名刺のデザインで押さえておきたい色の選び方を徹底解説!

名刺のデザインで押さえておきたい色の選び方を徹底解説!

名刺の色

名刺をデザインして作成するに当たり、色の選び方をきちんと把握しておかないといけません。

色には人の心理に影響を与える力があり、それぞれのカラーで効果やパワーには違いがありますよ。

つまり、自分のイメージや職業に合わせて名刺の色使いを考えれば、相手に渡した時に好印象を与えられるわけです。

「どうやって名刺をデザインすれば良いのかわからない…」「名刺全体のカラーの決め方で迷っている…」という方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1:配色のルールに沿ってテーマカラーを決める!

配色

※横にスクロールできます。

テーマカラー三色
ベースカラー(基調色) 全体の70%を占める最も面積が大きいベースカラーで、下記の2つの色を引き立てる
アソートカラー(配合色) デザインを更に印象付ける主役的カラーで全体の25%程度を占めている
アクセントカラー(強調色) 最も目立つ色で全体のポイントを決めるカラーで全体の5%程度と少量しか使わない

名刺のデザインは自由に色を置くのではなく、配色ルールに則ってカラーリングを決めるのがポイント!

最初に上記の3つのテーマカラーを設定すると、バランスの良い色合いの名刺になりますね。

実際に名刺を作成してデザインでしっくりこない時は、次の基準でテーマカラーを決めてください。

テーマカラーの決め方のコツ!
ベースカラー(基調色) 淡い色や明度の高いカラーを意識する
アソートカラー(配合色) 明度を低くした色が使用しやすい
アクセントカラー(強調色) メリハリのある単調なトーンを使う

使う色数が多いほど取り扱いが難しくなりますので、最初は基本の3色を決めるだけでOKです。

あまり神経質になって考えなくても大丈夫ですが、配色の面積比率は「ベースカラー70%」「アソートカラー25%」「アクセントカラー5%」だとキレイな配色を作れるでしょう。

2:色が持つ効果やカラーパワーを把握する!

※横にスクロールできます。

名刺のカラー 色の雰囲気 おすすめの職業
青(ブルー) 「清潔感」「冷静」「知性」「信頼感」「クリア」 クリニックやWebビジネス
紺(ネイビー) 「知識」「知性」「調和」「勇気」「深い知恵」 コンサルタントや保険労務士
緑(グリーン) 「癒し」「穏やかさ」「安全」「平和」「希望」 エステサロンや介護職
橙(オレンジ) 「陽気」「優しさ」「カジュアル」「エネルギー」 レストランや料理教室
赤(レッド) 「アクティブ」「充実感」「活気」「パワー」 ショップカードやライター
黄(イエロー) 「希望」「明るい」「にぎやか」「活動的」 幼稚園の先生や美容院
桃(ピンク) 「ソフト」「フェミニン」「美容」「幸せ」 美容関連や介護、アイドル
茶(ブラウン) 「保守的」「伝統的」「重圧」「堅実」「慎重」 不動産会社や公認会計士
紫(パープル) 「華やか」「気高い」「ミステリアス」「神秘的」 デザイン関連やスナック
黒(ブラック) 「自己主張」「勝負」「気品」「大人の魅力」 裁判官や弁護士、芸術家
金(ゴールド) 「高級」「金運」「ゴージャス」「豊かさ」 金銭ショップやジュエリー
銀(シルバー) 「上品」「洗練」「高貴」「スタイリッシュ」 アクセサリーやジュエリー
白(ホワイト) 「純粋」「幸せ」「清潔」「信頼」「健康的」 新事業やスタートアップ

色が持つ効果やパワーは、上記のように大きな違いがあります。

名刺をデザインする時は、色が持つ雰囲気を参考にしてみましょう。

色の効果を医学的に利用するカラーセラピーも現在では注目されていて、名刺のデザインに取り入れるのも効果的ですよ。

例えば、青(ブルー)は心を落ち着かせてフィーリングを与える、緑(グリーン)は心身ともにリラックスさせるなどのイメージがあります。

自分が相手に与えたい印象や職業に合わせて全体的なカラーを選べば、素敵なデザインの名刺に仕上げられるでしょう。

3:自分らしさや仕事に合った色選びでデザインを決める!

コーポレートカラー

上記で解説した項目と似ていますが、自分らしさや仕事に合う色選びで名刺のデザインを決めると上手くいきます。

もし色の選び方で迷ってしまった時は、コーポレートカラーを意識して名刺をデザインしてみましょう。

コーポレートカラーとは、企業が持つイメージカラーのことを指します。

マクドナルドなら赤、スターバックスコーヒーなら緑といった感じですね。

コーポレートカラーやロゴマークに合わせた色で名刺を作成すると、見た目のデザインで失敗することはありません。

また、どのカラーも「濃い/淡い」「分量が多い/少ない」でイメージが大きく変わるのが特徴!

少しだけ色の効果を出したい時は、小口染め加工(エッジカラー)でサイドに好きなカラーを付けてみてください。

※小口染め加工(エッジカラー)で名刺を作成できるおすすめの印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】小口染め加工(エッジカラー)で名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社4選!
小口染め加工(エッジカラー)は、名刺の縁に色付けする特殊加工です。このページでは、小口染め加工(エッジカラー)で名刺を作成できる印刷会社を紹介しています。印刷会社の選び方で迷っている方は参考にしてみてください。

様々なカラーで名刺を作成したいならVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

様々なカラーのデザインで名刺を作成したいのであれば、Vistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)では、Web上で好きなテンプレートを選んで名刺のデザインを編集できますよ。

同じレイアウトの名刺テンプレートでも、下記のようにカラーを変えて作成OK!

ビスタプリントの名刺(グリーン)

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺(グリーン)

ビスタプリントの名刺(レッド)

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺(レッド)

ビスタプリントの名刺(黄色)

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺(黄色)

ビスタプリントの名刺(灰色)

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺(灰色)

ビスタプリントの名刺(水色)

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺(水色)

自分で好きなようにデザインを編集して作成できる名刺は、100枚の印刷で980円~と格安です。

安い料金で高品質な名刺を作成したい方は、Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

まとめ

名刺のデザインで色の選び方のコツについておわかり頂けましたか?

「配色のルールに沿って決める」「色が持つカラーパワーを把握する」「自分の仕事に合う色選びをする」といった点を意識すれば、素敵なデザインの名刺に仕上げられます。

自分のイメージに合う名刺を作成し、ビジネスやプライベートで勝負してみてください。

タイトルとURLをコピーしました