Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!

Illustrator(イラストレーター)とはどんなソフトなのか簡単に解説!

Illustrator(イラストレーター)

Illustrator(イラストレーター)とは、Adobe(アドビ)から販売されているベクターイメージ編集ソフトウェア(ドローソフト)です。

細かい図形や線を作成したり拘りの文字デザインを施したりと、多種多様なツール・機能が備わっていますよ。

Illustrator(イラストレーター)を使って一体何ができるのか、いくつかの使い道を見ていきましょう。

※横にスクロールできます。

Illustrator(イラストレーター)の使い道!
図形を描ける 長方形や楕円形ツールで曲線・直線の形を作れる
形状の編集 描いたオブジェクトの形状を自由に編集できる
オブジェクトの整列 整列ツールで均等な配置や位置の数値設定ができる
テキストのレイアウト テキストの書体変更や行揃えでデザインできる
イラストが描ける ペンツールで手書きのイラストが描ける

皆さんが想像している以上にIllustrator(イラストレーター)で出来ることはたくさんあります。

画像やテキストを編集するに当たって、Adobe(アドビ)のソフトのIllustrator(イラストレーター)が欠かせません。

名刺の作成はIllustrator(イラストレーター)よりもデザイン編集がおすすめ!

ビスタプリント

Illustrator(イラストレーター)のソフトを使えば、名刺のデータを作成できます。

下記の項目で詳しく解説していますが、文字情報を入力したり写真を挿入したりしてデザインを作成し、データを用紙に印刷するだけです。

しかし、名刺の作成はIllustrator(イラストレーター)よりもデザイン編集の方が遥かにおすすめ!

ネット印刷サービスのVistaprint(ビスタプリント)は、Illustrator(イラストレーター)をお持ちでない方でもブラウザ上で名刺のテンプレートを選んでデザインを編集できますよ。

ビスタプリントの編集画面

ビスタプリントの編集画面

初心者でも編集画面の使い勝手が良く、名刺の印刷料金も100枚で送料無料の1,628円~と格安です。

簡単にビジネス名刺やプライベート名刺を作りたい方は、Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!

Illustrator(イラストレーター)は、名刺やショップカードの作成に向いているソフトです。

上記の手順を踏めば、オリジナリティのある名刺を手に入れることができます。

Illustrator(イラストレーター)の使い方がわからない方は、名刺を作成する流れを要チェックです。

1:名刺のレイアウトや載せる項目を決める!

※横にスクロールできます。

名刺のレイアウト
絶対に載せたい情報 「名前」「法人名/会社名」「肩書き」「住所」「連絡先」
必要に応じて記載する項目 「ウェブサイトのURL」「SNSアカウント」「過去の実績」
イメージアップに繋がる画像 「仕事と関連するイラスト」「会社のロゴマーク」

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する前に、まずは名刺のレイアウトや載せる項目を決めましょう。

「名前とフリガナ」「住所や電話番号」など、同じ情報は一塊にグループ化して視覚的にわかりやすいレイアウトにするのがポイントですね。

名刺のレイアウト

名刺のレイアウト

名刺に記載する項目は多ければ多いほど良いわけではありませんので、情報の取捨選択を忘れずに行ってください。

2:新規ドキュメントを作成してガイドを作る!

ざっくりとした名刺のレイアウトが決まった後は、Illustrator(イラストレーター)を起動して新規ドキュメントを作成します。

「アプリケーションメニュー」⇒「ファイル」⇒「新規」とページを進めていけばOK!

Illustratorによる名刺作成

Illustrator(イラストレーター)で作成するガイドは次の3つです。

※横にスクロールできます。

Illustrator(イラストレーター)で作成するガイド!
仕上がり線 91㎜×55㎜の名刺の仕上がりサイズ
塗り足しガイド フチ無し印刷では塗り足しガイドまで背景を伸ばす
文字切れガイド 断裁ズレによる文字切れを防ぐために配置する

印刷会社にデータ入稿して名刺を作成する予定の方は、塗り足しガイドや文字切れガイドを忘れてはいけません。

次の流れでIllustrator(イラストレーター)を使って名刺のガイドを作れます。

 

①ツールパネルで塗りと線を設定して名刺サイズの長方形を描く

Illustratorによる名刺作成

 

②「長方形ツール」を選択し、アートボードの図のような位置でクリックする

Illustratorによる名刺作成

 

③アプリケーションメニューオブジェクトを開いてトリムマークを作成する

Illustratorによる名刺作成

 

大まかな枠組みが出来上がったら、レイヤーパネルの目のマークをクリックしてレイヤーをロックしておきましょう。

3:文字情報を入力して配置する!

Illustrator(イラストレーター)では、画像の編集に加えて文字やテキストの入力もできます。

※名刺作成でおすすめのフォント6選はこちら!

見やすい文字は?名刺作成でおすすめのフォント6選を徹底解説!
名刺を作成するに当たり、見やすい文字を使うのは基本です。この記事では、名刺作成でおすすめのフォント6選についてまとめました。文字のフォントで見た目のイメージは大きく変わりますので、書体選びで迷っている方は参考にしてみてください。

以下では、Illustrator(イラストレーター)で名刺の文字情報を入力して配置するまでの流れをまとめてみました。

 

①「文字ツール」を選択して名前を入力し、画面の空白を押して操作を終了する

Illustratorによる名刺作成

 

②「住所」「電話番号」「メールアドレス」を入力し、同じように操作を終了する

Illustratorによる名刺作成

 

③文字パネルのフォントファミリやフォントスタイル、フォントサイズを設定する

Illustratorによる名刺作成

 

④文字ツールで一部を選択したり設定したりしてアレンジする

Illustratorによる名刺作成

 

名刺の中に入力する文字は、文字切れガイド線からはみ出ないように注意しましょう。

4:写真やロゴマークを挿入する!

「文字だけの名刺はインパクトが足りない…」と悩んでいる方は、写真やロゴマークを余白部分に挿入すべきですね。

Illustrator(イラストレーター)では、ロゴでパターンを作って名刺に挿入して作成できます。

 

①選択ツールでロゴを「スウォッチ」パネルの上にドラッグ&ドロップする

Illustratorによる名刺作成

 

②パターン編集モードに切り替えて、「タイルの種類」⇒「レンガ(横)」と選択する

Illustratorによる名刺作成

 

③「オブジェクトにタイルサイズを合わせる」を押し、横や縦の間隔を設定して編集モードを完了する

Illustratorによる名刺作成

 

Illustrator(イラストレーター)のメニューの「ファイル」⇒「配置」をクリックし、適切な位置にロゴマークを入れましょう。

※ロゴマーク入りの名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】ロゴ入り名刺を作成する3つのメリットとおすすめの印刷会社4選!
名刺交換で会社をアピールしたいのであればロゴの挿入がおすすめ!通常のデザインと比較してみると、ロゴ入り名刺は見た目のインパクトがアップしますよ。この記事ではロゴ入り名刺を作成できる印刷会社を徹底比較していますので、サービス選びの参考にしてみてください。

5:文字間を調整してデザインを整える!

最後に、Illustrator(イラストレーター)で名刺の文字間を調整してデザインを整えていきます。

例えば、各要素を整列させたい時はshiftを押しながらクリックして全てを選択し、ボタンを離して「左に整列」or「中央に整列」or「右に整列」を押せばOKです。

名刺の文字と文字の間の余白が足りないと、インパクト抜群のデザインでも読みにくくなる恐れあり…。

Illustrator(イラストレーター)は文字やテキストの細かいデザインもできますので、相手が読みやすいように作成すべきです。

※名刺を作成する際に余白を設けた方が良い理由はこちら!

【見やすさ重視!】名刺の作成で余白を設けるべき3つの理由を徹底解説!
名刺の見やすさや読みやすさを重視するのであれば、適度に余白を設けないといけません。文字と文字の間に余白があれば、スッキリとしたデザインに仕上げられます。名刺の作成方法で悩んでいる方は、こちらのページを参考にしてみてください。

6:出来上がったデータを印刷する!

印刷

※横にスクロールできます。

Illustrator(イラストレーター)で作成した名刺データを印刷する方法!
自宅で印刷 自宅やオフィスのインクジェットプリンタで印刷する
コンビニで印刷 コンビニに足を運んでマルチコピー機で印刷する
印刷会社に依頼 印刷会社にデータ入稿して名刺の印刷を依頼する

Illustrator(イラストレーター)で作成した名刺のデータは、上記の3つの方法で印刷できます。

インクジェットプリンタをお持ちでない方でも、コンビニで名刺を印刷できますので安心ですよ。

※コンビニで名刺を作成する手順は下記のページで解説しています。

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
「今すぐに名刺が欲しい」という方はいませんか?セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニに足を運べば、簡単に名刺を作成できます。コンビニで名刺を印刷して早く手に入れたい方は、こちらのページを参考にしてみてください。

印刷会社に名刺の印刷を依頼する際は、Illustrator(イラストレーター)の完全データを入稿してください。

※データ入稿で名刺を作成する際に押さえておきたい8つのポイントはこちら!

データ入稿で名刺を作成する際に押さえておきたい8つのポイントを徹底解説!
IllustratorやPhotoshopで作った名刺のデータがあれば、印刷会社に入稿して印刷を依頼できます。自宅のプリンタを使ったりコンビニに足を運んだりする必要はありません。ここではデータ入稿の名刺作成におすすめの印刷会社を4つ紹介しています。

Illustrator(イラストレーター)で名刺データを作成する上で押さえておきたい4つの注意点…

注意点

プリンタをお持ちでない方でも、Illustrator(イラストレーター)で作成した名刺データを印刷会社に入稿して印刷を依頼できます。

しかし、Illustrator(イラストレーター)で名刺データを作るに当たって4つの注意点がありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

1:塗り足しを設定しないと断裁がずれた時に背景の白地が出る!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する時は、本来の仕上がりサイズより外側に3mmはみ出させる塗り足しを設定します。

塗り足しを設定していないと、断裁がずれた時に背景の白地が出てしまう恐れあり…。

塗り足しが設定されていない状態

塗り足しが設定されていない状態

上下左右四辺に3mmずつの塗り足しを設定していれば、断裁がずれてしまっても用紙の色が出る心配はありません。

塗り足しが設定されている状態

塗り足しが設定されている状態

名刺の種類別の仕上がりサイズと塗り足しサイズの目安は下記の通りですね。

※横にスクロールできます。

名刺の種類 仕上がりサイズ 塗り足しサイズ
標準の名刺 91mm✕55mm 94mm✕58mm
クレジットカードサイズ 85mm✕54mm 88mm✕57mm
欧米サイズ 89mm✕51mm 92mm✕54mm
女性用のミニサイズ 85mm✕49mm 88mm✕52mm

Illustrator(イラストレーター)で欧米サイズ名刺や女性用のミニサイズ名刺を作成する時も、忘れずに塗り足しを設定しましょう。

※欧米サイズ名刺やミニサイズ名刺の作成におすすめの印刷会社はこちら!

日本の名刺と欧米名刺の違いを徹底解説!欧米サイズで作成できる印刷会社は?
印刷会社の中には、欧米サイズの名刺を作成できるところがあります。日本の名刺とは違い、欧米名刺は一回り小さいのが特徴!外国人との交流のある方は、欧米サイズの名刺をネット印刷で作ってみてください。
【10社徹底比較!】一回り小さいミニサイズの名刺作成におすすめの印刷会社4選!
この記事では、一回り小さいミニサイズの名刺を作成できる印刷会社10社を比較し、特におすすめのサービスを4つ紹介しています。可愛らしい名刺を使いたい方はミニサイズで仕上げてみてください。

2:仕上がりの位置から3mm以上内側に切れては困るテキストを配置する!

Illustrator(イラストレーター)で名刺のテキストを配置する際は、仕上がりの位置から3mm以上内側を目安にします。

塗り足しが設定されていても、ギリギリまで文字を配置すると中途半端に切れることがありますので注意しないといけません。

3㎜以上内側に配置

3㎜以上内側に配置

通常はトリムマークを作り、その後に名刺データの制作に取り掛かります。

※名刺のデータ作成でトンボ(トリムマーク)が必要な3つの理由はこちら!

名刺のデータ作成でトンボ(トリムマーク)が必要な3つの理由を徹底解説!
名刺のデータを作成するに当たり、断裁位置を明確にするトンボ(トリムマーク)が必要です。どの印刷会社でも、トンボ(トリムマーク)を指定したデータを入稿しないといけません。名刺のデータ作成で悩んでいる方はこちらのページを要チェックです。

テキストだけではなく、写真やロゴマークも3mm以上内側に配置しましょう。

3:画像を埋め込みで配置する際は解像度を適正値に設定する!

Illustrator(イラストレーター)では、画像やイラストを埋め込んで配置して名刺を作成できます。

文字だけのシンプルな名刺よりも、画像が入っていた方が見た目のインパクトがアップすること間違いなし!

※シンプルな名刺を作成するメリットとデメリットはこちら!

【10社徹底比較!】モノクロのシンプルなデザインの名刺作成におすすめの印刷会社4選!
お堅い職業の方にはモノクロのシンプルなデザインの名刺が向いています。このページでは、シンプルなデザインの名刺を作成できる印刷会社についてまとめました。ネット印刷なら簡単に名刺を作れますので、サービス選びで迷っている方は参考にしてみてください。

そこで、画像を埋め込みで配置する時は解像度を適正値に設定しましょう。

画像の解像度が不足すると粗くぼやけたイメージになりますし、逆に高すぎるとエラーの原因になります。

画像の埋め込み配置

画像の埋め込み配置

Illustrator(イラストレーター)の場合、「ファイル」⇒「ドキュメント設定」⇒「プリセット」で解像度を指定できます。

4:オブジェクトのロック機能を解除してから入稿する!

Illustrator(イラストレーター)には、ロック機能や隠す機能があります。

印刷会社にデータ入稿して名刺を作成する際は、オブジェクトのロック機能を解除しましょう。

「オブジェクト」⇒「全てロックを解除」という手順で簡単に解除ができます。

ロック解除

ロック解除

レイヤーのロックを全て解除した状態で入稿するのは事前に押さえておきたいポイントです。

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する3つのメリット!

このページでは、Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する3つのメリットについて解説しています。

「Illustrator(イラストレーター)の何が良いの?」「どんなデザインの名刺が出来上がるの?」と疑問を抱えている方は参考にしてみましょう。

1:文字や画像を自由にレイアウトできる!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する一番のメリットは、文字や画像を自由にレイアウトできる点です。

ポップなテキストに変えたり画像を変形させたりして、自分のイメージに合うデザインの名刺に仕上げられますよ。

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成したことにより、「デザインや編集の勉強になった」と口コミを残している方もいました。

画像編集ソフトを使いこなせるようになれば、名刺のデザインやアレンジの幅が広がること間違いなしです。

2:オリジナリティのあるデザインになる!

オリジナリティ

オリジナリティのあるデザインの名刺に仕上げるために、Illustrator(イラストレーター)を使っている方はいます。

無料で使えるフリーソフトは便利ですが、デザインやアレンジには制限あり…。

※名刺の作成におすすめのフリーソフトやキットはこちら!

【無料で使用OK!】名刺の作成におすすめのフリーソフトやキット5選!
無料で提供されているフリーソフトやキットを使い、名刺を作成することはできます。自分の好きなデザインテンプレートを選び、名刺を編集してコンビニのプリンタを使って印刷するだけです。名刺作成ソフトの選び方で迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

一方でIllustrator(イラストレーター)は使えるツールや機能が多いため、自分の理想のデザインに近づけるのは不可能ではありません。

「印刷会社で用意されている既存のテンプレートで名刺を作るのは嫌だな~」という方は、Illustrator(イラストレーター)で作成してみてください。

※テンプレートやフォーマットの種類が多い名刺作成サービス4選はこちら!

【8社徹底比較!】テンプレートやフォーマットの種類が多い名刺作成サービス4選!
この記事では、テンプレートやフォーマットの種類が多い名刺作成サービスを4つ紹介しています。ネット印刷を利用すれば、自分で一から名刺をデザインしなくても大丈夫です。素敵なデザインテンプレートを取り扱っている印刷会社も増えていますので、是非一度利用してみてください。

3:欲しい時にすぐ名刺を印刷できる!

Illustrator(イラストレーター)だけではなくPhotoshop(フォトショップ)にも当てはまりますが、欲しい時にすぐ名刺を印刷できるのは大きなメリットですね。

※Photoshop(フォトショップ)で名刺を作成する手順はこちら!

Photoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを徹底解説!
Photoshop(フォトショップ)はAdobeの画像編集ソフトです。画像の加工や編集がメインのソフトですが、Photoshop(フォトショップ)は名刺も作成できますよ。このページではPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを詳しくまとめました。

Illustrator(イラストレーター)で作った名刺のデータと用紙があれば、自宅のプリンタで印刷するだけで済みます。

インクジェットプリンタがなくても、お近くのコンビニのマルチコピー機で名刺を印刷できますので安心してください。

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する3つのデメリット…

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成するに当たって上記の3つのデメリットあり…。

印刷会社に依頼して名刺を作る方法と違い、何が良くないのかしっかりと押さえておきましょう。

1:ソフトを使うには年間プランに加入する必要あり…

※横にスクロールできます。

Adobeの料金プラン 1年間の利用価格
Illustrator単体プラン 28,776円/年(税込)
Creative Cloudコンプリートプラン 72,336円/年(税込)

Illustrator(イラストレーター)を使うには、Adobe(アドビ)の年間プランに加入しないといけません。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)は、Adobe(アドビ)と契約して使えるようになる有償のソフトですよ。

つまり、Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成するには余計なコストがかかると心得ておきましょう。

2:素人だと自分がイメージするデザインに仕上げられない…

画像編集の知識のない素人がIllustrator(イラストレーター)を使っても、自分がイメージするデザインの名刺に仕上げることはできません。

Twitterの口コミを見てみると、「Illustrator(イラストレーター)で上手く名刺やロゴを作成できない…」といった意見がありました。

デザインの編集を一から覚えるのはかなり大変ですし時間もかかりますので、プロの印刷会社に依頼して名刺を作る方法がおすすめです。

※デザイン初心者におすすめの名刺作成方法はこちら!

デザイン初心者におすすめの名刺作成方法を徹底解説!
「名刺はどうデザインすれば良いの?」と疑問を抱えている初心者はいませんか?名刺は自分の身代わりになる大事なツールですので、作り方で迷ってしまいますよね。この記事では、デザイン初心者におすすめの名刺作成方法について詳しくまとめました。

3:全体的なクオリティは専門の印刷会社に劣る…

クオリティ

全体的なクオリティで比較してみると、Illustrator(イラストレーター)で作成した名刺は専門の印刷会社に劣ります。

どのくらいのスキルがあるのかによって変わりますが、自宅のプリンタを使ったりコンビニで印刷したりすると思い通りの仕上がりにならないものです。

名刺を印刷した後に裁断やカットしないといけないのも大きなデメリット…。

そこで、クオリティの高い名刺を作成したい人は、Illustrator(イラストレーター)による自作ではなくネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)を利用しましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)は5,000種類以上のデザインからお好きなものを選んで名刺を作成できますので、自分に合うテンプレートを探してみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

Illustrator(イラストレーター)による名刺作成のQ&A!

ここでは、Illustrator(イラストレーター)による名刺の作成で押さえておきたいポイントをQ&A形式で解説していきます。

Q1:Illustratorで両面の名刺を作成できますか?

表面と裏面の両方のデザインをすれば、Illustrator(イラストレーター)でも両面の名刺を作成できます。

ただし、自分でプリンタを使って両面印刷するのは意外と難しいので、専門の印刷会社に依頼するのが無難です。

※両面の名刺を作成するメリットはこちら!

【10社徹底比較!】裏面を使った両面の名刺作成におすすめの印刷会社4選!
名刺は表面と裏面の両方を使えます。この記事では両面の名刺を作成するメリットやおすすめの印刷会社についてまとめました。名刺の中に記載する情報量を増やしたい方は、裏面のスペースを有効活用してみてください。

Q2:Illustratorで名刺を作る時にトリムマークの設定は必要ですか?

印刷会社にIllustrator(イラストレーター)で作成した名刺のデータを入稿する時は、トリムマークを作成しないといけません。

トリムマークとは印刷時の断裁位置やCMYKの各インクの刷り位置を調整する目印で、このマークに従って裁断されます。

Q3:Illustratorで作成した名刺の印刷がずれるのはなぜですか?

印刷のたびにバラツキがあるのか常に固定してずれるのか、人によって原因は異なります。

Illustrator(イラストレーター)で作成した名刺のデータではなく、プリンタや印刷方法に問題があると心得ておきましょう。

Q4:MacでIllustratorを使って名刺を作成できますか?

Illustrator(イラストレーター)は、WindowsだけではなくMacにも対応しているソフトです。

Macをお使いの方でも、Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成して印刷できます。

※Macで名刺を作成する方法はこちら!

Macで名刺を作成する方法を徹底解説!おすすめの無料ソフトや印刷会社を紹介!
Windowsだけではなく、Mac(マック)のパソコンでも名刺を作成できます。この記事ではMacで名刺を作成する4つの方法について詳しくまとめました。おすすめの無料ソフトや印刷会社を紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

まとめ

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順や、他のソフトと違うメリットやデメリットについておわかり頂けましたか?

ほとんどのネット印刷サービスでは、Illustrator(イラストレーター)のデータを入稿して名刺を作成できますよ。

オリジナリティの高い名刺を手に入れることができますので、Illustrator(イラストレーター)を使いたい方はAdobe(アドビ)の年間プランに加入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました