iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリ4選!

iPadやスマホのアプリで名刺を作成する3つのメリットを徹底解説!

iPad

現在では、iPad(アイパッド)やスマートフォンで名刺を作成できる専用のアプリが増えました。

わざわざ専門の印刷会社に依頼しなくても、アプリを使って簡単に名刺を自作できますよ。

まず最初に、アプリを使って名刺を作成する3つのメリットから詳しく見ていきましょう。

1:IllustratorやPhotoshopなどのソフトが不要!

IllustratorやPhotoshop

印刷会社で名刺を作成するには、基本的にIllustrator(イラストレーター)Photoshop(フォトショップ)で作ったデータを入稿しないといけません。

しかし、iPadやスマホのアプリはこれらの画像編集ソフトが不要!

わざわざお金を支払って有償のソフトを購入しなくても、無料のアプリで簡単に名刺をデザインして作成できます。

画像の作成が苦手な方でも名刺を作れるのは、iPadやスマホのアプリのメリットですね。

2:コンビニに足を運べばその場で印刷できる!

iPadやスマホのアプリで名刺を作成する方法!
  1. タブレットやスマホに名刺作成アプリをインストールする
  2. アプリ上で豊富なデザインやイラストから選んで名刺データを作る
  3. インクジェットプリンタやコンビニのマルチコピー機で印刷する
  4. 印刷された名刺を91㎜×55mmのサイズに裁断して完了

iPadやスマホで名刺を作成するには、上記の手順を踏みます。

アプリ上で自分のイメージに合わせて名刺をデザインし、後はコンビニに足を運んでその場で印刷すればOKです。

セブンイレブンやファミリーマートに設置されているマルチコピー機はアプリのデータを印刷できますので、高額なインクジェットプリンタを購入する必要はありません。

コンビニで名刺を作成する詳しい方法については、下記のページをご覧になってください。

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
名刺の作成はコンビニ印刷よりもネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ! インクジェットプリンタをお持ちでない方でも、コンビニのマルチコピー機で名刺の作成や印刷ができます。 しかし、高品質な名刺を作成した...

3:直感的にわかりやすい操作画面が用意されている!

アプリの操作

どのアプリも直感的にわかりやすい操作画面が用意されているのは、iPadやスマホで名刺を作成するメリット!

パソコンを使いこなせない人やデザインソフトに苦手意識を持っている方でも、安心して名刺の作成や印刷の作業に取り掛かることができますよ。

アプリによって使い方は異なりますが、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)といったAdobeのソフトよりも遥かに簡単です。

iPadやスマホで使える名刺作成アプリ8つを徹底比較!

※横にスクロールできます。

サービス名 iOSアプリ(App) Androidアプリ 利用料金 デザインの種類 総合評価
BiziCard(ビジカード) 利用は無料 27種類 ★★★★★
デコプチカード 利用は無料 3,000種類以上 ★★★★☆
Epson 名刺プリント 利用は無料 100種類以上 ★★★☆☆
Canva 無料~月額3,000円 50,000種類以上 ★★★☆☆
かんたん名刺 20枚の印刷で760円 数十種類以上 ★★★☆☆
すぐ名刺 利用は無料 100種類以上 ★★☆☆☆
みんなの名刺 40枚の印刷で990円 100種類以上 ★★☆☆☆
BusinessCardDesigner 利用は無料 不明 ★☆☆☆☆

上記では、iPadやスマホ(iPhone・Android)で使える名刺作成アプリ8つを徹底比較しました。

対応のデバイスや名刺のテンプレートの種類はアプリで違いがありますが、1台のタブレットやスマホでオシャレな名刺を作成できますよ。

下記に該当する方に名刺作成アプリはおすすめ!

  • ソフトを持っていないけれどオリジナルのデザインの名刺が欲しい
  • シンプルで手軽な名刺を作ってビジネスで勝負したい
  • 名刺の作成で使ってみたいアプリを見つけた

iPadやスマホで名刺を作成する予定の方は、どのアプリが自分にマッチしているのか考えてみましょう。

iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリ4選!

iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリ4選!

上記の4つは、iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリです。

どのアプリも使いやすさやデザインの種類に拘っていますので、素敵なビジネス名刺やプライベート名刺に仕上げられます。

名刺作成アプリの選び方で迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

BiziCard(ビジカード)

BiziCard(ビジカード)

BiziCard(ビジカード)は、iPadやスマホを使って名刺をデザインしたり作成したりできるアプリです。

シャープがコンビニエンスストアで提供しているプリントサービスを使い、サっと簡単に名刺を作成して手に入れることができますよ。

急に名刺が必要になったビジネスマンやブロガー同士のオフ会やママ友で使うプライベート名刺が欲しい方にBiziCard(ビジカード)はおすすめ!

Twitterの口コミでも、「BiziCard(ビジカード)は早く名刺を作らなきゃいけない人におすすめ」と高評価でした。

BiziCard(ビジカード)を使った名刺作成の流れは、下記のように至ってシンプルです。

  1. BiziCard(ビジカード)の公式サイトにアクセスしてアプリをダウンロードする
  2. 無料ソフトなので「App Storeからダウンロード」をタップするだけでOK
  3. トップ画面にアイコンが追加されたらタップして「ビジネス/プライベートカード」を選ぶ
  4. 27種類の中から好きなデザインテンプレートを選択する
  5. イラストアイコンを入れたり名刺の情報を追加したりする
  6. 不要のアイコンがあれば非表示にして情報を細かく入力する
  7. 項目内容に問題がなければ「マイキャビネットに保存する」をタップする
  8. 画面上でキャビネットに移り変わっているのかどうか確認する
  9. 保存された名刺の右上にはプリント番号が記載されている
  10. ファミリーマートやローソンなどお近くのコンビニで印刷する
  11. カッターナイフやカッティングマットで名刺のサイズに切り取って完了

BiziCard(ビジカード)はシンプルなテンプレートが多いので、ビジネス用途の名刺に合っています。

BiziCard(ビジカード)の名刺テンプレート

BiziCard(ビジカード)の名刺テンプレート

iOSアプリとAndroidアプリの両方が用意されていますので、是非一度BiziCard(ビジカード)を使ってみてください。

参考 BiziCard(ビジカード)の公式サイト

デコプチカード

デコプチカード

デコプチカードは、プライベートや趣味で使えるオシャレな名刺を作成できるサービスです。

iPadやスマホで使えるアプリのデコプチカードと、PC版のデコプチプリントサービスの2種類が用意されていますよ。

他のアプリとは違うデコプチカードのメリットは次の3つです。

  • 3,000種類を超えるオシャレなデザインテンプレートが用意されている
  • フォントや大きさなど名刺の中の情報を自由に編集してアレンジできる
  • QRコードを貼り付けて名刺を渡した相手にたくさんの情報を伝えられる

既存のテンプレートに個人情報を当てはめて名刺を作成するだけではなく、複数のデザインを組み合わせることもできます。

余白にQRコードを挿入して名刺を作成するのもOKです。

※QRコード入りの名刺を作成するメリットはこちら!

QRコードやバーコード入りの名刺を作成するメリット!無料で作れるの?
QRコードとバーコードの違いは? QRコードとバーコードは、今までの生活の中で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。 似たようなイメージがありますが、QRコードとバーコードでは下記のように入れられる情報量や使用用途には違...

名刺の印刷や発注は50枚から対応していますので、iPadやスマホをお持ちの方はデコプチカードで名刺を作成してみてください。

参考 デコプチカードの公式サイト

Epson 名刺プリント

Epson 名刺プリントは、プリンタなどの精密機械を取り扱う大手メーカーのEpson(エプソン)から提供されているアプリ!

普段のスマホやiPadを使い、オシャレなデザインの名刺に仕上げることができます。

Epson 名刺プリントによる名刺作成のステップは下記の通りです。

Epson 名刺プリントの名刺作成の流れ!
ステップ① Epson 名刺プリントのアプリをダウンロードして起動する
ステップ② レイアウト選択画面で自分のイメージに合う名刺のデザインを選ぶ
ステップ③ 写真やフレームを入れたサンプル画面で名刺の仕上がりを確認する
ステップ④ 対応しているEpsonのプリンタを使って名刺を印刷して完了

「背景」「フレーム」「スタンプ」「写真」「文字」の5つの要素を自由に組み合わせることができますので、Epson 名刺プリントで作成する名刺はデザインにオリジナリティが出せます。

ビジネス名刺やプライベート名刺、ショップカードやメッセージカードをアプリで作成したい方は、Epson 名刺プリントを使ってみてはいかがでしょうか。

参考 Epson 名刺プリントの公式サイト

Canva

Canva

Canvaは名刺やショップカード、ポスターやグリーティングカードを作成できる海外発祥のアプリです。

iPadやスマホのアプリに加えて、PCのブラウザにも対応しています。

Canvaのアプリを起動して名刺を作成し、お近くのコンビニで印刷するだけでOKです。

以下では、Canvaで名刺やショップカードを作成するメリットをいくつか挙げてみました。

  • デザインテンプレートは70,000種類以上、写真素材は300万点以上と非常に多い
  • アプリ1つで「デザイン」「編集」「印刷」がワンストップで行える
  • 人工知能を使用してニーズに合ったカスタム名刺を作ることができる
  • ドラッグアンドドロップツールでロゴやフォントをデザインに追加できる

海外のアプリが基盤のサービスですので、一味も二味も違うグローバルな名刺デザインが揃っています。

日本のアプリで自分の好きな名刺デザインが見つからない方は、Canvaで探してみてください。

参考 Canvaの公式サイト

iPadやスマホのアプリで名刺を作成する4つのデメリット…

デメリット

iPadやスマホのアプリで名刺を作成する4つのデメリット…
  • 小さなスマホの画面だとデザインの編集の操作がしにくい
  • 名刺のデータを作った後に印刷の手間がかかる
  • 用意されている名刺のデザインの種類はそこまで多くない
  • 特殊な加工を施してインパクト抜群の名刺を作れない

BiziCard(ビジカード)やEpson 名刺プリント、デコプチカードやCanvaはiPadのアプリを使って手軽に名刺を作成できます。

しかし、ネット印刷のサービスで名刺を作成する方法と比較してみると上記の4つのデメリットあり…。

「他の人とは違う名刺で勝負したい」「ありきたりな名刺は使いたくない」「自分で印刷するのが面倒」という方に名刺作成アプリは不向きですね。

ビジネスでも趣味でも名刺交換は自分のイメージを良くする上で欠かせませんので、キレイな名刺が欲しい方はiPadやスマホのアプリではなく専門の印刷会社やサービスに依頼しましょう。

ネット通販のサービスのVistaprint(ビスタプリント)では、手間なく5,000種類以上のデザインから選んで名刺を作成できます。

100枚のフルカラー名刺がたったの980円~と格安ですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を使ってみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

まとめ

iPadやスマートフォンのアプリを使い、名刺を作成してコンビニで印刷することはできます。

ビジネス名刺やプライベート名刺など、自分のイメージや目的に合うデザインで作成OK!

しかし、アプリで作成した名刺のクオリティはそこまで高くありませんので、キレイなデザインで仕上げたいのであればネット印刷のサービスを利用してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました