名刺を作成する際に余白を設けた方が良い理由

余白を設けずに名刺を作成するデメリット

名刺を作成する際は余白を設けよう

ビジネスや趣味で使う名刺を作成するに当たり、次のように考えている方はいませんか?

  • なるべくたくさんの情報を書いて相手に自分のことを伝えないといけない!
  • 余白が多すぎると自分のイメージが悪くなるのでは?
  • 情報量の多い名刺だとビジネスを制すことができるよね?

 

確かに、名刺は限られたスペースの中に自分の情報を書き込む必要があります。

しかし、だからこそ文字と文字のスペースや余白を大事にして名刺を作成しましょう。

「自分のことをもっと知ってもらうためにたくさんの情報を詰め込みたい」ということで、余白を作らずに文字をできる限り多く入れて作成するのは初心者がやりがちな失敗です。

余白を作らずに名刺の中を文字情報で埋めてしまうと、次のデメリットがありますよ。

  1. 名刺の表面に名前や連絡先だけではなくプロフィール情報などを詰め込む
  2. 情報が多ければ多いほど自分のことを深く知ってもらえると勘違いする
  3. ゴチャゴチャとしているだけで名刺を貰った相手は戸惑ってしまう
  4. 良いイメージを与えるどころか逆に第一印象が悪くなってしまう

 

名刺をもらった相手はどこに目を通せばわからなくなりますので、情報を詰め込めば詰め込むほど良いという単純な話ではありません。

情報量があまりにも多すぎると、強弱が付きにくくなりますので気を付けてください。

 

名刺を作成する際に余白を設けた方が良い理由はこれだ!

女性

名刺を作成する際に余白を設けた方が良いのは、他の部分と差別化されて目立たせたい文字や図版を強く印象付けられるのが一番の理由です。

名刺を作成するに当たり、最も強調したい部分は自分の名前ですので、氏名や職種といったグループの周りにはある程度の余白を作って文字で埋めないようにしましょう。

また、余白を作ることで視線の誘導がスムーズになり、名前や読み仮名などを要素を受け取った相手はしっかりと把握してくれます。

なるべく多くの情報を相手に与えようと考えることは重要ですが、何を伝えたいのか受け取った側の立場に立って考えないといけません。

そのため、何もない空間が何となく名刺の中にできてしまうのではなく、どこに余白を作るのか考えながら名刺をデザインしたりレイアウトしたりするのがポイントですよ。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)はおすすめの名刺作成サービスで、デザインに関してはネット上で自分で行う形になります。

 

ビスタプリント

 

下記のように余白に拘ってレイアウトしていれば、今よりも更に魅力的な名刺が出来上がるでしょう。

  • 一つ一つの文章には適度に隙間を設けて読みやすくする
  • 背景のデザインと文字がなるべく被らないように配置する
  • 6pt以下の文字サイズは避けて中高年の方でも読みやすくする
  • どうしても表面だけで入り切らない時は裏面も同時に活用する

 

どのデザインを使っても100枚の名刺が980円と圧倒的に格安の料金設定ですので、ビジネスや趣味で使う名刺が欲しい方はVistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

余白を作れない時は表面だけではなく裏面も用いて名刺を作成しよう

上記でも説明したように、名刺を作成するに当たって余白部分に重きを置くことにより、洗練されたイメージに繋がります。

文字で埋まっていると安っぽい印象を相手に与えてしまうため、見やすくスッキリとしたデザインの名刺を作成するように心がけるべきですね。

もし、名刺の中に自分のプロフィールや経歴を細かく記載したいのであれば、表面ではなく裏面を活用してみてはいかがでしょうか。

名刺は表面と裏面の両方を満遍なく使用できるのにも関わらず、裏面を効果的に使っているビジネスマンは少ないような気がします。

飲食店のショップカードなどでは、表面にお店の名前を中心とする概要が記載されており、裏面に行き方の地図が表記されていることが多いでしょう。

このように、両面を駆使すれば見やすくて尚且つ充実した名刺を作成できますので、表面だけに情報を詰め込みすぎないのがポイントです。

プロフィール情報を表面に記載して余白を上手く作れない時は、裏面を活用した両面名刺を作成してみてください。

 

表面と裏面の両面で名刺を作るデメリットは?

デメリット

表面と裏面の両面で名刺を作れば、適度の余白を設けながらたくさんの情報を名刺を渡した相手に与えられます。

しかし、1枚当たりの名刺作成コストが高くなるデメリットがありますので注意しないといけません。

  • 片面だけの名刺であれば1枚当たりのコストは安くなる
  • 両面やフルカラーで作成すれば料金は高くなる
  • 2つ折りや3つ折りのカードも同じように金銭的な負担が大きくなる

 

名刺にはこういった特徴がありますので、品質の良い名刺を作ろうとすればするほど料金は高くなると押さえておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました