名刺の作成でサイズやピクセルはどうする?規格外サイズで作れる印刷会社3選!

様々なサイズやピクセルの名刺を紹介!

名刺のサイズ

名刺を作成するに当たり、サイズやピクセルについて気にしたことのある方はいますか?

会社から支給されている方は何となく名刺を使っていると思いますが、サイズには様々な種類がありますよ。

以下では、名刺の種類別でサイズがどう違うのかまとめてみました。

※横にスクロールできます。

名刺の種類 名刺のサイズ 大まかな特徴
普通4号サイズ 55㎜×91㎜ 日本国内で使われているオーソドックスな名刺
小型2号サイズ 30㎜×56㎜ 最も小さいサイズの名刺で女性用として使われる
小型3号サイズ 36㎜×65㎜ こちらの小さな名刺も女性用として使われる
小型4号サイズ 39㎜×70㎜ 女性向けに角丸加工を施されることが多い
3号サイズ 49㎜×85㎜ 女性から高い人気を得ていたサイズの名刺
5号サイズ 61㎜×100㎜ 大きな文字を入れたり情報量を増やしたりできる
6号サイズ 70㎜×116㎜ 5号と同じく大きなサイズを要する際に使われる
欧米サイズ 51㎜×89㎜ スーツの胸ポケットにおさまる欧米サイズの名刺

日本でサイズを指定せずに名刺を発注する場合、普通4号サイズの55㎜×91㎜になります。

「この名刺が普通でしょ?」とイメージしている方は多いものの、アメリカやヨーロッパでは51㎜×89㎜と一回り小さい欧米サイズが一般的です。

通常サイズの名刺と欧米サイズの名刺

通常サイズの名刺と欧米サイズの名刺

名刺の作成で、「○○○のサイズ以外は認めない」と法律で決められているわけではありません。

つまり、自分の職業やイメージに合わせて大きなサイズの名刺やミニサイズの名刺を作るのは選択肢の一つですね。

※ミニサイズの名刺作成におすすめの印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】一回り小さいミニサイズの名刺作成におすすめの印刷会社4選!
この記事では、一回り小さいミニサイズの名刺を作成できる印刷会社10社を比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。可愛らしい名刺を使いたい方はミニサイズで仕上げてみてください。

また、Excel(エクセル)Photoshop(フォトショップ)などのソフトで自分で名刺を作成する際は、名刺サイズが何ピクセルなのか大まかに把握しておく必要あり!

ピクセルとはデジタルデータの最小の点で、たくさん集まると大きな画像になってファイルサイズも大きくなります。

あまり神経質にならなくても大丈夫ですが、解像度350dpiで91㎜×55㎜のサイズの名刺をピクセル表示すると1254×758ピクセルです。

もし解像度が96dpiだと仮定すると、同じサイズの名刺でもピクセル表示は345×209ピクセルになります。

ピクセルをcmやmmに変換する際は、解像度によって名刺のサイズが変化すると心得ておきましょう。

一般的な名刺サイズが55㎜×91㎜の理由!

日本のビジネスで使われる名刺のサイズは、55㎜×91㎜が一般的です。

「東京4号」「大阪9号」と地域によって名称は異なりますが、寸法は特に違いはありません。

東京4号サイズと大阪9号サイズ

東京4号サイズと大阪9号サイズ

これは、名刺の長辺と短辺が「人間が最も美しいと感じる比率=黄金比」に設定されているのが理由です。

トランプやキャッシュカード、エジプト・ギザの大ピラミッドも黄金比の1:1.618で作られていますよ。

55㎜×91㎜もこの比率に近いため、日本のオーソドックスなサイズの名刺になったわけです。

一般的なサイズの55㎜×91㎜で名刺を作成するに当たって次の3つのメリットあり!

  • ビジネスでもプライベートでも相手が戸惑う心配がない
  • 名刺入れのほとんどがこのサイズに合わせて作られている
  • 印刷会社が用意するテンプレートやフォーマットが豊富

特に拘りがない方は、一般的なサイズで名刺を作成してください。

一般サイズの名刺作成におすすめのサービス!

Vistaprint(ビスタプリント)

一般サイズの名刺を作成したい方には、ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)では、55㎜×91㎜のサイズで素敵な名刺を作成できます。

他の印刷会社と違うVistaprint(ビスタプリント)の魅力的なポイントは次の3つです。

Vistaprint(ビスタプリント)の魅力的なポイント!
印刷料金が安い 100枚のフルカラー名刺が980円~
デザインが豊富 5,000種類以上のデザインから選べる
オンライン編集 Web上で自由に編集して作成できる

ビジネス名刺もプライベート名刺も作れますので、一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてはいかがでしょうか。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

規格外サイズで名刺を作成できるおすすめの印刷会社3選!

※横にスクロールできます。

印刷会社 規格外サイズの名刺 名刺の印刷料金 印刷用紙の種類 デザインの種類 総合評価
ADPRINT(アドプリント) 100枚で420円~ 20種類以上 ★★★☆☆ ★★★★★
名刺21 100枚で900円~ 30種類以上 ★★★☆☆ ★★★★☆
SuperPrint(スーパープリント) 100枚で910円~ 30種類以上 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

上記の3つの印刷会社では、規格外サイズで名刺を作成できます。

日本のビジネスでは55㎜×91㎜のサイズの名刺が一般的ですが、「小さくすると女性らしさを与えられる」「大きくすると威厳を与えられる」など相手が受ける印象が変わるのが特徴です。

他者と差別化を図ることができますので、規格外サイズで名刺を作りたい方はこちらのページで紹介しているネット印刷サービスを選んでください。

1位:ADPRINT(アドプリント)

ADPRINT(アドプリント)

ADPRINT(アドプリント)の基本情報
サービス名 ADPRINT(アドプリント)
運営会社 株式会社ティクーン(TQOON Co.,Ltd)
本社の住所 大阪府大阪市中央区南船場3丁目7-27 NLC心斎橋4F-I
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
規格外サイズの名刺
名刺の印刷料金 100枚で750円~
印刷用紙の種類 20種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★

ネット印刷のADPRINT(アドプリント)では、次のサイズから選んで名刺を作成できます。

※横にスクロールできます。

名刺の種類 名刺のサイズ 大まかな特徴
一般サイズ名刺 91㎜×55㎜ 一般的に使用されている定番サイズ
欧米サイズ名刺 89㎜×51㎜ 欧米で一般的に使用されているサイズ
3号・女性用サイズ名刺 85㎜×49㎜ 一回り小さい女性名刺・社交名刺
変形サイズ名刺 89㎜×50㎜ クレカに近いショップカードサイズ

この4種類以外にも、ADPRINT(アドプリント)は最小40mm×40mm~最大203mm×305mmで規格外サイズの名刺の作成に対応!

希望のサイズを自由に指定して注文できますので、オーソドックスな名刺に満足できない方におすすめです。

ミシン目入り加工穴あけ加工など特殊なオプションも併用できますので、ADPRINT(アドプリント)で自分に合う名刺を作ってみましょう。

参考 ADPRINT(アドプリント)の公式サイトはこちら

2位:名刺21

名刺21

名刺21の基本情報
サービス名 名刺21
運営会社 株式会社 NEXPRINT
本社の住所 東京都豊島区巣鴨1-29-1 明和ビル 4F
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
規格外サイズの名刺
名刺の印刷料金 100枚で900円~
印刷用紙の種類 30種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆

名刺21は、高級紙や特殊加工で名刺を作成できるネット印刷サービスです。

他の印刷会社とは違い、名刺21では6種類のサイズ+規格外サイズで名刺を注文できますよ。

名刺21の名刺 断裁サイズ 編集サイズ
名刺サイズ 91㎜×55㎜ 93㎜×57㎜
欧米サイズ 89㎜×51㎜ 91㎜×53㎜
小型サイズ 85㎜×49㎜ 87㎜×51㎜
カードサイズ 86㎜×54㎜ 88㎜×56㎜
ヨーロピアンサイズ 85㎜×55㎜ 87㎜×57㎜
正方形サイズ 55㎜×55㎜ 57㎜×57㎜
規格外サイズ 40㎜~300㎜ 42㎜~302㎜

名刺21の規格外サイズの名刺は40㎜~300㎜から指定できますので、自由度が増すこと間違いなしです。

規格外サイズでも箔押し加工など特殊なオプションで名刺を作成できますので、詳細は名刺21の公式サイトをご覧になってください。

参考 名刺21の公式サイトはこちら

3位:SuperPrint(スーパープリント)

SuperPrint(スーパープリント)

SuperPrint(スーパープリント)の基本情報
サービス名 SuperPrint(スーパープリント)
運営会社 株式会社スーパープリント
本社の住所 神奈川県横浜市中区石川町3-104-2
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
規格外サイズの名刺
名刺の印刷料金 100枚で910円~、200枚で1,910円~
印刷用紙の種類 70種類以上
デザインの種類 ★★☆☆☆
総合評価 ★★★☆☆

SuperPrint(スーパープリント)は、小さな規格外サイズの名刺を作成できます。

40mm×40mm~91mm×55mmの範囲内であれば、1㎜刻みで任意のサイズで裁断OK!

注文時のサイズ選択指定欄で入力するだけで特殊な名刺を作成できますので、SuperPrint(スーパープリント)の注文方法は難しくありません。

大きな名刺を作って情報量を増やしたい方には、SuperPrint(スーパープリント)の二つ折り名刺がおすすめです。

SuperPrint(スーパープリント)の二つ折り名刺
短辺折り規格外サイズ 136mm×40mm~182mm×55mm
長辺折り規格外サイズ 56mm×82mm~91mm×110mm

SuperPrint(スーパープリント)は印刷用紙も70種類以上から選べますので、自分なりにアレンジして作ってみましょう。

参考 SuperPrint(スーパープリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】SuperPrint(スーパープリント)で名刺を作成する7つのメリットと4つのデメリットを全解説!
SuperPrint(スーパープリント)は、低価格と高品質の両方を持ち合わせているネット印刷!簡単に素敵な名刺を作成できますよ。SuperPrint(スーパープリント)で名刺を注文する前に、利用者の口コミや評判の情報を確認しておきましょう。

規格外サイズで名刺を作成する3つのデメリット…

デメリット

規格外サイズで名刺を作成する3つのデメリット…
  • あまりにも大きいサイズだと名刺入れや名刺ケースに収まらない
  • 小さいサイズの名刺は記載できる文字情報が少なくなる
  • 奇抜な形状の名刺はもらった相手が違和感を覚えやすい

「他人と被りたくないから…」という理由で、規格外のサイズで名刺を作成している方は少なくありません。

名刺で個性を出すように努力するのは大事ですが、規格外サイズの名刺には上記の3つのデメリットあり…。

あまりにも変形サイズの名刺を使っていると、「この人はビジネスを舐めているのでは?」と思われる恐れもありますよ。

サイズが大きくて名刺入れに収まらなければ、相手は自分の名刺を保管できません。

つまり、特に拘りがなければ55㎜×91㎜の一般的な名刺を作成した方が良いわけです。

上記の項目でも紹介しましたが、一般サイズの名刺はネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)を利用して作りましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

まとめ

名刺のサイズやピクセル、規格外サイズの名刺を作成できる印刷会社について詳しくまとめました。

日本のビジネスでは、55㎜×91㎜のサイズの名刺がオーソドックスです。

しかし、自分の職業やイメージに合わせて小型サイズの名刺や欧米サイズの名刺を作成するのもOK!

どんな名刺が自分に合っているのか、印刷会社に依頼する前にゆっくりと考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました