【無料ツールあり?】QRコード入り名刺の3つのメリットと作成の手順を徹底解説!

QRコード入りの名刺を作成する3つのメリットを徹底解説!

QRコード入りの名刺

ビジネスマンの中で、QRコードを挿入して名刺を作成している方は増えました。

QRコード入り名刺を作成するに当たって上記の3つのメリットあり!

1つのQRコードには数字であれば最大7,089文字、漢字やかなであれば最大1,817文字までデータを詰め込むことができますので非常に便利ですね。

「なぜQRコード入りの名刺を作った方が良いの?」と疑問を抱えている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1:自分や会社の情報を限られたスペースの中に詰め込むことができる!

QRコードに詰め込む名刺情報の例!
  • WEBサイトのアドレス(ホームページのURL)
  • TwitterやFacebookなどSNSのアカウント
  • 電話帳の登録情報
  • アピールポイントやメッセージ
  • 今までの自分の経歴や資格、プロフィール情報
  • 取り扱いサービスや商品の詳細情報

QRコード入りの名刺は、自分や会社の情報を限られたスペースに詰め込めるのが一番のメリットです。

例えば、上記の情報がQRコードの中に入っていると、自分や会社をしっかりとアピールできますよ。

「名刺の表面には載っていないけど補足したい情報」を伝えたい時にQRコードが大いに役立つわけです。

2:相手はWEBサイトのアドレスやSNSのアカウントを直接打ち込まなくても良い!

SNSのアカウント

名刺の中にWEBサイトのアドレスやSNSのアカウントをそのまま記載しても、相手の立場に立ってみると手打ち入力するのは大変ですよね。

「名刺に記載したのに会社のホームページやブログを見てもらえない…」といったケースも少なくありません。

しかし、QRコード入りの名刺を作成していれば、相手は面倒なURLを打ち込む手間がなくなります。

QRコードから自社のホームページやSNSのアカウントに飛べるようにすると、見て欲しい情報に相手を誘導しやすくなるわけです。

3:スッキリとしたデザインの名刺に仕上げられる!

スッキリした名刺

スッキリとした見やすいデザインに仕上げられるのは、QRコード入り名刺を作成するメリット!

91㎜×55㎜という小さなサイズの名刺の中に文字情報をたくさん詰め込むと、余白が足りなくなって見づらいデザインになります。

※名刺の作成で余白を設けるべき3つの理由はこちら!

【見やすさ重視!】名刺の作成で余白を設けるべき3つの理由を徹底解説!
名刺の見やすさや読みやすさを重視するのであれば、適度に余白を設けないといけません。文字と文字の間に余白があれば、スッキリとしたデザインに仕上げられます。名刺の作成方法で悩んでいる方は、こちらのページを参考にしてみてください。

名刺に余白は欠かせない要素ですので、補足情報はQRコードを利用しましょう。

名前や連絡先など必要最低限の情報を名刺の表面に記載し、残りはQRコードで伝えるようにすればスマートなデザインの名刺が出来上がります。

QRコード入りの名刺を作成する手順を徹底解説!

QRコード入り名刺を作成する手順は上記の3ステップと非常に簡単です。

QRコードさえ用意していれば、手間なく情報量の詰まった名刺を手に入れることができますよ。

「何から始めれば良いの?」と迷っている方は下記のページを要チェックです。

1:名刺に載せるQRコードを作成する!

QRコードの作成方法

※横にスクロールできます。

QRコードを作成する方法
無料ツールで作る URLを入力したり画像サイズを指定したりして無料で作成できる
SNSアプリで作る FacebookやTwitterの公式アプリからSNSアカウントのQRコードを作成する
印刷会社に依頼する 専門の印刷会社にQRコードの作成から名刺のデザインまで依頼する

QRコードを作成する方法を大きくわけると上記の3つ!

名刺を自作している人は無料ツール、FacebookやTwitterのQRコードが欲しい方はSNSアプリを利用しましょう。

ここでは、おすすめのQRコード作成ツールをいくつか紹介していきます。

※横にスクロールできます。

おすすめのQRコード作成ツール
QRのススメ デザイン付きQRコードや地図QRコードなど12種類から選べる
スマホでも簡単 QRコード作成 QRコードのサイズは「小・中・大・特大」から選択できる
クルクルマネージャー URLやテキスト、Wi-Fiに接続できるQRコードを作れる
シンプルQRコードメーカー URLやサイズ、余白の設定でシンプルなQRコードが出来上がる

どのサービスも無料で提供されていますので、QRコード入り名刺を作成するに当たって余計なコストはかかりません。

「センスがないから自分で作れないかも…」と不安を抱えている方は、印刷会社にQRコードの作成と名刺のデザインの両方を依頼してみてください。

QRのススメの使い方を簡単に解説!

ここでは、無料ツールのQRのススメでQRコードを作成する方法を画像付きで簡単に解説していきます。

 

①QRのススメの公式サイトにアクセスし、フォームにURLを入力してOKボタンを押す

QRのススメの使い方

 

②「サイズ」「ドットの色」「背景の色」を調整してQRコードを画面に表示させる

QRのススメの使い方

 

③アレンジの有無やファイル形式を選択し、「ダウンロードする」のボタンをクリックして完了

QRのススメの使い方

 

QRのススメは公式サイトのリニューアルにより、以前よりも遥かに使いやすくなりました。

メール作成用QRやおまとめQRの作成にも対応していますので、詳細はQRのススメの公式サイトで確認しましょう。

参考 QRのススメの公式サイト

2:印刷会社の公式サイトで名刺のデザインを選ぶ!

QRコードが出来上がった後は、印刷会社の公式サイトで名刺のデザインを選びます。

下記のテンプレートのように、QRコードを挿入するスペースのあるデザインがベストですね。

QRコード入り名刺のデザイン

QRコード入り名刺のデザイン①

QRコード入り名刺のデザイン

QRコード入り名刺のデザイン②

無料ツールやSNSアプリで作ったQRコードを印刷会社にデータ入稿するだけですので、名刺の作り方は難しくありません。

3:QRコード入り名刺の印刷を依頼する!

名刺印刷

印刷会社にデータ入稿してレイアウトが決まったら、QRコード入り名刺の印刷を依頼しましょう。

自宅のプリンタやコンビニのマルチコピー機を使って自分で名刺を作成するよりも、印刷会社にお願いした方が遥かにキレイな仕上がりになりますよ。

※コンビニで名刺を作成する手順はこちら!

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
「今すぐに名刺が欲しい」という方はいませんか?セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニに足を運べば、簡単に名刺を作成できます。コンビニで名刺を印刷して早く手に入れたい方は、こちらのページを参考にしてみてください。

「早く名刺を作らないと…」と焦っているビジネスマンは、即日発送や当日出荷に対応している印刷会社でQRコード入り名刺を作ってみてください。

※名刺を発注してから届くまでの納期や日数はこちら!

【即日発送・当日出荷】名刺を発注してから届くまでの納期や日数について徹底解説!
名刺を発注してから届くまでには一定の納期や日数がかかります。納期は印刷会社によって大きな違いあり!この記事ではお急ぎのビジネスマンのために、即日発送や当日出荷に対応している名刺作成サービスをまとめてみました。

QRコード入りの名刺作成におすすめの印刷会社3選!

※横にスクロールできます。

印刷会社 QRコード入り名刺 名刺の印刷料金 印刷用紙の種類 デザインの種類 総合評価
Vistaprint(ビスタプリント) 100枚で1,628円~ 4種類 ★★★★★ ★★★★★
デザイン名刺.net 100枚で1,250円~ 20種類以上 ★★★★☆ ★★★★☆
アーティス名刺工房 100枚で2,600円~ 20種類以上 ★★★☆☆ ★★★☆☆

QRコード入り名刺を作成したい方には上記の3つの印刷会社がおすすめ!

名刺は自分の身代わりになる大事なツールですので、専門の印刷会社で素敵なQRコード入り名刺を作りましょう。

1位:Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報
サービス名 Vistaprint(ビスタプリント)
運営会社 シンプレスジャパン株式会社
本社の住所 東京都千代田区麹町6-6 東急四谷ビル 5F
QRコード入り名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で1,628円~、200枚で2,143円~
印刷用紙の種類 4種類
デザインの種類 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

Vistaprint(ビスタプリント)は、QRコード入り名刺の作成で最もおすすめの印刷会社です。

なぜVistaprint(ビスタプリント)を利用すべきなのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

  • 100枚のフルカラー印刷の名刺が送料無料の1,628円~と圧倒的に料金が安い
  • 名刺のデザインテンプレートは5,000種類以上と非常に多い
  • オンライン上で自由に名刺を編集してデザインできる

QRコードを入れるのに相応しい名刺のデザインも下記のように豊富ですね。

ビスタプリントのQRコード入り名刺

ビスタプリントのQRコード入り名刺①

ビスタプリントのQRコード入り名刺

ビスタプリントのQRコード入り名刺②

ビスタプリントのQRコード入り名刺

ビスタプリントのQRコード入り名刺③

まずは無料ツールで自分のQRコードを作成し、Vistaprint(ビスタプリント)で名刺をデザインして印刷を依頼してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2位:デザイン名刺.net(ケイワンプリント)

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)の基本情報
サービス名 デザイン名刺.net(ケイワンプリント)
運営会社 株式会社ケイワンプリント
本社の住所 東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル7F
QRコード入り名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で1,250円~
印刷用紙の種類 20種類以上
デザインの種類 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)は、プロのデザイナーが作った高品質なデザインの名刺を印刷できるサービス!

全部で2,000種類を超えるデザインテンプレートが用意されています。

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)の公式サイトを見てみると、QRコード入りの名刺デザインも豊富でした。

 

ビジネス名刺 c-1029qr(飛び交う曲線でスピード感や動きを出しているデザイン)

QRコード入り名刺

 

ビジネス名刺 b-0001qr(オーソドックスでとても人気のQRコード付きデザイン)

QRコード入り名刺

 

プライベート名刺 p-0934qr(幸せの青い鳥がワンポイントのシンプルなデザイン)

QRコード入り名刺

 

シンプルながらもスタイリッシュな名刺テンプレートが多いので、デザイン名刺.net(ケイワンプリント)も選択肢の一つに加えてみましょう。

参考 デザイン名刺.net(ケイワンプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】ケイワンプリントで名刺を作成する5つのメリットと3つのデメリットを全解説!
ケイワンプリントは高品質な印刷機でビジネス名刺やプライベート名刺を作成できるネット印刷サービス!料金の安さや納期のスピードに拘っています。このページではケイワンプリントで名刺を作成するメリットやデメリット、利用者の口コミや評判をまとめました。

3位:アーティス名刺工房

アーティス名刺工房

アーティス名刺工房の基本情報
サービス名 アーティス名刺工房
運営会社 株式会社アーティス
本社の住所 静岡県浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー20階
QRコード入り名刺
名刺デザインの編集
名刺のデータ入稿
名刺の印刷料金 100枚で2,600円~、200枚で4,000円~
印刷用紙の種類 20種類以上
デザインの種類 ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆

アーティス名刺工房は、名刺のデザインや印刷を依頼できるネット印刷の専門店です。

アーティス名刺工房の公式サイトを見てみると、QRコード入りの名刺デザインがたくさんありました。

 

デザイン番号 4010(シンプルでスタイリッシュなQRコード入り名刺デザイン)

QRコード入り名刺

 

デザイン番号 8072(アカウントを知らせてSNSのフォロワーを増やせるデザイン)

QRコード入り名刺

 

デザイン番号 3844(QRコードと顔写真の両方を挿入してインパクト抜群の名刺)

QRコード入り名刺

 

他の印刷会社と比較してみると、アーティス名刺工房はユニークなデザインの名刺が多いですよ。

※ユニークで面白い個性的な名刺作成におすすめの印刷会社はこちら!

【8社徹底比較!】ユニークで面白い個性的な名刺作成におすすめの印刷会社4選!
見た目のインパクトを強めるために、ユニークで面白い個性的な名刺を作成するのは選択肢の一つです。この記事では個性的な名刺を作れるおすすめの印刷会社を4つ紹介しています。海外のユニークなデザインの名刺も紹介していますので参考にしてみてください。

自分好みに名刺をアレンジして作成することができますので、是非一度アーティス名刺工房に依頼してみてください。

参考 アーティス名刺工房の公式サイトはこちら

QRコード入り名刺を作成する上で押さえておきたい4つの注意点…

QRコード入りの名刺を作成するに当たり、上記の4つは事前に押さえておきたい注意点です。

どうすればビジネスやプライベートで有効活用できる素敵なQRコード入り名刺が出来上がるのかチェックしておきましょう。

1:QRコードがはっきりと認識できるデザインで作成する!

QRコードの認識

※横にスクロールできます。

QRコードをはっきり認識させる方法
解像度 コードの画像解像度を300dpi~350dpiに調整する
サイズ スマホのQRコードリーダーで読み取れる適切なサイズにする
マージン(余白) コード周辺の余白は4セル以上に設定する
色の濃淡 なるべく濃い色で背景色とのコントラストを高める

QRコードをはっきりと認識させるには、上記の表を見ればわかる通り「解像度」「サイズ」「マージン(余白)」「色の濃淡」を意識してデザインを作成しないといけません。

「名刺の中にQRコードを記載したけど読み取れない…」という状態では全く意味がないですよね。

相手に読み取ってもらう目的でQRコードを名刺に入れて作成しますので、適切な解像度やサイズに設定しましょう。

2:名刺の文字やイラストとQRコードが重ならないようにする!

※横にスクロールできます。

読み取りトラブルを起こしやすいQRコードの特徴…
文字と重なっている 明暗のコントラストが曖昧になって読み取りにくくなる
周囲にイラストがある 余白のないQRコードは正常に読み取れなくなる
セルが歪んでいる 四角い白黒の正方形のセルが歪んでいると読み取り不可能になる

QRコード入りの名刺で読み取りトラブルが起こるのは、主に上記の3つが大きな原因です。

そこで、QRコードを余白に挿入して名刺を作成する際は、文字やイラストと重ならないようにしましょう。

QRコードの周囲に文字やイラストを配置すると、明暗のコントラストが曖昧になって読み取りづらくなりますので注意が必要です。

3:名刺の中の目立つ部分にQRコードを配置する!

QRコード入りの名刺を渡しても、相手がコードの存在に気付かなければ意味がありません。

そのため、名刺の中の目立つ部分にQRコードを配置するのは作成する上で押さえておきたいポイント!

具体的にどんなデザインのQRコード入り名刺を作れば良いのか、いくつかの例を挙げていきます。

 

裏面に大きくQRコードを載せてわかりやすくしたデザインの名刺

 

自分をデフォルメしたキャラクターの横に大きなQRコードを挿入した名刺

 

文字で構成されたキャラクターがQRコードを吹き出している感じのデザイン

 

海外の名刺なので珍しいデザインが多いのですが、「QRコードを目立たせるのが良い!」という点は参考になるでしょう。

※特殊加工で珍しい名刺を作成できるおすすめの印刷会社はこちら!

【10社徹底比較!】特殊加工で珍しい名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
この記事では特殊加工で珍しい名刺を作成できる印刷会社10社を比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。「今の名刺はシンプル過ぎる」「インパクトのある名刺が欲しい」という方は、是非一度参考にしてみてください。

4:名刺を印刷する前にスマホで読み取り確認をする!

QRコードリーダー

正しいやり方でQRコードを作成しても、何かしらの不具合があってスマホで読み取れないケースあり…。

これでは名刺の魅力は半減しますので、名刺を印刷する前に自分のQRコードリーダーで読み取れるのか確認しましょう。

最初に確認していれば、「もう300枚も名刺を印刷してしまったのに…」といった失敗を防げますよ。

名刺の印刷料金もばかになりませんので、QRコードを余白に挿入する際は十分に注意してください。

QRコード入りの名刺に関する口コミや評判まとめ!

QRコード入りの名刺に関する口コミや評判

このページでは、QRコード入りの名刺を作成している人の口コミや評判の情報を紹介していきます。

近年ではビジネスでTwitterなどのSNSを利用している方も多く、名刺の中にQRコードを載せると親切ですよね。

QRコードは無料で作成することができますので、余計なコストをかけずに名刺を印刷できるでしょう。

QRコード入り名刺に関するQ&A!

ここでは、QRコード入り名刺に関する疑問をQ&A形式でわかりやすく解説していきます。

Q1:名刺に入れるQRコードを作成できるアプリはありますか?

「クルクル QRコードリーダー」や「QRコードリーダーEQS」は、スマホでも使えるQRコード作成アプリです。

入れたい情報を考えてQRコードを作成し、名刺の余白に挿入して印刷するだけで出来上がります。

※iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリについてはこちら!

【無料あり!】iPadやスマホで名刺を作成できるおすすめのアプリ4選!
このページではiPadやスマホで名刺を作成できる8つのアプリを比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。名刺のデザインの作成や編集は基本的に無料です。幅広いテンプレートから選べるアプリもありますので、初めて利用する方は選び方の参考にしてみてください。

Q2:QRコード入り名刺にデメリットはありますか?

QRコードはとても便利ですので、QRコード入りの名刺に大きなデメリットはありません。

しかし、QRコードに入れる情報がないのであれば、わざわざ作成しなくても名刺の表面に直接表記すればOKです。

Q3:複数個のQRコードを入れて名刺を作成しても大丈夫ですか?

「名刺の中に挿入して良いQRコードは一つだけ」といった決まりはありません。

ただし、複数のQRコードを近づけて配置すると読み取りづらくなる恐れがありますので、しっかりと余白を確保しましょう。

Q4:LINE(ライン)のQRコードを名刺に入れるのはどうですか?

多くの人が集まる場所でLINE(ライン)の交換をするのは面倒ですので、名刺の中にQRコードを載せておくのは実に効果的です。

LINE(ライン)の友だち追加のメニューからQRコードを選び、マイQRコードを表示させてダウンロードボタンをタップすると画像で保存できます。

その画像を名刺の余白に挿入すれば、LINE(ライン)のQRコード入りの名刺が出来上がりです。

まとめ

QRコード入り名刺のメリットやおすすめの印刷会社、作成する上で押さえておきたいポイントについておわかり頂けましたか?

名刺の表面に書き切れない情報は、QRコードにしてスマホでアクセスしやすくすると親切ですね。

無料のツールで簡単にQRコードを作成できますので、名刺の余白部分に挿入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました