楷書体で名刺を作成するメリットとおすすめの印刷会社

楷書体のフォントを使って名刺を作成するメリット

文字を書く人

名刺は見た目のデザインテンプレートだけではなく、文字のフォントも意外に大事です。

全体的なデザインに加えて文字のフォントに気を配って作成すると、自分のイメージアップを図れるツールに仕上がりますよ。

そこで、「どのようなフォントを使えば良いのかわからない」「文字の書式による違いがわからない」という方は、楷書体を使って名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

楷書体とは隷書体から変化して更に見やすくなった筆文字書体で、すっきりとした印象を与えられるのが大きなメリットです。

同じ楷書体でも文字の太さによって与えるイメージは異なるものの、明朝体よりも書き文字に近くて視認性も優れているため、名刺やショップカードとして幅広く使われています。

 

楷書体

 

下記に該当する人には、楷書体のフォントを使った名刺がおすすめです。

  • 明朝体やゴシック体では普通過ぎる感じがする
  • 暖かみや柔らかさが感じられるような書体が良い
  • 名刺全体のイメージをもっとかっこよくしたい

 

楷書体で名刺を作成すれば、名刺を渡した相手に誠実さや信頼感を与えられます。

「たかが名刺1枚で考えすぎなのではないか?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、名刺はビジネスで自分を表現する大事なツールですので、相手に少しでも良い印象を与えるために細かい部分にまで気を配って作成すべきですね。

 

楷書体を使って名刺を作成できる印刷会社はこれだ!

ビスタプリント

基本的にどの印刷会社やサービスを利用しても、自分の好きな書体やフォントを使って名刺を作成できます。

「○○○のフォントは取り扱っていない」という印刷会社はありますが、有名な楷書体であればどこでも使用可能です。

文字のフォントや大きさが異なるだけでも相手に違った印象を与えることができますので、「普通の明朝体が良いのか特殊な楷書体が良いのか?」と自分のイメージに合わせて考えてみましょう。

ネット通販の名刺作成サービスのVistaprint(ビスタプリント)では、オンライン上で自由に名刺のデザインができます。

Vistaprint(ビスタプリント)は明朝体でも楷書体でも自由にフォントを選び、オンライン上で編集してから希望の枚数の印刷を依頼する仕組みです。

オーソドックスなデザインから奇抜なテンプレートまで用意されていますので、ビジネスの名刺も趣味の名刺もVistaprint(ビスタプリント)で作成してみてください。

 

check-s011

Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

楷書体と似たフォントを名刺の中に取り入れるのも選択肢の一つ!

楷書体と似たフォントとしては次の4つが代表的で、自分の好みに応じて名刺の文字として使ってみましょう。

  • 簡潔で流麗で滑らかでありながら力強いイメージを与えられる「行書体」
  • 中国の漢時代に生まれたフォントで横線のうねりが特徴の「隷書体」
  • 文字バランスとスッキリとした筆書きが特徴の「古印体」
  • 文字が太くて強く描かれているものの少々読みにくい「勘亭流」

 

名刺の中には名前や会社名、肩書きや連絡先といった情報が必要で、これらが一切表記されていなければ名刺としての役割を果たしません。

フォントの種類によっては読みにくい場合がありますので、どの書体で注文するか決める前にパソコンの画面で確認しておくべきです。

インクジェットプリンタやレーザープリンタをお持ちの方は用紙に出力してみて、「6ptだと小さいかな?」「9ptだと大きすぎるかな?」と試行錯誤するとより良い名刺が出来上がりますよ。

文字の全体的なイメージを決める書体やフォントは大事ですが、名刺の文字サイズも忘れてはいけません。

あまりにも情報を詰め込み過ぎて文字が小さくなると視認性が悪くなりますので、「読みやすいかどうか」「見やすいかどうか」を意識して名刺を作成してみてください。

タイトルとURLをコピーしました