両面の名刺作成

両面の名刺を作成するメリット

両面の名刺を作成するメリットは?
現在ではビジネスでもプライベートでも、表面と裏面の両方を使った両面の名刺を作成している方は少なくありません。

名刺は片面しか使用してはいけないという決まりはありませんので、両面を使って自由に自分を表現したりアピールしたりするのは選択肢の一つですよ。

そこで、表面だけを使って名刺を作成するのとは違い、両面の名刺を使うことでどんなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 会社の名前や自分の名前などありきたりな情報だけではなく、今までのプロフィールや経歴など様々な情報を詰め込むことができる
  • 表面に連絡先などの情報を書いて裏面は地図として利用できる(ショップやお店のカードを作成する際におすすめ)
  • デザインを考慮すれば相手へと大きなインパクトを与えられる(情報の数が増えれば相手の印象に残りやすくなる)
  • 外資系企業へと勤めている方であれば表面は日本語、裏面は英語という使い方が可能(グローバルな企業に勤めている方におすすめ)

 

「片面だけではスペースが少な過ぎて書き切れない」「文字を小さくしてみたけれど見にくくなった気がする」と感じている方は実に多いかもしれません。

確かに、表面にギッシリと文字を詰めると読みにくくなり、名前や連絡先といった重要な内容が埋もれてしまいますね。

ご年配の方に名刺を配る場合、目が悪くて上手く読むことができなければ自分の印象はかなり悪くなってしまうのではないでしょうか。

そのため、名前や連絡先など大事な内容は表面に大きな文字で記載し、プロフィールや事業内容など自分をもっと知ってもらいたい情報を裏面に記載する名刺を作成すれば、文字が小さくなることなくスッキリとした印象を相手に与えられますよ。

 

両面の名刺を作成するのに適したサービスはこれだ!

自宅でプリンタを使って両面の名刺を作成するのは、想像すれば分かる通りかなり面倒です。

  1. ソフトを使って名刺のデータを作成する
  2. 最初に表面を印刷する
  3. 裏返して裏面を印刷する
  4. 名刺のサイズに合わせてカットする

 

「コツが必要」というわけではありませんが、上記のように片面の名刺を印刷するよりも手間と時間がかかります。

そこで、以下では両面の名刺を作成するのに適したサービスをご紹介していますので、気に入ったところへと依頼してみてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)
当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では100枚の名刺が980円と、どのサービスよりも安い料金設定となっています。

  • 両面の名刺をオンライン上で作成して印刷を依頼できる
  • テンプレートの数は7,000種類以上と豊富
  • 厚盛りDECO加工といった特殊なオプションがある

 

こういった魅力がVistaprint(ビスタプリント)にはありますので、ネット通販の名刺作成サービスの中でも人気です。

より鮮明なデザインの名刺に仕上げるために、追加料金を支払うことで両面光沢仕上げが可能なので是非一度Vistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺マーケット

名刺マーケット

「名刺マーケット」と呼ばれる印刷会社では、両面モノクロの名刺が100枚で275円、両面カラーの名刺が100枚で575円と激安の価格が提供されており、1,000枚ならばそれぞれ2,200円、3,200円と1枚当たりの単価は更に安くなるのです。

格安の料金で両面の名刺を大量に作成したいと考えている方には、「名刺マーケット」が実に適しているのではないでしょうか。

  • スタンダードデザインでアピール力を上げるビジネス名刺
  • 拘りとシンプルさで遊び心を演出するスタイリッシュ名刺

 

上記のように用意されているテンプレートの数は豊富ですし、期間によってポイント2倍バレンタインキャンペーンなどお得な特典が用意されていました。

1,000枚を超える大型の注文も承っていますので、個人だけではなく法人の利用としてもおすすめです。

 

無理をして両面の名刺を作成すれば良いわけではない!

名刺の中に記載する情報があまりないのならば、無理をして両面の名刺を作成する必要はありません。

余白が大きすぎればスカスカになって良いイメージは与えられませんし、表面だけで書き切れる内容であれば無理に裏面を駆使しなくても大丈夫ですよ。

裏面の名刺作成というページでも説明致しましたが、英語表記をしてみたり自分が有している資格を記載してみたりと、様々な使い方が考えられます。

とは言え、両面の名刺を作成すれば絶対に好感度を上げられるわけではなく、ビジネスと少なからず関係していなければ意味がないのです。

自分のことを知ってもらいたいからといって、ビジネスと全く関係のない趣味やプライベートの情報を載せても相手にとってはあまり意味がありませんし、逆にイメージを悪くする原因となります。

  • 表面だけで名刺を作成していると文字のサイズが小さくなりすぎる
  • 名前や連絡先以外にも相手へと伝えたい情報がたくさんある
  • 裏面に地図を載せて事務所やお店の場所を教えたい

 

上記に該当する人には両面の名刺や2つ折りカードなど、情報をたくさんつぎ込めるスタイルがピッタリです。

有している資格が少なかったり、経営理念を持っていなかったりという方は、オーソドックスな片面の名刺を作成するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました