【見やすさ重視!】名刺の作成で余白を設けるべき3つの理由を徹底解説!

余白を設けずに名刺を作成するデメリット…

シンプルな名刺

名刺を作成するに当たり、ビジネス用途でもプライベート用途でも見やすさや読みやすさを重視しないといけません。

余白の取り方は名刺全体のバランスに影響しますので、レイアウトするに当たって押さえておきたいポイントですね。

まず最初に、余白を設けずに名刺を作成するデメリットを見ていきましょう。

  1. 名刺の表面に名前や連絡先だけではなくプロフィール情報などを詰め込む
  2. 情報が多ければ多いほど自分のことを深く知ってもらえると勘違いする
  3. ゴチャゴチャと見づらくなって名刺を貰った相手は戸惑ってしまう
  4. 良いイメージを与えるどころか逆に第一印象が悪くなってしまう

なるべくたくさんの内容を名刺に記載し、自分のことを知ってもらおうとする努力は大事です。

しかし、名刺は文字情報が多ければ多いほど良いわけではないと心得ておいてください。

【見やすさ重視!】名刺の作成で余白を設けるべき3つの理由を徹底解説!

余白を設定して名刺を作成した方が良い理由は上記の3つです。

見やすさを重視した名刺の方が相手に与えるイメージは確実に良くなりますよ。

名刺のレイアウトやデザインを始める前に、余白に関する正しい知識を要チェックです。

1:文字がギュウギュウに詰まっていると見づらくなる!

女性

余白を設けて名刺を作成した方が良いのは、文字がギュウギュウに詰まっていると見づらくなるのが一番の理由です。

情報がビッシリで余白のない名刺を作成すると、受け取った方は窮屈で圧迫感があります。

更に自分の名前やキャッチコピーなど、見せたい部分が曖昧になりやすいので注意しないといけません。

自分のプロフィールや経歴など載せたい情報が多い場合は、裏面を有効活用した両面の名刺を作成してみましょう。

※両面の名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】裏面を使った両面の名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺は表面と裏面の両方を使えます。この記事では両面の名刺を作成するメリットやおすすめの印刷会社についてまとめました。名刺の中に記載する情報量を増やしたい方は、裏面のスペースを有効活用してみてください。

2:スッキリしたデザインになって第一印象が良くなる!

余白のある名刺は、スッキリしたデザインになって相手に渡した時の第一印象が良くなります。

名刺の中には名前や連絡先など様々な情報を記載しますが、文字と文字の間に適度な余白があると窮屈さがなくなるわけですね。

ただし、英文字は文字間を開けすぎると可読性が下がる恐れあり…。

英文字の文字間

英文字の文字間

文字間ではなく、文字と文字の間の余白を取って名刺を作成するのがポイントです。

3:印刷や裁断する際に文字やデザインが切れる恐れがある!

名刺のデータを作った後は、印刷会社に依頼したり自分でプリントしたりして作成する形になります。

この時に余白や塗りたしを設定していないと、印刷で文字やデザインが切れやすいので注意しましょう。

下記の図を見ればわかる通り、断裁位置付近に文字が配置されていると文字切れを起こします。

名刺の断裁による文字切れ

名刺の断裁による文字切れ

つまり、印刷会社にデータ入稿して名刺を作成する際は、最低でも仕上がりサイズより3㎜内側に文字やデザインを配置してください。

※名刺作成のデータ入稿で押さえておきたいポイントはこちら!

データ入稿で名刺を作成する際に押さえておきたい8つのポイントを徹底解説!
IllustratorやPhotoshopで作った名刺のデータがあれば、印刷会社に入稿して印刷を依頼できます。自宅のプリンタを使ったりコンビニに足を運んだりする必要はありません。ここではデータ入稿の名刺作成におすすめの印刷会社を4つ紹介しています。

Vistaprint(ビスタプリント)は自分で名刺の編集OK!

Vistaprint(ビスタプリント)

ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)では、ソフトをダウンロードしなくても自分で名刺を編集できます。

文字の大きさを変えたり好きな場所に配置したりできますので、余白を十分に取って名刺の作成OK!

しかも、Vistaprint(ビスタプリント)の名刺の編集ツールは使いやすいと評判です。

ビスタプリントのデザイン編集画面

Vistaprint(ビスタプリント)のデザイン編集画面

どのデザインテンプレートを選んだとしても、Vistaprint(ビスタプリント)は100枚のフルカラー名刺の作成が送料無料の1,628円~と非常に安くなっています。

料金の安さとデザインのクオリティの高さが人気の秘訣ですので、一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

名刺の余白に関する口コミや評判まとめ!

名刺の余白に関する口コミや評判

このページでは、名刺の余白に関する口コミや評判の情報を紹介していきます。

名刺全体の見やすさだけではなく、相手に何かメモを残す目的で余白を設けた名刺を作成している方もいました。

※相手から渡された名刺にメモを書くのが失礼な理由はこちら!

相手から渡された名刺にメモを書くのが失礼な理由を徹底解説!
相手から渡された名刺にメモを残したいと考えている方はいませんか?しかし、名刺交換の後にその場で相手の名刺にメモ書きするのは失礼ですよ。名刺交換のマナーを知らないだけで恥をかきますので、ビジネスマンの方はきちんと心得ておきましょう。

名刺の余白を怖がらずに作成すれば、素敵なデザインに仕上げられますので是非一度試してみてください。

まとめ

名刺を作成するに当たって余白を取った方が良い理由についておわかり頂けましたか?

文字量の多いギュウギュウに詰まった名刺は、見づらいデザインになりやすいので注意が必要です。

初対面の名刺交換では第一印象が大事ですので、余白を設けて見やすいデザインに仕上げましょう。

タイトルとURLをコピーしました