Pages(ページズ)で名刺を作成する3つのメリットと大まかな流れを徹底解説!

Pages(ページズ)がどのようなソフトなのか簡単に解説!

Pages(ページズ)

近年ではWindowsユーザーに加えて、Macを使う方も増えました。

Macのパソコンをお使いの方の中で、Pages(ページズ)と呼ばれるソフトが注目を集めています。

Pages(ページズ)は、アップル社によって開発された利便性の高い文書作成ソフト&ページレイアウトアプリケーション!

以下では、Pages(ページズ)がどのような特徴を持つソフトなのかまとめてみました。

  • 文章を美しく整理しやすい
  • アウトライン機能を駆使して文章にメリハリを作れる
  • ワードで作成した書類も読み書きできる
  • 文書を作成するためのテンプレートが多い
  • 他人とは異なる個性的な文書も作成可能

MicrosoftのWord(ワード)と比較してみると、Pages(ページズ)は直感的なレイアウトがしやすくなっています。

個人用途でもビジネス用途でもPages(ページズ)は大いに役立つソフトで、「年賀状の作成に使っている」「お絵描きソフトとして利用している」との意見がありました。

Macユーザーであれば、Pages(ページズ)は絶対に知っておきたいページレイアウトアプリケーションですね。

Pages(ページズ)で名刺を作成する3つのメリット!

Pages(ページズ)で名刺を作成する3つのメリット!
  • あらかじめ用意された名刺のデザインテンプレートを使える
  • 自分の好きなイラストやQRコードを挿入できる
  • コンビニで自分の好きな枚数だけ印刷できる

Pages(ページズ)は文書の作成だけではなく、名刺を作成できることをご存知ですか?

他の無料ソフトと比較してみると、Pages(ページズ)で名刺を作成するに当たって上記の3つのメリットあり!

Macで名刺を作成しようと考えている方の多くは、Pages(ページズ)を使っていますよ。

有償ソフトのIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)をお持ちでない方は、Pages(ページズ)で名刺を作成してみてください。

※Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する手順はこちら!

Illustrator(イラストレーター)で名刺を作成する手順を徹底解説!
Illustrator(イラストレーター)はAdobe社から販売されている画像編集ソフトです。オリジナルの名刺を作成したい方にはIllustratorがおすすめ!ここではIllustratorで名刺を作成する手順を詳しく解説していきます。
Photoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを徹底解説!
Photoshop(フォトショップ)はAdobeの画像編集ソフトです。画像の加工や編集がメインのソフトですが、Photoshop(フォトショップ)は名刺も作成できますよ。このページではPhotoshop(フォトショップ)で名刺を作成する流れを詳しくまとめました。

Pages(ページズ)で名刺を作成する流れを徹底解説!

名刺

Pages(ページズ)は、Adobe(アドビ)のIllustrator(イラストレーター)と契約するよりも遥かに安い料金で名刺を作成できます。

このページではPages(ページズ)で名刺を作成する流れを解説していますので、Macをお使いのユーザーは要チェックです。

  1. Pages(ページズ)を開いて名刺のテンプレートを選択する
  2. 書類マネージャで「新規作成」を選ぶ
  3. 設定項目で「中央ガイド」「エッジガイド」「間隔ガイド」をオンにする
  4. テキストを選択して名前や連絡先などの個人情報を入力する
  5. 配置ガイドを使ってオブジェクトを自由に並べる
  6. グループ化した名刺をコピー&ペーストする
  7. 隣接するカードのテキストの位置をピッタリと揃える
  8. 「プリンタを選択」をクリックしてプリンタを選択する
  9. 市販名刺用紙を使って印刷し、名刺サイズにカットして完了

用意されているテンプレートはとてもキレイですので、Word(ワード)よりも見栄えの良いデザインの名刺に仕上げられます。

Pages(ページズ)で名刺作成

Pages(ページズ)で名刺作成

シンプルすぎる名刺でインパクトが足りないな~」と感じている方は、必要に応じてイラストや画像などを余白に挿入してオリジナリティのアップを図ってみましょう。

Pages(ページズ)で名刺のデータを作成した後は、プリンタを使って印刷してカットすればOK!

自宅にインクジェットプリンタがなくても、コンビニのマルチコピー機で名刺を印刷できますので安心してください。

※コンビニで名刺を作成する手順はこちら!

コンビニで名刺を作成する手順を徹底解説!セブンイレブンやファミリーマートで印刷できる?
「今すぐに名刺が欲しい」という方はいませんか?セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニに足を運べば、簡単に名刺を作成できます。コンビニで名刺を印刷して早く手に入れたい方は、こちらのページを参考にしてみてください。

Pages(ページズ)で名刺を作成する前に押さえておきたい4つのデメリット…

デメリット

Pages(ページズ)で名刺を作成する4つのデメリット…
  • 用意されている名刺のデザインテンプレートの種類は少ない
  • 縦書きやCMYKカラーで名刺を作成することができない
  • 名刺のデータを作った後に自分で印刷する必要あり
  • 特殊な加工を施して名刺の見た目のインパクトをアップできない

文書作成ソフトのPages(ページズ)で名刺を作成するに当たり、上記の4つのデメリットがあります。

Pages(ページズ)以外のソフトで自作する方法にも当てはまりますが、専門の印刷会社に依頼するようなデザインの名刺に仕上げることはできません。

Twitterの口コミでも、Pages(ページズ)を使った名刺の作成で戸惑っている方がいました。

そこで、「もっと手軽に名刺を作成したい」「クオリティの高いデザインの名刺が欲しい」という方には、ネット印刷サービスのVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)は面倒な手順を踏まずに個人情報を入力するだけで、簡単にオシャレなデザインの名刺を作成して印刷まで依頼できますよ。

100枚の名刺が送料無料の1,628円~と格安料金なのもVistaprint(ビスタプリント)の魅力ですので、公式サイトでどのようなテンプレートが用意されているのか探してみましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトはこちら

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのか徹底解説!
Vistaprint(ビスタプリント)が詐欺業者なのかどうか、この記事では口コミの評判を徹底解説しています。結論から言うと、Vistaprint(ビスタプリント)は信頼できる名刺作成サービス!他のネット印刷と何が違うのか見ていきましょう。

まとめ

Pages(ページズ)で名刺を作成するメリットやデメリット、大まかな流れについておわかり頂けましたか?

シンプルなデザインの名刺であれば、Macに標準装備されているPages(ページズ)で簡単に作成できますよ。

ただし、見た目のデザインに拘った名刺に仕上げるのは難しいので、専門の印刷会社の利用も同時に検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました