名刺作成費用の相場はどのくらい?コスト削減の5つのポイントを徹底解説!

名刺作成費用の相場はどのくらいなの?

印刷コスト

名刺作成費用の相場
1:印刷料金 100枚の印刷で1,000円~8,000円
2:デザイン費用 修正ありで3,000円~50,000円
3:イラスト作成 似顔絵などの画像は3,000円~10,000円
4:ロゴマーク作成 デザイン完成まで10,000円~50,000円

ビジネスやプライベートで使う名刺を作成するに当たり、「費用の相場ってどのくらいなの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

専門の印刷会社やネット印刷に依頼し、予算内に抑えられるのかどうか気になりますよね。

上記の表を見ればわかる通り、名刺作成費用の相場は「印刷料金」「デザイン費用」「イラスト作成」「ロゴマーク作成」で違いあり!

どの範囲まで印刷会社に依頼するかによって、トータルで支払う料金は変化する仕組みです。

以下では、名刺作成費用の相場について更に詳しく解説していきます。

1:印刷料金

名刺の種類 印刷料金の相場
片面モノクロ名刺 100枚で1,000円~3,000円
両面モノクロ名刺 100枚で1,500円~6,500円
片面カラー名刺 100枚で1,800円~7,000円
表面カラー/裏面モノクロ名刺 100枚で2,000円~7,000円
両面カラー名刺 100枚で2,500円~8,000円

名刺の印刷料金の相場は、「片面or両面」「モノクロorカラー」で変わります。

印刷会社によって違いますが、一般的に片面印刷よりも両面印刷、モノクロよりもカラーの方が割高ですね。

印刷料金を安く抑えたいなら片面モノクロ名刺がおすすめですが、見た目のインパクトに欠けるのがデメリット…。

「記載する情報量を増やしたい」「色鮮やかなデザインにしたい」という方は、両面カラー名刺を作成しましょう。

2:デザイン費用

デザイン費用

※横にスクロールできます。

名刺のデザインを外注する方法
既存のテンプレートを使用 サイト上のデザインテンプレートで名刺を作成する
印刷会社に依頼する 印刷会社に所属しているデザイナーに名刺のデザインを依頼する
クラウドソーシングで外注 どうしても拘りたい名刺のデザインをピンポイントで依頼する

名刺のデザインを外注する方法は上記の3つに大きくわけられます。

印刷会社が用意している既存のテンプレートで名刺を作成する場合は、基本的に印刷料金を支払うだけでOKです。

一方で印刷会社に名刺のデザインを依頼したりクラウドソーシングに外注したりする際は、印刷料金とは別途で費用を支払わないといけません。

名刺のデザイン制作にかかる費用は3,000円~50,000円が相場です。

世界に一つだけのデザインをオーダーメイドで仕上げてくれる点を加味すれば、そこまで高額な費用ではありません。

※オーダーメイドでオリジナル名刺を作成するメリットはこちら!

オーダーメイドでオリジナル名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社3選!
印刷会社の中には、オーダーメイドでオリジナル名刺を作成できるところがあります。他者と被らないデザインで名刺を作成したい人におすすめ!オーダーメイドで名刺を作成できる印刷会社は限られていますので、こちらのページを参考にしてみてください。

しかし、名刺のデザイン制作は「修正回数○回まで対応可能」と決められていることが多く、何度も繰り返し修正の依頼をしていると追加料金が発生しますよ。

この追加料金は印刷会社によって違いがありますので、余計な費用をかけたくない方はしっかり打ち合わせをしてイメージを擦り合わせましょう。

3:イラスト作成

イラスト作成

名刺の見た目をキャッチーにして親しみやすいデザインで仕上げたい方は、印刷会社にイラストの作成を依頼する方法がおすすめです。

イラスト作成の費用も印刷会社によってピンキリですが、相場は3,000円~10,000円になっています。

例えば、自分の似顔絵イラストを制作する費用と印刷料金を合わせて支払えば、親しみやすい似顔絵入り名刺を作成できるわけです。

※顔写真や似顔絵入りの名刺作成におすすめの印刷会社はこちら!

【8社徹底比較!】顔写真入り・似顔絵入りの名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺交換で自分の顔を覚えてもらいたいのであれば、顔写真入り名刺や似顔絵入り名刺の作成がおすすめ!文字情報だけの名刺と比べて見た目のインパクト抜群です。この記事では、顔写真入り・似顔絵入りの名刺作成におすすめの印刷会社を4つ紹介しています。

名刺は自分の身代わりになる大事なツールですので、費用がかさんでもオリジナルイラストを作成してもらう価値は十分にあります。

4:ロゴマーク作成

ロゴマーク作成

※横にスクロールできます。

ロゴ制作のデザイン会社 向いている人 おすすめ度
株式会社パンスール ブランド戦略の立案が得意な会社に依頼したい ★★★★★
アドアチーブ株式会社 修正回数を気にせずにロゴ制作を依頼したい ★★★★☆
iプランニング ロゴマークと合わせて名刺の作成もお願いしたい ★★★★☆
ココナラ(coconala) 自分でロゴ制作を依頼するデザイナーを選びたい ★★★☆☆
株式会社ビズアップ 自社のニーズに最適なデザイナーを指名したい ★★☆☆☆

上記のデザイン会社では、名刺の余白に挿入するロゴマークの制作を依頼できます。

ロゴマーク作成の費用の相場は10,000円~50,000円で、名刺の印刷料金とは別で支払う必要あり!

トータルで負担する費用が大きくなる代わりに、企業やサービスの顔になるロゴマークが名刺に入っていれば自社をしっかりとアピールできますね。

ロゴ入り名刺を作成するメリットに関しては、こちらのページをご覧になってください。

ロゴ入り名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社4選!
名刺交換で会社をアピールしたいのであればロゴの挿入がおすすめ!通常のデザインと比較してみると、ロゴ入り名刺は見た目のインパクトがアップしますよ。この記事ではロゴ入り名刺を作成できる印刷会社を徹底比較していますので、サービス選びの参考にしてみてください。

名刺作成のコスト削減で押さえておきたい5つのポイントを徹底解説!

コスト削減

名刺作成のコストを削減したい個人事業主や法人の担当者は、上記の5つのポイントを押さえておきましょう。

名刺の印刷料金を安く抑えながらも、素敵なデザインで作成するのはそこまで難しいことではありません。

初めて名刺を作成する初心者も是非一度参考にしてみてください。

1:オフセット印刷からデジタル印刷に変更する!

デジタル印刷

※横にスクロールできます。

オフセット印刷とデジタル印刷の違い!
オフセット印刷 版を作ってインキをゴムブランケットに転写して印刷する方式で、少量印刷ではコストが高くつく
デジタル印刷 版を作らずにスピーディーに印刷する方式で、少量印刷でも大幅なコストダウンに繋がる

名刺の印刷と一口に言っても、オフセット印刷やデジタル印刷など様々な方法があります。

オフセット印刷からデジタル印刷に変更するのは、名刺作成のコストを削減する効果的な手段!

オフセット印刷は高精細なデザインができる代わりに、小ロットだと単価が割高になってコストが高くつきますよ。

つまり、少量の名刺を作成する予定の方は、デジタル印刷を採用した印刷会社を選びましょう。

※少量から名刺を作成できるおすすめの印刷会社はこちら!

少量(10枚・20枚)の名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
印刷会社の中には、10枚や20枚など少量の名刺を作成できるところがあります。100枚単位で注文しなくても良いので、お試しで名刺を作成したい時にもおすすめ!この記事では少量の名刺作成に対応している印刷会社4社を紹介しています。

2:印刷料金の安い印刷会社に依頼する!

※横にスクロールできます。

印刷会社 片面モノクロ名刺の料金 片面カラー名刺の料金 総合評価
名刺印刷のプリスタ。 100枚で150円~ 100枚で370円~ ★★★★★
十八番プリントドットコム 100枚で180円~ 100枚で570円~ ★★★★☆
ラクスル 100枚で500円~ 100枚で500円~ ★★★★☆
名刺良品 100枚で500円~ 100枚で500円~ ★★★☆☆
メガプリント(MEGAPRINT) 100枚で420円~ 100枚で460円~ ★★★☆☆
アドプリント(ADPRINT) 100枚で470円~ 100枚で470円~ ★★★☆☆
マヒトデザイン 100枚で100円~ 100枚で324円~ ★★☆☆☆
激安名刺ドットコム 100枚で294円~ 100枚で732円~ ★★☆☆☆
プリントパック 100枚で755円~ 100枚で755円~ ★★☆☆☆
印刷のウエーブ(WAVE) 100枚で1,410円~ 100枚で1,410円~ ★☆☆☆☆

上記では、代表的な10社の印刷会社を片面モノクロ名刺と片面カラー名刺の印刷料金で徹底比較してみました。

これは当たり前の話ですが、印刷料金の安い印刷会社に依頼するのは名刺作成のコストを削減する方法です。

チェーン店の実店舗型の印刷会社は、名刺の印刷料金が高めなのがデメリット…。

※名刺の作成におすすめのチェーン店はこちら!

【5社徹底比較!】名刺の作成におすすめのチェーン店3選!
印刷会社の中には、全国にチェーン店を構えているところがあります。実店舗の印刷会社で名刺を作成するに当たり、その場で即日受け取りできるのがメリット!どのチェーン店で名刺を作成すべきなのか迷っている方は、こちらのページをご覧になってください。

そのため、少しでもコストを抑えたい方はネット印刷サービスに依頼して名刺を作成しましょう。

3:既存デザインから名刺を作成できるネット印刷を利用する!

既存のデザインテンプレートから選んで名刺を作成できるネット印刷サービスは、トータルのコストを抑えられますね。

上記の項目で紹介した印刷会社の多くは、自分でIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)の名刺データを用意しないといけません。

※Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する手順はこちら!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!
Illustrator(イラストレーター)はAdobe社から販売されている画像編集ソフトです。オリジナルの名刺を作成したい方にはIllustratorがおすすめ!ここではIllustratorで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。
Photoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを徹底解説!
Photoshop(フォトショップ)はAdobeの画像編集ソフトです。画像の加工や編集がメインのソフトですが、Photoshop(フォトショップ)は名刺も作成できますよ。このページではPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを詳しくまとめました。

Adobe(アドビ)のソフトは有償ですので、名刺の印刷料金以外の費用も発生します。

一方で既存のデザインから選べるネット印刷なら、あらかじめ決められた印刷料金を支払うだけで名刺を手に入れられるわけです。

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)は、100枚のフルカラー印刷の名刺が980円~と格安の料金設定になっています。

名刺のデータをお持ちでない方も利用できますので、Vistaprint(ビスタプリント)に依頼して作ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

4:高級紙や特殊紙ではなく一般紙で印刷する!

高級紙

名刺の見た目のデザインだけではなく、印刷用紙に拘って作成するのは選択肢の一つです。

ヴァンヌーボなどの高級紙や特殊紙で名刺を印刷すると、質感がアップしたり高級感を出したりできます。

※ヴァンヌーボの用紙で名刺を作成できるおすすめの印刷会社はこちら!

【8社徹底比較!】ヴァンヌーボの用紙で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
ヴァンヌーボは高級印刷用紙のファインペーパーです。印刷会社の中には、ヴァンヌーボの用紙で名刺を作成できるところがあります。見た目や質感の良い高級感のある名刺が欲しい方は要チェックです。

しかし、一般紙での印刷と比較して高級紙や特殊紙は費用がかさむのがデメリット…。

名刺印刷のプリスタ。を例に挙げてみると、用紙のグレードが上がると名刺の印刷料金が高くなりますよ。

料金プラン 片面モノクロ名刺の料金 片面カラー名刺の料金
ライトプラン 100枚の印刷で150円~ 100枚の印刷で370円~
スタンダードプラン 100枚の印刷で490円~ 100枚の印刷で720円~
スタンダードバリュー 100枚の印刷で590円~ 100枚の印刷で820円~
スタンダードプロ 100枚の印刷で790円~ 100枚の印刷で1,020円~
プレミアム 100枚の印刷で990円~ 100枚の印刷で1,220円~
デラックス 100枚の印刷で1,290円~ 100枚の印刷で1,520円~

つまり、名刺作成のコストを削減したいなら一般紙で印刷した方が良いわけです。

他の印刷会社でも、高級紙や特殊紙を選択するとオプション料金がかかると心得ておきましょう。

5:分散していた発注先を一つの業者にまとめる!

分散

社員の名刺をまとめて発注している企業や法人は少なくありません。

社員が個別で印刷会社を利用して名刺を作成するよりも、企業の担当者がまとめて注文した方が遥かに効率が良いですよね。

そこで、分散していた発注先を一つの業者にまとめて印刷コストの削減を図りましょう。

下記の図を見ればわかる通り、一般的な印刷会社では発注数量が増えるごとに支払いの単価は低下する傾向があります。

印刷料金の支払いの単価

印刷料金の支払いの単価

具体的にネット印刷のメガプリント(MEGAPRINT)で、名刺の注文枚数別の価格を見ていきましょう。

※横にスクロールできます。

名刺の枚数 片面モノクロ名刺 両面モノクロ名刺 片面カラー名刺 カラー/モノクロ名刺 両面カラー名刺
100枚の印刷 420円~ 450円~ 460円~ 470円~ 480円~
500枚の印刷 930円~ 970円~ 1,010円~ 1,050円~ 1,100円~
1,000枚の印刷 1,950円~ 1,990円~ 2,040円~ 2,080円~ 2,120円~
5,000枚の印刷 7,920円~ 8,190円~ 8,480円~ 8,750円~ 8,990円~
10,000枚の印刷 15,180円~ 15,770円~ 16,350円~ 16,940円~ 17,530円~

片面モノクロ名刺100枚の印刷だと1枚の単価は4.2円ですが、10,000枚を注文すれば1.5円と大幅に安くなります。

異なるタイミングに異なるサプライヤーに名刺を発注している会社は、信頼できる一つの印刷会社に集約してみてください。

※メガプリント(MEGAPRINT)の口コミや評判の情報はこちら!

【口コミや評判は?】メガプリントで名刺を作成する6つのメリットと3つのデメリットを全解説!
メガプリント(MEGAPRINT)は格安の料金で名刺を作成できるネット印刷のサービス!オンデマンド印刷の名刺は100枚当たり420円~と圧倒的に低価格です。このページではメガプリント(MEGAPRINT)の口コミや評判を紹介していますので、印刷会社選びで迷っている方は参考にしてみてください。

名刺作成の費用は経費として計上できる?勘定科目は?

経費の計上

印刷会社に依頼して名刺を作成するに当たり、「かかった費用は経費として計上できるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

結論から言うと、名刺の作成や印刷にかかった費用は経費として落とすことができますよ。

色々な人と関わったり取引をしたりする上で名刺はビジネスに欠かせない存在ですので、経費として計上できるのは当然です。

会計記帳するに当たって、物品に対して用いられる勘定科目は「消耗品費」「事務用品費」「工具器具備品」の3つにわけられます。

物品に対して用いる勘定科目
消耗品費 10万円以下の消耗する物品が該当する
事務用品費 ボールペンや印鑑、封筒が当てはまる
工具器具備品 10万円以上の器具やパソコンが該当する

名刺の印刷費用は比較的安く、事務用品とは違うツールですので、「事務用品費」「工具器具備品」には当てはまりません。

つまり、名刺代を経費で落としたいなら「消耗品費」の勘定科目で処理するのが適切!

しかし、現在では自己紹介するだけのツールではなく、自社の商品説明や差別化メッセージを記載した広告名刺が使われるようになりました。

広告名刺はパンフレットやチラシに近い性質を持っていますので、次の3つに該当するなら「広告宣伝費」の勘定科目で処理するのも選択肢の一つです。

※横にスクロールできます。

広告宣伝費として計上した方が良い名刺
商品・サービスの紹介を印刷した名刺 自社の商品の画像や説明文を入れるケース
不特定多数の人に配る名刺 イベントに参加して不特定多数の人に配るケース
広告代理店に依頼した名刺 デザイン会社や広告代理店に名刺の作成を依頼するケース

個人事業主やフリーランスにとっても会計記帳は大事な仕事ですので、正しい知識を得ておいてください。

名刺作成の料金や費用に関するQ&A!

このページでは、名刺作成の料金や費用に関する疑問をQ&A形式でわかりやすく解説していきます。

Q1:手作りの名刺を作成する費用はどのくらいですか?

どの程度名刺のデザインに拘るのかで変わりますが、基本的には印刷用紙代を支払うだけで自作できます。

インクジェットプリンタやレーザープリンタをお持ちでない方は、コンビニのマルチコピー機を使って名刺を印刷しましょう。

※コンビニで名刺を作成する手順はこちら!

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
名刺の作成はコンビニ印刷よりもネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ! インクジェットプリンタをお持ちでない方でも、コンビニのマルチコピー機で名刺の作成や印刷ができます。 しかし、高品質な名刺を作成した...

Q2:活版印刷の名刺作成費用は高いですか?

一般的なオフセット印刷やオンデマンド印刷と比べてみると、活版印刷で名刺を作成すると高額な料金がかかります。

その代わりに、シャープで立体的でレトロな味わいになるのが活版印刷のメリットです。

※活版印刷で名刺を作成できる印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】活版印刷で名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
ここでは活版印刷で名刺を作成できる印刷会社10社を比較し、特におすすめのネット印刷サービスを4社紹介しています。活版印刷による名刺はレトロで立体的な印象に仕上がりますので、名刺の見た目のデザインに拘りたい方におすすめです。

Q3:両面印刷の名刺の料金は高いですか?

片面印刷の名刺と比較してみると、裏面を使った両面印刷は料金が高くなります。

しかし、印刷会社によっては片面印刷と変わらない価格で作成できますので、名刺に記載する情報量を増やしたい方に両面印刷がおすすめです。

※両面の名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】裏面を使った両面の名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺は表面と裏面の両方を使えます。この記事では両面の名刺を作成するメリットやおすすめの印刷会社についてまとめました。名刺の中に記載する情報量を増やしたい方は、裏面のスペースを有効活用してみてください。

Q4:デザイン事務所の名刺料金はどのくらいですか?

実店舗のデザイン事務所の名刺料金は、ネット印刷サービスよりも割高になります。

その代わりに既存のテンプレートではなく、オリジナルデザインの名刺を作れるのが魅力的なポイントです。

まとめ

名刺を作成する費用の相場や印刷コストを削減するポイントについておわかりいただけましたか?

「名刺の印刷だけ依頼するのか?」「名刺のデザイン制作も依頼するのか?」によって、印刷会社に支払うトータル費用は変わります。

少しでも印刷コストを抑えたい方は、既存のテンプレートから選んで名刺を作成できるネット印刷サービスに依頼しましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました