バイオリニストの名刺を作成するコツやポイント

バイオリニストに名刺は必要なの?

バイオリニストの名刺を作成しよう

名刺と聞いて、「サラリーマンや営業マンが持つグッズだよね?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、名刺は一般的な会社員だけではなく、音楽関係の仕事に就いている方も持っていますよ。

バイオリニストやピアニストの方も自分を売り込むために、名刺を作成しておくのは選択肢の一つです。

音楽関係の仕事をしている方は名刺が絶対に必要というわけではありませんが、自分を証明するツールを用意しておいて損はありません。

現在ではインターネット通販を利用し、簡単な手順で自分のイメージに合うデザインの名刺を好きなだけ作成できるようになりました。

バイオリニストさんにピッタリの名刺も作成できますので、あなたのイメージやモチーフを出すようなデザインにしましょう。

 

バイオリニストの名刺を作成するコツやポイントをまとめてみた

女性

バイオリニストさんには、当然のように音楽関連の仕事をしているのが一目でわかるように、バイオリンなどの楽器やバイオリンを弾いている人のイラストが加えられたデザインの名刺が適しています。

名刺交換をした際に、相手が「この人はこんな仕事をしているのか~」とパっとわかるようなデザインを心掛けることで、格段に自分のイメージをアップできるのです。

具体的に楽器のイラストや画像が入った名刺の作成で期待できる効果を見ていきます。

  1. バイオリンの楽器のイラストが余白部分に入った名刺を作成する
  2. 名刺交換をした際に職業欄を見なくても一目で何となく分かる
  3. 初対面で相手が自分に対して感じる印象やイメージが良くなる

 

人見知りで初めて会った人と上手くコミュニケーションを取れないのであれば、少しでも印象を良くするために名刺の仕上がりにも細心の注意を払った方が良いでしょう。

他にも、以下ではバイオリニストの名刺を作成する際に押さえておきたいコツやポイントをまとめてみました。

  • バイオリニストとしての自分のイメージに合う色をモチーフとしたデザインを使う
  • 名刺を渡した相手に何を知ってもらいたいのか考えて入れる情報を考える
  • インパクトを強くするためにバイオリンを弾いている自分の写真を使う
  • バイオリニストとしてのポリシーや意気込みなどを一言添えてみる
  • 今までに出場したコンクールやコンサートを裏面に書いてアピールする

 

上記の点に気を配るだけでも、モノクロの文字だけの名刺を作成するよりも印象の良いツールが出来上がります。

印刷会社によって作成方法は異なるものの、基本的には決められたテンプレートに自分の個人情報を流し込み、印刷を依頼するだけですよ。

 

ビスタプリント

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でもこのような流れで名刺を作成可能で、音楽やエンタメ関係の職業にピッタリのデザインがたくさんあります。

5,000種類を超えるテンプレートデザインから選ぶことができますので、バイオリニストはVistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

バイオリニストに適した名刺を作成できるLIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)

リキッドエナジーインク

バイオリニストさんにおすすめの名刺は上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)だけではなく、他の印刷会社を利用して作成できます。

その中でもデザインの種類が豊富なのはLIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)で、男性にも女性にもピッタリな名刺を作成できるのが魅力的ですね。

単純にバイオリンがイラストとして余白部分に入っているだけではなく、天使や子供がバイオリンを弾いていたり、ピアノの鍵盤も加えられていたりと50種類以上はあります。

 

バイオリニストの名刺

 

バイオリニストの名刺2

 

バイオリニストの名刺3

 

他にも、LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)のおすすめポイントをいくつか見ていきましょう。

  • 既存のデザインではなくオリジナルデザインに拘っている
  • 名刺だけではなくショップカードやブライダルカードも作成できる
  • 人々が幸せになる名刺を作っている

 

ありきたりなデザインで満足できない人に、LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)はピッタリです。

バイオリンなどの楽器のデザインや画像が入った名刺をLIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)で作成すれば、自分のイメージアップを図ることができます。

どの印刷会社を利用するにしても、1枚当たりのコストで比較をするのではなく、「自分がしっくりとくるデザインがあるのか?」というところに気を配らないといけません。

ビジネス用にしても個人用にしても、名刺は自分の身代わりになる大事なツールだと頭に入れておいてください。

タイトルとURLをコピーしました