初心者におすすめの名刺作成方法

初心者におすすめの名刺作成方法をチェック!

初心者におすすめの名刺作成方法をチェック!
このページでは、初心者におすすめの名刺作成方法をご紹介しています。

会社員やサラリーマンであれば企業が勝手に自分の名刺を用意してくれるケースが多く、自分で何か作業をしなければならないわけではありません。

一方で個人事業主やフリーランスといった職業の人は、事業の戦略を練るだけではなく名刺の作成や印刷も自分で行う必要があります。

  • 今まで名刺を作ったことがないから何から始めれば良いのか分からない
  • 印刷会社に依頼するのと自分で作成するのとどちらが良いのか知りたい
  • コストはかけたくないけれど綺麗で見栄えの良い名刺が欲しい

 

こういった悩みを抱えている方はサービスの選び方や名刺を作成する際のコツなどを把握し、ビジネスで使える素敵な名刺を手に入れてみてください。

 

専門のサービスや印刷会社を利用する

名刺を作成するに当たって以下の2種類の方法に大きく分けられます。

  • パソコンとインクジェットプリンタを使用して自宅で印刷する
  • 専門のサービスや印刷会社へと作成と印刷の依頼をする

 

デザインに関して初心者ならば自分で作成するよりも専門のサービスに依頼した方が良いでしょう。

現在では名刺やステッカーといった印刷物を作成してくれるサービスが増えており、インターネット上でデザインを選択して注文するという簡単な仕組みです。

初心者では作れないような奇抜なデザインも多いですし、何よりも印刷が綺麗に仕上がるのがメリットとなっています。

  • 文字だけのシンプルな名刺になってインパクトに欠ける
  • 性能の悪い機械の使用で上手く名刺に印刷できない
  • 用紙の品質が悪くて折れたり曲がったりする
  • 最後のカットが下手糞でずれてしまう

 

このようなデメリットがあるので名刺の作成を考えている初心者にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

名刺作成サービスの中でも評判が高く、100枚で980円という格安の料金が魅力的なので一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

自分の職業やイメージに合わせて大まかなデザインを決める

自分の職業やイメージに合わせて大まかなデザインを決める
印刷会社へと依頼する場合も自分でソフトを使って作成する場合も、職業やイメージに合わせて大まかなデザインを決めなければなりません。

  • 税理士や弁護士はお堅い印象があるからシンプルなベースの色が良い
  • エステティシャンやネイリストは美を取り扱うからピンクを中心に派手な方が良い
  • デザイナーやクリエイターはアイデアをアピールするためにも特殊な形状の名刺が良い

 

上記のような目安があり、あまりにも職業や業種のイメージと掛け離れたデザインは避けるべきです。

Vistaprint(ビスタプリント)は全部で7,000種類のデザインが用意されているので、どれが自分にピッタリと合うのか初心者の方はじっくりと探してみましょう。

 

名刺に載せる情報を洗い出す

Vistaprint(ビスタプリント)のような専門のサービスを利用するにしても、名刺の中に載せる情報は自分で決める形となります。

デザインが優れていても名刺としての機能を果たしていなければ意味がなく、まずはどんな情報を載せるのか洗い出さなければなりません。

  • 名前や連絡先の情報は必須
  • 見栄えを良くするためにイラストを入れる
  • プロフィール情報を細かく書く

 

このような点に気を配って自分が相手に対して何を伝えたいのか考えて項目を選ぶようにしましょう。

「名前や連絡先だけだと魅力が少なくて物足りない・・・」と考えているのであれば、今までのプロフィールを載せたりキャッチフレーズを書いたりすれば良いのです。

名刺は「○○○の情報を入れなければならない」と明確に決まっていませんし、載せる情報の取捨選択は自分次第となっています。

 

名刺の字体や大きさを考慮する

名刺の中に載せる情報が決まったら字体や大きさを考慮する必要があります。

使用するフォントが渡した相手に与えるイメージを大きく変えるのは間違いなく、自分の業種に合わせて考慮しなければなりません。

また、文字が大きすぎると載せられる情報に限りが出ますし、あまりにも小さすぎると読みにくくなって相手に違和感を与える形となります。

載せる情報が多いのならばある程度は小さくしなければなりませんが、きちんと印刷されない場合を考慮して最低でも6pt以上の文字サイズを意識してください。

タイトルとURLをコピーしました