の印刷 1,370円~ 1,430円~ 1,630円~ 2,460円~
100枚の印刷 1,400円~ 1,460円~ 1,690円~ 2,530円~
500枚の印刷 1,790円~ 1,880円~ 2,140円~ 3,210円~

プリントネット(Printnet)では、上記のように納期で名刺の印刷料金が変化します。

オンデマンド印刷は10枚や20枚の印刷にも対応していますので、少量の名刺が欲しい方にもピッタリですね。

※少量の名刺を作成できるサービスはこちら!

【10社徹底比較!】少量(10枚・20枚)の名刺を作成できるおすすめの印刷会社5選!
印刷会社の中には、10枚や20枚など少量の名刺を作成できるところがあります。100枚単位で注文しなくても良いので、お試しで名刺を作成したい時にもおすすめ!この記事では少量の名刺作成に対応している印刷会社5社を紹介しています。

しかし、プリントネット(Printnet)の当日発送は印刷料金が高くなる点に注意しないといけません。

つまり、プリントネット(Printnet)で名刺を作成するに当たり、納期と費用の両方を加味する必要があります。

プリントネット(Printnet)の納期

プリントネット(Printnet)の納期

名刺印刷のコストを抑えたい方は、プリントネット(Printnet)の営業日を長めに設定しましょう。

3:チラシやポスターの印刷料金はそこまで安くない…

プリントネットのフライヤー・チラシ印刷

プリントネット(Printnet)は名刺やショップカードだけではなく、他にも様々な印刷物を取り扱っています。

プリントネット(Printnet)で作れない印刷物はほとんどありませんが、チラシやポスターの印刷料金はそこまで安くありません。

名刺以外のビジネスグッズの作成を検討している方は、別のネット印刷サービスを利用した方が良いですよ。

プリントネット(Printnet)の印刷物別の価格は、公式サイトをご覧になってください。

参考 プリントネット(Printnet)の公式サイトはこちら

4:カスタマーサポートの対応があまり良くない…

カスタマーサポート

カスタマーサポートの対応があまり良くないのはプリントネット(Printnet)のデメリット…。

Twitterの口コミを見てみると、プリントネット(Printnet)について次のコメントがありました。

担当者によっては、迅速な対応を心掛けてくれます。

しかし、プリントネット(Printnet)のカスタマーサポートの対応に満足していない人もいると心得ておきましょう。

プリントネット(Printnet)で名刺を作成する手順を徹底解説!

名刺作成の流れ

※横にスクロールできます。

プリントネット(Printnet)で名刺を作成する手順!
①新規会員登録 公式サイトから会員登録をしてIDとパスワードを取得する
②Webサイトよりご注文 商品一覧から希望の印刷物を選択して「カートに追加」を選ぶ
③データ入稿 自分で作成した名刺のデータをアップロードして入稿する
④データチェック 入稿したデータに不備がないかプリントネットがチェックする
⑤印刷・加工 オフセット印刷またはオンデマンド印刷で名刺を印刷する
⑥ご入金・発送 印刷代金の入金の後に注文した名刺が運送会社から発送される
⑦納品 名刺が到着する(代引き利用の方はドライバーに代金を支払う)

プリントネット(Printnet)では、上記の流れで名刺を作成できます。

名刺のデータさえ持っていれば、公式サイトにアクセスしてパソコンやスマホを使って注文OK!

ネット印刷サービスの利用が初めての初心者でも、プリントネット(Printnet)の使い方は難しくありません。

まず最初にプリントネット(Printnet)の公式サイトにアクセスし、ログインIDとパスワードを入力して新規会員登録を済ませましょう。

プリントネット(Printnet)の新規会員登録

プリントネット(Printnet)の新規会員登録

会員登録が終わった後に、注文する名刺の種類を選んだりデータを入稿したりするだけです。

2022年の1月現在では、プリントネット(Printnet)の紹介でポイントを獲得できる特典があります。

ポイントの獲得

紹介された方は新規登録&初回注文で1,000ポイント進呈、紹介する方は紹介先初回注文の発送で2,000ポイント進呈!

プリントネット(Printnet)の紹介コードをお持ちの方は、注文する際に忘れずに登録してください。

参考 プリントネット(Printnet)のポイント獲得

プリントネット(Printnet)の口コミや評判まとめ!

プリントネットの口コミや評判

このページでは、プリントネット(Printnet)で名刺を作成した人の口コミや評判の情報を紹介していきます。

1:プリントネットは急ぎの名刺印刷に対応してくれる!

私はプリントネットとプリントプロを併用してみました。最初は電話でサポートしてくれるプリントネットを使い、慣れてきたら価格が安くなるプリントプロで名刺を作成する感じです。当日発送にも対応して頂けますので、今後も利用していきます。

プリントネット(Printnet)のTwitterの口コミを見てみると、即日や当日に発送してくれるのが良いとの意見がたくさんありました。

規定の時間内にデータを入稿すれば、翌日には名刺を受け取ることができます。

選択するオプション加工で変わりますが、スピーディーに対応してくれるのはプリントネット(Printnet)のおすすめポイントです。

※即日で名刺を作成できる印刷会社はこちら!

【即日発送・当日出荷】名刺を発注してから届くまでの納期や日数について徹底解説!
名刺を発注してから届くまでには一定の納期や日数がかかります。納期は印刷会社によって大きな違いあり!この記事ではお急ぎのビジネスマンのために、即日発送や当日出荷に対応している名刺作成サービスをまとめてみました。

2:プリントネットはとにかく印刷物の料金が安い!

他の印刷会社では、片面カラーの名刺は片面モノクロの1.5倍くらいの料金がかかります。しかし、プリントネットは同一価格なのが凄いですね。モノクロの名刺も味があって良いと思いますが、やっぱりインパクトを出すにはフルカラーなのではないでしょうか。

少しでも安い料金で名刺などの印刷物が欲しい方からプリントネット(Printnet)は評判です。

プリントネット(Printnet)はデータ入稿専門店ということもあり、印刷のコストを徹底的に抑えられますよ。

クーポンやキャンペーンを活用すれば、更にお得な価格で作成できるのではないでしょうか。

※最安値で名刺を作成できる印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】最安値で名刺を作成できる印刷会社を紹介!
「少しでも安い料金で名刺を作りたい」という方はいませんか?そのような人のために、この記事では最安値で名刺を作成できる印刷会社を紹介しています。代表的な10社のネット印刷を比較していますので、サービス選びの参考にしてみてください。

3:プリントネットはクーポン500円使って0円なのが凄い!

「プリントネット(Printnet)はクーポンがヤバい」との口コミや評判がありました。

例えば、プリントネット(Printnet)で500円のクーポンをゲットすれば、100枚490円の名刺が無料で作成できます。

お得なクーポンが欲しい方は、プリントネット(Printnet)に会員登録して送られてくるメールを忘れずにチェックしましょう。

※同じネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)で使える割引クーポンはこちら!

【2022年4月最新版】ビスタプリントの割引クーポンやキャンペーン情報まとめ!
Vistaprint(ビスタプリント)では、定期的に割引クーポンが発行されています。クーポンを使えばお得な価格で名刺やフォトブックの入手OK!このページでは、Vistaprint(ビスタプリント)のキャンペーン情報についてもまとめました。

4:プリントネットは通常名刺と同人名刺に料金の差がありすぎる…

プリントネット(Printnet)は、同人のオタク向け名刺の作成にも力を入れています。

しかし、「通常名刺と同人名刺に料金の差がありすぎる…」との意見がありました。

通常のオンデマンド印刷と比較してみると、プリントネット(Printnet)の同人名刺は割高ですよ。

※同人やアニメの名刺を作成できる印刷会社はこちら!

【8社徹底比較】同人名刺やアニメ名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
このページでは、同人名刺やアニメ名刺の作成におすすめの印刷会社を紹介しています。同人サークルやコミケなどのイベントでは名刺が欠かせません。人脈を広げられるアイテムですので、忘れずに同人名刺やアニメ名刺を作成しておきましょう。

5:プリントネットはクラフト紙の印刷に対応していないっぽい…

プリントネット(Printnet)は、クラフト紙を使って名刺を作成することができません。

この点に関してプリントネット(Printnet)は残念だとの口コミや評判がありました。

クラフト紙でオシャレな名刺を作成したい方は、こちらのページで紹介している印刷会社を利用してみてください。

【8社徹底比較!】クラフト紙で名刺を作成するメリットとおすすめの印刷会社5選!
名刺に素朴な印象やレトロな雰囲気を与えたい方にはクラフト紙がおすすめです。この記事では、クラフト紙で名刺を作成できる印刷会社を5つ紹介しています。印刷会社選びで迷っている方は是非一度参考にしてみてください。

まとめ

プリントネット(Printnet)で名刺を作成するメリットとデメリット、口コミの評判についておわかり頂けましたか?

複数種類のサイズから選べたり特殊加工が充実していたりと、プリントネット(Printnet)なら魅力的な名刺を作れますよ。

現在では無料の会員登録でポイントやクーポンが進呈されますので、是非一度プリントネット(Printnet)を利用してみてください。

参考 プリントネット(Printnet)の公式サイト

タイトルとURLをコピーしました