【セルフ?ネット印刷?】名刺の作成はどこで行えば良い?

名刺の作成はどこで行えば良いの?

疑問

「名刺の作成はどこで行うの?」「どこに依頼すれば名刺を入手できるの?」という疑問を抱えている方はいませんか?

結論から言うと、ビジネス用の名刺でもプライベート用の名刺でも多くの方は専門の印刷会社に依頼して作成していますよ。

ネット印刷サービスと実店舗の印刷会社の2通りの方法がありますが、その違いは下記の通りです。

※横にスクロールできます。

印刷会社で名刺を作成する方法
ネット印刷サービス パソコンやスマホを使ってオンライン上で名刺を注文する
実店舗の印刷会社 店頭に足を運んでスタッフと相談しながら名刺を注文する

簡単に名刺を作成して手に入れたいのであれば、実店舗の印刷会社よりもネット印刷サービスがおすすめ!

ネット印刷サービスに依頼してどうやって名刺を作成するのか大まかな手順を見ていきましょう。

  1. 自分が良いと思った印刷会社の公式サイトにアクセスする
  2. 希望するデザインテンプレートを複数の中から選ぶ
  3. 個人情報を送信したり自分でオンライン上で作成したりする
  4. 「100枚」「200枚」など希望の枚数を決めて支払い方法を選択する
  5. 一定の納期が経った後に自宅に印刷された名刺が送られてくる

既存のデザインから選ぶだけではなくデータ入稿で名刺を作成することもできますが、パソコンやスマホを使って全てオンライン上でやり取りできる点では一緒です。

どこで名刺を作成すれば良いのか悩んでいる人は、ネット印刷サービスに問い合わせてみてください。

無料ソフトを使ってセルフで名刺を作成するデメリット…

名刺は専門の印刷会社に依頼しなくても、無料ソフトやアプリを使ってセルフで作成することもできます。

※iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリはこちら!

iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリ4選!
このページではiPadやスマホで名刺を作成できる8つのアプリを比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。名刺のデザインの作成や編集は基本的に無料です。幅広いテンプレートから選べるアプリもありますので、初めて利用する方は選び方の参考にしてみてください。

しかし、自分で名刺を作成するに当たって次のデメリットあり…。

  • 中々自分が求めているデザインにならない
  • 印刷した後にカットする手間がかかる
  • 印刷のミスで仕上がりに悪影響が出やすい

デザインや印刷をセルフで仕上げる名刺は高品質とは言えません。

「名刺の見た目のデザインに拘りたい」「魅力的な名刺でインパクトを与えたい」「仕事を獲得できる名刺を手に入れたい」という方は、印刷のプロが在籍している印刷会社を利用すべきですね。

ネット印刷サービスであれば豊富なテンプレートの中からお好きなデザインを選んで名刺を作成できますし、画像編集ソフトで作った完全データを入稿して印刷することもできます。

「ネット印刷サービスはたくさんあるけど、どこに依頼すれば良いの?」と悩んでいる方には、Vistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)では、100枚のフルカラー名刺が送料無料の1,628円~~で作成できます。

選べるデザインも5,000種類を超えていますので、Vistaprint(ビスタプリント)でビジネス名刺やプライベート名刺を作ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

名刺の印刷用紙はどこで購入すれば良いの?

用紙

名刺の印刷用紙を購入する方法
実店舗のショップ ヤマダ電機東急ハンズLoft(ロフト)などのお店
ネット通販 Amazonや楽天市場などの大手通販サイト

名刺の印刷用紙は、デザイン全体の質を大きく左右する重要な存在です。

名刺を印刷する用紙を購入する方法は上記の2種類!

実店舗やネット通販を利用すれば、自分のイメージに合う名刺用紙を手に入れることができますよ。

中でも用紙の厚さは大事で、自分の名刺のデザインに合わせて薄めの用紙を購入するのか厚めの用紙を購入するのか決めるべきです。

名刺を印刷する用紙の厚さで、どのような違いが生じるのか見ていきましょう。

  • 用紙が厚いと重厚感のある印象を与えられる
  • 用紙が薄いと相手に親近感を与えられる
  • クリアカットタイプであれば簡単に切り離せるのでカットの作業が不要

自分が作成したい名刺のイメージや職業など、様々なポイントで比較して用紙の種類を決めるのが良いでしょう。

もちろん、用紙が良くても使っている印刷機の性能が悪ければ全く意味がありませんので、クオリティの高い名刺が欲しい方は上記で紹介したネット通販のVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

まとめ

どこで名刺やショップカードなどの印刷物を作成すれば良いのかおわかり頂けましたか?

ソフトを使ってセルフで名刺を作ることもできますが、デザインのクオリティを加味するとネット印刷サービスがおすすめです。

名刺の印刷料金が安いサービスも増えていますので、素敵な名刺を作成してビジネスやプライベートで勝負してみてください。

タイトルとURLをコピーしました