名刺の作成と文字のフォント

名刺の作成において文字のフォントの選び方は重要!

名刺の作成において文字のフォントの選び方は重要!
名刺の作成を行うに当たり、自宅で作るにしても印刷会社に依頼するにしても、文字のフォントは非常に重要な要素の一つとなっています。

名刺は会社や社員の名前をあらわすもので、文字は視覚的要素の一つとなり、フォントの選び方一つで全体の印象は大きく変わるのです。

フォントや大きさのバランスが取れていると美しい仕上がりになりますし、業者に依頼する場合でもデザインは自分で行うのが一般的なので、書体は名刺の作成において欠かせない要素の一つだと言えるのではないでしょうか。

また、インパクトのある名刺を作成したいということで、何種類ものフォントを駆使している方がいらっしゃいますが、あまりにも種類が多いと散らかって見える可能性があります。

名刺交換の際に相手に悪い印象を与えないためにも、フォントは1種類か2種類で十分なのです。

全体的なデザインがシンプルな場合、1種類のフォントだと殺風景になるかもしれないので、2種類のフォントを上手に組み合わせるのが良いかもしれません。

そこで、名刺に使われるフォントとして、どのような文字が一般的なのかこのページでは説明しているので一度目を通しておいてください。

 

明朝体

最も一般的な書体だと言われているのが明朝体で、縦線が横線よりも太く、文字の払いや跳ねが顕著に表現されております。

MSP明朝やHGP平成明朝など、一口に明朝体と言ってもその種類は様々ですが、以下のような印象を相手に与えることが可能です。

  • 高級感
  • 上品さ
  • 信頼感

 

雑誌や書籍では本文に明朝体を使用し、アクセントとしてゴシック体を用いるケースが多く、名刺の作成にも同じことが言えます。

 

ゴシック体

全体的に見た目が角張っていて、線の幅が均一なフォントがゴシック体で、名刺の文字としても幅広く活用されています。

ゴシック体も文字が細いセリフ書体と、文字が太いサンセリフ書体に分かれており、明朝体とは違ってどんな印象を与えられるのか見ていきましょう。

  • 堅実さ
  • 安定感
  • しっかり
  • 信頼性

 

企画書や報告書といった資料にはセリフ書体が良いものの、名刺の作成であれば力強い印象を与えるためにサンセリフ書体のゴシック体を使うのが良いかもしれません。

公務員や税理士などお堅い職業であれば力強いサンセリフ書体、エステティシャンやネイリストなど女性の職業であればセリフ書体が適しています。

 

筆文字体

和風をイメージさせるようなフォントが筆文字体で、独特の味わいを与えることができます。

「老舗」「手作り」という印象を筆文字体は与えられるので、伝統的な企業に勤めている方におすすめです。

1点1画の構成が正確で美しい楷書体と、くずし方が少なく美しい行書体の2種類が名刺では一般的で、お好きなフォントを使って作成していきましょう。

文字の美しさに自信を持っている方は、手書きで書いた文字をスキャナで取り込んで使用するのも選択肢の一つです。

 

ポップ体

名刺としてはあまり使用される機会が少ないものの、女子高生が書くようなフォントをポップ体と呼びます。

公務員といったお堅い職業の方には絶対に適しておりませんが、カジュアルが許される職業の方はポップ体で名刺を作成してみても面白いかもしれません。

  • エステサロンで働くエステティシャン
  • 爪のケアのプロとしてエステで働くネイリスト
  • キャバクラ嬢やホステスなどの水商売
  • 雑貨屋さんや美容師さん

 

男性ではなく女性の職業にはポップ体がピッタリで、「可愛い」「柔らかい」といったイメージを名刺を渡した相手に与えられるのです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)では文字のフォントを自由に選んで名刺を作成可能

Vistaprint(ビスタプリント)はオンライン上で自由に名刺を作成できるシステムが取り入れられています。

そのため、文字のフォントを自由に選んで作成できますし、後はネット上で印刷の依頼をするだけなので簡単です。

デザインの種類に限らず100枚で980円という格安料金が魅力的なので、一度Vistaprint(ビスタプリント)へと依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました