Illustrator(イラストレーター)で名刺の作成

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成しよう

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成しよう
Photoshop(フォトショップ)と同じようにアドビシステムズから販売されているソフトの一つがIllustrator(イラストレーター)で、同じように名刺を作成することができます。

通称「イラレ」とIllustrator(イラストレーター)は呼ばれており、直線やベジェ曲線、円といった図形を組み合わせて描画のデザインができるのです。

「フォント・アウトライン」や「トンボ・裁ち落とし」といった使い方を完璧に覚えるのには時間がかかるものの、ワードやエクセルといった無料ソフトを利用するよりもデザインの凝った名刺を作成できます。

写真の編集や加工に向いているのがPhotoshop(フォトショップ)で、Illustrator(イラストレーター)はイラストやロゴの作成に適しているのです。

そのため、使いこなせる方は2つのソフトを上手く活用すれば、業者にも負けないオリジナルの名刺を作成できるかもしれません。

ただし、Illustrator(イラストレーター)は無料ソフトではないので、3ヶ月版や12ヶ月版といったダウンロードカードを量販店や通販で購入する形となります。

自分に適した料金プランが見つかるかもしれないので、名刺を作成したい方は公式サイトにアクセスして詳細を確認してみるべきです。

Illustrator(イラストレーター)を使って名刺を作成する方法は?

印刷データを専門会社に入稿して印刷する場合、Illustrator(イラストレーター)が標準のデータ形式なので、どのような手順で作成していくのかチェックしてみてください。

  1. Illustrator(イラストレーター)を起動させる。
  2. 新規ドキュメントファイルを選択して91mm×55mmの名刺サイズよりも大きなボードで作る。
  3. 「矩形ツール」を選択して91mm×55mmと入力し、オブジェクトの塗りと線に「透明」を設定する。
  4. 長方形のオブジェクトを表示させ、仕上がりの位置を示すトリムマークも作成しておく。
  5. 名刺の背景となるビットマップ画像をお好みに合わせて設定する。
  6. レイヤーパレットを開いて作業がしやすいように保存しておく。
  7. 「文字ツール」を選択し、名前や会社名、連絡先といった必要事項を入力していく。
  8. 「ウィンドウ」⇒「書式」⇒「文字」でフォントの名称やサイズ、縦横比や改行間隔といった細かい設定を行う。
  9. 小さなサイズでは見にくいので、最低でも6pt以上を目安にする。
  10. 断裁する際に多少のズレを考慮して塗り足しを行う。
  11. プリントアウトして全体の仕上がりを確認し、印刷してカットすれば完了。

 

Illustrator(イラストレーター)を使いこなせるようになれば、文字ツールを使って入力する文字を自由に加工できるようになります。

余白部分にロゴやイラストなどを加えれば、世界で一つだけのオリジナル名刺が出来上がるというわけです。

プリンタを持っていなくても、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)であれば、データ入稿して印刷してもらえるので、まずはソフトの使い方を把握することから始めてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

WEBデザインにIllustrator(イラストレーター)を取り入れるメリットは?

基本的にIllustrator(イラストレーター)が画像編集ソフトなので、名刺の作成よりもWEBデザインとして用いるケースの方が多くなっています。

デザイナーさんにとって欠かせない存在で、WEBデザインにIllustrator(イラストレーター)を取り入れるメリットを見ていきましょう。

  • レイアウトの決めやイラストの取り扱いが簡単
  • リンク画像をリンクさせておけば後から写真の修正ができる
  • アートボードを複数作って一つのファイルで管理できる
  • レイヤーの透明部分を使用してマスクを適用させる機能のクリッピングマスクが扱いやすい

 

同じAdobeのソフトのフォトショップとは違った利点があり、これからデザインの勉強を始めたいと考えている方は使いこなせるように努力してみてください。

タイトルとURLをコピーしました