【無料で使用OK!】名刺の作成におすすめのフリーソフトやキット5選!

無料で使える名刺作成のフリーソフトやキットを徹底比較!

名刺作成のフリーソフト

※横にスクロールできます。

名刺作成のフリーソフト テンプレートや素材 おすすめポイント 総合評価
ラベル屋さん 5,000種類以上 直感でサクサクと操作・編集OK ★★★★★
BiziCard(ビジカード) 27種類 コンビニのコピー機で印刷できる ★★★★☆
エレコムらくちんプリント 3,000種類以上 名刺作りに必要な編集機能が豊富 ★★★★☆
Canva(キャンバ) 50,000種類以上 おしゃれな名刺を無料カスタマイズ ★★★☆☆
デコプチカード 3,000種類以上 デザインを自分好みにアレンジOK ★★★☆☆
my名刺倶楽部Free 数十種類以上 40社を超える用紙メーカーに対応 ★★★☆☆
合わせ名人 5,000種類以上 テキストボックスで文字の編集OK ★★☆☆☆
ラベルプロデューサー 数種類程度 名刺やラベルの両面デザイン設計OK ★★☆☆☆
名刺を作ろう! テンプレートなし ドラッグ&ドロップ中心の簡単操作 ★☆☆☆☆
名刺MAKER 数種類以上 図形を組み合わせてロゴの作成OK ★☆☆☆☆

上記では、無料で名刺を作成できるフリーソフトやキットをテンプレートの種類やおすすめポイントで徹底比較してみました。

エーワンやエレコムなど、名刺関連メーカーからは名刺を作れるフリーソフトが提供されています。

パソコンやスマホのスキルに自信のない初心者でも、簡単に自作できるのがメリットですね。

ソフト自体の利用料金は全て無料ですので、名刺の用紙代や印刷代だけを支払えばOK!

※セルフで名刺を作成するメリットとデメリットは下記のページで解説しています。

自分で作れる?セルフで名刺を作成する3つのメリットと4つのデメリットを徹底解説!
名刺は画像編集ソフトを使って自分で作成できます。自分のイメージに合わせて自由にアレンジできるのは大きなメリットですね。しかし、名刺をセルフで作成するに当たっていくつかのデメリットもありますので、実際に取り掛かる前に確認しておきましょう。

ビジネスやプライベートで使うオリジナリティ溢れる名刺が欲しい方は、フリーソフトや専用キットを使ってみましょう。

【無料で使用OK!】名刺の作成におすすめのフリーソフトやキット5選!

名刺の作成におすすめのフリーソフトやキット5選!

名刺を作成したい方には、上記の5つのフリーソフトやキットがおすすめ!

わざわざ有償ソフトのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)を購入する必要はありません。

どれも無料で簡単に使えますので、名刺作成のソフトの選び方で迷っている方は参考にしてみてください。

1位:ラベル屋さん

ラベル屋さん

ラベル屋さんは、A-one(エーワン)から提供されているラベル印刷のフリーソフトです。

宛名ラベルや備品用ラベルだけではなく、名刺を作成することもできますよ。

以下では、ラベル屋さんのおすすめポイントをいくつか挙げてみました。

  • Web版とインストール版のお好きな方を使って名刺を作成できる
  • ビジネス用からプライベート用まで680種類以上の名刺テンプレートあり
  • ドラッグ&ドロップだけで簡単に操作や編集ができる
  • 直感的でわかりやすい操作画面でそのままプリンタから印刷OK

自分の好きなデザインテンプレートを選び、イメージに合う名刺を作れます。

有料ソフト顔負けの高機能がウリですので、是非一度ラベル屋さんを利用してみましょう。

参考 ラベル屋さんの公式サイトはこちら

2位:BiziCard(ビジカード)

BiziCard(ビジカード)

BiziCard(ビジカード)は、コンビニのマルチコピー機のコンテンツプリントサービスと連動したソフトです。

スマートフォンで簡単に名刺をデザインできますので、フリーソフトというよりもアプリに近い感覚でしょうか。

※iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリはこちら!

【無料あり!】iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリ4選!
このページではiPadやスマホで名刺を作成できる8つのアプリを比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。名刺のデザインの作成や編集は基本的に無料です。幅広いテンプレートから選べるアプリもありますので、初めて利用する方は選び方の参考にしてみてください。

BiziCard(ビジカード)でプリントできる代表的なアイテムは次の5つです。

※横にスクロールできます。

BiziCard(ビジカード)でプリントできるアイテム
プライベート/ビジネスカード オリジナルの名刺やフォトカードを作成できる
分割写真プリント 6枚~12枚の写真でフォトカードを作成できる
かんたん写真プリント その場で撮影した写真や保存された画像でプリントOK
オリジナルカレンダー スマホに保存された画像でカレンダーカードの作成OK
ポスタープリント A4普通紙やA4光沢紙で大きなポスターを作成できる

ビジネスシーンで即活用できるようなシンプルなデザインの名刺が多いので、BiziCard(ビジカード)の公式サイトでテンプレートを探してみてください。

参考 BiziCard(ビジカード)の公式サイトはこちら

3位:エレコムらくちんプリント

エレコムらくちんプリント

エレコムらくちんプリントは、パソコン周辺機器メーカーとして有名なELECOMが提供している名刺作成のフリーソフトです。

テンプレートやイラストの素材は3,000種類を超えていますので、「自分に合うデザインの名刺を作れない…」と悩むことはありません。

エレコムらくちんプリントで名刺を作成する流れは次の3ステップです。

※横にスクロールできます。

エレコムらくちんプリントで名刺を作成する流れ
①ダウンロード 公式サイトでエレコムらくちんプリント3.0をダウンロードする
②用紙の選択 名刺を印刷する対応用紙を選択する(エレコム紙製品)
③デザインの編集&印刷 名刺をデザインしてプリンタで印刷する

自宅やオフィスにインクジェットプリンタがあれば、印刷会社に依頼するよりもスピーディーに名刺を印刷できますね。

名刺作りに必要な編集機能は全て揃っていますので、エレコムらくちんプリントを使ってみましょう。

参考 エレコムらくちんプリントの公式サイトはこちら

4位:Canva(キャンバ)

Canva(キャンバ)

Canva(キャンバ)は、300万点以上の写真素材と7万点以上のデザインテンプレートが用意されているフリーソフト!

ブラウザを使ってドラッグ&ドロップ操作で編集し、おしゃれな名刺を作成できます。

Canva(キャンバ)で名刺やショップカードを作った後は、お近くのコンビニで印刷するだけでOKです。

※コンビニで名刺を作成する手順は下記のページで解説しています。

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
「今すぐに名刺が欲しい」という方はいませんか?セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニに足を運べば、簡単に名刺を作成できます。コンビニで名刺を印刷して早く手に入れたい方は、こちらのページを参考にしてみてください。

Twitterの口コミでも、Canva(キャンバ)は高評価を獲得していました。

ただし、Canva(キャンバ)で作成できる名刺のサイズは、日本で使われている91㎜×55㎜よりも一回り小さい85㎜×50㎜なのが注意点…。

欧米サイズの名刺をフリーソフトやキットで作りたい方は、無料のCanva(キャンバ)を利用してみましょう。

参考 Canva(キャンバ)の公式サイトはこちら

5位:デコプチカード

デコプチカード

デコプチカードは、オシャレな名刺を作成したい方におすすめの無料アプリです。

※おしゃれな名刺が欲しい女性はこちらのページもご覧になってください。

【8社徹底比較!】かわいい・おしゃれな名刺作成におすすめの印刷会社4選!
「かわいい名刺が欲しい」「おしゃれな名刺を作りたい」と考えている女性はいませんか?この記事では、女性向けの名刺を作成できる印刷会社を紹介しています。ネット印刷サービスの選び方で迷っている方は要チェックです。

デコプチプリントサービスを使えば、パソコン上で簡単に名刺を作成できますよ。

以前のアプリからアップデートし、デコプチカードは次の機能を新しく追加しました。

  • 3,000種類を超えるお洒落なデザインが取り放題
  • 印刷では表せない高級感のある用紙を選べる
  • 真四角と細長から自由に形状を選べる

LINEで365日安心チャットサポートも採用されていますので、デコプチカードの利用で何かわからない部分がある方は問い合わせてみましょう。

参考 デコプチカードの公式サイトはこちら

Adobe(アドビ)のソフトも名刺の作成におすすめ!

※横にスクロールできます。

Adobe(アドビ)のソフト 大まかな特徴 おすすめ度
Illustrator(イラストレーター) ベクターベースのグラフィックソフトウェア ★★★★★
Photoshop(フォトショップ) 精度の高い世界最高峰の画像編集ソフトウェア ★★★★☆
InDesign(インデザイン) DTP(デスクトップパブリッシングアプリケーション)ソフト ★★★☆☆

無料ではありませんが、上記のAdobe(アドビ)のソフトも名刺作成におすすめです。

Adobe(アドビ)とはアメリカのカリフォルニア州に本社を置くコンピュータ・ソフトウェア会社で、優れたソフトを提供していますね。

中でも、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)を使って名刺を作成している方は少なくありません。

その証拠として、多くの印刷会社ではIllustrator(イラストレーター)によるデータ入稿に対応しています。

Photoshop(フォトショップ)によるデータ入稿で名刺を作れるネット印刷サービスも増えました。

フリーソフトは機能性で劣りますので、拘りのデザインの名刺を作成したい方は有償のAdobe(アドビ)のソフトを使ってみてください。

フリーソフトで名刺を作成する3つのメリットを徹底解説!

フリーソフトを使って名刺を作成するに当たり、上記の3つのメリットがあります。

自作のビジネス名刺やプライベート名刺が欲しい方は一度目を通しておきましょう。

1:無料で提供されているので余計な費用がかからない!

無料

名刺を作成できるフリーソフトの一番のメリットは、無料で提供されているところです。

有償のソフトとは違い、余計なコストはかかりません。

用紙代や印刷代だけ負担すれば、自分の好きなデザインの名刺を手に入れられますよ。

2:既存のテンプレートを使って簡単に名刺を作れる!

基本的に多くのフリーソフトは、既存のテンプレートを使って簡単に名刺を作れます。

好きなデザインのテンプレートを選び、名前や会社名、連絡先などの文字情報を入力すればOK!

名刺を一からデザインする手間を省けますし、パソコンに詳しくない方でも特に問題はありません。

3:名刺が必要になった時にすぐ印刷できる!

印刷

名刺が必要になった時にすぐ印刷できるのはフリーソフトやキットのメリットです。

名刺の印刷用紙とプリンタさえ持っていれば、手軽に増刷してビジネスやプライベートで使えます。

インクジェットプリンタやレーザープリンタがなくても、お近くのコンビニに足を運べば大丈夫です。

フリーソフトで名刺を作成する前に押さえておきたい4つのデメリット…

名刺を作成できるフリーソフトやキットは便利ですが、自作で仕上げるに当たって上記の4つのデメリットあり…。

「満足のいくデザインの名刺に仕上げられなかった…」という方もいますので、名刺作成ツールの良くない部分をきちんとチェックしておきましょう。

1:テンプレート素材が少ないとオリジナリティに欠ける…

オリジナリティ

テンプレートや写真の素材が少ないフリーソフトを選ぶと、どうしてもオリジナリティに欠けます。

実用性だけを求めるなら無料ソフトでOKですが、デザインに拘った名刺が欲しい方には不向きですね。

例えば、上記で紹介したBiziCard(ビジカード)は、名刺のデザインテンプレートが27種類しか用意されていません。

つまり、自分なりにアレンジしないと他者と被る可能性ありと心得ておくべきです。

2:凝ったデザインにするには時間がかかる…

時間がかかる

フリーソフトに限った話ではないものの、凝ったデザインの名刺を作るには時間がかかります。

「文字の大きさはどうしよう」「どのイラストを挿入しようか」と考えていると、中々名刺のデザインが定まりません。

フリーソフトの使い方に慣れるまでに時間がかかることもありますので、スピーディーに名刺を作成するなら専門の印刷会社に依頼するのが無難です。

3:名刺のクオリティはあまり高くない…

フリーソフトやキットで作成した名刺のクオリティが低い理由…
  • 選べる名刺のデザインテンプレートが限られている
  • 市販の印刷用紙やコンビニのプリンタを使わないといけない
  • 名刺を印刷した後に自分で裁断する必要がある

フリーソフトやキットで作成した名刺は、上記の3つの理由でクオリティが低くなります。

自分で印刷したり裁断したりする形になりますので、プロの印刷会社と比べて低品質なのは当然ですよね。

そこで、クオリティの高いデザインの名刺が欲しい方は、ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)を利用しましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)は、5,000種類を超える名刺テンプレートから好きなデザインを選べます。

高品質な印刷機を使って作成した名刺を自宅に届けてくれますので、詳細はVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで確かめてみてください。

4:場合によってはコストが割高になる…

コスト

「名刺作成のフリーソフトやキットは無料だから印刷のコストを抑えられる」と考えている方はいませんか?

確かに、少ないロットを自宅で印刷すればリーズナブルな価格で名刺やショップカードを手に入れられます。

しかし、ある程度の枚数の名刺を印刷するとなると、印刷会社での注文よりもコストが割高になる恐れあり…。

大量の名刺が欲しい方は、印刷会社にまとめて依頼しましょう。

まとめ

以上のように、名刺を作成できるフリーソフトやキットは皆さんが想像している以上にたくさんあります。

ソフトの利用自体は無料で、必要な時にすぐ印刷できるのはフリーソフトのメリットですね。

ただし、「オリジナリティに欠ける」「デザインに時間がかかる」「印刷のクオリティが低い」といったデメリットもありますので、印刷会社に依頼して名刺を作成する方法も検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました