デザイン初心者におすすめの名刺作成方法を徹底解説!

名刺を作成する方法は大きくわけて3つ!

初心者

※横にスクロールできます。

名刺を作成する方法
自分で作成する IllustratorやPhotoshopなどのソフトで自作する
実店舗の印刷会社に依頼する 印刷会社の店頭に足を運んで名刺の印刷をお願いする
ネット印刷サービスを利用する パソコンやスマホを使ってWeb上で名刺を作成する

名刺を作成する方法は、「自分でデータを作る」「実店舗の印刷会社に依頼する」「ネット印刷サービスを利用する」と3つに大きくわけられます。

デザイナーやクリエイターで、画像編集ソフトで名刺のデータを作成してコンビニ印刷している方は少なくありません。

※クリエイターの名刺作成におすすめの印刷会社はこちら!

【6社徹底比較!】クリエイターの名刺作成におすすめの印刷会社3選!
このページでは、クリエイターの名刺を作成できる印刷会社6社を比較し、特におすすめのサービスを3つ紹介しています。フリーランスとして働くクリエイターには名刺が欠かせないアイテムですので、専門の印刷会社に依頼して作成しましょう。

しかし、実店舗の印刷会社やネット印刷サービスを利用した方が遥かに簡単に名刺を作成できますよ。

Illustrator(イラストレーター)Photoshop(フォトショップ)を使いこなせない方は、専門の印刷会社に依頼しましょう。

デザイン初心者におすすめの名刺作成方法を徹底解説!

デザインの初心者には、ネット印刷サービスを利用した名刺の作成方法がおすすめ!

一度も名刺を作ったことのないデザイン素人でも、上記の流れで簡単に名刺を作ることができます。

「どうやってネット印刷サービスで名刺を作成すれば良いの?」と悩んでいる初心者の方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1:最初に名刺を作成する目的を考える!

目的

※横にスクロールできます。

名刺を作成する目的
ビジネス目的で名刺を作成する 私的な情報は不要で自社のサービスや商品をアピールする
趣味が目的で名刺を作成する 自己のプロフィールを充実させて人脈を広げる努力をする

初心者は名刺の作成を始める前に、目的を確認しておきましょう。

名刺を作成する目的はビジネスと趣味の2つですが、中に記載する内容やデザインは大きく変わってきます。

ビジネスで使うのかプライベートで使うのかによって、名刺の作り方自体は異なるわけですね。

例えば、ビジネス目的の名刺なのにも関わらず、プライベートな情報が入っていると名刺を渡された相手は戸惑ってしまいますので注意しましょう。

※プライベート用の名刺を作成するコツはこちら!

【8社徹底比較!】プライベートや趣味の名刺作成におすすめの印刷会社4選!
現在ではプライベート名刺や趣味名刺を作成する方が増えました。仕事以外の場所で自分をアピールしたいなら名刺が効果的です。ここでは、プライベート名刺や趣味名刺の作成におすすめの印刷会社を4つ紹介していきます。

2:自分に合うネット印刷サービスを選ぶ!

パソコン

ネット印刷サービスの選び方で押さえておきたい5つのポイント!
  • 今までに名刺やショップカードの作成で確かな実績を持っている
  • お手頃な印刷料金で名刺を作成できる(コスパが良い)
  • 多種多様なデザインテンプレートが用意されている
  • 名刺を注文して自宅に届けられるまでの納期が短い
  • 加工手段が豊富でインパクト抜群の名刺を作れる

名刺を作成するに当たり、自分に合うネット印刷サービスを選ぶのは大事です。

ネット印刷サービスの選び方で押さえておきたいポイントは上記の5つ!

印刷料金の安さやデザインの種類だけではなく、今までの実績や印刷の品質保証についてもきちんと確認しておかないといけません。

信頼できる印刷会社を見つけることができれば、ビジネス目的でもプライベート目的でも素敵な名刺を手に入れられますよ。

※名刺を作成できる印刷会社の選び方はこちら!

【20社徹底比較!】格安で名刺を作成できるサービスのおすすめランキングTOP10!
名刺やショップカードは、ネット印刷のサービスで簡単に作成OK!この記事では20社の印刷会社を比較し、特におすすめの名刺作成サービスをランキング形式で紹介しています。格安の料金で名刺を作成できる印刷会社ばかりですので、選び方の参考にしてみてください。

数多くのネット印刷サービスの中でも、Vistaprint(ビスタプリント)が最もおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)は5,000種類以上のデザインから選べるのにも関わらず、100枚のフルカラー印刷の名刺が980円~と格安の料金設定になっています。

オンライン上で簡単にデザインを編集できる機能も素晴らしいので、初心者の方はVistaprint(ビスタプリント)で名刺を作ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

3:自分の職業やイメージに合わせて大まかなデザインを決める!

名刺作成を依頼する印刷会社が決まった後は、自分の職業やイメージに合わせて大まかなデザインを考えます。

ビジネス名刺でもプライベート名刺でも、名刺のデザインは見やすさを重視すべきですね。

ごちゃごちゃとしたデザインの名刺を渡すと、相手はどうしても戸惑ってしまいます。

上記で紹介したVistaprint(ビスタプリント)では、シンプルながらも見やすくてスッキリとしたデザインの名刺テンプレートがいくつも用意されていました。

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺デザイン

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺デザイン①

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺デザイン

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺デザイン②

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺デザイン

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺デザイン③

Web上でプレビューを見ながら名刺のデザインを編集できますので、Vistaprint(ビスタプリント)はとても便利です。

名刺デザインの選び方で迷っている初心者は、Vistaprint(ビスタプリント)の業種別のおすすめテンプレートを参考にしてみましょう。

4:名刺の中に載せる項目や情報を洗い出す!

※横にスクロールできます。

名刺に載せるべき項目や情報
氏名 最も重要な項目で名刺があれば自分を思い出してもらえる
会社名 会社名の記載で信頼関係の構築が容易になる
所属部署名 複数の部署がある会社では部署や課まで細かく記載する
役職・肩書き 立場や決裁権の有無を示す重要情報で氏名の左上に表記する
電話番号 電話番号と合わせてFAX番号も忘れずに記載する
住所 本社と自身が勤めている事業所の両方を記載する
メールアドレス 名刺の本人に届くメールアドレスを記載する
WEBサイトのURL 自社のホームページやブログのURLを載せる

ビジネス目的の名刺を作成するに当たり、上記の項目や情報は忘れずに載せたいものです。

名前や連絡先の情報はもちろんのこと、WEBサイトやホームページのURLも記載すればしっかりとアピールできますよ。

これだけでは不十分ですので、必要に応じて次の補足情報を名刺に載せて作成しましょう。

※横にスクロールできます。

必要に応じて名刺に載せたい項目や情報
キャッチコピー 短いフレーズでわかりやすく経営理念を伝える
会社のロゴマーク パっと見て印象に残るロゴは会社を認識してもらえるツール
簡単な自己PR 業務と関係する自己PRや得意分野、今までの経歴や実績など
顔写真や似顔絵 名刺交換で自分の顔を覚えてもらいたい時に役立つ
自社サービスの紹介 どんな事業を展開しているのか明確になる

名刺の中に載せる項目を洗い出し、情報の取捨選択をするのがポイントです。

「名刺にはたくさんの情報を記載した方が良い」と考えている初心者はいますが、あまりにも多すぎると文字が小さくなって読みにくくなりますので気を付けてください。

5:文字の大きさや書体、配置を考慮する!

※横にスクロールできます。

初心者が名刺を作成する時に押さえておきたいポイント!
文字の大きさ なるべく大きめにして小さすぎる文字サイズは避ける
文字の書体 明朝体やゴシック体など一般的なフォントを使用する
文字の配置 適切なレイアウトに沿った文字の配置を意識する

名刺の中に記載する項目が決まった後は、文字の大きさや書体、配置についてしっかりと考えていきます。

文字のサイズはなるべく大きめにして、書体は見やすいフォントがおすすめです。

※名刺の作成と文字のフォントについてはこちら!

見やすい文字は?名刺作成でおすすめのフォント6選を徹底解説!
名刺を作成するに当たり、見やすい文字を使うのは基本です。この記事では、名刺作成でおすすめのフォント6選についてまとめました。文字のフォントで見た目のイメージは大きく変わりますので、書体選びで迷っている方は参考にしてみてください。

また、見やすくて相手の印象に残る名刺を作成するには、適切なレイアウトに沿って文字を配置しないといけません。

明確な決まりはありませんが、ここでは名刺のレイアウトや文字の配置の例を挙げていきます。

 

文字を左揃えにしたシンプルに見せたい方向けのレイアウト

名刺のレイアウト

 

中心に肩書きと名前を配置したポップに見せたい方向けのレイアウト

名刺のレイアウト

 

事業内容を上部に配置してしっかりと見せたい方向けのレイアウト

名刺のレイアウト

 

名刺のレイアウト方法は自由でも、「見やすいかどうか?」「わかりやすいかどうか?」を意識するのがポイントですね。

※名刺作成の注意点や押さえておきたいルールはこちら!

名刺作成の注意点!押さえておきたいルールやタブーは?
名刺を作成するに当たって特にタブーはありません。しかし、名刺交換で相手に良いイメージを与えたいのであれば、正しい方法で作る必要があります。このページでは、名刺作成の注意点や押さえておきたいルールについて詳しくまとめました。

6:印刷会社に名刺の印刷を依頼して完了!

印刷機

名刺のデザインとレイアウトが決まれば、後は印刷会社に名刺の印刷を依頼すればOK!

ネット印刷サービスのVistaprint(ビスタプリント)は、1台のパソコンやスマホがあればサクっと注文できます。

Web上でデザインを編集し、後は公式サイトの指示に沿って個人情報や支払い情報を入力するだけです。

※Vistaprint(ビスタプリント)の支払い方法について知りたい方はこちら!

Vistaprint(ビスタプリント)の支払い方法について徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)は格安の料金で名刺を作成できるサービスです。このページでは、Vistaprintの支払い方法について解説しています。「クレジットカードは何を使える?」「銀行振込に対応しているの?」と疑問を抱えている方は要チェックです。

ただし、Vistaprint(ビスタプリント)は納期が4営業日~5営業日と少し長いのがデメリット…。

時期によっては名刺を注文してから届けられるまでに1週間以上かかりますので、お急ぎの方は即日発送に対応している印刷会社を選びましょう。

※即日発送・当日出荷で名刺を作成できる印刷会社4選は下記のページで紹介しています。

【即日発送・当日出荷】名刺を発注してから届くまでの納期や日数について徹底解説!
名刺を発注してから届くまでには一定の納期や日数がかかります。納期は印刷会社によって大きな違いあり!この記事ではお急ぎのビジネスマンのために、即日発送や当日出荷に対応している名刺作成サービスをまとめてみました。

まとめ

初心者におすすめの名刺作成方法についておわかり頂けましたか?

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのソフトを使いこなせなくても、ネット印刷サービスなら簡単に名刺を作成できますよ。

デザインを選んだりレイアウトを決めたりするだけですので、自分のイメージに合うビジネス名刺やプライベート名刺を作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました