名刺の作成はどこで行えば良い?

名刺の作成はどこで行えば良いの?

名刺の作成はどこで行えば良いの?

「名刺の作成はどこで行うの?」「どこに依頼すれば名刺を入手できるの?」という疑問を抱えている方は少なくありません。

基本的にはビジネス用の名刺でもプライベート用の名刺でもデザインに関わらず、専門の印刷会社を利用している方が増えていますね。

名刺やポスターといった印刷物の印刷を行っている会社やショップは現在では非常に多く、洗練された高品質の名刺を手に入れること可能です。

そこで、まずは印刷会社で名刺を作成する大まかな流れについて見ていきましょう。

  1. 自分が良いと思った印刷会社の公式サイトにアクセスする
  2. 希望するデザインテンプレートを複数の中から選ぶ
  3. 個人情報を送信したり自分でオンライン上で作成したりする
  4. 「100枚」「200枚」など希望の枚数を決めて支払い方法を選択する
  5. 一定の納期が経った後に自宅に印刷された名刺が送られてくる

 

データ入稿の方法はWeb入稿やメディア入稿などサービスで違いがありますが、パソコンやスマホを使って全てオンライン上でやり取りができます。

どこで名刺を作成すれば良いのか悩んでいる人は、最初に専門の印刷会社に問い合わせてみてください。

 

無料ソフトを使って名刺を作成できるの?

名刺作成ソフト

最も簡単にキレイな名刺を作成したいのであれば、実店舗の印刷会社やネット通販のサービスなどプロにお願いすべきです。

一方でラベル屋さんやエレコムらくちんプリントなどの無料ソフトを使って名刺を作成している方も多く、パソコンとプリンタ、そして名刺を印刷する用紙があれば自宅で作成するのは難しくありません。

量販店や通販など様々な場所で名刺の用紙は販売されていますし、少部数の名刺が欲しいという方には適しています。

しかし、専門の印刷会社に依頼したような綺麗な見栄えにはなりませんので、無料ソフトを使って自作で名刺を仕上げる方法はあまりおすすめできません。

  • 名刺の見た目のデザインに拘りたい
  • 魅力的な名刺でインパクトを与えたい
  • 仕事を獲得できる名刺を手に入れたい

 

上記のように考えているビジネスマンは、自作ではなく印刷会社で注文した方が良いというわけです。

ネット通販のサービスであれば豊富なテンプレートの中からお好きなデザインを選んで名刺を作成できますし、ソフトを使って作成した完全データを入稿して印刷することもできます。

数あるサービスの中でも、格安の料金で名刺やショップカードなどのビジネスグッズを作成できるVistaprint(ビスタプリント)が人気です。

 

ビスタプリント

 

5,000種類以上のデザインテンプレートから選べるのにも関わらず、100枚で980円という格安の料金設定になっています。

以前は320円で100枚の名刺が作成できるキャンペーンが実施されていましたので、「どこで名刺を作れば良いの?」と質問したら、多くの方が「Vistaprint(ビスタプリント)」と答えたのではないでしょうか。

現在では既に終了してしまったキャンペーンですが2019年の現在でも料金が安い点では一緒ですし、フルカラー印刷でお気に入りの名刺を作成できますので、公式サイトでどのようなテンプレートがあるのか確かめてみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺の印刷用紙はどこで購入するの?

名刺の用紙

名刺印刷用紙はヤマダ電機やビックカメラなど様々な場所で販売されているアイテムで、名刺全体の質を大きく左右する重要な存在です。

コスト削減のために自宅で名刺を作成しようと考えているのであれば、用紙の種類にも細心の注意を払わないといけません。

どんなにデザインの良い名刺を作成したとしても、用紙の質が悪ければ全体的な印象は悪くなりますよ。

特に、用紙の厚さは大事で、自分の名刺のデザインに合わせて薄めの用紙を購入するのか厚めの用紙を購入するのか決めるべきです。

名刺を印刷する用紙の厚さで、どのような違いが生じるのか説明していきます。

  • 用紙が厚いと重厚感のある印象を与えられる
  • 用紙が薄いと親近感を相手へと与えられる
  • クリアカットタイプであれば簡単に切り離せるのでカットの作業が不要
  • ホワイトやベージュなど様々な色合いから選択できる

 

自分が作成したい名刺のイメージや職業など、様々なポイントで比較して用紙の種類を決めるのが良いでしょう。

もちろん、用紙が良くても使っている印刷機の性能が悪ければ全く意味がありませんので、クオリティの高い名刺が欲しい方は上記で紹介したネット通販のVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました