名刺の作成とデータ

名刺のデータを作成するためにはソフトを使うがあり、無料で利用できるものから有償のものまで様々となっております。

無料でインストールできるソフトであれば、プリンタと用紙を用意するだけで簡単に自宅で名刺を作成できるのです。

それに、作成したデータをしっかりと保存しておけば必要に応じて印刷できますし、所属部署が変わったとしてもデータを少し変えれば良いだけなので、永久的に使用することができます。

とは言え、無料で利用できるソフトではシンプルなデザインの名刺になりやすいということで、Photoshop(フォトショップ)といった画像編集ソフトを使ってみるのが良いかもしれません。

Adobeから販売されているソフトを使って名刺を作成でき、慣れてくればオリジナリティの高い名刺も作れるはずです。

1ヶ月当たり980円の「フォトグラフィプラン」や、1ヶ月当たり2,180円の「単体プラン」、1ヶ月当たり4,980円の「コンプリートプラン」など、幾つかの体系に分かれており、僅かなステップで始めることができます。

名刺の作成以外にも利用できるかもしれないので、必要に応じてお好きなプランに加入してみるのが良いのではないでしょうか。

また、自宅に印刷機がないという方でも、データを作成して業者に入稿すればお好みの枚数だけ手に入れることができます。

名刺は印刷してカットするという作業が想像以上に面倒で、上手く印刷できない場合もあるはずです。

その点、業者に依頼すれば高画質で鮮明な名刺を入手できますし、データ入稿すれば良いだけなので、ソフトを使って完全データを作った方は印刷業者を利用して作成してもらうのが適しております。

ただし、業者によって入稿できるデータに違いが生じておりますし、「全ての文字をアウトライン化しなければならない」「CMYKのカラーモデルを使用する」「塗り足しを行う」といった注意点があるのです。

正しい完全データを作成しなければ、お好みの名刺を手に入れることはできませんし、事前に確認しておくのが良いかもしれません。

業者によって異なるものの、基本的に「ご入稿の前に」というページが公式サイトで用意されているはずなので、このページを読んでから注文を確定させるべきです。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、既存のテンプレートから選んで自由にデザインをする方法と、完全データを入稿する方法の2パターンで名刺を作成できます。

どちらのやり方でも高品質の名刺が入手できますし、100枚で990円という料金が魅力的なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました