センスの良い名刺を作成する4つの方法を徹底解説!

センスの良い名刺を作成する4つの方法を徹底解説!

名刺のデザイン

ビジネスやプライベートで使う大事な名刺を誰かに渡すに当たり、「センスが良いですね」「かっこいいですね」「特徴的ですね」と思われたいですよね。

そこで、センスの良い名刺を作成したい方は上記の4つの方法を実践してみましょう。

何も特徴のないモノクロのデザインよりも、センスが光る名刺の方が相手に与えるインパクトが強くなります。

どうやって名刺を作れば良いのか迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1:無料のテンプレートサイトを使ってデザインを編集する!

名刺のテンプレートサイト

※横にスクロールできます。

名刺のテンプレートサイト 大まかな特徴 おすすめ度
テンプレートBANK ビジネス用デザインとプライベート用デザインが豊富 ★★★★★
Freepik 1,500種類以上の名刺デザインが公開されている ★★★★☆
名刺専科。 シックなデザインのビジネス名刺テンプレートが多い ★★★☆☆
書式の王様 シンプルな名刺からスタイリッシュなデザインまで豊富 ★★★☆☆

センスの良い名刺を作成したい方は、上記の無料のテンプレートサイトを使いましょう。

無料のテンプレートサイトを使って好きなデザインをダウンロードし、後はIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのソフトを使って編集すればOK!

※Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する手順は下記のページで解説しています。

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!
Illustrator(イラストレーター)はAdobe社から販売されている画像編集ソフトです。オリジナルの名刺を作成したい方にはIllustratorがおすすめ!ここではIllustratorで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。
Photoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを徹底解説!
Photoshop(フォトショップ)はAdobeの画像編集ソフトです。画像の加工や編集がメインのソフトですが、Photoshop(フォトショップ)は名刺も作成できますよ。このページではPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを詳しくまとめました。

Adobe(アドビ)の有償ソフトを使うのではなく、Windowsのパソコンに入っているWord(ワード)やExcel(エクセル)エーワンのラベル屋さんで名刺のデザインを編集するのも選択肢の一つですね。

既存のデザインテンプレートを見てみて、「ちょっとインパクトが足りないな~」「ありきたりなデザインだな~」と感じている人は少なくありません。

そんな時はソフトを使って自由にアレンジしてオリジナリティを高めれば、センスの良い素敵な名刺が出来上がります。

何もない状態から名刺をデザインするのは難しいので、無料のテンプレートサイトを有効活用しましょう。

2:余白部分にロゴマークを挿入する!

ロゴマーク

専門の印刷会社に名刺の作成を依頼するにしても自分でソフトを使ってデータを仕上げるにしても、余白部分にロゴマークを挿入するのは効果的!

シンプルなデザインテンプレートを使っていても、自社のロゴマークを余白部分に入れるだけでセンスの良い仕上がりになります。

自分たちの会社を効率良くアピールすることもできますので、名刺の中に忘れずに挿入した方が良い理由はおわかり頂けるのではないでしょうか。

※ロゴマーク入りの名刺を作成するメリットはこちら!

ロゴ入り名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社4選!
名刺交換で会社をアピールしたいのであればロゴの挿入がおすすめ!通常のデザインと比較してみると、ロゴ入り名刺は見た目のインパクトがアップしますよ。この記事ではロゴ入り名刺を作成できる印刷会社を徹底比較していますので、サービス選びの参考にしてみてください。

以下では、自社のロゴマークを作成するに当たって押さえておきたいステップをまとめてみました。

  1. ターゲットやテイストを決める
  2. 手書きでラフスケッチする
  3. パソコンでデザインを作成する
  4. ロゴマークのタイプを決める

自作で素敵なロゴに仕上げるのは意外と大変ですので、なるべくプロや専門のサービスに依頼すべきです。

3:記憶に残る名刺を作成できるVistaprint(ビスタプリント)を利用する!

Vistaprint(ビスタプリント)

画像編集ソフトを上手く使いこなせない方は、自分が希望するデザインの名刺に仕上げるのは難しいものです。

そこで、センスの良い名刺が欲しい方はネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)を利用しましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)は、1台のパソコンやスマホを使って簡単に名刺を作成できるネット印刷サービス!

他の印刷会社とは違い、Vistaprint(ビスタプリント)には次の5つの魅力があります。

  • 5,000種類を超えるデザインテンプレートからお好みのものを選べる
  • オンライン上で文字の大きさやフォントを変えて自由に作成できる
  • デザインを編集した後にお好きな枚数の名刺の印刷を依頼できる
  • 文字DECO名刺やデザインDECO名刺など特殊な加工で仕上げられる
  • ロゴをアップロードしてレイアウトを選んで名刺を作成できる

これだけクオリティの高い名刺を作成できるのにも関わらず、100枚の印刷で980円~、200枚の印刷で1,480円~と格安の料金設定なのは凄いですよね。

公式サイトではセンスの良いデザインのテンプレートをたくさん取り扱っていますので、ビジネスやプライベートで使う名刺はVistaprint(ビスタプリント)で作成してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

4:カスタムデザイン名刺を作成できるwhoo(フー)を利用する!

whoo(フー)

whoo(フー)は、オンライン上で簡単にカスタムデザイン名刺を作成できるサービスです。

あらゆるシーンで活躍する名刺やカードを作成できますので、「センスの良いデザインに仕上げたい」「人とは違ったイメージにしたい」と考えている方にwhoo(フー)はおすすめ!

whoo(フー)で名刺を作成する方法は次の3ステップです。

※横にスクロールできます。

whoo(フー)で名刺を作成する方法
①スタイル&デザインを選ぶ プロが作成したデザインテンプレートから好きなものを選ぶ
②編集する 文字の編集や写真の挿入で自由に名刺をカスタマイズする
③加工・仕上げを選ぶ オプションの加工や仕上げで更に名刺をグレードアップする

センス溢れる名刺をゲットしたいのであればオリジナルのテンプレート、他の人とは違う仕上がりにしたいのであれば自分の写真を使って作成しましょう。

whoo(フー)は名刺のスタイルやサイズが豊富ですので、詳細は公式サイトで確認してみてください。

whoo(フー)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】whoo(フー)で名刺を作成する6つのメリットと4つのデメリットを全解説!
whoo(フー)は自分でカスタマイズして名刺を作成できるサービスです。海外のデザイナーが作った素敵なデザインテンプレートがたくさんあります。ここではwhoo(フー)のメリットやデメリット、利用者の口コミや評判についてまとめました。

まとめ

どうやってセンスの良い名刺を作成できるのかおわかり頂けましたか?

無料のテンプレートサイトを使ったり専門の印刷会社に依頼したりすれば、素敵なデザインの名刺に仕上げられますよ。

拘りの名刺を作成し、ビジネスやプライベートで役立ててみましょう。

タイトルとURLをコピーしました