プリントパックで作成できる名刺の特徴!口コミや評判はどう?

プリントパックで作成できる名刺の特徴をまとめてみた

プリントパック

プリントパックは、ありとあらゆる印刷物を作成できるインターネット通販のサービスです。

名刺やショップカード、厚紙フライヤーやスタンプカードといった印刷物をオフセット印刷で提供しています。

ネット通販の中でも有名な印刷会社の一つですので、一度はプリントパックという名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

このページでは、プリントパックで作成できる名刺の特徴や強みをまとめてみました。

 

名刺作成の料金が安い

料金

プリントパックでは、ビジネスやプライベートで使えるオリジナル名刺が100枚で980円という格安の料金で提供されています。

印刷料金の中にはデータチェック代やデータRIP処理代、用紙代や製本代など全てが含まれていますので、たったの980円で100枚の名刺を印刷してくれるのです。

名刺の作成で使用する用紙の種類や加工オプションによって異なるものの、格安の料金でオリジナル名刺が手に入るという点では変わりありません。

ネット上で無料でデザインできるわけではないので完全データを入稿する形ですが、Illustrator(イラストレーター)データやMicrosoft Officeデータなど、プリントパックはありとあらゆるデータに対応しています。

  • 既存のテンプレートを使って作成して他の人と被るのは嫌だ
  • 自分は画像編集ソフトを使いこなす自信がある
  • オリジナリティを出すために世界で一つだけのデザインにしたい

 

上記のように考えている方は既存のデザインテンプレートを使わずに、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などの画像編集ソフトを使用しましょう。

プリントパックに依頼すればわざわざインクジェットプリンタを購入したりコンビニに足を運んだりする必要なく、格安の料金で名刺を自宅に届けてくれますよ。

 

選べる用紙の種類が多い

名刺の用紙

数多くの印刷会社の中でも、プリントパックは選べる用紙の種類が多いのはおすすめポイントの一つです。

同じデザインの名刺でも上質紙やアートポスト、マットコートやミラーコート、最高級インクジェット対応紙など様々な用紙から選択できますので、プリントパックでは自分の好みやイメージに合う名刺を作成できます。

また、同じアートポスト紙でも、「180㎏」「220㎏」と用紙の厚さを変えることも可能です。

用紙の厚みが違うだけでも名刺を相手が受け取った時の印象が変わりますので、自分の職業やイメージに合わせてどれが良いのか決めましょう。

 

特殊な名刺を作成できる

プリントパックでは、以下のような特殊な名刺を作成できます。

  • オンデマンド箔名刺印刷:箔の型で名刺にワンポイントアクセントを加えられる
  • 欧米名刺印刷:日本で取り入れられている一般的なサイズではなく51mm×89mmの名刺
  • デザインカット名刺印刷:レーザーカットによる繊細な切り抜き加工
  • スジ入れカード印刷:名刺の中央部分に施すスジ入れ加工
  • 二つ折り名刺印刷:通常の2倍以上の情報を盛り込める二つ折りの加工
  • PPコーティング印刷:PPコーティング加工で表面を保護して耐久力をアップできる

 

自分の好みに合わせて名刺のアレンジが可能で、「もう一つアクセントを加えて作成したい」と考えている方にピッタリですね。

また、特殊な加工には対応していないものの、2015年の5月7日までの期間限定で、430円名刺のキャンペーンが実施されています。

ワンコインよりも安い価格で名刺が手に入るのはプリントパックくらいですし、上質紙やマットコート紙など、印刷の用紙も自分の好みで設定可能です。

送料無料で3営業日で届けられるのも大きなメリットですので、是非一度プリントパックで名刺を作成してもらってください。

 

プリントパックの口コミや評判をまとめてみた

プリントパックの口コミや評判

実際にプリントパックを利用した方がどのような評価を残しているのか、以下では口コミや評判の情報をいくつか紹介していきます。

 

万が一データに不備があった場合は直ぐに連絡してくれますので安心です。メールの返信のレスポンスが非常に速いので、迅速なサポートを期待している人にプリントパックはおすすめできます。

 

自分が想像している以上にクオリティの高い名刺に仕上がりました。見た目のデザインだけではなく、梱包もとても丁寧だったのは流石です。

 

当日から7日まで納期が細かく設定されているのはかなり便利ですね。「自分は料金が高くても良いから早く届けて欲しい」「納期は長くても良いから少しでも安い価格で名刺を作成したい」と、プリントパックでは自分の好みで決められます。

 

自分で名刺のデータを作成できない人にプリントパックはおすすめできません。既存のデザインテンプレートをWeb上で編集し、印刷を依頼できるようなシステムではないですよ。

 

プリントパックの公式サイトはちょっとゴチャゴチャしているから分かりにくいな~。もう少しシンプルな構成にしてくれないと、注文に時間がかかるよ・・・。

 

電話の繋がる時間帯が短すぎて、サポート体制が良いとは言えませんね。まあ、ラミネート加工やホログラム加工による名刺のクオリティの高さには満足しています。

 

料金が安いが上に、何かトラブルがあったら終わりだと思った方が良いですよ。返金対応も期待できませんので、プリントパック以外の印刷会社で名刺を作成すべきですね。

 

プリントパックで名刺を作成するデメリット

デメリット

プリントパックで名刺の作成や印刷を依頼するに当たり、次の4つのデメリットがあります。

  • 既存のデザインテンプレートからお好きなものを選択できない
  • 画像編集ソフトを使いこなせないとシンプルな出来栄えになる
  • 公式サイトはごちゃごちゃとしていて依頼方法が分かりにくい
  • データ入稿に不備があると印刷工程に進むことができない

 

自分でソフトを使って作成するのは初心者にとってハードルが高いので、不安な方にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

 

ビスタプリント

 

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)を使うに当たり、有償のソフトですので一定額の料金を支払わないといけません。

一方でVistaprint(ビスタプリント)ではデータ入稿に加えて、元々用意されている高品質なテンプレートから選ぶことができますので、自分のイメージに合うデザインの名刺を探してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました