縦書きの名刺を作成するメリット!おすすめのサービスは?

縦書きの名刺を作成するメリット

縦書きの名刺を作成するメリット

「名刺は横書きが良いのか縦書きが良いのか?」と疑問を抱えている方はいませんか?

日本でのビジネスでは横書きの名刺を使っている方が多いのですが、縦書きの名刺を作成するのも選択肢の一つです。

「名刺は絶対に横書きで作成しないといけない」といった決まりはありませんので、自分の好みやイメージに合わせて自由に変えることができますよ。

むしろ、以前は縦書きの名刺の方が主流だったのですが、時代を経て文字の並びは別として横長の名刺が95%を占めるようになりました。

それは、パソコンの普及によってインターネットが発達し、どの会社でもホームページを用意するようになって横書きの文書が圧倒的に多くなったのが理由の一つです。

企業がインターネットを通じて自社のサービスを告知するのは不思議な話ではありませんし、縦書きで作られたホームページはありませんよね?

それに、アルファベット表記の場合は縦書きよりも横書きの方が圧倒的に読みやすく、このような時代の流れによって名刺も横長がメインになったというわけです。

しかし、名刺に関しては横書きではなく縦書きで作成するのもOKで、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 初対面の相手に名刺を渡す時にスマートなイメージを与えられる
  • 情報をスッキリと掲載して分かりやすい構成の名刺にできる
  • 普通とは違った見た目のデザインで強いインパクトを与えられる
  • 老舗の企業や昔ながらの会社に勤めている人にピッタリと合う

 

レイアウトの自由度で比較してみると横書きで作成した名刺に軍配が上がるものの、縦書きの名刺にも違った味わいや雰囲気があります。

「今の時代は横書きの名刺が主流!」とは言っても、縦書きの名刺を作成してはいけない決まりはありませんし、老舗の企業に勤めている方は縦書きの方が自社のイメージを上手く表現できますので、どちらのスタイルが合っているのか考えてみてください。

 

縦書きの名刺を作成できるおすすめのサービス

専門の印刷会社やサービスに依頼すれば、皆さんが考えている以上に簡単に縦書きの名刺を作成できます。

自宅でWord(ワード)Illustrator(イラストレーター)といったソフトを使って作成する場合も、「書式」⇒「縦書きと横書き」と設定を変えるだけと難しくありません。

ツールバーの「文字方向の変更」ボタンで入力する文字を縦書きにできますし、デザインさえスッキリとしていれば好印象を残すことができます。

しかし、名刺の仕上がりやクオリティの高さで比較するのであれば、自分で作成するよりも専門の印刷会社に依頼した方が良いですね。

縦書きの名刺を作成できるサービスの選び方で迷っている方は、下記で紹介している印刷会社に依頼してみてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

ビスタプリント

名刺のネット通販の中でも代表的なVistaprint(ビスタプリント)は豊富なテンプレートの数が魅力的で、縦書きの名刺や横書きの名刺など個人の要望に合わせて作成できます。

5,000種類のデザインから自由に選べるのは、Vistaprint(ビスタプリント)くらいなのではないでしょうか。

しかも、100枚の名刺は僅か980円と格安です。

縦書きを中心に自分の好みのデザインで仕上げることができますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)で名刺の作成を依頼してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺作成のファースト

名刺作成のファースト

名刺作成のファーストは、ハイデザインの名刺をオンライン上で注文して作成できる印刷会社です。

公式ホームページを覗いてみると、縦書きデザインやタテ型テンプレートが非常に多いことがわかります。

上記で紹介したVistaprint(ビスタプリント)と同じように、名刺作成のファーストでも自分の好きなデザインを選んで個人情報を入力して名刺を手軽に作成できるのが魅力的です。

自分に合うデザインが用意されているのか、名刺作成のファーストの公式サイトを確認してみてください。

 

縦書きのデザインの名刺は記載できる情報が限られる!

縦書きのデザインの名刺を作成する場合、どうしても情報の配置に幅がなく、記載できる情報が限られることを頭に入れておかないといけません。

横配置にすれば縦書きよりも圧倒的にデザインに幅を持たせられますし、文字を多少は詰め込んでも全体的な色合いによってはスッキリとした印象を与えられるのです。

その点、縦書きの名刺に文字を詰め込むと読みにくくなるため、現在では横書きの名刺の方が利用頻度が高くなっています。

もちろん、全ての企業が一律に横長が良いとは限らないので、自分の職業と照らし合わせて作成するのがベストですね。

日本らしさを大切にしたデザインで勝負したいのであれば、縦書きの名刺を作成するのも一つの手段ですので、横書き以外の名刺を取り扱っている印刷会社に依頼してみてください。

タイトルとURLをコピーしました