名刺作成の注意点!押さえておきたいルールやタブーは?

名刺を作成するに当たってルールやタブーはあるの?

名刺作成のルール・タブー
名刺やショップカードを作成するにあたって、ルールやタブーがないか気になりますよね。

基本的には必要な情報が過不足なく盛り込まれていればどのような名刺を作成しても問題はありませんので、「○○○は絶対に従うべき!」といったルールや守るべきタブーはありません。

名刺のデザインの方法や全体的な大きさなど、あらかじめ絶対的な基準が決められているわけではありませんので、下記の点さえ守っていればOKです。

  • 名前や連絡先などの必要な個人情報が入っている
  • 受け取った人が読みにくくならないように工夫している
  • 自分の職業と名刺のデザインがかけ離れていない

 

とはいえ、名刺交換の場はビジネスにおいて皆さんが想像している以上に大事で、ビジネスチャンスを広げる上で欠かせないツールです。

あらかじめ決められた基準がなかったとしても、一般的且つ常識的な立場、名刺を貰った側に立って作成すると相手に好印象を与えられます。

「ただ自分の名前や連絡先を相手に伝えることができれば良い」と考えるのではなく、より好印象を与えられる名刺を作成しましょう。

 

名刺の作成で押さえておきたい注意点

ビジネスでは、名刺の仕上がり具合で相手が受ける印象が変わります。

絶対に守るべきルールやタブーはなくても、名刺は慎重に作成すべきですよ。

ここでは名刺の作成で押さえておきたい注意点をいくつか紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

 

相手の立場に立って名刺の中に記載する情報や項目を考える

名刺作成のルール

名刺としての役割を果たしていなければ初対面の人と名刺交換をする意味がありませんので、まずはデザインを考える前に名刺の中に入れる情報を考えるべきです。

取り引き先やお客様との連絡手段の一つとなるのが名刺ですが、あまりにも欲張って情報を詰め込みすぎると見にくくなります。

そこで、コミュニケーションを円滑に進めるためにも、情報を整理して必須項目を過不足なく詰め込み、必要に応じて他の項目を記載するのが最低限のルールですね。

名刺を作る上での必須項目と、必要に応じて入れたい項目としては以下が挙げられます。

 

<名刺の中に入れるべき必須項目>
・名前
・会社名
・部署名
・肩書き
・住所
・電話番号
・ホームページのURL

 

<必要に応じて入れたい項目>
・HPのQRコード
・キャッチフレーズ
・今までの経歴
・過去の実績
・経営理念
・SNSのアカウント
・サービスの紹介

 

「○○がなければ名刺としての役割を果たさない」と決まっているわけではありません。

そのため、魅力的な名刺を作成するにはどんな情報が必要でどんな情報が不要なのか、取捨選択をする必要がありますよ。

最低でも名前や会社名、部署名や連絡先は欠かせないですし、必要に応じてTwitterのユーザー名やキャッチコピーなどを入れるのも良いでしょう。

何が何でも情報を詰め込めば良いわけではないのが、名刺を作成する上でのポイントだと把握しておいてください。

 

標準の名刺サイズと形に統一しよう

名刺のサイズ

標準の名刺サイズは日本では55mm×91mmで、この長方形に統一するようにしましょう。

必ずしもこのサイズに統一して名刺を作成しなければならない決まりはありませんし、最新の印刷や裁断技術を駆使すれば次のように特殊な形状の名刺を作ることはできます。

  • 39㎜×70㎜の小型4号
  • 49㎜×85㎜の3号
  • 51㎜×89㎜の欧米サイズ
  • 61㎜×100㎜の5号

 

特定の会社に所属していない個人事業主やフリーランスであれば、自分の裁量に合わせて名刺のサイズを変えるのはOKです。

実際に名刺で相手に大きなインパクトを与えるために、名刺全体をロゴや企業キャラクターの形状にしている方も少なくありません。

それでも、名刺入れの大きさは標準のサイズに従って作られていますし、あまりにも複雑すぎる形状は折れ曲がりやすくお堅い職業の方には適していませんので、55mm×91mmに統一するのがベストです。

 

全体的なレイアウトを考えよう

全体的なレイアウトを考えよう
名刺の中に記載する情報とサイズが決まったら、全体的なレイアウトを考えていきます。

名刺デザインをするに当たり、「読みやすい」「スッキリしている」「一目で何をやっている人なのか分かるようにする」という3点は大事です。

そこで、どのような点を意識してレイアウトすれば良いのかいくつかの要素を挙げてみました。

  • 文字の書体は2種類までにする(あまりにも多いと読みにくくなる)
  • 名前を大きくしたり連絡先を小さくしたりと文字サイズでアクセントを加える
  • 「右揃え」「左揃え」「中央揃え」など文字の端を整列させる
  • 視線の誘導をスムーズにするために適度に余白を設ける

 

インパクトのある名刺を作成するに当たり、サイズを変えるのではなく文字のフォントや余白に拘ってデザインしてみてください。

 

名刺の中に入れる文字を小さくしすぎるのはタブー!

名刺の中に入れる文字を小さくしすぎるのはタブー!

上記の情報を名刺の中に盛り込む際に、あまりにも文字が小さすぎると見えにくくなりますので注意しないといけません。

文字の大きさに関するルールが細かく設定されているわけではありませんが、年配の方と名刺交換をすることも考慮し、フォントサイズは6pt以上にするべきです。

そして、全て同じ書体だとインパクトに欠けますので、名前や会社名といった強調したい部分を別の書体にすれば視認性を高めることができますね。

  • 一番目立たさなければならない名前は最も大きい文字サイズを使う
  • 電話番号や住所などの補助的な内容は少し小さいサイズの文字を使う
  • キャッチフレーズなど強調したい部分は別のフォントを使う(多くても2種類まで)
  • 相手に伝えたいメッセージを手書きで加えるのもインパクトが増すのでOK

 

以上の点に加え、日本のビジネスでは標準となっている91mm×55mmの普通4号で名刺を使い、自分のイメージに合うようなデザインを考えて作成すれば完璧です。

 

印刷会社に依頼する際は完全データで入稿する

名刺の作成を印刷会社に依頼するに当たり、既存のテンプレートを使用するのではなく自分で作ったデータを入稿して印刷してもらうのは選択肢の一つです。

この際にデータに不備があると印刷工程に進めないので、完全データで入稿しないといけません。

以下では、Illustrator(イラストレーター)で作成する際のポイントや注意点をまとめてみました。

  • 文字化けを防ぐために文字のアウトライン化を行う
  • リンク画像はオプションの「配置した画像を含む」にチェックして埋め込む
  • 基本的に代表的な91mmx55mmで作成したデータを入稿する
  • 断裁後の名刺として使用するサイズのトンボを設定する

 

「印刷会社に依頼して早く名刺を作成して欲しい」と考えている方は、データに不備がないように確認してから入稿して希望の枚数を依頼しましょう。

 

ビスタプリント

 

自分で名刺のデータを作成するのが面倒な人には、最初から決められたテンプレートに文字を入力していくだけで済むVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

自分でクオリティの高い名刺を作成するのは難しいので、初めての方はハイクオリティなサービスのVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺交換の際に行ってはいけないルールやタブーとは?

どんなに綺麗なデザインの名刺が出来上がったとしても、名刺交換のルールやタブーを把握していないと信用を失いますし、恥をかくことになります。

新入社員の場合は会社内の研修で名刺交換のやり方の説明を受けるかもしれませんが、大学を卒業してから会社に属さずに個人事業主やフリーランスになった人はきちんとチェックしておくべきです。

以下では名刺交換の際に絶対にやってはいけないタブーをまとめてみました。

  • 相手の名刺の上に飲み物をこぼして汚してしまう
  • 相手が見ている前でボールペンやシャープペンで名刺にメモをする
  • 折ったり切ったりと相手の名刺をぞんざいに扱う
  • 貰った名刺を机の上に置かずにズボンのポケットに入れる
  • 訪問先に名刺を置き忘れる
  • 名刺を胸の高さよりも低く下ろして見下したようにチェックする

 

どれか一つでも自分の評価を大きく下げる原因になりますので名刺の作成に力を入れるだけではなく、社会人になって数年が経過している方も確認のために名刺交換のタブーやマナーを把握しておいてください。

※名刺交換のマナーについては、こちらのページでも解説しています。

 

check-s011

名刺交換のマナーについてはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました