【8社徹底比較!】現物をスキャンして名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!

現物をスキャンして名刺を作成できる印刷会社8社を徹底比較!

スキャンで名刺作成

※横にスクロールできます。

印刷会社 現物のスキャン 名刺の印刷料金 印刷用紙の種類 デザインの種類 総合評価
名刺印刷のプリスタ。 100枚で150円~ 50種類以上 ★★★☆☆ ★★★★★
デザイン名刺.net(ケイワンプリント) 100枚で1,250円~ 20種類以上 ★★★★☆ ★★★★☆
プリントメイト(PRINT MATE) 100枚で1,280円~ 10種類以上 ★★★☆☆ ★★★★☆
名刺.com(メイシコム) 100枚で590円~ 3種類 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
ラクスル 100枚で500円~ 10種類以上 ★★★☆☆ ★★★☆☆
ぱっとスル 100枚で700円~ 8種類 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
BUSINESS名刺印刷所 100枚で1,800円~ 10種類以上 ★★★☆☆ ★★☆☆☆
名刺550 100枚で550円~ 4種類 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆

上記では、現物をスキャンして簡単に名刺を作成できる印刷会社8社を比較してみました。

新しいテンプレートを使わなくても、今お使いの名刺をそっくりそのままのデザインで作成できますよ。

今の名刺が気に入っている方は、現物やデータをスキャンして作成できるネット印刷を利用すべきです。

同じ印刷会社でも、印刷料金や印刷用紙の種類には大きな違いあり!

自分に合うサービスを探し、スキャンして名刺を作成してみましょう。

現物をスキャンして名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!

現物をスキャンして名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!

上記の4つの印刷会社は、現物をスキャンして名刺を作成できるサービスの中でも特におすすめです。

印刷料金はとても安いので、名刺の作成で余計なコストはかかりません。

印刷会社の選び方で迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1位:名刺印刷のプリスタ。

プリスタ

名刺印刷のプリスタ。の基本情報
サービス名 名刺印刷のプリスタ。
運営会社 株式会社ビットブレーン
本社の住所 大阪府大阪市中央区島之内1-22-22 第一住建島之内堺筋ビル3F
現物のスキャン
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で150円~、200枚で300円~
印刷用紙の種類 50種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★

名刺印刷のプリスタ。では、今の名刺をそのまま作成するスキャニングサービスが実施されています。

お持ちの名刺をプリスタでスキャンし、印刷データを作成してから印刷工程に入る仕組みですね。

以下では、名刺印刷のプリスタ。のスキャニングサービスの流れについてまとめてみました。

※横にスクロールできます。

名刺印刷のプリスタ。のスキャニングサービスの流れ
①ログインする プリスタに無料会員登録し、メールアドレスとパスワードを入力してマイページにログインする
②スマホから写真を送る スマートフォンから名刺の写メを送り、スキャンできる名刺のデザインなのか確認する
③スタッフが確認する プリスタのスタッフが確認し、名刺の印刷枚数や用紙に関する内容を聞いて見積もりを取る
④名刺を送る 見積もりの内容で問題がなければ、お持ちの名刺を指定の宛先に郵送する
⑤作業開始 名刺がプリスタに到着してから作業開始で、3営業日でそっくり名刺が仕上がる

名刺の確認用写メの撮り方は、「名刺の全体が写っている」「できる限りアップで撮影する」といった点を意識していればOK!

名刺印刷のプリスタ。のスキャニング

名刺印刷のプリスタ。のスキャニング

スキャンでお持ちの名刺から簡単にそのまま印刷できますので、名刺印刷のプリスタ。のスキャニングサービスを利用してみましょう。

プリスタ。の公式サイトはこちら

2位:デザイン名刺.net(ケイワンプリント)

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)の基本情報
サービス名 デザイン名刺.net(ケイワンプリント)
運営会社 株式会社ケイワンプリント
本社の住所 東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル7F
現物のスキャン
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で1,250円~
印刷用紙の種類 20種類以上
デザインの種類 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)は、新宿区に実店舗を構えている印刷会社です。

オンライン上で名刺を注文して届けてもらうこともできますが、新宿区の店舗に足を運べばスピード15分スキャン名刺作成のサービスを利用できますよ。

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)のスピード15分スキャン名刺作成の詳細は下記の通りです。

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)のスピード15分スキャン名刺作成
仕上がり日時 注文してから15分後
片面印刷 100枚の印刷で7,480円~
両面印刷 100枚の印刷で9,680円~
台紙・用紙 上質紙のみ(最も一般的な用紙)
文字の変更 変更はできない
文字の鮮明度 中画質(輪郭があまくなる)
対応範囲 端まで線や写真がかかったデザインは要相談

お手元の名刺を持ち込んで最短15分で印刷してくれますので、「もしかしたら名刺が足りなくなるかも…」と焦っているビジネスマンに向いています。

※持ち込みで名刺を作成するメリットとデメリットはこちら!

持ち込みで名刺を作成するメリット4つとデメリット3つ!おすすめの印刷会社は?
印刷会社の中には、持ち込みで名刺を作成できるところがあります。今持っている名刺をそのままのデザインで印刷できる仕組みですね。ここでは持ち込みで名刺を作成するメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

15分間で1枚の名刺が100枚になりますので、急いでいる方はデザイン名刺.net(ケイワンプリント)の店舗に駆け込んでみてください。

参考 デザイン名刺.net(ケイワンプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】ケイワンプリントで名刺を作成する5つのメリットと3つのデメリットを全解説!
ケイワンプリントは高品質な印刷機でビジネス名刺やプライベート名刺を作成できるネット印刷サービス!料金の安さや納期のスピードに拘っています。このページではケイワンプリントで名刺を作成するメリットやデメリット、利用者の口コミや評判をまとめました。

3位:プリントメイト(PRINT MATE)

プリントメイト(PRINT MATE)

プリントメイト(PRINT MATE)の基本情報
サービス名 プリントメイト(PRINT MATE)
運営会社 有限会社プリントメイト(PrintMate)
本社の住所 東京都豊島区池袋2-37-1 池袋山口ビル1F
現物のスキャン
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で3,000円~(デザインで異なる)
印刷用紙の種類 10種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆

プリントメイト(PRINT MATE)は、名刺の現物をスキャンしてそっくり印刷できるサービスです。

プリントメイト(PRINT MATE)のスキャン名刺は次の流れで利用できます。

※横にスクロールできます。

プリントメイト(PRINT MATE)のスキャン名刺の流れ!
①ご来店 池袋駅から徒歩5分のプリントメイト(PRINT MATE)の店舗に足を運ぶ
②名刺のお預かり 店舗のスタッフにお持ちの1枚の名刺を渡す
③名刺のスキャン 名刺をスキャンして簡易プリントで品質を確認する
④名刺の印刷 専用印刷機でスピード印刷する(40種類以上の用紙から近い台紙を選ぶ)
⑤名刺の完成 来店から約15分で完成(文字の書き換えがある場合は長くなる)

スキャン名刺は20枚で1,680円~ですので、「100枚も要らないな~」という方にもピッタリですね。

※少量から名刺を作成できる印刷会社はこちら!

少量(10枚・20枚)の名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
印刷会社の中には、10枚や20枚など少量の名刺を作成できるところがあります。100枚単位で注文しなくても良いので、お試しで名刺を作成したい時にもおすすめ!この記事では少量の名刺作成に対応している印刷会社4社を紹介しています。

中に記載する文字を書き換えることもできますので、プリントメイト(PRINT MATE)に足を運んでスキャン名刺を作成してみましょう。

参考 プリントメイト(PRINT MATE)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】プリントメイトで名刺を作成する7つのメリットと3つのデメリットを全解説!
プリントメイト(PRINT MATE)は池袋の印刷会社です。データ入稿やデザイン選択で名刺を作成し、インターネット上で注文することもできます。ここではプリントメイト(PRINT MATE)のメリットやデメリット、口コミや評判の情報についてまとめました。

4位:名刺.com(メイシコム)

名刺.com(メイシコム)

名刺.com(メイシコム)の基本情報
サービス名 名刺.com(メイシコム)
運営会社 株式会社シスプロ(SYSPRO Inc.)
本社の住所 大阪市北区梅田2丁目4番13号 阪神産経桜橋ビル6F
現物のスキャン
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で590円~
印刷用紙の種類 3種類
デザインの種類 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★☆☆

名刺.com(メイシコム)は、お手持ちの名刺をそっくりそのまま作成できるサービス!

「お手持ちの名刺を送る」⇒「名刺.com(メイシコム)でデータを作成」⇒「そっくり印刷して納品」と依頼の流れは至ってシンプルです。

名刺.com(メイシコム)のそのまま名刺作成

名刺.com(メイシコム)のそのまま名刺作成

他の印刷会社と比較してみると、名刺.com(メイシコム)は格安の料金でスキャンした名刺を手に入れることができます。

※横にスクロールできます。

名刺の種類 片面白黒名刺 両面白黒名刺 片面カラー名刺 カラー/白黒名刺 両面カラー名刺
通常印刷料金 100枚で590円~ 100枚で750円~ 100枚で890円~ 100枚で1,080円~ 100枚で1,350円~
ベタ塗り印刷料金 100枚で1,300円~ 100枚で1,450円~ 100枚で1,450円~ 100枚で1,650円~ 100枚で1,950円~

コストを抑えて今と同じ名刺が欲しい方は名刺.com(メイシコム)を利用してみてください。

参考 名刺.com(メイシコム)の公式サイトはこちら

アプリを使う前に!名刺スキャンに適したデザインについて徹底解説!

名刺スキャンアプリ

近年では相手からもらった名刺を管理するために、名刺スキャンアプリが流行しています。

名刺をデジタル管理することにより、「名刺の管理が簡単」「楽に名刺を検索できる」などのメリットあり!

※名刺をデジタル管理するメリットは下記のページで解説しています。

名刺の管理をデジタル化する4つのメリットとおすすめの方法を徹底解説!
名刺の管理をデジタル化するに当たり、「名刺の枚数が多くても簡単に管理できる」「名刺を簡単に検索できる」といったメリットがあります。このページでは名刺を管理できるソフトやツールを紹介していますので、選び方で迷っているビジネスマンは参考にしてみてください。

そこで、アプリを使い始める前に名刺スキャンに適したデザインをいくつか見ていきましょう。

  • エラーを起こしやすいフォントや特殊なフォントで文字を記載しない
  • 正しいデータを取得できるようにシンプルなレイアウトやデザインを心掛ける
  • 「背景は白く」「文字は黒く」を意識する(スキャナーは淡色カラーの読み込みが苦手)
  • 名刺のサイズはオーソドックスな91㎜×55㎜で印刷する
  • 名刺の表面にグロス加工や箔押し加工を施さないようにする

環境が保証されていないフォントを使ったり特殊な加工を施したりして名刺を作成すると、スキャンの時に正しく読み取れない恐れあり…。

※名刺作成でおすすめのフォントはこちら!

見やすい文字は?名刺作成でおすすめのフォント6選を徹底解説!
名刺を作成するに当たり、見やすい文字を使うのは基本です。この記事では、名刺作成でおすすめのフォント6選についてまとめました。文字のフォントで見た目のイメージは大きく変わりますので、書体選びで迷っている方は参考にしてみてください。

そのため、名刺スキャンアプリを使うのが前提の人は、作成の段階でスキャンしやすいデザインを意識してみてください。

簡単に名刺管理ができる名刺スキャナーのおすすめランキング5選!

名刺スキャン

※横にスクロールできます。

名刺スキャナー 重量 解像度 読み取り速度 最安値の価格 総合評価
サンワサプライ 名刺スキャナー 約168g カラー(600dpi) 1枚当たり約3秒 17,000円(Amazon) ★★★★★
KINGJIM デジタル名刺ホルダー 約325g 300dpi 1枚当たり6秒以内 4,800円(Amazon) ★★★★☆
富士通 ScanSnap iX100 400g 600dpi 1枚当たり5.2秒 20,000円(Amazon) ★★★★☆
ケンコー・トキナー ハンディスキャン KS 約41.5g 300dpi 約2秒 2,978円(楽天市場) ★★★☆☆
NEXX WorldCard V8 Color 216g 600dpi 不明 14,080円(Amazon) ★★★☆☆

上記では、簡単に名刺管理ができるおすすめの名刺スキャナーをランキング形式でまとめてみました。

「スマホアプリがあれば名刺スキャナーは不要なのでは?」との声はあります。

確かに、現代ではほとんどの人がスマートフォンを持っていますので、Eight(エイト)やSansanがあれば十分です。

※名刺管理アプリのEight(エイト)の口コミや評判はこちら!

【口コミや評判は?】名刺管理アプリのEight(エイト)のメリットや使い方を徹底解説!
Eight(エイト)は200万人以上のユーザーが使っている名刺管理アプリです。名刺をスマホのカメラでスキャンするだけで登録して管理できます。この記事ではEight(エイト)のメリットや使い方、利用者の口コミや評判についてまとめました。

しかし、今まで溜まっていた名刺をまとめてスキャンして管理したいのであれば、スマホアプリよりも名刺スキャナーの方が良いでしょう。

名刺スキャナーの選び方で押さえておきたいポイントは次の4つです。

※横にスクロールできます。

名刺スキャナーの選び方で押さえておきたいポイント
スキャンにかかる時間 大量に名刺をスキャンするなら1枚3秒程度の製品がおすすめ
ADF機能の有無 ADF機能が搭載されている製品はセッティングなしで読み込みスタートできる
読み取りの精度 読み込みの精度の高い製品は文字の訂正が不要で、時間の節約に繋がる
出力形式 ExcelやPDFなど、普段使っているファイル形式に合わせて出力形式を比較する

「サンワサプライ 名刺スキャナー」や「KINGJIM デジタル名刺ホルダー」など、人気の製品であれば機能性も高いので名刺のスキャンで不満を抱えることはありません。

※名刺管理におすすめのキングジム(KING JIM)の製品やソフトはこちら!

名刺管理におすすめのキングジム(KING JIM)の製品やソフトを紹介!
キングジム(KING JIM)は、オフィスや家庭用の製品を販売するメーカーです。このページでは、名刺管理におすすめのキングジム(KING JIM)の製品やソフトをいくつか紹介しています。名刺管理の方法で悩んでいるビジネスマンは要チェックです。

まとめ

1枚の名刺さえ持っていれば、新しいデザインで作成しなくても印刷会社に依頼してスキャンしてそのまま印刷できます。

今お持ちの名刺のデザインが気に入っている方は、現物をスキャンして名刺を作成できる印刷会社を利用すべきですね。

「別のデザインを使って格安の料金で名刺を作成したい!」という場合は、ネット印刷サービスのVistaprint(ビスタプリント)を使ってみましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました