名刺のデザインで押さえておきたい色の選び方

名刺のデザインで押さえておきたい色の選び方はこれだ!

名刺の色

名刺のデザインは、名刺交換の際に第一印象を決める上で重要な要素の一つです。

中に記載する情報に加えてデザインに拘った名刺を作成していると、相手に良い印象やイメージを与えられますよ。

デザインの中でも色によって与える印象は特に大きく、「白黒のモノクロで仕上げるのか」「カラフルに仕上げるのか」と事前に決めておかないといけません。

以前の名刺は白地に黒文字という色合いの名刺が多かったものの、現代では多様化されて様々な色を使ってインパクトを強くした名刺を使うビジネスマンが増えました。

色は人の心理に影響を与える力が非常に大きく、色の効果を医学的に上手く取り入れたカラーセラピーもあるくらいです。

そこで、以下では名刺のデザインで押さえておきたい色の選び方をまとめてみました。

  • それぞれのカラーが持ち合わせる特徴を把握する
  • 自分の職業やイメージに合うカラーを使う
  • 複数色を上手く組み合わせてデザインしてみる

 

サービスやモノを売るカラーマーケティングとして、色彩心理学を活用する会社は増えています。

色彩心理学は個人事業主やフリーランスの名刺にも役立ちますので、全体的な色の選び方をしっかりと押さえて作成すべきです。

 

色彩の持つ心理的効果とは?

色彩

名刺を作成するに当たり、色彩の持つ心理的効果を意識してみてはいかがでしょうか。

カラーによってイメージが違いますので、自分の業種や職種に合わせて色を決めて作成すると見た目のインパクトを更にアップできますね。

相手に名刺を渡した時に、違和感を覚えられることもありません。

色によって私たち人間はどのような印象を受けやすいのか、是非一度参考にしてみてください。

 

名刺のカラー 色が持つ特徴 向いている職業
赤(レッド) 愛・パワー・元気・生命力・エネルギー・情熱 アミューズメントや自動車関係
黄(イエロー) 知性・警告・明るさ・希望・注意力 飲食業や情報系
緑(グリーン) 成長・生命・自然・安らぎ・平和 健康食品やホテル関係
青(ブルー) 平穏・信頼・誠実・理知的・冷静・クール IT関係や医療関連
オレンジ 創造性・革新・優しい・健康的 食料品やアミューズメント
紫(パープル) 高貴・気高い・神秘・優雅・気品 占いやデザイン関係
ピンク 可愛い・優しい・エロティック ブライダルやお花屋さん
黒(ブラック) 重い・暗い・勝負・自己主張 アパレル関係
灰(グレー) 曖昧・中性・再生・幸せ コンサル関係

 

色彩豊かなデザインの名刺が良いと一概には説明できないものの、相手にインパクトを与える名刺を作成したいのであれば、コーポレートカラーを意識してみましょう。

コーポレートカラーとは企業のイメージカラーのことで、名刺にもその色合いを反映させることで交換した際にしっくりときます。

名刺から感じられるイメージを重要視したいのであれば、会社のロゴやコーポレートカラーに合わせて色やデザインを決めて作成するのがベストです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)は様々な色の名刺を作成できる!

ビスタプリント

ネット通販のVistaprint(ビスタプリント)では、様々な色からデザインを選んで名刺を作成できます。

自分のイメージやコーポレートカラーに基づいて全体的な色合いを決めれば、相手に好印象を与えられるグッズに仕上げられるわけです。

Vistaprint(ビスタプリント)で用意されている名刺のデザインテンプレートの種類は全部で5,000以上で、オンライン上で自由に編集して作成できます。

名刺の印刷は100枚で980円と格安のですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました