名刺作成の料金の相場

名刺作成の料金の相場はどのくらい?

名刺作成の料金の相場
「名刺作成にかかる料金の相場はどのくらいなのか?」という疑問を抱えている方はいませんか?

料金の相場は印刷だけ会社にお願いするのか、それとも名詞のデザインも全てお願いするのかによって相場は大きく異なりますね。

そこで、ネットで20社の調査を行ったところ、印刷だけ任せる場合は以下の費用が平均的な相場になりました。

  • 片面モノクロ100枚で1,575円
  • 両面モノクロ100枚で2,625円
  • 片面カラー100枚で2,415円
  • 両面カラー100枚で3,990円

 

※特殊な用紙や加工を施さない普通の名刺作成・印刷にかかる料金です。

印刷会社やサービスによっては差はありますが、印刷だけであれば1枚あたり約1円~で可能ですので、イラストレーターなどのソフトで名刺のデータを既に持っているのであれば、自分でプリントアウトするのではなく専門会社に依頼した方が良いでしょう。

自宅の印刷機では綺麗に仕上がらない可能性が高く、色々な機能が備わったプリンタでも最後に名刺のサイズにカットしないといけないデメリットがあります。

 

様々な名刺作成費用の相場をまとめてみた

上記では、「片面モノクロなのか片面カラーなのか」といった点で100枚の名刺作成の料金の相場をまとめました。

今度は名刺の印刷やデザインなど、作成する印刷物別の料金の相場を簡単に紹介していきます。

  • 名刺を印刷するだけの作業は1枚当たり10円~100円
  • 名刺の全体的なデザインは3,000円~5万円
  • 名刺に会社のロゴを入れる場合は1万円~5万円
  • 名刺のイラストの作成は3,000円~1万円

 

名刺の見た目のインパクトを高める目的で、オリジナルのイラストやロゴを余白部分に挿入するのは選択肢の一つですよ。

シンプル過ぎるデザインでは相手の記憶に残りませんので、どうすれば自分の印象をアップさせる名刺に仕上げられるのか考えてみてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)は名刺デザインの料金が安い!

名刺デザインの料金

名刺デザインにかかる料金には幅がありますので一概には説明できないものの、シンプルなものであれば3,000円から5,000円程度でしょう。

しかし、ゼロからデザインをしてオーダーメイドで作成するとなると数万円以上の料金が必要になりますので、現在では決まったテンプレートに文章を流し込むだけのサービスも増えています。

「この世に一つのデザインの名刺で勝負したい」という方には適さないかもしれませんが、決まったテンプレートでもイラストやロゴマークを挿入すればオリジナル性を出すことはできますので、費用を抑えたいという方は印刷会社が用意している無料テンプレートの活用も視野に入れるべきです。

名刺デザインの料金の安さで比較してみると、ネット通販のVistaprint(ビスタプリント)が非常に適しています。

Vistaprint(ビスタプリント)は、事前に用意されている数千種類のテンプレートの中からデザインを選び、文字情報を入力して自由にアレンジしてから印刷を依頼する仕組みになっています。(もちろん、独自に制作したデザインの入稿も可能です)

100枚の名刺が980円と相場よりも圧倒的に格安の料金で注文できますので、「安い価格で尚且つクオリティの高い名刺を印刷して欲しい」と考えている方は、Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺を印刷する用紙の種類によっては料金の相場が高くなる

名刺の料金はデザインやロゴの挿入の有無だけではなく、印刷する用紙の種類によって相場が変わります。

基本的に名刺を印刷する際は上質紙が使われますが、印刷会社によっては特殊紙や高級紙を用意しているところがありました。

高級紙を使って名刺を印刷すると料金の相場が高くなる代わりに、見た目のインパクトを強くしてより魅力的なイメージに仕上げることができますよ。

印刷する用紙の種類でどのくらい費用が変わるのか、名刺印刷のプリスタ。を例にとって見ていきましょう。

  • ライトプラン(上質紙)は片面モノクロで140円
  • スタンダードプラン(ニュアージュ)は片面モノクロで490円
  • スタンダードバリュー(モダンクラフト)は片面モノクロで590円
  • スタンダードプロ(アラベールオータムリーブ)は片面モノクロで790円
  • プレミアム(シャインフェイスゴールド)は片面モノクロで990円
  • デラックス(ミランダスノーホワイト)は片面モノクロで1,290円

 

ライトプランとデラックスプランでは10倍近くの差があり、「少しでも安い料金で作成したい」という方には前者が適しています。

しかし、印刷する用紙を変えるだけでも名刺の見た目のイメージを良くできますので、「これだ!」と思える用紙があればコストがかかってもプリスタ。で作成してみてください。

 

check-s011

プリスタ。の詳細はこちら

 

名刺作成・印刷、料金以外の比較基準

名刺作成・印刷、料金以外の比較基準
名刺はビジネスでは欠かせないツールで、1日に何枚もの名刺交換を行うというビジネスマンは決して少なくありません。

名刺は消耗品ですから、(仕上がりが汚いのは論外ですが)誰でも相場より安い料金でデザインと印刷ができるサービスに依頼したいと考えるのは普通です。

とは言え、名刺のデザインはともかく、印刷だけであれば法外に高い料金を設定している印刷会社は少なく、相場と掛け離れているところはほとんどないと言っても良いでしょう。

そこで、名刺の作成にかかる料金ではなく、取り入れられている用紙の種類や加工の方法で比較をしてみるのも選択肢の一つですね。

例えば、名刺作成の通販サイトである「名刺作成のファースト」では、通常の上質紙だけではなく、落ち着いた白さが映える“マットポスト紙”や、光や角度によって輝く“半透明フィルム”といった用紙が取り入れられています。

「ビジネス部門ベスト3」「デザイン部門ベスト3」「モノクロ部門ベスト3」と、人気のデザインが公式サイトで紹介されていますので、自分のイメージに合うテンプレートを見つけやすいのも魅力的です。

※一番高い“半透明フィルム”の料金については片面モノクロ100枚で3,900円、両面カラー100枚で5,600円と相場よりも大分高いです。

そこまで拘らないからやっぱり安く抑えたい!という方であれば、先程紹介したVistaprint(ビスタプリント)が良いでしょう。

「名刺を作成する料金」「デザインのクオリティ」「オプションの費用」など、様々な点で比較してビジネスや趣味で使う名刺を作成してみてください。

タイトルとURLをコピーしました