英語の名刺を使うメリットと作成で押さえておきたいポイント

英語の名刺を使うメリットは?

英語の名刺を作成するメリットは?

近年ではグローバル化が進み、仕事で外国人の方と頻繁に接する職業の方は増えました。

外資系企業に勤めているビジネスマンではなくても、外国人とコミュニケーションを取る機会は決して少なくありません。

そこで、日本語だけで記載された名刺ではなく英語表記を取り入れた名刺を作成するのは選択肢の一つで、グローバルな企業に勤めている方におすすめですよ。

「外国人は名刺交換をしないのではないか」というイメージを持っている方は多いものの、日本と同じように自己紹介のツールとして役立っています。

欧米でもビジネスにおいて名刺交換は頻繁に行われていますし、日本人の大事な商慣習だと理解している外国人で自分から積極的に名刺を差し出してくれることも多いでしょう。

英語の名刺をビジネスで使うに当たり、どのようなメリットがあるのかいくつか挙げてみました。

  • アメリカ人やイギリス人など欧米人と名刺交換をする際に印象が良くなる
  • 外資系企業に勤めていれば自分に英語のスキルがあるとアピールできる
  • 外国人と名刺交換をする際に話題ができてスムーズに話し合いができる
  • 外国人と交流を深めることで英語力のアップに繋がる

 

英語や英文の名刺の作成自体は決して難しくありません。

電話番号や住所の表記の仕方を押さえておくだけで、自宅でソフトを使って作成したり印刷会社に依頼して仕上げたりできます。

外国人との名刺交換で英語表記がされていれば好感度を大きく上げられますので、表面は日本語表記、裏面は英語表記の名刺を作成するのがベストです。

もちろん、外国人と名刺交換をする頻度が少ない方が英語表記の名刺を作成しても仕事で役立てることができませんので、自分の職業と照らし合わせて裏面の使い方を考えてみてください。

 

英語の名刺を作成する上で押さえておきたいポイント!

名刺は第一印象を良くする上で欠かせないツールで、全体的なデザインから文字情報まで気を配るべきポイントがたくさんあります。

ここでは英語表記の名刺を作成するに当たって押さえておきたいポイントをいくつか説明していますので、ビジネスで使い始める前に是非一度チェックしておきましょう。

 

氏名の表記の順番を考慮する

氏名の表記の順番を考慮する

一般的に氏名を英語表記する場合は、最初に名前(ファーストネーム)、その後に苗字(ファミリーネーム)を記載するスタイルです。

とは言え、必ずしもこの順で記載しなければならないという決まりはなく、近年では姓名の順に日本読みで「ふりがな」を兼ねて表記している方も少なくありません。

もし、表面に日本語表記で氏名を記載しているのであれば、裏面は従来の英語表記に従って作成するのが望ましいですね。

「○○○○でなければ絶対にダメ!」という決まりはないものの、相手が名刺を受け取った時にどのように感じるのか考えて作成してみてはいかがでしょうか。

 

会社名の表記は3種類から選択する

名刺の中に記載する会社名の英語表記は、次の3種類から選ぶ形になります。

  • ○○○ Co., Ltd.(Company Limitedの省略形)
  • ○○○ Inc.(Incorporatedの省略形)
  • ○○○ Corp.(Corporationの省略形)

 

株式会社でも有限会社でも、一般的にこれらの表記で問題はありません。

また、合名会社の場合は「General Partnership」、合資会社では「Limited Partnership」と会社の形態に合わせて記載方法を変えるのがポイントです。

 

部署名の表記の仕方を考慮する

部署名

部署名は自社の英文での部署名を割り当てるのが基本で、英語であらわす場合はDivision・Department・Sectionといった表記がなされます。

日本では事業本部・事業部・課と部署名が分かれているケースが多いものの、諸外国のビジネスパーソンたちの名刺には記載されていないことも多いのです。

会社によって事情は異なりますが、無理に部署名を英語表記する必要はなく、自分の職種やサービス内容を記載しても問題はありません。

 

肩書きの表記の仕方を考慮する

肩書きの英語表記に関しては地域や会社によって大きく異なり、日本での意味合いと海外での意味合いには違いがあります。

最高経営責任者であれば「CEO (Chief Executive Officer)」、最高執行役員であれば「COO (Chief Operating Officer)」と記載するのが普通です。

しかし、会長といった肩書きに関しては、「Chairman of the Board」「Chairperson」「President」「Executive Director」など複数の表記方法がありますので注意しないといけません。

会社の規模や流行によって変化するのも肩書きの特徴ですので、名刺を使用するシーンに合わせて使い分けることも大事です。

 

電話番号は日本の国番号を入れる

電話番号

電話番号の英語表記に統一されたルールはないものの、外国人の方と名刺交換をする際は現地から電話する時のことを考えて日本の国番号の「81」から表記すべきです。

「固定電話:0123-45-6789」であれば「TEL:+81-123-45-6789」、「携帯電話(スマホ):090-1234-5678」であれば「Moblie:+81-90-1234-5678」と名刺に表記しましょう。

 

住所表記は日本とは逆の順番になる

英語での住所の表記は、日本語とは逆になります。

日本語では、「郵便番号」⇒「都道府県」⇒「市町村」⇒「番地」という順番で名刺の中に記載するのが一般的です。

名刺の作成だけではなく、書類に自分や会社の住所を表記する際もこの順番になります。

しかし、英語では「番地」⇒「市町村」⇒「都道府県」⇒「郵便番号」⇒「国名」となりますので、相手が不快感を覚えないように名刺を作成する際は正しい表記を心得ておいてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)で英語表記の名刺を作成しよう

ビスタプリント

印刷会社に依頼すれば、最初にテンプレートを決めて個人情報を流し込むだけで簡単に名刺を作成できます。

そこで、英語表記の名刺を手に入れたいと考えている方は、ネット通販で高い評判を獲得しているVistaprint(ビスタプリント)を利用してみましょう。

他の印刷会社とは違うVistaprint(ビスタプリント)のメリットは次の3つです。

  • 5,000種類の豊富なテンプレートの中から自由に選択できる
  • オンライン上で自分で作成できるので日本語と英語の両方を使える
  • 文字やデザインを浮き上がらせる特殊なデザインも施せる

 

低料金でクオリティの高い名刺を作成できますので、Vistaprint(ビスタプリント)は日本のビジネスマンを中心に利用者が増えています。

表面と裏面に記載する内容を自分の裁量で決められるため、「表面は日本語」「裏面は英語」といったカスタマイズも可能ですよ。

言語の種類に限らず100枚で980円という料金設定には変わりありませんので、詳細はVistaprint(ビスタプリント)の公式ホームページで確認してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました