素人が名刺を作成する際に押さえておきたいポイント

素人でも名刺を作成できるの?

初心者

「素人や初心者でも名刺を作成できるの?」という疑問を抱えているビジネスマンは少なくありません。

もちろん、素人でも上級者でも、専門の印刷会社に依頼すればサっと自分が求めているデザインの名刺を作成できます。

しかし、業者に依頼するとありきたりなデザインの名刺になってインパクトを与えられないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そのような時に、「オリジナルの名刺を作成してビジネスで使用して好感度をアップできたら良いな~」と考えますよね。

結論から言うと、デザインに関する知識のない素人でもオリジナルデザインの名刺の作成が可能です。

パソコンに標準でインストールされているWord(ワード)やExcel(エクセル)、無料ソフトを使って名刺を作成できますので、オリジナルの名刺で勝負している方はいました。

もちろん、パソコンやソフト、印刷用の紙やインクジェットプリンタは必要ですが、専門の印刷会社に依頼するよりもコストを削減できるのが最大の魅力です。

 

素人が自分で名刺を作成する際に押さえておきたいポイント

パソコンを使う女性

いざ自分でデザインして名刺を作成するに当たり、「何から始めれば良いのか?」と悩んでいる方はいませんか?

パソコンやソフトなどのツールを持っていても、一からオリジナルデザインに仕上げるのは意外と難しいものです。

そこで、以下では素人が自分で名刺を作成する際に押さえておきたいポイントをいくつか挙げていきます。

  • 「ビジネスの場面で使うのか?」「プライベートのシチュエーションで役立てるのか?」と最初に名刺を作成する目的について考える
  • 「名前」「会社名」「電話番号」「メールアドレス」「SNSのアカウント」など、名刺の中に入れたい要素や項目を吟味する
  • 自分の職業やイメージに合いそうなデザインを想像してみる
  • 画像やイラスト、ロゴマークなど名刺を彩らせるアイテムを用意する
  • なるべく手触りの良いシンプルな用紙をAmazonで購入する

 

一口に名刺と言っても、ビジネス名刺とプライベート名刺では中に記載する情報が変わります。

見た目のデザインについても変化しますので、最初に名刺を作成する目的を考えた方が良いわけですね。

後はソフトを使ってデータを編集して文字やロゴデザインを配置すれば、素人でも自分を紹介する1枚の名刺が出来上がります。

データを作った後は用紙をプリンタにセットし、印刷して名刺のサイズにカットすれば完了です。

 

素人が印刷会社で名刺を作成した方が良い理由

ビスタプリント

名刺は、「名刺の役割を明確にする」「名刺に入れる項目を考える」「目的を達成するための手段を考える」という点を明確にすべきだと説明しました。

社交辞令として名刺を交換するのではなく、相手に自分のことを覚えてもらわなければ全く意味がありませんので、効果的なブランディングツールに仕上げる努力は欠かせません。

しかし、素人の方は自分でオリジナルの名刺を作成するのではなく、専門の印刷会社に依頼すべきですよ。

なぜ専門の印刷会社で名刺を作成したり印刷したりした方が良いのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • ワードやエクセルであればまだしも、Illustrator(イラストレーター)などの専門ソフトを素人が使いこなすのは難しい
  • デザインの技術がないと凝ったオリジナル名刺に仕上げられない
  • インクジェットプリンタ本体を持っていなければ印刷ができない
  • 印刷した後に名刺サイズの55㎜×91㎜に裁断する必要がある

 

わざわざ自分で名刺を作成しなくても、ネット通販のVistaprint(ビスタプリント)は100枚980円で印刷してくれます。

更に5,000種類以上のデザインが用意されていますので、素人の名刺作成の方法にピッタリというわけです。

特別なソフトを使わずにオンライン上で自由に名刺データを編集して印刷も同時に依頼できますので、素人や初心者は是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました