【口コミや評判は?】印刷のウエーブ(WAVE)で名刺を作成する6つのメリットと3つのデメリットを徹底解説!

印刷のウエーブ(WAVE)の基本情報

印刷のウエーブ(WAVE)

印刷のウエーブ(WAVE)の基本情報
サービス名 印刷のウエーブ(WAVE)
会社名 株式会社ウエーブ
本社の郵便番号 〒524-0041
本社の住所 滋賀県守山市勝部六丁目2番1号
電話番号 077-518-7788
注文ロット 50枚~
名刺100枚の料金 1,520円~
名刺200枚の料金 1,760円~
名刺1,000枚の料金 3,290円~
送料 宅配便やメール便:無料、ゆうパック:600円~
納期 最短で即日発送
テンプレートの種類 数百種類以上
印刷用紙の種類 15種類以上
デザイン編集
データ入稿
オプション ・箔押し加工
・エンボス加工
・角丸加工
・孔開け加工
・クリアトナー加工
口コミや評判 低価格でありながら高精細印刷を提供してくれる
総合評価 ★★★☆☆

印刷のウエーブ(WAVE)は、お客様のニーズにしっかりと応えてくれるネット印刷サービスです。

名刺やショップカードはもちろんのこと、「チラシ」「パンフレット」「フライヤー」「ポストカード」「封筒」など様々な印刷物を取り扱っていますよ。

取り扱っている用紙や特殊加工の種類も多いので、他者とは違うビジネスツールに仕上げたい方に印刷のウエーブ(WAVE)はおすすめ!

ネット印刷の中でも短納期ですので、お急ぎの方も印刷のウエーブ(WAVE)に依頼してみてはいかがでしょうか。

印刷のウエーブ(WAVE)で名刺を作成する6つのメリットを徹底解説!

印刷のウエーブ(WAVE)は、インターネット上で名刺やショップカードを注文できる印刷サービスです。

格安というネットプリントのメリットを活かしながらも、印刷のウエーブ(WAVE)は高精細な名刺に仕上げてくれますよ。

印刷のウエーブ(WAVE)には6つの強みがありますので、ネット印刷サービスの選び方で迷っている方は一度目を通しておきましょう。

1:オフセット印刷とオンデマンド印刷の両方から選択OK!

オフセット印刷とオンデマンド印刷

※横にスクロールできます。

名刺の印刷方式 オフセット印刷 オンデマンド印刷
文字の仕上がり 小さな文字も美しく印刷される 文字の再現性はオフセット印刷に劣る
写真のディテール 詳細部分まで鮮明に再現される オフセットに劣るがくっきり印刷される
名刺作成の料金 100枚で2,640円~ 100枚で1,520円~

オフセット印刷とオンデマンド印刷には、上記の違いがあります。

印刷通販の印刷のウエーブ(WAVE)は、両方の印刷方式に対応している珍しいサービス!

自分の好みの印刷方式を選び、ビジネスやプライベートで使う名刺を手に入れることができます。

少しでも安い料金で名刺を作成したいのであれば、印刷のウエーブ(WAVE)のオンデマンド印刷を選びましょう。

1営業日と早い出荷サービスが用意されていますので、すぐに名刺が欲しい方にもおすすめです。

一方で文字の仕上がりや写真のディテールを重視したい方は、印刷のウエーブ(WAVE)のオフセット印刷で名刺を作成してみてください。

2:特殊な形状の名刺を作成できる!

二つ折りの名刺

印刷のウエーブ(WAVE)で作成できる名刺は、55㎜×91㎜のオーソドックスなサイズだけではありません。

他の印刷会社とは違い、印刷のウエーブ(WAVE)は下記のようにミニサイズの名刺規格外サイズの名刺を作成できますよ。

※横にスクロールできます。

名刺の種類 名刺のサイズ 大まかな特徴
欧米名刺 89㎜×55㎜ 欧米のビジネスシーンで使われることの多い名刺
名刺変型 50㎜×50㎜~91㎜×55㎜ 自由にサイズを設定して名刺を作成できる
クレジットカードサイズ 85㎜×54㎜ ショップカードやスタンプカードとして付開ける
大判ハガキ 235㎜×120㎜ はがきやポストカードとして使えるアイテム
薄型2つ折り名刺 91㎜×110㎜ 名刺2枚分の情報をコンパクトにまとめられる
薄型3つ折り名刺 91㎜×163㎜ 名刺3枚分の情報を用紙の中に掲載できる

名刺の中に記載する情報量を増やしたいなら二つ折り名刺や三つ折り名刺、見た目のインパクトを重視したいなら変形サイズの名刺がおすすめ!

※二つ折り名刺や変形サイズ名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】二つ折りの名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺の中に記載する情報量を増やしたいなら二つ折りタイプがおすすめ!このページでは、二つ折り名刺を作成できる印刷会社をいくつか紹介しています。より魅力的な営業ツールに仕上がりますので、皆さんも二つ折りの名刺を作成してみてください。
【10社徹底比較!】正方形や変形の名刺の作成におすすめの印刷会社4選!
印刷会社の中には、正方形名刺や変形名刺を作成できるところがあります。91㎜×55㎜のオーソドックスなサイズの名刺と比較してみると、見た目のインパクトが抜群ですね。印刷会社選びで迷っている方はこちらのページを参考にしてみてください。

まずは印刷のウエーブ(WAVE)の公式サイトで、どのサイズの名刺が自分に合っているのか考えてみましょう。

参考 印刷のウエーブ(WAVE)の公式サイト

3:取り扱っている印刷用紙の種類が豊富!

※横にスクロールできます。

用紙の種類 鉛筆の筆記適正 スタンプの適正 プリンタの適正 大まかな特徴
コート紙 商業印刷に最も用いられている
マットコート紙 光沢を抑えて落ち着いた雰囲気
サテン金藤 しっとり滑らかな手触りで高級感あり
北雪ケント 青みがかった白色の堅実な印象の用紙
タントN-8 きめ細やかな凹凸で落ち着いた雰囲気
マシュマロCoC 気持ちの良いさらさらした手触り
マシュマロCoCナチュラル 目に優しいナチュラルな黄色の用紙
ミラーケントM ミラーのような光沢感を持っている
しこくてんれい 和風で落ち着いた印象に仕上がる
竹はだGA 温かみが感じられる印象に仕上がる
ヴァンヌーボVGスノーホワイト キレイな高級感ある仕上がりになる
ミセスB-Fスーパーホワイト 風合い豊かな紙の質感が特徴的
Mr.Bスーパーホワイト 若干の粗さが力強い表現に向いている
アラベールウルトラホワイト コントラストが弱く落ち着いた印象
ペルーラスノーホワイト 真珠のような表面が特徴の用紙

実店舗の印刷会社と比較してみると、印刷のウエーブ(WAVE)は上記のように取り扱い用紙が豊富です。

たくさんの種類から自分のイメージに合う用紙を選び、名刺の作成や印刷を依頼できますよ。

今までの名刺とは違ったイメージを与えたいのであれば、印刷のウエーブ(WAVE)の特殊紙や高級紙を選びましょう。

ただし、オフセット印刷とオンデマンド印刷で使える用紙の種類は違いますので、詳細は印刷のウエーブ(WAVE)の公式サイトで確認しておきましょう。

4:特殊な加工で名刺のインパクトをアップできる!

※横にスクロールできます。

WAVEの特殊加工 オフセット印刷 オンデマンド印刷 大まかな特徴
箔押し加工 金や銀などの箔を用紙に熱転写する
エンボス加工 紙を凸状に浮き上がらせる加工
角丸加工 印刷物の4つの角を丸くカットする
孔開け加工 名刺に好みのサイズでパンチ穴をあける
クリアトナー加工 印刷物のツヤやキラがアップする

印刷のウエーブ(WAVE)は用紙の種類だけではなく、加工サービスにも力を入れています。

お手持ちの印刷物を更にグレードアップできますので、「今の名刺ではインパクトが足りないな~」と悩んでいる方におすすめ!

印刷のウエーブ(WAVE)の特殊加工の中でも箔をプレス機を使って熱と圧力で紙に転写する箔押し加工が代表的で、次の11種類の箔から選択できます。

箔押し加工

印刷物に箔押し加工をプラスするだけで、プレミアムなイメージの名刺に仕上がるわけですね。

1,000部は金色、残りの1,000部は銀色と版を流用できますので、印刷のウエーブ(WAVE)の特殊加工オプションを有効活用してみましょう。

※特殊加工で名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】特殊加工で珍しい名刺を作成できるおすすめの印刷会社4選!
この記事では特殊加工で珍しい名刺を作成できる印刷会社10社を比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。「今の名刺はシンプル過ぎる」「インパクトのある名刺が欲しい」という方は、是非一度参考にしてみてください。

5:最短で当日発送と納期が短めに設定されている!

「ネット印刷は納期が長いのがちょっと…」と戸惑っている方はいませんか?

しかし、印刷のウエーブ(WAVE)は短納期で名刺を作成できるサービスです。

印刷のウエーブ(WAVE)の高精細オフセット印刷では、次のように納期で名刺1枚当たりの印刷料金が変わりますよ。

※横にスクロールできます。

名刺の枚数 7営業日以内 5営業日以内 3営業日以内 2営業日以内 1営業日以内 0営業日以内 ウルトラ短納期
100枚の印刷 2,640円~ 2,700円~ 2,760円~ 2,920円~ 3,110円~ 4,200円~ 4,620円~
200枚の印刷 2,670円~ 2,720円~ 2,790円~ 2,950円~ 3,130円~ 4,270円~ 4,697円~
300枚の印刷 2,690円~ 2,750円~ 2,810円~ 2,970円~ 3,160円~ 4,300円~ 4,730円~
500枚の印刷 2,750円~ 2,800円~ 2,870円~ 3,230円~ 3,580円~ 5,010円~ 5,511円~

印刷料金と納期を加味してプランを選べるのは印刷のウエーブ(WAVE)の大きなメリットです。

とにかくお急ぎの方は、印刷のウエーブ(WAVE)のウルトラ短納期プランを選びましょう。

ウルトラ短納期プランは当日出荷の締め切り時間が通常10時のところ、30分刻みで延長して注文できます。

WAVEのウルトラ短納期プラン

WAVEのウルトラ短納期プラン

ただし、印刷のウエーブ(WAVE)のウルトラ短納期プランは7営業日以内出荷と比べて印刷料金が高くなりますので注意しましょう。

6:名刺以外の様々な印刷物を作成できる!

印刷のウエーブ(WAVE)で作成できるのは、名刺やショップカードだけではありません。

下記のように様々な印刷物の作成に対応していますので、ビジネスアイテムが欲しい方にピッタリですね。

  • チラシ印刷/フライヤー印刷
  • ポスター印刷
  • 車両中吊り広告印刷
  • クリアポスター印刷
  • はがき/ポストカード印刷
  • 厚紙印刷(A判・B判カード)
  • デコ(凸)印刷
  • パネル印刷/ECOパネル印刷
  • 卓上POP(ポップ)印刷
  • スイングPOP(ポップ)印刷
  • 商品タグ印刷
  • 中綴じ製本冊子印刷
  • 無線綴じ製本冊子印刷
  • PUR製本冊子印刷
  • 上製本冊子印刷
  • 書籍/論文/文集印刷
  • 折パンフレット印刷
  • スクラム製本冊子印刷

複数の印刷物を同時に注文することもできますので、まずは印刷のウエーブ(WAVE)に問い合わせてみましょう。

印刷のウエーブ(WAVE)で名刺を作成する3つのデメリット…

他のネット印刷サービスと比較してみると、印刷のウエーブ(WAVE)には上記の3つのデメリットあり…。

印刷のウエーブ(WAVE)で名刺を注文する前に、良くない部分についてしっかりと確認しておいてください。

1:名刺の印刷料金はそこまで安くない…

名刺の枚数 印刷のウエーブ(WAVE) Vistaprint(ビスタプリント)
100枚の印刷 1,520円~ 980円~
200枚の印刷 1,760円~ 1,480円~
300枚の印刷 2,400円~ 1,980円~

上記では、印刷のウエーブ(WAVE)とVistaprint(ビスタプリント)を名刺の印刷料金で比較してみました。

印刷のウエーブ(WAVE)の料金は納期で変わりますが、そこまで安くありません。

コストを抑えて名刺を作りたいのであれば、100枚のフルカラー名刺が980円~のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

2,500円以上の注文をすれば送料も無料になりますので、一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてはいかがでしょうか。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

2:名刺の作成にはデータ入稿が必要…

※横にスクロールできます。

印刷のウエーブ(WAVE)のデータ入稿方法
Adobe(アドビ)アプリケーション Illustrator、Photoshop、InDesignなど各種DTPアプリケーションに対応
CubePDF ExcelやWordを中心に様々なOfficeデータをCubePDFに書き出して入稿
Officeそのまま入稿オプション オプション料金の支払いでOfficeデータをそのままの形式で入稿
画像ファイル入稿 JPEGやTIFFなど、データを画像形式に書き出して入稿

印刷のウエーブ(WAVE)では、様々な方法でデータを入稿して名刺を作成できます。

しかし、データ入稿専門店なのは印刷のウエーブ(WAVE)の大きなデメリット…。

Illustrator(イラストレーター)やExcel(エクセル)で作成したデータがないと、印刷のウエーブ(WAVE)で名刺を印刷できません。

※Illustrator(イラストレーター)やExcel(エクセル)で名刺を作成する方法はこちら!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!
Illustrator(イラストレーター)はAdobe社から販売されている画像編集ソフトです。オリジナルの名刺を作成したい方にはIllustratorがおすすめ!ここではIllustratorで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。
Excel(エクセル)で名刺を作成する4つの手順を徹底解説!データを作る上での注意点は?
表計算ソフトのExcel(エクセル)は名刺を作成することもできます。このページでは、Excel(エクセル)で名刺を作成する4つの手順について詳しくまとめました。自作の名刺が欲しい方は是非一度参考にしてみてください。

3:オンライン上で名刺のデザインを編集できない…

上記で解説した内容と被りますが、印刷のウエーブ(WAVE)はオンライン上で名刺のデザインを編集できません。

印刷のウエーブ(WAVE)で使える専用のソフトやツールは特になしです。

AdobeのソフトやOfficeソフトを使わずに名刺を細かくデザインしたいのであれば、ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)を利用しましょう。

印刷のウエーブ(WAVE)の口コミや評判まとめ!

印刷のウエーブ(WAVE)の口コミや評判

このページでは、印刷のウエーブ(WAVE)を利用して名刺やチラシなどの印刷物を作成した方の口コミや評判を紹介していきます。

印刷のウエーブ(WAVE)の良い口コミや評判

低価格でありながら高精細印刷を提供してくれますので、私は印刷のウエーブ(WAVE)でリピート注文しています。JapanColor準拠のカラーチャートや印刷サンプルを配布してくれるため、初めて印刷物の注文をする方にもおすすめです。

印刷のウエーブ(WAVE)はとてもリーズナブルで、印刷品質も良いと思います。5日納期で配送を選択したとしても、実際にはもっと早く自宅に届けてくれるのも嬉しいです。

印刷のウエーブ(WAVE)は商品の内容や入稿の仕方、データ容量など全てがわかりやすく設定されています。まさかここまで簡単に名刺を作成できるなんて思っていなかったので、もう自宅のインクジェットプリンタを使うことはありません。

高品質の240線の高精細印刷が標準仕様と聞き、実際にウエーブ(WAVE)で注文してみることにしました。通常のオフセット印刷だと175線ですので、それだけキレイな印刷物に仕上げてくれるわけです。自宅に届いたチラシは色鮮やかで丁寧に印刷されていましたので、今度は名刺の作成で利用したいと思います。

印刷のウエーブ(WAVE)の悪い口コミや評判

問題なく名刺の注文や取引ができました。全体的なサービスには満足していますが、印刷のウエーブ(WAVE)の名刺作成料金は決して格安ではありません。1枚当たりの料金で比較するのであれば、印刷のウエーブ(WAVE)よりも安いところはありますよ。

初めてのネット印刷サービスの利用だったので、電話で何回か問い合わせをしながら慎重に発注しました。こちらの要望をしっかりと聞いてくれたり、レスポンスが早かったりするのが良いですね。ただ印刷のウエーブ(WAVE)は名刺の作成料金が少し割高ですので、もう少し安くなってくれたらな~という感じです。

まとめ

ネット通販の印刷のウエーブ(WAVE)のメリットやデメリット、実際に利用した方の口コミや評判についておわかり頂けましたか?

ビジネスに欠かせない名刺やショップカード、チラシやポスターといったアイテムを低価格・高精細印刷・短納期で仕上げてくれますよ。

通販印刷10年以上の実績は伊達ではありませんので、名刺が欲しい方は印刷のウエーブ(WAVE)で作成してみてください。

タイトルとURLをコピーしました