ファッションデザイナーの名刺を作成する際のポイント

ファッションデザイナーの仕事内容とは?

ファッションデザイナーとはどんなお仕事?

ファッション関連のお仕事の中でも、ファッションデザイナーは花形だと言われています。

私たちの身の回りには洋服やバッグなど様々なアイテムで溢れていますが、そのデザインや素材を考える職業がファッションデザイナーです。

以下では、ファッションデザイナーの具体的な仕事内容についてまとめてみました。

  • デザイン画作成や縫製仕様書の作成
  • 洋服の素材の選定
  • サンプルの依頼や修正
  • メーカーへの指示やコストの交渉
  • パタンナーへの指示

 

「デザイナー」と聞くと、「センスやデザインスキルが大事なのでは?」とイメージする方は少なくありません。

しかし、センスに加えて企画力も重要なスキルで、想定されたターゲットに対してどんなテーマや素材でアイテムを作れば良いのか考えるのも忘れてはならない仕事ですね。

 

ファッションデザイナーの名刺を作成する際のポイントをチェック!

名刺はビジネスの初対面の印象を左右するに当たって欠かせないツールで、会社から支給されたり自分で作成したりと職業によって異なります。

サラリーマンの場合は会社から支給されていますが、個人事業主やフリーランスは自分で作らないといけません。

ファッションデザイナーも他の職業と同じで名刺が必要で、お客様に渡して自分をアピールできます。

皆さんが考えている以上に、ファッションデザイナーも名刺が役立つシチュエーションが多いのです。

  • どんな名刺を作成すれば好感度のアップに繋がるのか?
  • ファッションデザイナーにどのようなデザインの名刺が向いているのか?

 

上記の疑問を抱えている方のために、ここではファッションデザイナーの名刺を作成する際のポイントやコツを詳しく説明していきます。

 

名刺の中に記載すべき項目を考える

名刺の項目

ファッションデザイナーに限った話ではないものの、名刺の中に記載すべき項目を最初に考えるのは大事です。

名刺は91㎜×55㎜という限られたスペースの中に情報を盛り込む必要がありますので、相手が不要な内容を書いても意味がありません。

そこで、まずは名刺の中の項目で考えられるものを洗い出すことから始めてみましょう。

  • 名前
  • 会社名
  • 会社のロゴ
  • 部署名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • FAX番号
  • ホームページのURL

 

これらの基本的な情報に加えて、ファッションデザイナーであれば自身が取得した資格の種類を載せるのが効果的です。

「○○の資格を持っていて○○のスキルがあるのか~」と名刺で伝えることができれば、相手へのアピールポイントになりますよ。

ファッションデザイナーと深く関わる資格やスキルは次の5つが代表的です。

  • 色彩の知識を体系的に学習できる「カラーコーディネーター検定試験」
  • 色の性質を把握する実務的な内容の「ファッション色彩能力検定」
  • 洋服についての知識や技術が身に付く「パターンメーキング技術検定」
  • 衣服の販売において管理や運営の知識が問われる「ファッション販売能力検定」
  • マネジメントやマーケティングの知識が問われる「ファッションビジネス能力検定」

 

名刺の表面にズラズラと記載すると見にくい名刺になりますので、自分の資格やプロフィールは裏面を有効活用しましょう。

 

名刺全体のデザインを考える

名刺のデザイン

名刺の中に記載すべき項目が決まった後は、第一印象を決める上で重要な全体的なデザインを考えます。

オシャレと深く関わるファッションデザイナーは、次のデザインの名刺を使うべきです。

  • 自分がファッションデザイナーとして働く会社のコーポレートカラーに合わせる
  • 自分が手掛けるブランドのメインカラーに合わせる
  • 女性のファッションデザイナーであれば黄色やピンクなど華やかな印象の色にする

 

相手に名刺を渡した時に、違和感の残らないデザインテンプレートで作成しないといけません。

既に会社のロゴマークがあるのであれば、ロゴを余白部分に加えたりイメージを損ねないようなデザインを施したりするのがポイントです。

 

名刺の裏面を有効活用する

あなたがファッションデザイナーとしてアピールすべきポイントは下記のようにたくさんあると思います。

  • 今までの経歴やプロフィール
  • 実際に手掛けた洋服や小物のデザイン
  • デザインを考える上でのモットー
  • ずっと大事にしていきたいキャッチコピー

 

これらの情報を名刺の裏面に記載すれば、魅力の詰まった名刺になるのは間違いありません。

基本的に名刺の表面には名前や連絡先など基本的な情報だけを載せる形になりますので、他の情報を全て詰め込むとスペースが足りなくなります。

上記の項目でも説明しましたが無理矢理小文字にして詰め込むと読みにくくなるため、他の情報は裏面に上手く分散させるべきですね。

自分がファッションデザイナーとして何ができるのか名刺でわかりやすく伝えるのは大事ですので、保有している資格と合わせてプロフィールやキャッチコピーを記載してみてください。

 

ファッションデザイナーの名刺作成でおすすめのサービス

名刺は画像編集ソフトを使って自力で作成するよりも、専門の印刷会社やサービスに依頼すべきです。

ここでは、ファッションデザイナーの名刺作成でおすすめのサービスをいくつか紹介していきます。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

ビスタプリント

Vistaprint(ビスタプリント)は、名刺を作成できる代表的なネット通販サービスです。

他の印刷会社とは違い、Vistaprint(ビスタプリント)では何と5,000種類以上のデザインテンプレートが用意されています。

その中には、下記のようにファッションデザイナーにピッタリと合う名刺のデザインもありました。

 

ファッションデザイナーの名刺

 

ファッションデザイナーの名刺2

 

ファッションデザイナーの名刺3

 

女性からも男性からも高い支持を得ているサービスですので、Vistaprint(ビスタプリント)で好きなデザインを見つけて名刺を作成してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

Zazzle(ザズル)

zazzle

Zazzle(ザズル)は、自分でカスタマイズして名刺を作成できるネット通販のサービスです。

ファッションデザイナーの良さを伝えられるようなデザインのテンプレートがZazzle(ザズル)ではたくさん用意されています。

Zazzle(ザズル)での名刺作成の方法は次のようにとても簡単です。

  • Zazzle(ザズル)の公式サイトにアクセスして好きなデザインのテンプレートを探す
  • サイズやコーナー、用紙などをカスタマイズして希望のデザインに仕上げる
  • カートの中に入れて支払い情報を入力して注文を確定させる

 

名刺が自宅に届くまでに4営業日~5営業日はかかりますので、時間のない方は早めに注文手続きを進めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました