名刺作成の注意点!押さえておきたいルールやタブーは?

名刺を作成するに当たってルールやタブーはあるの?

ルール

名刺やショップカードを作成するに当たり、決められたルールやタブーがあるのかどうか気になっている方はいませんか?

基本的には必要な情報が過不足なく盛り込まれていれば、どのようなデザインや形状の名刺を作成してもOKですよ。

名刺の作成で、「○○○は絶対に従うべき!」といったルールや守るべきタブーはありません。

次の3つの点を意識していれば、ビジネスでもプライベートでも名刺としての役割を果たしてくれます。

  • 名前や連絡先などの必要な個人情報が入っている
  • 受け取った人が読みにくくならないように工夫している
  • 自分の職業と名刺のデザインがかけ離れていない

あらかじめ決められた基準がなかったとしても、一般的且つ常識的な立場、名刺を貰った側に立って作成すると相手に好印象を与えられます。

「ただ自分の名前や連絡先を相手に伝えることができれば良い」と考えるのではなく、なるべく良いイメージを与えられる名刺を作りましょう。

名刺の作成で押さえておきたい6つの注意点!

ビジネスでは名刺の仕上がり具合で相手が受ける印象が変わりますので、絶対に守るべきルールやタブーはなくても慎重に作成したいものです。

このページでは名刺の作成で押さえておきたい6つの注意点について詳しくまとめました。

1:相手の立場に立って記載する情報や項目を決める!

チェックリスト

名刺としての役割を果たしていなければ初対面の人と名刺交換をする意味がありませんので、まずはデザインを考える前に名刺の中に入れる情報や項目を決めるのがポイントです。

そこで、以下では名刺の中に絶対に入れるべき項目と必要に応じて入れたい項目を解説していきます。

※横にスクロールできます。

名刺の中に入れる情報
絶対に入れるべき項目 「名前」「会社名」「部署名」「肩書き」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「ホームページのURL」
必要に応じて入れたい項目 「HPのQRコード」「キャッチフレーズ」「今までの経歴」「過去の実績」「SNSのアカウント」「サービスの紹介」

名刺を渡す相手の立場に立ち、記載する情報や項目を決めていきます。

情報を整理して必須項目を過不足なく詰め込み、必要に応じて他の項目を記載するのが名刺を作成する上での最低限のルールですね。

例えば、名刺の中にキャッチコピーが入っていると、相手に渡した時に強いインパクトを与えられます。

きちんと情報の取捨選択をすれば、魅力的なビジネス名刺に仕上げられるでしょう。

2:ビジネス用途なら標準の名刺サイズと形状に統一する!

名刺のサイズ

名刺の種類 名刺のサイズ 大まかな特徴
名刺4号 55㎜×91㎜ 最もスタンダードなサイズ
小型2号 30㎜×56㎜ 最も小さいサイズに分類される
小型4号 39㎜×70㎜ 女性向けに角丸加工が施される
名刺3号 49㎜×85㎜ 女性名刺と呼ばれるサイズ
名刺5号 61㎜×100㎜ 記載する情報量を増やせる
欧米サイズ 51㎜×89㎜ 欧米で使われている名刺

名刺と一口に言っても、サイズや大きさは上記のようにたくさんあります。

しかし、ビジネス用途の名刺を作成するのであれば、55㎜×91㎜の標準サイズに統一するのが注意点です。

なぜ標準サイズで名刺を作るべきなのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • 変形サイズだと名刺入れや名刺ホルダーに入らない
  • 複雑な形状の名刺は折れ曲がりやすい
  • 奇抜な名刺はふざけていると思われやすい

特に拘りがない方は、日本のビジネスの標準サイズである55㎜×91㎜の名刺を作ればOKです。

※名刺のサイズやピクセルについてはこちら!

名刺の作成でサイズやピクセルはどうする?規格外サイズで作れる印刷会社3選!
名刺のサイズは「○○㎜×○○㎜で作成しないといけない」といった決まりはありません。日本のビジネスでは91㎜×55㎜が一般的ですが、小さな名刺や大きな名刺を使うこともできますよ。この記事では規格外サイズで名刺を作れる印刷会社についてまとめました。

3:名刺の全体的なレイアウトを考える!

名刺の中に記載する情報とサイズが決まった後は、全体的なレイアウトを考えていきます。

名刺をデザインをするに当たり、「読みやすい」「見やすい」「スッキリしている」といった点は大事なポイント!

具体的にどのような点を意識して名刺をレイアウトすれば良いのか見ていきましょう。

 

文字のフォントはゴシック体や明朝体で作成し、電話番号やメールアドレスは欧文の書体を選ぶ

 

名前や肩書きなどの文字情報はなるべく左側に揃えて配置する

 

全体のバランスを見ながら行間を調整して見やすいレイアウトに変えていく

 

会社のロゴマークは横書きなら左側、縦書きなら右上の場所に配置する

 

普段はあまり意識することがありませんが、名刺を作成するに当たってレイアウトには基本的なルールがあります。

適切なフォントを選んだり行間を揃えたりして、少しでも見やすい名刺に仕上げるべきですよ。

4:文字サイズは大きめで余白を十分に取る!

名刺の文字サイズ

名刺の中に記載する内容で変わりますが、文字サイズはなるべく大きめに設定しましょう。

名刺の作成で文字の大きさに関するルールが細かく設定されているわけではないものの、あまりにも小さくすると読みにくくなる恐れあり…。

名刺交換で相手に自分の情報が伝わらなければ意味がありませんので、文字サイズは大きい方が良いわけですね。

ただし、全ての文字サイズが一緒だと強調する部分がわかりにくくなるため、中に記載する項目に合わせて変えましょう。

名刺の中に記載する項目別の文字サイズ
自分の名前(一番目立たせたい項目) 16P(ポイント)
肩書き(その次に目立たせたい項目) 7P(ポイント)
連絡先(必要な人に見て欲しい項目) 6P(ポイント)

あくまでも一例ですが、上記をベースに文字サイズを調整すると見やすい名刺に仕上がります。

また、文字と文字の間や画像周辺は十分に余白を取りましょう。

適度に余白を作ることにより、名刺の強調したい部分をより際立たせることができます。

文字やイラストが詰まった余白のない名刺は見にくくなりますので注意してください。

※名刺を作成する際に余白を設けた方が良い理由はこちら!

【見やすさ重視!】名刺の作成で余白を設けるべき3つの理由を徹底解説!
名刺の見やすさや読みやすさを重視するのであれば、適度に余白を設けないといけません。文字と文字の間に余白があれば、スッキリとしたデザインに仕上げられます。名刺の作成方法で悩んでいる方は、こちらのページを参考にしてみてください。

5:事業内容や社風に合うデザインテンプレートを使う!

名刺のデザイン

名刺は個人を知ってもらうアイテムなのに加えて、会社や事業内容をアピールするツールです。

そのため、事業内容や社風に合うデザインテンプレートを使って名刺を作成しないといけません。

ここでは、職業別の名刺デザインの一例を挙げていきます。

  • 化粧品を取り扱うスタッフの名刺は華やかなデザイン
  • ベンチャー企業の名刺はIT関係のイラスト入りのデザイン
  • 老舗の企業の名刺は堅実なフォーマルなデザイン

名刺は中に記載する情報だけではなく、見た目のデザインでも第一印象が決まると心得ておいてください。

6:印刷会社に依頼する際は完全データで入稿する!

名刺を印刷する方法
自分でプリントする 自宅のインクジェットプリンタで印刷する
コンビニに足を運ぶ コンビニのマルチコピー機で印刷する
印刷会社に依頼する 印刷会社にデータ入稿して印刷を依頼する

名刺を印刷する方法は、「自分でプリントする」「コンビニを利用する」「印刷会社に依頼する」と3つの方法に大きくわけられます。

※コンビニで名刺を作成する手順はこちら!

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
名刺の作成はコンビニ印刷よりもネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ! インクジェットプリンタをお持ちでない方でも、コンビニのマルチコピー機で名刺の作成や印刷ができます。 しかし、高品質な名刺を作成した...

印刷会社に依頼して名刺を作成する際は、修正の必要のない完全データを入稿しましょう。

Illustrator(イラストレーター)でもPhotoshop(フォトショップ)でも、入稿するデータに不備があると印刷工程に入ることができません。

「印刷会社に依頼して早く名刺を作成して欲しい」と考えている方は、データに不備がないことを確認してから入稿して希望の枚数の名刺を注文すべきですね。

名刺のデータをお持ちでない方は、ネット印刷サービスのVistaprint(ビスタプリント)の利用がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)では、最初から用意されたテンプレートに文字を入力して編集するだけで簡単に名刺を作成できます。

100枚のフルカラー名刺が980円~と格安の料金なのも魅力的なポイントですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

名刺交換で絶対に行ってはいけないタブーとは?

どんなに綺麗なデザインの名刺が出来上がったとしても、名刺交換のルールやタブーを把握していないと信用を失いますし、恥をかくことになります。

新入社員の場合は会社内の研修で名刺交換のやり方の説明を受けるかもしれませんが、大学を卒業してから会社に属さずに個人事業主やフリーランスになった人は正しい方法を心得ておかないといけません。

このページでは、名刺交換の際に絶対にやってはいけないタブーをいくつか挙げてみました。

  • 相手の名刺の上に飲み物をこぼして汚してしまう
  • 相手が見ている前でボールペンやシャープペンで名刺にメモをする
  • 折ったり切ったりと相手の名刺をぞんざいに扱う
  • もらった名刺を机の上に置かずにズボンのポケットに入れる
  • 訪問先に名刺を置き忘れる
  • 名刺を胸の高さよりも低く下ろして見下したようにチェックする

どれか一つでも自分の評価を大きく下げる原因になりますので、名刺の作成に加えて名刺交換のやり方を把握しておいてください。

※名刺交換のマナーで押さえておきたいポイントはこちら!

【名刺交換のマナー!】正しい渡し方や受け取り方、しまうタイミングについて徹底解説!
素敵な名刺を作成していても、名刺交換のマナーを知らなければ意味がありません。正しいやり方で名刺交換するのは社会人の常識ですよね。この記事では名刺交換の正しい渡し方や受け取り方、相手からもらった名刺をしまうタイミングについて詳しく解説していきます。

まとめ

名刺を作成する上での注意点やルールについておわかり頂けましたか?

名刺のレイアウトに拘ったり自分に合うデザインを選んだりするのは、名刺交換で相手に良いイメージを与えるに当たって欠かせないポイントですよ。

1枚の名刺の仕上がりで自分の印象は大きく変わりますので、細かい部分にも拘って作成しましょう。

タイトルとURLをコピーしました