プライベート用の名刺を作成しよう

プライベート用の名刺を作成するメリット!

プライベート用の名刺を作成するメリット!

名刺の作成と聞くと、多くの方はサラリーマンをイメージするのではないでしょうか。

確かに、サラリーマンにとって自分の身代わりとなる名刺は欠かせない存在ですし、営業をしている方ならば100%持っていますよね。

むしろ、名刺を持っていない営業マンは少なく、こんな印象を相手に与えてしまいますので注意しなければなりません。

  • この人には常識がないのかな?
  • 社会人としての礼儀が分かっていないのかな?

 

しかし、近年では「個人名刺」や「プライベート名刺」を作成している方がチラホラいて、勉強会やセミナー、異業種交流会などで役立ちます。

勤務先の名刺では違和感がありますし、かといってスマホを出してメールアドレスや電話番号を交換するのは微妙ですので、プライベート用の名刺を会社とは別に作成しているのです。

以下ではプライベート用の名刺を作成するに当たり、どんなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 趣味の場所で自分を紹介するツールが出来上がる
  • オフ会やコミケで共通の趣味を持つ人と繋がることができる
  • 名刺を渡した相手に自分を覚えてもらえる

 

名刺というツールはビジネスだけではなく趣味でも大いに役立ちますので、1枚の名刺は忘れずに持っておきたいですね。

 

プライベート用の名刺作成で押さえておきたいポイント

ビジネスも多様化した現代においてTPOをわきまえた自己紹介は当然ですし、名刺の情報を使い分ける必要があるのではないでしょうか。

インターネット上であれば簡単に名刺が作成できますし、格安の業者も多いのでプライベート用の名刺を作成するのは困難ではありません。

そこで、以下ではプライベート名刺や第二の名刺を作成するに当たり、どのような点を押さえておけば良いのかご説明していますので一度参照しておいてください。

  • 自分のことを覚えてもらわなければ意味がないので特徴のないものは避ける
  • 連絡先などの個人情報だけではなく人柄を感じさせるような内容を入れる
  • 自分らしさを表現するために趣味やプロフィールなどを活用する
  • イラストやデザインを上手く活用してインパクトを強める

 

プライベート用の名刺を作成するに当たり、当然のように会社名や肩書きといった要素を入れる必要はありません。

ターゲットによって変わりますので一概には説明できないものの、「名前」「電話番号」「メールアドレス」「SNS」といった情報は載せておくべきですよ。

趣味や研修、オフ会やパーティーなど、職業抜きで自分を知ってもらいたい機会はあります。

その少ないチャンスを活かしてこそ次に繋げられるため、ビジネスのフォーマットからは多少ははみ出た情報も名刺の中に盛り込みましょう。

ビジネスで使う名刺の中に入っていると「え?」と思われる情報でも、プライベート名刺や個人名刺では厳しい縛りはないので自由に構成できます。

自分が訴えたいことを全面的に表現できるのがプライベート用名刺の大きなメリットなのではないでしょうか。

 

プライベート用の名刺に住所を載せた方が良い?

ビジネスで使う名刺であれば、会社やオフィスの情報を名刺の中に記載します。

一方でプライベート用の名刺の場合は、必ずしも住所が必要だとは言い切れません。

不特定多数の人に配る名刺に自分の住所を載せておくと、こんなデメリットやリスクがあります。

  • ストーカーなどのトラブルの被害に発展する恐れがある
  • 何か変な郵便物が送られてくる可能性がある

 

特に女性の場合は十分に注意しなければならないので、プライベート用の名刺を作成する時は自宅の住所ではなくバーチャルオフィスのアドレスにしましょう。

 

プライベート用の名刺作成におすすめのサービス!

プライベート用の名刺を作成する予定の方には、Vistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

当サイトでは100枚の名刺を980円という格安の価格で注文できるインターネット通販のVistaprint(ビスタプリント)をご紹介しています。

多種多様のテンプレートの中から自分のイメージに合ったデザインで名刺を作成できますし、今はデザインDECO名刺などのオプションサービスも追加されました。

クオリティの高い名刺を簡単に作成できますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました